Google Pay: 徹底ガイド

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. Google Pay の仕組み
    1. POS システム
    2. オンラインプラットフォーム
  3. Google Pay が使用されている場所
    1. アジア太平洋
    2. ヨーロッパ
    3. 北米
    4. ラテンアメリカ
    5. アフリカ
  4. Google Pay の利用者
  5. Google Pay を導入するメリット
  6. Google Pay のセキュリティ対策
    1. トークン化
    2. 2 段階認証
    3. 近距離無線通信 (NFC)
    4. セキュアエレメント
    5. Google アカウントのセキュリティ
    6. データ暗号化
    7. プライバシーの管理
    8. 法令遵守
    9. 不正利用の検出と防止
    10. 専任のセキュリティチーム
    11. チャージバック保護
    12. バーチャル口座番号
    13. 遠隔電話ロック
  7. 企業が Google Pay 決済を開始するための要件
  8. Google Pay の代替手段
    1. Apple Pay
    2. Samsung Pay
    3. PayPal
    4. Venmo
    5. Cash App

Google Pay は、近距離無線通信 (NFC) テクノロジーを利用したデジタルウォレットおよびオンライン決済システムです。Google は Android Pay と Google ウォレットを統合し、2018 年に Google Pay を立ち上げました。ユーザーは Google Pay のアカウントにクレジットカード、デビットカード、ポイントカード、ギフトカードを追加し、スマートフォン、タブレット、腕時計で支払うことができます。

Google Pay は、アメリカにおけるモバイル決済サービスの市場シェアで第 3 位となっています。全世界で約 1 億 5,000 万人のユーザーがいる顧客基盤を確立しており、2019 年の取引額は 1,100 億ドルを記録しました。Google Pay はさまざまな市場のニーズに適応しており、地域の規制や地元金融機関との提携により、地域によって利用可能なサービスや機能に違いがあります。Google Pay のセキュリティ機能には、トークン化、つまり、取引ごとに一意の暗号化された番号を作成し、カードの詳細を保護することや、PIN、パターン、パスワード、指紋スキャンなどの生体認証を必要とする高度なユーザー認証方法が含まれます。

このガイドでは、Google Pay の機能、市場での存在感、デジタル決済領域におけるビジネスへの影響、そして Google Pay を決済手段として利用する際に企業が知っておくべきことを検証します。

この記事の内容

  • Google Pay の仕組み
  • Google Pay が使用されている場所
  • Google Pay の利用者
  • Google Pay を導入するメリット
  • Google Pay のセキュリティ対策
  • 企業が Google Pay 決済を開始するための要件
  • Google Pay の選択肢

Google Pay の仕組み

Google Pay での決済を希望する企業には、サービスを設定するためのさまざまなオプションがあります。さまざまなペイメントゲートウェイ加盟店サービスプロバイダーの中から、ニーズに合ったものを選択できます。たとえば、オンライン決済に Stripe を利用している企業は、追加設定や手数料なしで Google Pay をオプションとして簡単に追加できます。Google Pay を統合することで、企業は取引データにアクセスできるようになり、在庫レベルを追跡したり、商品の在庫状況を自動的に更新したりできるようになります。また、ポイントや割引を提供するロイヤルティプログラムとの統合により、Google Pay を利用した顧客に報酬を与え、リピーターを増やすこともできます。Google Pay はオンラインでも店舗でも利用でき、さまざまなシステムやプラットフォームと統合して、保護された便利な決済処理を実現します。以下に概要を示します。

POS システム

Google Pay はさまざまな POS システムと統合しています。カスタム POS システムを持つ企業は、API (アプリケーションプログラミングインターフェイス) を使用して Google Pay を直接統合することができ、自社のブランドに合ったカスタムチェックアウト体験を設計し、コンバージョン率を最適化できます。より簡単でカスタマイズの少ないセットアッププロセスを求める企業は、Google Pay との統合があらかじめ組み込まれている他の多くの POS システムを利用できます。また、Google Pay は Square や Clover などのモバイル POS システムと統合されており、企業は外出先で Google Pay からの支払いを受け付けることができます。

オンラインプラットフォーム

Google Pay は、Shopify や Magento などの主要な E コマースプラットフォームと統合されており、顧客は迅速かつ安全にチェックアウトのプロセスを完了できます。サブスクリプションサービスを利用する企業は、Google Pay を統合して、継続支払いを容易にし、顧客請求を簡素化することもできます。開発者は Google Pay API を使用して、Google Pay を自分のアプリに直接統合し、アプリ内決済を簡単に利用できます。Google Pay は一般的に、オンライン注文プラットフォームやデリバリーサービスに統合され、スムーズな顧客体験を実現しています。

Google Pay を利用して、対面のオフライン取引を処理する企業には、以下の選択肢があります。

  • Tez モード: Tez モードでは、インターネット接続がなくても支払いを受け付けることができるため、接続環境が限られた市場や外出先での取引に最適です。

  • QR コード決済: 企業は Google Pay の決済のために、会計時に QR コードを生成して表示することができ、顧客はスマートフォンでスキャンして素早く支払うことができます。

  • NFC 決済: 企業は NFC 対応機器を使用して、顧客の携帯電話からの非接触型支払いを受け付けることができます。

Google Pay for Business アプリを利用する企業は、追加機能を利用できます。顧客行動や消費パターンに関する豊富なデータはビジネス上の意思決定に役立ち、リアルタイムの販売データや主要業績評価指標へのアクセスにより、業績を包括的に把握することができます。また、企業はアプリ内で直接、売上を追跡し、傾向を分析し、払い戻しを発行し、紛争を管理することができます。

Google Pay が使用されている場所

Google Pay は 60 を超える国と地域に事業を拡大しています。これらの各地域における市場浸透度は、顧客行動、ビジネス状況、規制環境の影響を受けて変化します。アジア太平洋地域、ヨーロッパ、北米、ラテンアメリカ、アフリカにおける Google Pay の利用状況と主な影響力の概要は次のとおりです。

アジア太平洋

  • インド: Google Pay はインドで 6,700 万人のユーザーを獲得しており、インドが最大の単一市場となっています。同市場における Google Pay のリードは、インドのモバイル取引に対する好みや、Google Pay と UPI システムとの統合、さらに現地の大手銀行や小売業者との提携に支えられています。

  • 中国: 中国市場は、WeChat Pay などのローカルサービスが支配的であり、Google Pay はこれらのプラットフォームと統合し、既存のユーザーベースを活用することで、足掛かりを見つけました。Google Pay は、交通機関や請求書の支払いなど、特定の分野での普及に力を入れています。

  • 東南アジア: 東南アジアではモバイル技術の普及が進んでおり、 非接触型決済の需要が高まっているほか、Google Pay が現地の大手小売業者や E コマースプラットフォームと提携していることから、Google Pay の利用が急速に拡大しています。

ヨーロッパ

  • EU: Google Pay は、Apple Pay や Samsung Pay などのサービスと競合していますが、ヨーロッパ全域で人気があります。ピアツーピア決済やロイヤルティプログラムなどの機能を備え、現地の銀行や携帯電話事業者と提携することで差別化を図っています。また、生体認証やその他の認証方法を用いて、オンライン決済に強力な顧客認証を要求する EU の改正決済サービス指令 (PSD2) にも準拠しています。Google Pay は、ヨーロッパの規制当局や金融機関と協力し、継続的なコンプライアンス確保と中断のない業務を保証しています。

  • イギリス: スマートフォンの利用率が高く、非接触型決済を好むイギリスは、国内の実店舗、小売チェーン、交通網にうまく組み込まれている Google Pay に適した市場です。Statista の調査によると、イギリスでは近年、約 40% の人がオンラインまたは店舗で Google Pay を利用しています

北米

  • アメリカ: Google Pay のアメリカでのユーザーベースは 2,500 万人で、Android デバイスとの互換性や大手銀行との提携に支えられ、着実に成長を続けています。また、交通機関や医療などの新しい分野にも進出しており、ピアツーピア取引機能などの新機能も導入しています。

  • カナダ: Google Pay はカナダの銀行やオンライン小売業者と緊密に連携しているため、カナダでのモバイル決済で 3 位にランクされています。

ラテンアメリカ

  • ブラジル: Google Pay は、現地の銀行と協力し、現地の決済手段として広く利用されている Boleto Bancário をサポートすることで、ブラジル市場に参入しました。この戦略は銀行口座を持たない人をターゲットにすることに成功しており、人口統計が類似している国々でさらなる成長の可能性を示しています。

  • メキシコ: メキシコでは、Google Pay が非接触型決済の人気の高まりを利用しています。また、大手銀行や携帯電話会社とも提携しています。

アフリカ

  • ケニア: ケニアでは、Google Pay は、モバイルネットワーク事業者と協力してモバイルマネーサービスを提供し、金融包摂を促進し、現地のユーザー基盤を開拓することで、銀行口座を持たない人々へのリーチに注力しています。

  • 南アフリカ: 南アフリカでは、Google Pay が E コマース分野や若い世代の間で人気を集めています。このように利用が拡大していることから、人口統計やモバイル普及率が類似している他のアフリカ諸国でも、Google Pay のさらなる拡大機会があると考えられます。

Google Pay の利用者

  • 小売店の買い物客: Google Pay は、小売店の買い物客に人気のあるオプションです。2023 年には、約 35% の人が店頭での買い物に少なくとも 1 つのモバイル決済アプリを利用していると回答しており、そのうちの 10% が Google Pay を最も頻繁に利用していると回答しています。

  • E コマースの買い物客: オンラインショッピングの分野では、2023 年に 44% の顧客がモバイル決済アプリを使用すると回答し、9% が Google Pay を好むと回答しました。

  • 外食産業: レストラン業界では非接触型決済の導入が急速に進んでおり、特にクイックサービスレストランでは Google Pay などのオプションが頻繁に利用されています。この傾向は、スマートフォンで料理の注文の支払いをする顧客が増加していることと一致しています。

  • 公共交通機関: 公共交通機関では Google Pay を決済手段として採用する動きが加速しており、現在では世界 500 を超える都市で Google Pay に対応しています。

  • サービスプロバイダー: フリーランサーは、そのシンプルさとセキュリティのために Google Pay のようなデジタル決済プラットフォームを使用することが多くなっています。

  • 若いユーザー: イギリスにおける 2020 年の調査では、全体的に Z 世代とミレニアル世代が、デジタルウォレットを利用する可能性が最も高いことが示されています。その結果、Google Pay は若い世代での導入が進んでいます。

  • 中小企業やスタートアップ: 小規模ビジネスでは、主要な決済処理ソリューションとして Google Pay を利用するケースが増えています。中小企業は請求書の発行や支払いの受領に Google Pay を採用し、その効率性と費用対効果のメリットを享受しています。スタートアップも Google Pay をオンライン取引のプロセスに統合しています。

  • イベント主催者: イベント業界も Google Pay を採用しており、参加者はチケット購入や会場での取引に利用しています。

  • サブスクリプション型サービス: サブスクリプションサービスも、安全な継続支払い機能を持つ Google Pay に注目しています。

Google Pay を導入するメリット

企業にとって、Google Pay を支払い方法として導入することには、利用者の増加、分析の強化、効率化など、潜在的なメリットがあります。そのようなメリットは以下のとおりです。

  • チェックアウト時間の短縮: Google のレポートによると、Google Pay は従来の方法と比較して、ウェブサイトやアプリでのチェックアウト時間を 20% 短縮できます。

  • 取引管理の簡素化: Google Pay for Business アプリは取引管理を合理化し、企業の管理業務の時間を節約します。

  • 詐欺リスクの低減: Google Pay のトークン化技術は、不正取引防止において 90% を超える成功率を誇ります。

  • 顧客満足度の向上: Google のデータによると、以前は別の支払い方法を利用していた Google Pay 利用者の 35%が、リピート購入の際に Google Pay を好むようになったという事例があります。また、Google Pay とロイヤルティプログラムを統合することで、リピーターの増加にもつながります。

  • 新市場への進出: Google Pay は 60 を超える国と地域で運営され、世界中で 1 億 5,000 万人のユーザーをサポートしています。このグローバルなリーチによって新しい市場に簡単にアクセスできるようになります。Google のケーススタディのある企業では、Google Pay による購入の 34% が新規顧客によるものでした。

  • 顧客データへのアクセス: Google Pay から得られる顧客の支出データは、企業が商品内容を改善したり、ターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを展開したりするのに役立ち、従来の方法と比較して高い投資収益率 (ROI) を達成できます。

  • 売上の増加: ある企業の Google のケーススタディの結果によると、新規ユーザーのデフォルトの支払い方法として Google Pay を採用した企業は、コンバージョンが 20 倍増加する可能性があります。

  • 現金管理コストの削減: 現金の取り扱いをなくすと、現金の計数、輸送、セキュリティに関連するコストを削減できるため、企業の経費削減につながるという研究結果が出ています。

  • ブランドイメージの向上: ブランドは、Google Pay などのモバイル決済オプションに対応することで、革新的でモダンな企業としての評価を高めることができます。

  • 将来を見据えたビジネスモデル: Google Pay との統合により、企業はモバイル決済技術の最前線に立つことができ、将来のデジタル決済の進歩に備えることができます。

Google Pay のセキュリティ対策

トークン化

Google Pay は、すべてのタッチポイントを最大限に保護するために、デバイス固有のトークンとサーバーサイドのトークンの両方を実装し、複数のレイヤーのトークン化を使用しています。さらに、他のいくつかのデジタルウォレットとは異なり、Google Pay は取引ごとに一意の 1 回限り使用できるトークンを生成し、取引データが傍受された場合でも実際のカード番号を隠すことができます。

2 段階認証

Google Pay にアクセスし、支払いを行うには、ユーザーは本人認証を行う必要があります。Google Pay は、暗証番号、パスワード、パターン、指紋、顔認証など、さまざまな 2 段階認証方式をサポートしており、ユーザーは好みのセキュリティレベルを選択できます。また、Google Pay の一部の実装では、時間の経過とともに変化する動的 PIN が使用されており、ブルートフォース攻撃に対する保護レイヤーが追加され、許可されたユーザーだけが支払いや機密情報へのアクセスを行えるようになっています。

近距離無線通信 (NFC)

Google Pay は、非接触型決済のために NFC テクノロジーを使用しています。NFC は、決済端末から数センチ以内でのみ動作し、遠隔からのデータアクセスを防ぐ安全なプロトコルです。データは NFC 取引中に暗号化され、機密性と完全性がさらに高まります。

セキュアエレメント

Google Pay をサポートする多くのデバイスにはセキュアエレメントが組み込まれています。セキュアエレメントとは、改ざん防止のハードウェアチップのことで、機密性の高い決済情報の保管庫として機能し、物理的およびデジタル的な攻撃に対する追加の保護レイヤーを提供します。セキュアエレメントは、メインのオペレーティングシステムから独立して動作し、決済用認証情報への不正アクセスをさらに防ぐ専用の処理環境が形成されます。

Google アカウントのセキュリティ

Google Pay は、2 段階認証や不審な行動の検出など、Google アカウントのセキュリティ機能を使用しています。Google はこれらのアカウントを継続的に監視し、潜在的なセキュリティリスクをユーザーに通知します。

データ暗号化

Google Pay は、不正アクセスからデータを保護するため、プラットフォームを通じて送信されるすべてのデータにエンドツーエンドの暗号化を採用しています。また、ユーザーデータは、暗号化やアクセスコントロールなどの手段で保護された安全なデータセンターに保管されます。

プライバシーの管理

Google Pay では、顧客が共有するデータとその使用方法について詳細なアクセスコントロールが可能で、特定の情報を企業と共有するか、データ共有を完全に制限するかを選択できます。顧客はいつでも自分の取引履歴にアクセスしてダウンロードできます。アプリ内環境をパーソナライズするためにこのデータを使用することをオプトインまたはオプトアウトできます。Google は、明示的な同意なしに、お客様の取引履歴をマーケティング目的で第三者と共有することはありません。

法令遵守

Google Pay は、PCI データセキュリティー基準 (PCI DSS)、EU の一般データ保護規則 (GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー法 (CCPA) などの厳しい業界基準を遵守しています。このコンプライアンスにより、Google Pay は決済処理とデータプライバシーに関する最高レベルのセキュリティ基準を満たしています。

不正利用の検出と防止

Google は、高度な機械学習アルゴリズムを使用して取引をリアルタイムで分析し、送金の送受信時に疑わしいアクティビティや潜在的なフィッシング、詐欺のリスクを特定してフラグを立てます。このプロアクティブなアプローチにより、不正取引を未然に防止できます。ユーザーは、連絡先リストに登録されていない相手に支払いを行っている場合など、通常とは異なる動きがあればアラートを受け取ることができ、潜在的な詐欺行為に対して迅速に対処できます。

専任のセキュリティチーム

Google Pay のセキュリティ専門チームが 24 時間体制でアプリを監視しており、常にセキュリティサポートが確保されています。このチームはまた、定期的に新しいセキュリティ機能を開発し、新たな脅威に対処するためにアプリを定期的に更新しています。

チャージバック保護

Google Pay は、チャージバック保護を提供し、不正な取引が発生した場合の金銭的損失からユーザーを保護します。チャージバックに関するポリシーや手続きは、個別のカード発行会社によって異なる場合があります。

バーチャル口座番号

Google Pay は非接触型決済にバーチャル口座番号を使用します。実際のカード番号は決済中に企業には表示されません。

遠隔電話ロック

携帯電話を紛失したり盗まれたりした場合、Google の「デバイスを探す」機能を使って、遠隔操作でロックしたり、Google アカウントからログアウトしたり、データを消去したりできます。これにより、デバイスの紛失や盗難が発生した場合でも、支払い情報を安全に保つことができます。

企業が Google Pay 決済を開始するための要件

決済手段として Google Pay を統合する企業は、Stripe などのサードパーティー決済プロセッサーと連携する必要があります。各決済代行業者には、新しい支払い方法を統合するための独自の手順と要件があります。Google Pay を設定するための Stripe の設定プロセスとビジネス要件の概要は、以下のとおりです。

基本的な要件として、企業は事業展開地域で必要なすべての事業登録とライセンスを取得している必要があります。また、税務規制、マネーロンダリング防止 (AML)、本人確認 (KYC) 手続き、GDPR、CCPA、PCI DSS などのデータプライバシー規制など、適用されるすべての法規制に準拠していることを証明する必要があります。これらの規制は、事業者が必要に応じて税金を徴収し、送金していること、顧客の身元を確認し、違法行為を適切に防止していること、ユーザーデータやペイメントカード情報を収集および保管する際に正しいセキュリティ対策を講じていることを保証するものです。これらの規制に違反していることが判明した企業は、Stripe と提携することはできません。

Google Pay を Stripe で設定するための技術的要件には、アクティブなインターネット接続、NFC 機能を備えた Google Pay 対応の Android および iOS デバイスへのアクセス、決済処理を容易にするために Stripe ソフトウェア開発キット (SDK) を企業のアプリまたはウェブサイトに統合したアクティブな Stripe アカウントが含まれます。Android に特化したインストールでは、Google Pay アプリから企業の情報にアクセスできるようにするために、企業がアクティブな Google Play ストアに存在している必要があります。

設定プロセスを開始する前に、企業は Stripe および Google Pay のサービス使用条件が記載されたサービス利用規約を確認し、同意する必要があります。また、各取引に関連する Stripe と Google Pay の手数料をよく理解し、技術的な問題や問い合わせに備えて Stripe と Google Pay の両方から適切なカスタマーサポートを受けられるようにし、Stripe アカウントが Google Pay で導入する予定の通貨に対応していることを確認する必要があります。

このデューデリジェンスが完了したら、企業は以下のステップを完了し、Stripe で Google Pay を設定できます。

  • アカウントの有効化: Stripe に登録し、アカウントを有効化します。Stripe 経由で Google Pay を利用するための適切な権限があることを確認します。

  • Stripe Connect の設定: Stripe Connect を設定し、Stripe アカウントと Google Pay 加盟店アカウントをリンクします。

  • Stripe API の統合: アプリやウェブサイトに Stripe API を統合して、支払いリクエストを送信し、確認を受け取ります。

  • 統合のテスト: スムーズに機能するよう、統合を徹底的にテストします。

Google Pay の代替手段

Google Pay はモバイル決済環境において圧倒的なシェアを誇っていますが、複数の競合他社も同様の機能を備えたうえで、その市場シェアに挑戦しています。Google Pay に代わる人気のサービスを以下にご紹介します。

Apple Pay

モバイル決済サービスの Apple Pay は、iOS、macOS、watchOS デバイスと統合されており、Apple の確立されたエコシステムとユーザーベースを活用しています。2020 年、Apple Pay は市場シェア 90% 超のデジタルウォレットでアメリカ市場を支配していました。Apple のブランド名と忠実な顧客基盤が、その普及と利用に貢献しています。Apple Pay は、Touch ID や Face ID といった高度なセキュリティ対策を採用しており、ユーザーの信頼はさらに高まっています。しかし、Apple Pay の弱点は、Apple デバイスでしか利用できないため、Google Pay の幅広いプラットフォームサポートに比べ、利用範囲が限られていることです。また、状況によっては Google Pay よりも高い手数料を請求されることもあります。

Samsung Pay

モバイル決済とデジタルウォレットサービスである「Samsung Pay」は、Android デバイスやサムスンなどの各種ウェアラブルデバイスに対応しています。Samsung Pay は、韓国やその他のアジア市場で主要なプレーヤーであり、これらの地域では好調な普及を見せています。他のデジタルウォレットよりも多くの決済端末との互換性を誇り、磁気セキュア伝送 (MST) テクノロジーによって NFC 以外の端末とも接続できます。また、Samsung Pay はさまざまなロイヤルティプログラムとも統合されており、ユーザーにさらなるメリットを提供しています。弱点としては、Google Pay や Apple Pay に比べて世界的なシェアが小さいこと、Samsung や Android のデバイスに限定されていることなどが挙げられます。

PayPal

PayPal は、オンラインかオフラインかを問わず広く受け入れられている決済プラットフォームです。さまざまな購入において便利なオプションとなっています。ウェブベースで、専用のモバイルアプリから利用できるペイパルは、純粋なモバイル中心のウォレットと比較して、より幅広いアクセシビリティを持っています。世界で 4 億人を超えるユーザーがおり、簡単な決済取引における既存のネットワークを構築しています。また、デジタルウォレット機能に加え、クレジットカード、デビットカード、銀行口座などの決済手段も提供しています。PayPal の弱点には、特定の取引、特に国際的な決済に対する手数料が高くなる可能性があることが挙げられます。また、PayPal のデジタルウォレットのインターフェイスは、Google Pay などのオプションに比べ、ユーザーフレンドリーで直感的でないと感じる顧客もいるかもしれません。

Venmo

Venmo はピアツーピアの決済とソーシャル機能に特化したモバイルアプリです。個人ユーザー間の無料送金をサポートし、Facebook などのソーシャルメディアプラットフォームと統合しているため、友人や家族との出費の共有や請求書の分割など、個人的な財務管理に人気のある選択肢となっています。Venmo のモバイルアプリはユーザーフレンドリーで利用しやすいものの、他のデジタルウォレットと比べるとビジネスでの利用はまだ限られており、店舗での買い物に利用するのは制限されています。その他の弱点としては、他のデジタル決済プラットフォームに比べてセキュリティ上の懸念が大きいことが挙げられます。Venmo の取引履歴は一般に公開されているため、一部の顧客はより機密性の高い取引に Venmo を使うことを躊躇するかもしれません。

Cash App

Cash App は、無料送金、ビットコイン統合、投資機能を提供するモバイルアプリです。Venmo と同様に、Cash App はユーザー間の無料送金を促進し、請求書の分割や個人的な財務管理に人気のある選択肢となっています。暗号通貨や投資に興味のあるユーザーにとって、Cash App はビットコインの売買や、株式や上場投資信託 (ETF) への投資のための便利で使いやすいプラットフォームも提供しており、金融ポートフォリオの多様化を求めるユーザーを引き付けています。Cash App の使いやすいインターフェイスと幅広いプラットフォームとの互換性により、幅広いお客様にご利用いただけます。しかし、Venmo と同様、Google Pay や Apple Pay といった競合他社に比べ、ビジネスでの利用は限定的で、店舗での買い物にはあまり使えません。弱点は、プラットフォーム上での犯罪行為が懸念されることです。Cash App はセキュリティ機能を実装していますが、一部のユーザーはデータのプライバシーや潜在的なセキュリティの脆弱性に関する懸念を表明しています。顧客はまた、カスタマーサポートがのレスポンスが悪く、役に立たないと批判しています。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。