決済処理について: 概要と仕組み

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 決済処理とは
  3. 企業にとって決済処理が重要な理由
  4. 決済処理のコンポーネント
  5. 決済処理の仕組み
    1. 1. 取引の開始
    2. 2. ペイメントゲートウェイ
    3. 3. 取引のオーソリ
    4. 4. カード発行会社による確認
    5. 5. オーソリレスポンス
    6. 6. 取引の完了
    7. 7. 取引の売上処理
    8. 8. 照合とレポート作成
  6. 決済処理のベストプラクティス

デジタル決済は 2023 年に 9.5 兆ドルに達すると予想されています。どのような規模の企業も、競争力を維持し、購入者にシンプルかつ安全で便利な決済方法を提供するには複雑な決済処理の基本を理解しなければなりません。

購入者の決済を受け付ける企業にとって、決済処理はキャッシュフローの管理、顧客満足度の向上、不正利用リスクの軽減において重要な役割を果たします。決済業界は急速な技術の進歩や顧客行動の変化とともに進化しているため、企業は業界の傾向、規制、セキュリティ標準に関する情報を常に把握し、適応できるようにしておく必要があります。

以下では、決済処理のコンポーネント、仕組み、企業にとってのベストプラクティス、さらには効果的な決済処理システムの構築と維持を支援する適切なプロバイダーを選択することの重要性など、決済処理のさまざまな側面について確認します。これらの概念を理解することで、十分な情報に基づいて決済処理の戦略やソリューションについての決定を下すことができるようになり、決済体験を向上させて成長を促進することができます。

この記事の内容

  • 決済処理とは
  • 企業にとって決済処理が重要な理由
  • 決済処理のコンポーネント
  • 決済処理の仕組み
  • 決済処理のベストプラクティス

決済処理とは

決済処理とは、支払人と受取人の間で安全に売上を送金する一連のアクションのことです。一般的には、電子決済システムを通じて取引のオーソリ、確認、売上処理が行われます。

決済処理システムは、クレジットカードとデビットカード電子資金移動 (EFT)自動決済機関 (ACH)による送金、モバイル決済デジタルウォレット、仮想通貨などさまざまな種類の取引に対応しています。銀行、金融機関、決済代行業者、テクノロジープロバイダー、企業、規制当局などさまざまな利害関係者がこのようなシステムを開発および管理しています。

企業にとって決済処理が重要な理由

さまざまなテクノロジー、サービス、金融手段 (クレジットカードやデビットカードなど、キャッシュレス取引に使用される物理的またはデジタルの手段) が連携して、当事者間での迅速かつ安全な売上送金を実現します。決済処理システムは取引を円滑に進め、EC ストアをサポートし、経済成長を促進します。企業が採用する決済処理ソリューションによって、その企業が顧客と、そしてより広範な商取引の世界といかに良く交流できるかが決まります。

また、あらゆる規模の企業が、キャッシュフロー、顧客満足度、全体的な事業運営を管理する上で、効率的かつ信頼性の高い決済処理に依存しています。さまざまな決済方法を用意することで、購入者の多様な好みに対応し、利便性を高め、信頼関係を育むことができます。決済処理システムが適切に機能すると、不正利用のリスクが減り、データセキュリティを確保でき、関連する規制や業界標準への準拠も維持できます。

近年、テクノロジーの進歩、顧客行動の変化、新たな市場参加者の台頭によって決済処理を取り巻く状況は大きく変化しています。このような変化に伴い、革新的な決済ソリューションが登場して金融サービスへのアクセスが向上し、業界での競争が激化しています。その結果として、企業や購入者は、よりスピーディで安全、便利という決済処理手段のメリットを手にしています。

決済処理のコンポーネント

決済処理には、購入者と企業の間で安全かつ効率的な取引を可能にするコンポーネントが関係しています。コンポーネントは以下のとおりです。

  • 購入者: 商品やサービスの決済を開始する個人または法人。
  • 加盟店: 購入者からの決済を受け付ける企業またはサービスプロバイダー。
  • 決済手段: 購入者が決済に使用する手段 (クレジットカード、デビットカード、電子ウォレット、仮想通貨など)。
  • POS システム: 取引が行われる物理的またはデジタルのプラットフォーム (小売店の端末、EC ストアのウェブサイト、モバイルアプリなど)。
  • ペイメントゲートウェイ: 決済情報を POS システムから安全にキャプチャーして決済代行業者またはアクワイアリング銀行に送信するサービス。取引処理中の機密データを暗号化してセキュリティを保証します。
  • 決済代行業者: 決済情報の検証、オーソリ、アクワイアリング銀行とカード発行会社間の通信管理など、取引の技術面を担うサードパーティー企業。
  • アクワイアリング銀行 (アクワイアラー): 加盟店アカウントを保有し、加盟店に代わって支払いの受け取り、取引の処理、加盟店アカウントの売上処理を行う金融機関。
  • カードネットワーク: 自社ブランドの決済手段を使用した取引を処理するためのルール、標準、インフラストラクチャを確立している組織 (Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレスなど)。
  • カード発行会社: 購入者に決済手段を発行している金融機関。購入者の口座状況、利用可能な資金、その他の要因に基づいて取引をオーソリまたは拒否する責任を負います。
  • 決済のセキュリティ: 決済情報の安全性と完全性を保証し、不正利用やデータ侵害から守るテクノロジーおよび標準 (PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS)、トークン化暗号化など)。
  • 売上処理と照合: カード発行会社とアクワイアリング銀行の間で売上を送金し、その後に加盟店アカウントを更新して購入者と加盟店の両方の取引記録を生成するプロセス。

いずれのコンポーネントもプロセスにおいて重要な役割を果たし、取引が安全かつ効率的に、適切な規制や業界標準に準拠して完了されるようにします。

決済処理の仕組み

プロセスにはいくつかのステップがあり、複数の当事者が関わっています。ここでは、決済処理の仕組みについて説明します。

1. 取引の開始

購入者は、実店舗の POS または EC ストアやモバイルアプリなどのオンラインプラットフォームを通して決済情報 (例: クレジットカード、デビットカード、その他の支払い方法) を提供することで決済を開始します。

2. ペイメントゲートウェイ

購入者が決済情報を送信すると、その情報は購入者、企業、決済代行業者間の橋渡し役となるペイメントゲートウェイに安全に送信されます。ペイメントゲートウェイは、取引データを暗号化してデータを決済代行業者またはアクワイアリング銀行に安全に送信する責任を負います。

3. 取引のオーソリ

決済代行業者はペイメントゲートウェイから取引データを受け取り、情報を検証します。その後、取引の詳細はアクワイアリング銀行に転送され、アクワイアリング銀行からカードネットワークに送信されて検証とオーソリが行われます。

4. カード発行会社による確認

カードネットワークは取引の詳細をカード発行会社に送信します。カード発行会社は購入者の口座状況を確認し、利用可能残高またはクレジット限度額をチェックして、潜在的なリスクを評価します。これらの要素に基づいて、カード発行会社は取引を承認するか支払いを拒否します。

5. オーソリレスポンス

カード発行会社は、カードネットワークを通じてアクワイアリング銀行にオーソリレスポンス (承認または支払い拒否) を返します。その後、このレスポンスは決済代行業者に転送されます。決済代行業者はペイメントゲートウェイにレスポンスを送信し、ペイメントゲートウェイが企業の POS システムまたはオンラインプラットフォームに結果を伝えます。

6. 取引の完了

取引が承認されると、企業は購入者に商品またはサービスを提供することで販売を完了します。取引の支払いが拒否されると、企業は購入者に別の決済手段をリクエストできます。

7. 取引の売上処理

1 日の終わりに、企業は承認された一連の取引を決済代行業者またはアクワイアリング銀行に送信して売上処理を行います。アクワイアリング銀行は、カードネットワークを通じてカード発行会社に売上をリクエストします。カード発行会社はアクワイアリング銀行に売上を送金します。その後、アクワイアリング銀行が通常は数営業日以内に企業の口座に入金します。

8. 照合とレポート作成

企業は売上処理済みの取引を販売記録と照合し、決済代行業者、アクワイアリング銀行、またはその他の関係者から請求された取引手数料を確認します。企業と購入者の両方に請求書、領収書、口座明細書などの取引記録が送られます。

決済処理のベストプラクティス

決済処理のベストプラクティスを実行することで、顧客体験を向上させ、不正利用のリスクを最小限に抑えると同時に、業界の規制を遵守し、基準に準拠することが可能です。さらに、こうしたベストプラクティスを続けることで、しっかりと構築された内部の決済プロセスをさらに改良し、リソースを効率的に使用してミスを最小限に抑えることにつながります。

ここでは、決済処理の主なベストプラクティスをいくつかご紹介します。

  • 安全な決済環境を構築する
    暗号化、トークン化、SSL (セキュアアソケットレイヤー) 証明書といった堅牢なセキュリティ対策を講じて、送信時や保管時に機密性の高い決済データを保護します。PCI DSS やその他の関連するセキュリティ基準に準拠して、安全な決済環境を確保します。

  • 多様な決済方法を提供する
    クレジットカードやデビットカードデジタルウォレット代替決済手段といった複数の決済オプションを提供することで、顧客の多様な好みに応え、買い物体験を向上させます。

  • 信頼できる決済代行業者を使用する
    総合的な決済処理ソリューションや高度な不正防止ツール、手ごろな手数料、充実した顧客サポートなどを備え、信頼性が高く評判のよい決済代行業者を選びましょう。

  • ソフトウェアとハードウェアを定期的に更新する
    最新のセキュリティパッチやテクノロジーの進歩を取り入れて、決済処理のソフトウェアやハードウェア、システム全体を最新状態に保ちます。これにより脆弱性が軽減され、決済処理システムの効率と安全性が維持されます。

  • 従業員トレーニングを行う
    従業員に対して、決済処理のベストプラクティス、セキュリティ手順、不正防止対策に関する教育を行います。従業員が会社の決済処理のポリシーと手順を理解し、潜在的なセキュリティ脅威を認識して対応できるようにします。

  • 不正防止ツールを導入する
    不正取引やチャージバックのリスクを最小限に抑えるために、住所確認システム (AVS)Card Verification Value (CVV) チェック、3D セキュア認証などの高度な不正防止ツールを導入しましょう。

  • 取引をモニタリングする
    異常なパターンや不正の兆候がないか、決済処理アクティビティを定期的に監視して評価する必要があります。通知を設定して、疑わしいアクティビティに関する情報をリアルタイムで収集しましょう。

  • 返金およびチャージバックに関する明確なポリシーを維持する
    返金およびチャージバックに関する明確なポリシーを作成して利用者に伝え、不審請求の申請や誤解を防ぎます。迅速に問題を解決できる総合的な顧客サービスを提供し、チャージバックのリスクを最小限に抑えます。

  • 照合とレポート作成を効率化する
    効率的な照合およびレポート作成の手順を導入して、正確な会計処理、タイムリーな売上処理、決済処理アクティビティの効果的な監視を実現します。

  • 業界のトレンドや規制に関する最新情報を入手する
    決済処理は絶えず進化しています。決済処理テクノロジー、業界のベストプラクティス、規制変更に関する最新情報などを常に把握し、法令遵守を続けるとともに競争力を維持しましょう。

Stripe のような決済代行業者はこうしたベストプラクティスを継続することで、事業者のリソースに負担をかけず、効率的で機能的な決済処理システムを提供することができるのです。現代の事業者からの複雑な決済処理ニーズに対応する Stripe の詳細については、こちらをご覧ください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。