iDEAL: 徹底ガイド

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. iDEAL とは
  3. iDEAL が使用されている場所
  4. iDEAL の利用者
    1. 企業
    2. 利用者
  5. iDEAL の仕組み
  6. iDEAL を導入するビジネス上のメリット
    1. 顧客基盤の拡大
    2. 即時取引確認
  7. リスクへの露出の低減
    1. 取引データへのアクセス
    2. 異なるプラットフォームとの互換性
    3. 業務プロセスの合理化
    4. キャッシュレス社会への対応
    5. 顧客ロイヤルティの可能性
  8. iDEAL のセキュリティ対策
  9. 企業が iDEAL 決済を開始するための要件
  10. iDEAL の代替手段

iDEAL はオランダを拠点とする決済手段のプロバイダーで、利用者の銀行口座とオンライン事業を結びつけることで、決済プロセスを効率化します。オランダ決済協会のデータによると、iDEAL は 2022 年に 12 億件を超える取引を処理しました。この数字は、オランダの利用者が E コマースを利用する際に、直接の銀行送金を強く好むことを示唆しています。

地域によって決済の好みや慣習が異なるため、iDEAL は国際的にはそれほど普及していません。オランダでこのプラットフォームが成功しているのは、オランダの金融システムと深く統合されていることと、提携銀行のネットワーク内でリアルタイム取引を実施できることが大きな理由です。国際的にはそれほど普及していないものの、iDEAL の運営モデルは、利用者の行動や地域の銀行業務の枠組みに適応することで地域の決済ソリューションがその地域の市場を支配する可能性があることを示しています。

iDEAL はスピードと銀行との直接的なやりとりを重視しており、これは国内市場のトレンドに沿ったものです。また、企業がチャージバックにさらされるリスクも削減されます。オンライン取引の増加は、オランダ市場における iDEAL の重要性を示しています。多くのオンライン小売業者は、iDEAL をカード決済と同様のレベルに位置付けています。

iDEAL の台頭は、特定の市場において決済システムがどのように利用者の習慣や期待に適応するかを理解するための重要なケーススタディです。iDEAL はオランダ市場に参入する企業にとって特に有益ですが、グローバル E コマースに携わる企業であれば、iDEAL が提供する市場固有の決済ソリューションに関するインサイトからメリットを得ることができます。

この記事の内容

  • iDEAL とは
  • iDEAL が使用されている場所
  • iDEAL の利用者
  • iDEAL の仕組み
  • iDEAL を導入する事業者側のメリット
  • iDEAL のセキュリティ対策
  • 企業が iDEAL 決済を開始するための要件
  • iDEAL に代わる選択肢

iDEAL とは

iDEAL はオランダで広く利用されているオンライン決済方法で、利用者は銀行口座から直接オンライン送金で取引を行うことができます。2005 年にリリースされた iDEAL は、国内で電子取引の標準となり、セキュリティとスピードを重視する熱心なユーザー層を獲得しています。iDEAL は購入者と企業の仲介役として機能し、購入者はカードの詳細を入力しなくてもリアルタイムで送金ができるようになります。iDEAL のオンライン購入プロセスは銀行レベルのセキュリティを備えています。

このシステムの特筆すべき点は、オランダの大半の銀行と統合されていることです。そのため、オランダの多くのユーザーが利用できます。オランダ決済協会のデータによると、2022 年には iDEAL 経由で処理された取引額は 1,070 億ユーロを超えました。オランダの利用者が iDEAL を好む理由の一つは、iDEAL が決済処理に既存のオンラインバンキングサービスを利用しているためです。オランダの利用者は銀行に対して強い親近感と信頼感を抱いているのです。

iDEAL を利用すると企業は即座に支払いの確認ができるため、商品やサービスの迅速なフルフィルメントが可能になります。E コマースの運用においてこれは大きな要素です。このシステムは、デスクトップやモバイルなど、多様なプラットフォームでシームレスに動作します。つまり、利用者がさまざまな方法でオンラインビジネスを利用できる実態を反映しています。E コマースが成長を続ける中、オランダにおける iDEAL の隆盛は、市場が柔軟な銀行ベースのデジタル決済ソリューションを好んでいることを示しています。

iDEAL が使用されている場所

iDEAL のユーザー層はオランダに集中しています。最近の数字によると、オランダ国民の大部分がオンライン取引にこのサービスを利用しています。全世界での正確な利用者数は公表されていませんが、iDEAL で処理された取引量は拡大しています。2021 年以降、iDEAL を通じて 10 億件を超える取引が行われています。

  • オランダ
    iDEAL は、オランダにおける卓越したオンライン決済手段です。このプラットフォームはオランダのすべての主要銀行と統合されており、利用者や企業の間で高い導入率を誇っています。オランダ決済協会の報告によると、取引量は毎年増加を続けており、オランダの E コマース決済システムの基幹としての iDEAL の地位は揺るぎないものとなっています。

  • ベルギー
    ベルギーでも iDEAL を導入する企業が増えています。これは、オランダからの買い物客の流入の多さと、iDEAL がもたらすビジネスチャンスの両方を示しています。オランダとベルギーの間ではクロスボーダーのショッピングは一般的であり、iDEAL は、ベルギー国内の銀行サービスを使用してオンラインで購入することを好む利用者のための橋渡し役となっています。

  • その他のヨーロッパ諸国
    iDEAL はヨーロッパの他の地域ではあまり普及していませんが、一部の企業はオランダ国外にいるオランダ人やオランダ人観光客に対応するために iDEAL を提供することの価値を認めています。このような企業は、リーチを拡大するために iDEAL を利用できる決済サービスプロバイダーと提携することがよくあります。

iDEAL は利用者の銀行口座に直接紐付けられているため、これらの地域の大手銀行や金融機関は iDEAL に対応しています。デジタルコマースの進化に伴い、こうした分野における従来のカードネットワークへの依存の実態は変化しています。これは、特に iDEAL が利用者に魅力的な代替手段を提供するようになっているためです。

iDEAL の利用者

iDEAL の人気の要因は、シンプルさ、信頼性、そして決済エコシステム内での安心感にあります。iDEAL の決済モデルは利用者や企業の現代のニーズに合致しており、同プラットフォームの取引件数は毎年増加しています。

企業

  • E コマースとオンライン小売業者
    iDEAL はオランダの E コマースの柱であり、新興のスタートアップから成熟したオンラインマーケットプレイスまで、あらゆるタイプの企業が利用しています。オランダにおけるオンライン購入の大部分は iDEAL を利用して行われており、このプラットフォームに対する利用者と企業の信頼が強く示されています。

  • サービスプロバイダー
    公共事業、通信事業、デジタルサービス事業を営む企業は、銀行口座から直接決済ができる iDEAL をよく利用しています。これによりタイムリーかつ完全な支払いが保証されるため、クレジットカードの制限や口座引き落としの義務などの問題を回避できます。

  • 旅行およびホスピタリティ業界
    ホテルや航空会社などの旅行業界では、シンプルさと即時の支払い確認ができる点から iDEAL が利用されています。これは時間面での制約が大きい旅行の予約に適しているためです。

  • サブスクリプションベースのビジネス
    このプラットフォームは、ストリーミングサービスから SaaS (Software-as-a-Service) モデルまで、サブスクリプションエコノミーにも対応しています。利用者に銀行振込を直接行うオプションを提供することで、企業はカードの有効期限切れや解約済みカードによる支払いの失敗の可能性を減らすことができます。

  • 慈善団体と資金調達プラットフォーム
    非営利団体や資金調達キャンペーンでは、iDEAL を利用して寄付のプロセスを合理化し、より多くの寄付が集まるよう促しています。

利用者

  • テクノロジーに精通した利用者
    テクノロジーに敏感な若年層は、オンラインショッピングやサービスにおいて iDEAL を選択することが多くなっています。これは、システムの使いやすさと、クレジットカードには必ずしも備わっていない高い安全性があるためです。

  • 家族連れや家庭の買い物客
    小売業界では iDEAL の存在感は大きく、日常的な家庭用品を購入する家族がよく利用する選択肢となっています。

  • 小規模企業のオーナー
    中小企業にとって、iDEAL は顧客との円滑な決済取引を促進し、戦略的な選択肢となります。

  • 外国への移住者と外国からの買い物客
    外国に住むオランダ人や、オランダの E コマースサイトで買い物をする外国人利用者は、決済プロセスがシンプルで使いやすいため、クロスボーダー取引に iDEAL を利用することが多くなっています。

  • 高齢者
    2017 年現在、オランダの 65 歳から 74 歳の大人は、他のヨーロッパ諸国に比べて高い割合でインターネットを利用しています。この層にとって、iDEAL はシンプルさと直接の銀行振込の安全性から、オンラインでの購入や請求書の支払いにおいて便利な方法となっています。

iDEAL の仕組み

iDEAL は、利用者の銀行口座から企業の銀行口座に直接オンラインで送金するシステムとして運営されています。オンラインショッピングで購入者が支払い方法として iDEAL を選択すると、銀行のオンラインバンキング環境にリダイレクトされます。その場合、支払いの詳細があらかじめ入力されており、購入者は銀行が提供する 2 段階認証を使って取引を承認するだけです。

承認後、企業は確認通知を受け取り、購入者は企業のウェブサイトにリダイレクトされます。この承認をトリガーとして、購入者の銀行から、iDEAL の運営元である Currence が管理する一括決済用口座にリアルタイムで送金されます。この資金は企業の銀行口座に振り込まれます。

ここでは、iDEAL プラットフォームがどのように機能するのかをさらに詳しく確認しましょう。

  • 取引におけるデータセキュリティ
    iDEAL では、取引中の顧客データを保護するため、複数のセキュリティ階層が使用されています。支払いは利用者のオンラインバンキングシステムを通じて処理されるため、暗号化やセキュアなログインプロトコルなど、銀行独自のセキュリティ対策のメリットが得られます。さらなるセキュリティ階層として、データはすべてバンキングネットワーク内に保持され、機密性の高い金融情報が企業と共有されることはありません。

  • 取引の手数料体系
    企業は iDEAL の取引ごとに手数料を支払います。この手数料は取引銀行によって決められ、取引量や銀行独自の料金戦略によって変動します。一般的には、取引額に対する割合ではなく、取引ごとに固定額となります。iDEAL の利用に手数料はかかりません。

  • 清算と売上処理のメカニズム
    iDEAL による売上処理は同日中に行われます。前述のとおり、支払いが承認されると、資金は即座に一括決済用口座に振り込まれます。企業側の銀行に対する売上処理は、参加銀行と Currence の間で合意されたプロトコルに従って行われます。このプロセスは運用効率確認のために継続的に監視され、高い信頼性があると考えられています。

  • 取引データと分析
    iDEAL は、iDEAL に統合されている銀行を通じて企業が取引データにアクセスできるようにしています。企業はこれを利用して支払い状況を追跡したり、口座を照合したりできます。また、銀行は取引パターンを分析できる追加サービスを提供していることがあります。これはビジネス上の意思決定に役立つ場合があります。

  • 相互運用性とテクノロジー統合
    iDEAL プラットフォームは、企業のオンライン決済システムと簡単に統合できるように設計されています。これは通常、iDEAL と統合する銀行が提供する API (アプリケーションプログラミングインターフェイス) を通じて行われます。これにより、幅広い E コマースシステムとの互換性が確保され、利用者にとって合理的なチェックアウトプロセスが実現します。

iDEAL の設計には、利用者がクレジットカード決済よりも直接的な銀行振込を強く好むオランダの金融環境に対する深い理解が反映されています。iDEAL の人気と普及は、オンライン金融取引の効率性と安全性を優先する社会のニーズを満たすシステムの能力を示しています。iDEAL の取引量は継続的に増加しています。2018 年の 5 億 2,400 万件から 2022 年には 12 億件を超えるまでに増加していることから、オランダの決済処理ネットワーク内での確固たる地位が証明されています。

iDEAL を導入するビジネス上のメリット

顧客基盤の拡大

企業が iDEAL を統合すると、オランダで人気の決済方法である iDEAL の広範な顧客基盤にリーチできます。オランダ決済協会 の 2022 年の報告書によると、iDEAL はオランダ国内のオンライン決済の約 70% を占めています。

即時取引確認

iDEAL では、即座に取引が確認されます。このリアルタイム処理により、商品やサービスの迅速な提供が可能になります。即時の取引確認はデジタルの商品やサービスを販売する企業にとって特に有益です。購入後にすぐにアクセスできるようになるためです。

リスクへの露出の低減###

iDEAL の銀行間直接送金メカニズムにより、企業はチャージバックのリスクを最小限に抑えることができます。また、銀行が支払いを認証および承認するため、不正取引の発生率は、他の支払い方法に比べて大幅に低くなっています。

取引データへのアクセス

企業は iDEAL から詳細な取引データを受け取ります。これは財務照合において極めて重要であり、顧客の消費行動に関するインサイトを得ることができます。このような指標は、企業が在庫レベルを調整し、マーケティング活動を調整し、チェックアウトプロセスを最適化するのに役立ちます。

異なるプラットフォームとの互換性

iDEAL は複数の E コマースシステムと互換性があるため、企業はさまざまなオンラインプラットフォームで使い慣れた支払い方法を顧客に提供できます。この相互運用性により、企業はシステムを大幅に変更することなく、多様なオンライン顧客基盤に対応できます。

業務プロセスの合理化

API を使用することで、企業は iDEAL を既存の財務システムや業務システムと統合できます。これにより、会計プロセスの合理化、正確な在庫管理、財務報告の簡素化を実現できます。

キャッシュレス社会への対応

オランダはキャッシュレス社会への道を歩んでおり、iDEAL のプラットフォームは、この顧客行動の変化に対応できるデジタル決済ソリューションを企業に提供します。

顧客ロイヤルティの可能性

iDEAL はロイヤルティプログラムを直接は提供していませんが、企業は iDEAL の取引データを利用して、ターゲットを絞った特典プログラムを開発できます。これにより利用者との関係を深め、リピーターを増やすことができます。

iDEAL のセキュリティ対策

iDEAL では、オンライン取引の安全性を確保するため、強固なセキュリティプロトコルが採用されています。2022 年の報告書によると、iDEAL の月間取引量は数百万件にのぼります。

  • 認証プロセス
    iDEAL でのお支払いでは、利用者の銀行で直接本人認証を行う必要があります。このプロセスは銀行固有のプラットフォーム上で行われます。そのため、ワンタイムパスワードや生体認証などの 2 段階認証を含む、銀行の既存のセキュリティ対策を活用します。

  • 取引の完全性
    iDEAL での取引はリアルタイムで行われ、取り消すことはできません。これにより、即時の支払い確認が容易になり、遅延や取り消しが可能な取引における詐欺を行える期間も排除できます。

  • データ暗号化規格
    iDEAL は、国際的なセキュリティ標準に準拠した厳格なデータ暗号化規格を採用しており、取引の詳細や個人情報を保護しています。

  • ヨーロッパの規制の遵守
    iDEAL はオランダ国内で運営されているため、一般データ保護規則 (GDPR) や改正決済サービス指令 (PSD2) など、欧州連合 (EU) の強力な規制の枠組みに従っています。これらはどちらもデータ保護と決済のセキュリティについて高い基準を設けています。

  • モニタリングとリスク管理
    iDEAL のシステムは継続的に取引を監視し、セキュリティ上の脅威を示している可能性がある異常なパターンにフラグを立てます。

  • 定期的なセキュリティ監査
    新たな脅威に対する防御を維持するため、iDEAL はサードパーティーのセキュリティエキスパートによる定期的なセキュリティ監査を受けています。

  • 銀行レベルのセキュリティ
    iDEAL の取引は銀行間取引であるため、この支払い方法は銀行業界特有の高度なセキュリティの恩恵を受けることができます。オランダの銀行は、最先端のサイバーセキュリティ対策と厳格なリスク評価プロトコルで知られています。

企業が iDEAL 決済を開始するための要件

企業が iDEAL を決済手段として統合するためには、オランダの決済システムの規制および運用面の高い基準を反映したいくつかの前提条件を満たす必要があります。

  • 加盟店アカウントの登録
    iDEAL を統合するには、まず iDEAL 決済をサポートする銀行に加盟店アカウントを登録する必要があります。このプロセスでは、登録書類、財務諸表、現地の事業規制を遵守していることの証明など、事業に関する詳細な情報を銀行に提供する必要があります。

  • 技術統合
    加盟店アカウントを開設したら、提供される API またはソフトウェア開発キット (SDK) を使って iDEAL を統合できます。この技術的統合を行うには、安全なウェブサイトと、既存のインフラ内で API コールを実装する方法を理解する必要があります。

  • 規制基準の遵守
    iDEAL を利用するには、PCI DSS (Payment Card Industry Data Security Standard) に準拠し、顧客の決済情報を安全に取り扱う必要があります。PCI DSS に加え、企業は欧州連合の GDPR も遵守する必要があります。GDPR は、企業が欧州のプライバシー法に沿って顧客データを処理し、保存することを保証するものです。

  • 決済サービスプロバイダーとの提携
    中小企業は、iDEAL 決済ソリューションを含むペイメントサービスプロバイダー (PSP) を利用することで、iDEAL と統合できます。PSP と提携すれば、技術的な統合やコンプライアンスを PSP が行うため、プロセスを簡素化できます。企業の責任は、PSP との間の利用規約に記載されます。

  • テストと検証
    本番稼動に先立ち、企業は iDEAL 決済プロセスの徹底的なテストを実施する必要があります。このテスト段階には、正常な取引の検証、正しいエラー処理、支払いデータの安全な伝送が含まれます。

  • 顧客情報プロトコル
    企業は、iDEAL の利用について顧客に明確に伝える必要があります。これには、支払いオプションとして iDEAL を反映させるためにウェブサイトの支払い情報、プライバシーポリシー、利用規約を更新することが含まれます。

  • 銀行契約
    企業の取引銀行は、取引量、セキュリティ対策、または iDEAL の支払い方法の完全性を維持するために必要な運用手順について、特定の要件を定めている場合があります。銀行は、企業との契約書にその概要を記載します。

iDEAL の代替手段

次に紹介する各決済方法は、さまざまな運用ニーズや顧客の好みに対応しながら、企業に異なる決済機能を提供します。iDEAL はオランダの E コマース分野で強力な足場を維持しており、オンライン取引の半分以上を占めています。これらの代替手段は幅広い場所や業種に対応します。一般的に、企業が導入する支払い方法には、その企業固有の運用要件、顧客基盤の性質、地理的位置が反映されます。

  • PayPal
    PayPal は世界的に認知されているプラットフォームで、購入者は販売者に財務情報を明かすことなくオンライン購入を行うことができます。この方法は購入者を保護し、利用者はその直感的なインターフェイスとモバイルアプリの利便性を高く評価しています。2023 年現在、PayPal は 4 億を超えるアクティブアカウントを誇っています。

  • SOFORT
    SOFORT はヨーロッパの一部の国で展開されている iDEAL に似たリアルタイム決済サービスで、利用者は自分のオンラインバンキング情報を使って取引を行うことができます。Klarna が所有する SOFORT は、ドイツとオランダで最も人気があります

  • Bancontact
    ベルギーにおける電子決済のマーケットリーダーである Bancontact は、各取引に固有の QR コードを生成するアプリを通じて、安全な決済方法を提供しています。同社は、2018 年から 2023 年までの 5 年間で、支払いが 55% 近く増加したと報告しています。

  • Giropay
    Giropay は、銀行口座から直接送金することで、安全なオンラインショッピングを可能にするドイツの決済代行サービスです。2023 年の Statista のレポートによると、ドイツのデジタル決済ユーザーの 18% が Giropay を利用しています。

  • クレジットカード
    VisaMastercard などのクレジットカードはどこでも利用できます。この支払い方法は、特典プログラム、高度なセキュリティ機能、使いやすさで人気があります。2022 年の McKinsey & Company の報告書によると、世界におけるクレジットカードの利用は増加の一途をたどっており、これは、顧客と企業の双方がこの決済手段に持続的に依存していることを示しています。

  • SEPA クレジットトランスファー
    SEPA 送金は、36 の SEPA 加盟国・地域でユーロ建て決済を円滑に行うための一般的な方法です。この方法は、手数料が安く、処理が標準化されているため、定期的で緊急性のない取引を行う企業にとって特にメリットがあります。

The content in this article is for general information and education purposes only and should not be construed as legal or tax advice. Stripe does not warrant or guarantee the accurateness, completeness, adequacy, or currency of the information in the article. You should seek the advice of a competent attorney or accountant licensed to practice in your jurisdiction for advice on your particular situation.

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。