オンライン決済処理の基礎知識: 事業者が知っておくべきこと

Payments
Payments

Accept payments online, in person, and around the world with a payments solution built for any business—from scaling startups to global enterprises.

Learn more 
  1. はじめに
  2. オンライン決済処理とは
  3. オンライン決済処理を構成する要素
  4. オンライン決済手段
  5. オンライン決済処理の仕組み
    1. 1. 顧客
    2. 2. 事業者
    3. 3. ペイメントゲートウェイ
    4. 4. 決済代行業者
    5. 5. カード発行会社またはカードネットワーク
    6. 6.決済代行業者
    7. 7. ペイメントゲートウェイ
    8. 8. 売上処理と送金
  6. オンライン決済処理プロバイダーの選び方

高まり続ける顧客の要望に応えるために、オンライン決済処理を利用する事業者が増えています。ある最近の調査によると、オンライン決済は 2023 年までに世界合計で 6 兆 7,000 億ドル規模に達すると予測されています。オンライン決済の受け付けに加えて、卓抜した顧客体験、最大限の柔軟性、厳格なセキュリティ基準も提供しなければなりません。オンライン決済を軸とした売上獲得の機会は、拡大の一途をたどっています。同様に、オンライン決済のあるべき姿に対する期待も高まり続けています。事業者にとって、オンライン決済処理が複雑かつ優先度の高い懸念事項になっている理由は、そこにあります。

オンライン決済処理を導入することで、利便性の高い決済手段を顧客に提供できるだけでなく、事業者も複数のメリットを得られます。たとえば、会計処理とレポート作成のプロセスを効率し、不正利用やチャージバックが生じるリスクを低減するうえで役立ちます。適切なオンライン決済処理プロバイダーを導入すると、取引手数料の削減や売上へのスピーディーなアクセスも実現可能です。

この記事は、オンライン決済処理の構成要素と関係先の詳細、一般的な決済手段、オンライン決済処理の仕組み、ニーズに即した最適なオンライン決済処理プロバイダーを選ぶための実践的なヒントを含め、オンライン決済処理に関する総合的なガイドとしてご覧ください。

この記事の内容

  • オンライン決済処理とは
  • オンライン決済処理を構成する要素
  • オンライン決済手段
  • オンライン決済処理の仕組み
  • オンライン決済処理プロバイダーの選び方

オンライン決済処理とは

オンライン決済処理とは、オンラインで購入される商品またはサービスについて、電子決済を受け付けるプロセスを指します。処理には、顧客の銀行口座から事業者の銀行口座まで売上を送金するために必要な一連の手続きが含まれ、その内訳は取引の決済手段や条件によって異なる場合があります。

オンライン決済処理には、クレジットカードとデビットカードによる決済、銀行振込、デジタルウォレットを含めてさまざまなタイプがあります。通常、決済はペイメントゲートウェイを経由して処理されます。ペイメントゲートウェイが支払い情報を暗号化し、安全に転送して、オンライン決済をオーソリします。オンライン決済処理はすでに EC ストアの重要な側面となっており、事業者は支払いをスピーディーかつ安全に受け取り、世界中の顧客は場所や時間にかかわらず購入を実行できます。

オンライン決済処理を構成する要素

オンライン決済処理では、インターネット上の顧客から決済を安全に受け付けるために、複数の構成要素が連携します。決済処理システムの構造そのものは、決済に対する事業者のアプローチや、Stripe などのサードパーティー決済処理プロバイダーとの連携の有無によって異なる場合があります。事業運営にオンライン決済処理を導入することを検討している場合は、これらの構成要素がどのような形で連携するのかを理解しておくことが重要です。一般に、オンライン決済処理には以下の構成要素が含まれます。

  • ペイメントゲートウェイ: ペイメントゲートウェイとは、支払い情報を暗号化し、事業者のウェブサイトと顧客の銀行またはカード発行会社の間で安全に転送することによってオンライン決済をオーソリするサービスです。

  • 加盟店アカウント: 加盟店アカウントとは、顧客取引の売上が事業者の銀行口座に入金されるまでその売上を保持しておくための専用の銀行口座です。加盟店アカウントは、顧客取引の売上の保管庫としての役割を果たすもので、取引の処理後に売上が入金される最初の場所です。

  • 決済代行業者: 決済代行業者とは、顧客の銀行またはカード発行会社、事業者のアクワイアリング銀行 (事業者の加盟店アカウントを維持管理する)、事業者の主要な銀行口座の間で生じる取引を処理する企業です。

  • 顧客情報: これには、クレジットカードやデビットカードの詳細、銀行口座情報、デジタルウォレット情報など、顧客の支払い情報が含まれます。

  • 不正利用の検出と防止: 不正利用の検出と防止ツールは、不正な取引を防止し、事業者と顧客の両方を金銭的損失から保護するために使用されます。

  • 売上処理と送金: 売上処理では、顧客の口座から加盟店アカウントまで売上が送金されるのに対して、送金では、加盟店アカウントから事業者の銀行口座まで売上が送金されます。これらのプロセスには、決済処理プロバイダーによっては数日かかる場合もあります。

オンライン決済手段

事業者が利用できるオンライン決済処理の手段には多くの種類があり、いずれも特定の種類の事業や取引に適しています。広く普及しているオンライン決済手段としては、以下のものがあります。

  • クレジットカードとデビットカード
    クレジットカードとデビットカードによる決済は、オンライン決済処理としては最も一般的な形態です。顧客は、購入するためにクレジットカードまたはデビットカードの情報をペイメントゲートウェイに入力します。

  • 銀行振込
    この決済手段では、顧客の銀行口座から、加盟店アカウントではなく事業者の銀行口座まで売上が直接送金されます。銀行振込は、オンラインバンキングまたはモバイルバンキングのアプリを使用して完了できるほか、小売業者のウェブサイトまたはアプリの支払い機能を通じて開始し、オーソリを受けることもできます。

  • デジタルウォレット
    デジタルウォレットを利用すると、支払い情報を安全に保存して、スピーディーかつ簡単にオンラインで決済できるため、オンライン決済処理の一形態として普及が進んでいます。広く利用されているデジタルウォレットとしては、PayPal、Apple Pay、Google ウォレットがあります。

  • 口座引き落とし
    継続支払いの手段の 1 つであり、顧客は、事業者によって顧客の銀行口座から特定の金額が定期的に引き落とされることを承諾します。

  • プリペイドカード
    特定の金額がチャージされていて、オンラインでの購入に使用できるプリペイドカードを顧客が購入するという決済手段です。

  • 仮想通貨
    Bitcoin などの仮想通貨は、オンライン決済に使用できるデジタル通貨です。分散型のシステムで運用され、スピーディーかつ安全に取引を行うことができます。

オンライン決済処理の仕組み

顧客によるオンライン決済を安全に受け付けて、それらの決済を確実に処理する具体的な手順は、決済手段と事業者の決済インフラによって異なります。差異はあるものの、ほとんどのオンライン決済処理には以下の当事者が関与します。

1. 顧客

顧客は、目的の商品またはサービスを事業者のウェブサイトで選択し、支払いの詳細を入力して決済を開始します。

2. 事業者

事業者は顧客の支払い情報を受領し、処理のためにペイメントゲートウェイに安全に送信します。

3. ペイメントゲートウェイ

ペイメントゲートウェイは、支払い情報をオーソリのために決済代行業者に送信します。

4. 決済代行業者

決済代行業者は、顧客の銀行またはカード発行会社に問い合わせて、支払い情報が正確であり、取引を行うための十分な資金を顧客が所有していることを確認します。

5. カード発行会社またはカードネットワーク

カード発行会社またはカードネットワークは、取引を承認または拒否し、決済代行業者に応答を返します。

6.決済代行業者

決済代行業者は、カード発行会社またはカードネットワークから応答を受領し、ペイメントゲートウェイに返します。

7. ペイメントゲートウェイ

ペイメントゲートウェイは、決済代行業者から応答を受領して事業者のウェブサイトに返し、事業者に対して、決済が正常に完了したかどうかを通知します。

8. 売上処理と送金

売上処理のプロセスでは、顧客の口座から加盟店アカウントまで売上が送金されるのに対して、送金のプロセスでは、加盟店アカウントから事業者の銀行口座まで売上が送金されます。

ほとんどのオンライン決済では、このプロセス全体が数秒で完了します。

オンライン決済処理プロバイダーの選び方

デジタル決済の世界は活況を呈しており、新たな決済手段を利用できる環境が拡大していることから、こうしたニーズを満たす市場も飛躍的に成長しています。結果として事業者に突き付けられているのは、適切な決済処理プロバイダーを選ぶという課題です。

以下に、オンライン決済処理プロバイダーを選ぶ際に考慮すべきいくつかの重要事項を示します。

  • セキュリティ
    セキュリティは、オンライン決済処理プロバイダーを選ぶ際に考慮すべき重要な要素です。不正利用の検出と防止、データの暗号化、PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS) 規制への準拠など、高度なセキュリティ機能を提供しているプロバイダーを探しましょう。

  • オムニチャネルのソリューション
    事業者がユニファイドコマース戦略を策定して、オンライン決済処理の業務を改善することにとどまらず、顧客と決済に関するすべてのデータポイントを取りまとめ、実践可能なインサイトを得ようとすることの意義は、ますます高まっています。この目的の達成に向けて重要なのが、あらゆるチャネルでの総合的な決済に対応している、Stripe などの決済処理プロバイダーを探すことです。

  • 費用
    取引手数料、セットアップ料金、月額料金、チャージバック手数料を含めて、決済処理プロバイダーに関連して生じる費用を考慮します。さまざまなプロバイダーの費用を比較して、自社の事業にとって最も費用対効果が高いものを見つけてください。

  • 決済手段
    クレジットカードやデビットカードによる支払い、銀行振込、デジタルウォレット、その他の支払いオプションを含めて、プロバイダーが対応している決済手段を考慮します。自社の顧客が利用したいと考えている決済手段にプロバイダーが対応していることを確認する必要があります。

  • 導入
    自社のウェブサイトまたは EC ストアプラットフォームに導入しやすい決済処理プロバイダーであるかどうかを確認します。アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) やオンラインの支払いページなど、シンプルな導入オプションを提供している必要があります。たとえば、Stripe Checkout では、顧客のデバイスや場所に動的に適応して購入完了率を向上させると同時に、クーポンや複数の税率にも対応したシンプルな導入機能が提供されています。

  • カスタマーサポート
    決済処理プロバイダーが提供しているカスタマーサポートの水準を考慮します。24 時間 365 日のカスタマーサポートに加えて、電話、メール、ライブチャットなど、複数のチャネルでサポートを提供しているプロバイダーを探してください。

  • グローバル対応
    複数の国で事業を運営している場合は、複数の通貨と言語に対応している決済処理プロバイダーを検討します。プロバイダーが複数の国や地域の顧客からの支払いを処理できることを確認してください。たとえば、Stripe は 135 以上の通貨と多くの決済手段に対応しているため、新たな市場での事業展開や、さまざまな国の顧客基盤を対象に購入完了率のアップを実現しやすくなります。

鍵になるのは、適切なオンライン決済処理プロバイダーを選ぶことです。ここで取り上げた要素を慎重に評価し、自社固有のニーズを満たすプロバイダーを選ぶと、顧客に対して安全かつシームレスな決済体験を確実に提供できます。こうした目標の達成に向けて Stripe がどのように役立つかについて、詳細はこちらをご覧ください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。