クレジットカード決済のオーソリと取引の売上処理のプロセス

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. オーソリと売上処理のプロセスの関係者について
  3. カードのオーソリの概要
  4. カードのオーソリの仕組み
  5. キャプチャーと売上処理の概要
  6. カード決済のプロセス

たとえ貴社が 1 日に数十億件のクレジットカード取引を処理する企業であっても、認識しているのはプロセスの複雑さだけかもしれません。しかし、購入者が決済のためにカードを提示してから、自社の銀行口座に売上が届くまで、裏側で行われているすべての手順について知りたいと思うこともあるでしょう。

ここでは、ビジネスでカード決済を処理するたびに、カードのオーソリや売上処理のプロセスで行われることについて説明します。

この記事の内容

  • オーソリと売上処理のプロセスの関係者について
  • カードのオーソリの概要
  • カードのオーソリの仕組み
  • キャプチャーと売上処理の概要
  • 取引の売上処理の概要
  • カード決済のプロセス

オーソリと売上処理のプロセスの関係者について

すべてのカード取引に初めから終わりまで関わる重要な関係者は次のとおりです。

  • カード保有者
    カード保有者は支払いを行う人のことを指し、カード保有者の名前は支払いのために提示されるクレジットカードやデビットカードに表示されています。カード取引において、カード保有者の口座は資金の送金元になります。

  • ビジネス
    ビジネスは、取引時にその商品やサービスの購入が行われる存在のことを指します。このプロセスの最後で、売上は最終的にビジネスの銀行口座に送金されます。

  • アクワイアラー
    加盟店アクワイアラー (またはアクワイアリング銀行) は、ビジネスに代わって購入者のクレジットカードまたはデビットカードによる支払いを処理し、カードネットワークを通じて支払いをカード発行会社に振り分ける銀行または金融機関です。

  • 決済代行業者
    決済代行業者は、ビジネスとカード発行会社間の仲介業者として機能します。取引に関する重要な情報をすべての当事者 (ビジネス、カードネットワーク、カード発行会社) の間で移行し、支払いのオーソリと売上処理が行われるようにします。以前、決済代行業者と加盟店アクワイアラーは別々に存在していましたが、一部のビジネスは両方の機能を提供する決済代行業者 (Stripe など) と連携しています。

  • カードネットワーク
    カードネットワークは、大手クレジットカード会社とそれらが消費者の支払い能力の範囲内で処理を行う方法の名称を指します。アメリカでは、Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、ディスカバーが主要なカードネットワークになっています。カードネットワークは、クレジットカード取引のオーソリと処理、取引条件の確定を行い、購入者、ビジネス、カード発行会社の間で支払いを移行させます。

  • カード発行会社
    カード発行会社は、カード保有者にクレジットカードやデビットカードと関連した信用枠を提供している金融機関です。また、一部のカードネットワークはカード発行会社を兼ねているため、消費者のクレジットカードアカウントの発行と維持を自社で行っています。アメリカでクレジットカードを発行している金融機関は 200 社を超えています

カードのオーソリの概要

カードのオーソリは、決済のために提示されたクレジットカードまたはデビットカードを発行した金融機関で、そのカードが所定の取引に使用できることを確認するプロセスです。

カードのオーソリの仕組み

カードのオーソリはビジネスでカード決済が受け付けられたときに開始され、ビジネスの決済代行業者がカード発行会社に問い合わせを行います。カード発行会社には取引の詳細 (使用されたカード、購入の金額、提供された本人確認の詳細情報) が提供され、承認するように求められます。承認にあたって、カード発行会社は次の点を確認します。

  • カード保有者に、取引で要求されている金額を支払うのに十分な資金または利用可能な信用枠があること
  • カードに盗難、紛失、凍結のフラグが立てられていないこと
  • カード保有者の認証情報が、そのカードに対して登録されている情報に一致すること

カード発行会社はビジネスのオーソリのリクエストに、取引の承認可否を伝える 2 桁のコードで応答します。取引が承認された場合、カード発行会社は、売上がすぐにビジネスへ送金されない場合でも、カードに関連付けられたアカウントでただちに残高または利用可能な信用枠を減少させます。

カードのオーソリの仕組みとビジネスで知っておくべきことに関する詳細については、Stripe によるカードのオーソリのガイドをお読みください。

キャプチャーと売上処理の概要

「キャプチャー」と「売上処理」という用語は、取引からの売上がビジネスの銀行口座に送金されるカード決済のプロセスにおける、異なる時点を指しています。キャプチャーは、加盟店アクワイアラーが、カード発行会社から受けた承認に基づいて効果的にアクションを取るためのプロセスを開始する時点を指します。カードのオーソリの有効期限がすぐに切れることはないため (通常は 5 ~ 10 日間、場合によっては最大 30 日間有効)、加盟店アクワイアラーは、取引が承認された後で売上を受け取る時期について、ある程度柔軟に設定できます。キャプチャーは、加盟店アクワイアラーがこれを行う時点を指します。売上処理は、売上がカード発行会社のアカウントから加盟店アカウントに移動する時点を指します。

カード決済のプロセス

ここでは、初めから終わりまでにおけるカード取引のプロセスの各ステップや、主要な関係者の連携方法を紹介します。

  • オンラインまたは対面で、利用者が支払い用のクレジットカードまたはデビットカードを提示します。

  • 対面取引の場合は、ビジネスのカードリーダーと POS でカード情報を受け付けて、ビジネスの決済代行業者に転送します。

  • オンライン取引の場合も、処理の内容そのものは変わりませんが、カードリーダーが存在しない点が異なります。そのため、購入者はカード情報を手動で入力するか、デジタルウォレットを使用して保存済みのクレジットカードまたはデビットカードで支払うか、ビジネスに登録されているカードを使用します。

  • ビジネスの決済代行業者 (Stripe など) がカードネットワーク経由で承認リクエストをカード発行会社に送信します。

  • 取引に関連する次の 3 つの点をカード発行会社が確認します。

    • カード自体が有効である。
    • カード保有者の本人確認情報が確認されている。通常は、決済フローで提供された請求先住所をカードの登録住所と照合する。
    • 承認リクエストの対象額を支払うことができる十分な資金または信用枠がある。
  • カード発行会社は、すべてを確認できる場合は取引を承認し、オーソリコードをカードネットワーク経由で決済代行業者に返信します。

  • 決済代行業者は、承認されたことをアクワイアラーとビジネスの決済端末に伝え返します (取引がオンラインまたは対面式を問わない)。通常、これは数秒以内に行われます。

  • 取引が承認されると、アクワイアラーは売上を取得し、ビジネスの主要なビジネス要銀行口座に送金されるまで、加盟店アカウントに保持します。保持期間は通常、2 ~ 3 日以内です。

カードのオーソリと売上処理はあまりに細かく専門的で、気にするほどではないと思われるかもしれませんが、このプロセスの実用的な知識をしっかりと習得すれば、効率の悪い点の特定や問題の解決を行ったり、決済システムのあらゆる部分がビジネスのニーズに合わせて最適化されていることを確認したりするうえで役立ちます。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。