カード発行会社とは?企業に対するカード発行会社の役割

Payments
Payments

Accept payments online, in person, and around the world with a payments solution built for any business—from scaling startups to global enterprises.

Learn more 
  1. はじめに
  2. クレジットカード発行会社とは
  3. アクワイアリング銀行とカード発行会社/銀行の違い
  4. カード発行会社とカードネットワークの違い
  5. カード発行会社とカードネットワークはほぼ常に別の法人
  6. 決済ネットワークでカード発行会社が担う役割

クレジットカードに銀行と Visa のロゴが両方とも記載されている場合、どちらの組織がアカウントを運用しているのでしょうか。また、銀行と Visa の正確な関係はどのようなものでしょうか。消費者にとっては、クレジットカード取引の仕組みや、どの組織が何をしているのかは重要な意味を持たず、「カード発行会社」や「カードネットワーク」といった用語の意味を理解することも重要ではありません。しかし、事業を運営していて、顧客からのカード支払いの受け付けを開始しようとしている場合は、日常業務の運営上、このプロセスを漏れなく理解することが重要になります。

事業としてデビットカードやクレジットカードを取り扱っている際に、「カード発行会社」または「発行会社」という用語を目にしたことがあると思います。ここでは、Stripe Issuing を使用して自社でカードプログラムを導入することを検討している場合でも、単にこのトピックについて実践的な理解を深めたい場合でも、カード発行会社の概要、仕組み、企業向けの決済ネットワークにおける役割など、カード発行会社について知っておくべきことをすべてご紹介します。

クレジットカード発行会社とは

2022 年現在、アメリカでクレジットカードを発行している金融機関は 200 社を超えています。発行会社とも呼ばれるカード発行会社は、カード保有者にクレジットカードやデビットカードを提供 (発行) している金融機関です。カード発行会社は、Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、ディスカバーといったクレジットカード会社に代わって、カードをアカウント所有者に提供します。クレジットカードネットワークがカードを直接提供する場合もありますが、はるかに一般的なのは、カード発行会社がクレジットカード会社の仲介者となってカードをカード保有者に配布し、それらのカードに関連付けられたアカウントを管理するケースです。

アクワイアリング銀行とカード発行会社/銀行の違い

クレジットカード支払いの場合、カード発行会社 (発行会社) はカード保有者側の銀行であり、アクワイアリング銀行 (アクワイアラー) は売上の送金先となる銀行 (加盟店側の銀行) です。

カード発行会社とカードネットワークの違い

カード発行会社とカードネットワークの違いがどのようなものであり、両者がどのように連携してクレジットカード取引を可能にしているのかを理解するには、決済のプロセスでそれぞれが担っている明確な役割を認識することが重要です。

クレジットカード会社は、クレジットカード取引のオーソリと処理を可能にするカードネットワークを運営しています。これらのネットワークは、カード保有者、加盟店、銀行の間で行われる売上の送金について利用規約を定めています。基本的には、カードネットワークは、銀行がクレジットカード取引の処理を目的として互いにやり取りするために使用するメカニズムを提供します。

クレジットカード発行会社は、自社の顧客にカードを提供する金融機関です。消費者取引において、カード発行会社は、支払いの履行に必要となる十分な資金または信用枠がカード保有者にあることを確認する責任を負う当事者です。

カード発行会社とカードネットワークはどちらもクレジットカード支払いを完了するうえで重要な役割を担っていますが、両者は目的が異なります。

カード発行会社とカードネットワークはほぼ常に別の法人

カード発行会社の大多数はカードネットワークではない一方、カードネットワークはカード発行会社としても機能している場合があります。すなわち、サードパーティーである銀行や信用組合を利用することなく、信用枠をカード保有者に直接拡大しています。

アメリカを拠点としている主要クレジットカード会社 4 社の内訳は、次のとおりです。

  • Visa と Mastercard はクレジットカードネットワークですが、カード発行会社ではありません。両社のクレジットカードは、必ず銀行や信用組合などのサードパーティープロバイダー経由で消費者に提供されます。
  • ディスカバーとアメリカン・エキスプレスはネットワーク兼カード発行会社であり、クレジットアカウントをカード保有者に直接拡大しており、銀行や信用組合の関与を必要としません。

決済ネットワークでカード発行会社が担う役割

クレジットカード発行会社は、カード取引の処理、以前に承認された取引の売上処理、チャージバックリクエストへの対応という、決済に関連する 3 つの重要な領域で大きな役割を担っています。

まず、顧客のカード取引の処理に関してカード発行会社が担っている役割から説明します。基本的なカード取引は、次のようなものになります。

  • オンラインまたは対面で、顧客が支払い用のクレジットカードまたはデビットカードを提示します。
  • 対面取引の場合は、加盟店のカードリーダーと POS がカード情報を受け付け、加盟店の決済代行業者に転送します。
  • オンライン取引の場合も、処理の内容そのものは変わりませんが、カードリーダーが存在しない点が異なります。そのため、顧客はカード情報を手動で入力するか、デジタルウォレットを使用して、保存済みのクレジットカードまたはデビットカードで支払うか、加盟店に登録してあるカードを使用します。
  • 加盟店の決済代行業者 (Stripe など) がカードネットワーク経由で承認リクエストをカード発行会社に送信します。
  • 取引に関連する次の 3 つの点をカード発行会社が確認します。
    • カード自体が有効である。
    • カード保有者の本人確認情報が確認されている。通常は、決済フローで提供された請求先住所をカードの登録住所と照合する。
    • 承認リクエストの対象額を支払うことができる十分な資金または信用枠がある。
  • カード発行会社は、この情報を確認できる場合は取引を承認し、オーソリコードをカードネットワーク経由で決済代行業者に送信します。
  • 決済代行業者が加盟店の決済端末に承認を通知し、取引が完了します。通常、この間の所要時間は数秒です。

取引が承認された時点では、売上はカード保有者のアカウントから出金されず、加盟店のアカウントにすぐに入金されることはありません。その処理は、売上処理と呼ばれるプロセスで後ほど実施されます。

多くの場合、売上処理は最初の取引の後日に一括で実行されます。ほとんどの取引は 24~48 時間以内に売上処理 (売上がカード発行会社によってアクワイアラーに送金) されますが、ほとんどのカードオーソリは最長で 30 日間有効です (ただし、この日数はカードネットワークによって異なります)。したがって、取引を売上として処理できるのは、取引発生の数時間後から数週間後になります。

売上処理の進行中、カード発行会社はカードネットワーク経由で加盟店アカウントに売上を直接送金します (アカウントがある場合)。加盟店が Stripe を使用して支払いを処理する場合、売上は Stripe に送金され、Stripe は企業に加盟店アカウントの機能を提供します。

カード発行会社が担う最後の重要な役割は、チャージバックに関するものです。チャージバックとは売上の差戻しであり、顧客がデビットカードまたはクレジットカードで購入後に、その支払いについて不審請求の申請を行った場合に開始されます。カード発行会社はリクエストを受け付けて処理し、売上の差戻しを許可するかどうかを最終的に判断します。加盟店は、チャージバックに不服を申し立てる場合、支払いに異議を申し立てた顧客に直接連絡することもできますが、多くの場合、問題の解決に向けてカード発行会社と協議します。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。