デジタルウォレット決済を受け付ける方法

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. デジタルウォレットとは
  3. デジタルウォレット決済を受け付ける方法
  4. デジタルウォレット決済を受け付けるために必要なハードウェア
  5. 企業がデジタルウォレット決済を利用するメリット
  6. デジタルウォレット決済に関連する費用
  7. デジタルウォレットアプリ

デジタルウォレット決済を受け付けることは、対面での顧客取引を処理する企業にとって当たり前のことになりつつあります。財布ではなく携帯電話で買い物をする消費者が増えており、小売業者は「スワイプ」が「タップ」に急速に置き換わりつつある時代に事業を展開するための手段を備えるようになっています。3 つ以上のデジタルウォレットを利用する消費者の割合が、2021 年の 18% から 2022 年には 30% に増えています。

ここでは、デジタルウォレット決済を受け付けるために知っておくべきあらゆることについて説明します。

この記事の内容

  • デジタルウォレットとは
  • デジタルウォレット決済を受け付ける方法
  • デジタルウォレット決済を受け付けるために必要なハードウェア
  • 企業がデジタルウォレット決済を利用するメリット
  • デジタルウォレット決済に関連する費用
  • デジタルウォレットアプリ

デジタルウォレットとは

デジタルウォレットテクノロジーによって、スマートフォンは金融取引ができる決済デバイスになりました。財布と同じように、デジタルウォレットでも POS で使用されるさまざまな決済手段 (クレジットカード、デビットカード、銀行口座番号) を利用できます。

機能は、基盤となるテクノロジーによって異なります。ほとんどのデジタルウォレットにより、モバイルデバイスを使用して非接触型取引対応のすべての POS で決済を行うことができます。さらに、一部のデジタルウォレットでは、購入者が特典を利用できる他、ロイヤルティポイントを使ったり、コンサートや映画のチケット、個人識別番号、搭乗券などを保管することができます。

ここでは、デジタルウォレットの決済面と、このますます普及しつつある決済手段を企業が受け付けるために知っておくべきことを中心に説明します。

デジタルウォレット決済を受け付ける方法

ほとんどの決済処理プロバイダーがデジタルウォレット決済をサポートしています。既に取引のあるプロバイダーがある場合は、ハードウェアとソフトウェアからなるエコシステムにデジタルウォレット決済を設定する際にどのような支援が受けられるのかお問い合わせください。現在の決済処理プロバイダーがまだデジタルウォレット決済をサポートしていない場合は、そろそろ新しいプロバイダーを探してもよい頃合いかもしれません。

まず購入者の決済を受け付けることから始める場合でも、必要に応じて加盟店サービスプロバイダーを選択し、加盟店アカウントを開設します。クレジットカード、デビットカード、小切手、ACH 送金、デジタルウォレットなどの決済手段を介して購入者から決済を受け付けて処理する場合に、こうしたプロバイダーからサポートを受けることができます。また通常、小売業者の実店舗とオンラインで決済を受け付けるために必要な POS ソフトウェアとハードウェアもプロバイダーから提供されます。選択したプロバイダーによっては、加盟店サービスプロバイダーが EC ストア、マーケティング、分析のサポートを提供する場合もあります。

デジタルウォレット決済を受け付けるために必要なハードウェア

デジタルウォレット決済は、近距離無線通信 (NFC) を使用して対面で処理されます。NFC は、2 つのデバイスを近づけて互いに無線で通信できるようにするテクノロジーです。モバイルカードリーダーと最新の決済端末は、多くの場合、デジタルウォレットを使用して非接触型決済を受け付けます。

企業がデジタルウォレット決済を利用するメリット

受け付ける決済手段の数を増やしていくことをお勧めします。決済の選択肢が限られていると、見込み客にとってはそれが障壁となるため、コンバージョン率が低下する可能性があります。したがって、デジタルウォレットを受け付けることには独自のメリットがあります。

取引の暗号化により、デジタルウォレットの安全性が高まり、不正利用されにくくなります。また、購入者が他の決済手段よりもデジタルウォレットを優先して利用することが増えています。デジタルウォレットユーザーの 15% が、普段から財布は家に置いたままにしていると回答しています。さらに、11% のデジタルウォレットユーザーが、デジタルウォレットを使用できるとわかっていれば実際にそうすることを検討すると回答しています。

デジタルウォレットが最新の決済システムとのインターフェースを備えているため、ほとんどの企業にとってこの決済タイプを受け付けるために必要な作業は、もしあるとしてもごくわずかです。すべての Stripe ハードウェアが非接触型デジタルウォレット決済に対応しています。また、デジタルウォレットに対する消費者の熱意が広がるにつれて、企業での導入も広がり、あっという間に新たな標準となっています。

デジタルウォレット決済に関連する費用

決済処理プロバイダーは、多くの場合、こうした非接触型決済の処理に手数料を課していますが、Stripe は、Apple Pay 決済の処理に追加の手数料を課していません。料金は、他のカード取引と同じです。

ほとんどのデジタルウォレットプロバイダーは、ウォレットに保存されている決済手段をホスティングしている銀行やその他の金融機関に取引ごとにわずかな比率の手数料を請求することで利益を上げています。ほとんどの場合、この分の費用が利用者や取引企業に請求されることはありません。

デジタルウォレットアプリ

デジタルウォレット市場は今後も拡大し続け、今後数年のうちに新たな競合他社が参入してくるでしょう。現在主流となっているデジタルウォレットプロバイダーには、Apple Pay、Google Pay、主要クレジットカードネットワークの各種アプリなど、広く利用されているアプリがありますが、この業界は活発に拡大しています。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。