カードリーダーを使わずにクレジットカード決済を行う方法

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. カードリーダーとは
  3. オンラインでのクレジットカード決済
  4. 手作業でのクレジットカード処理
  5. クレジットカード決済を電話で受け付ける
  6. 手作業でのクレジットカード取引の安全性を確保する

ほとんどのビジネスにおいて、クレジットカード決済を受け付ける機能は絶対条件となっています。現金や小切手だけでやりくりしているビジネスもありますが、クレジットカード決済の処理は、ビジネス規模や顧客基盤を拡大し、売上を伸ばしたいと考えているビジネスにとって重要なステップとなります。クレジットカード決済を処理するには、顧客のカードをスワイプ、挿入、またはタップするカードリーダーが必要だと思うかもしれません。幸いなことに、オンラインや手作業の処理など、カードリーダーを使わずにクレジットカード決済を受け付ける方法は他にもあります。

ここでは、カードリーダーを使わずにクレジット決済を行うための、素早くシンプルで安全な代替方法をご紹介します。

この記事の内容

  • カードリーダーとは
  • オンラインでのクレジットカード決済
  • 手作業でのクレジットカード処理
  • クレジットカード決済を電話で受け付ける
  • 手作業でのクレジットカード取引の安全性を確保する

カードリーダーとは

カードリーダーは、クレジットカードやデビットカードでの支払いを受け付けるためのデバイスです。カードリーダーには、対面取引のための POS 端末に取り付けられているものや、モバイル取引のためにスマートフォンやタブレットとともに使用されるものがあります。現在のほとんどのカードリーダーは、次のようなさまざまな支払い方法に対応しています。

  • 近距離無線通信 (NFC) を使用した非接触型決済
  • EMV チップ
  • 磁気ストライプ (マグストライプ) によるスワイプ決済

カードリーダーがどのように機能し、ビジネス全体の決済設定にどのように適合するかについての詳細は、カードリーダーと POS 端末の違いについて説明しているこちらの記事をご覧ください。

カードリーダーは、顧客のクレジットカード決済を処理する標準的なハードウェアです。消費者だけでなくビジネスにとっても便利であり、手作業でカード取引を処理するよりも安全です。

オンラインでのクレジットカード決済

オンラインでクレジットカード決済を受け付けるために、ビジネスは以下のものを用意する必要があります。

  • 決済代行業者
    クレジットカードでの支払いを直接受け付けているのであれば、既に決済代行業者を利用しているはずです。Stripe のようなフルサービスの決済処理プロバイダーは、オンラインクレジットカード取引を含む決済システムの拡張をサポートできます。

  • デジタルストアフロント
    オンラインでのビジネス運営を予定していない場合でも、主に決済処理のためのシンプルなウェブサイトを作成することができます。

  • ペイメントゲートウェイ
    顧客との取引を完了するためにクレジットカード情報を入力できるインターフェースです。

オンライン決済を受け付ける設定が完了すれば、カードリーダーを利用できない時でも、顧客との取引をこの方法でいつでも処理できます。例えば、対面での購入を完了しようとした時にカードリーダーが不調になった場合でも、顧客との決済を簡単にオンライン処理に切り替えられます。シームレスな決済体験ではないものの、バックアッププランとしてオンライン決済の選択肢を持っておくのは良いことです。

手作業でのクレジットカード処理

手作業でのクレジットカード処理は、ビジネスの中心となる決済方法にすべきではありません。ただし、カードリーダーやウェブサイトに支障が生じた場合の予備オプションとしては有効です。Stripe の利用者は、ダッシュボードからクレジットカード情報を手作業で入力できます。stripe.js または iOS SDK および Android SDK を使用して、支払いのためのカード詳細を手入力する独自の画面を構築する必要があります。

クレジットカード決済は、カードリーダーや安全なオンライン決済ゲートウェイを使用して処理されるのが理想的ですが、時にはそれができない場合もあります。顧客の支払いを処理しようとしたまさにその時、誰かが支払い端末にコーヒーをこぼしてしまうかもしれません。あるいは、すぐに処理しなければならないクレジットカード取引がある時に、ウェブサイトがダウンしているかもしれません。どのような状況にも対応できるように、常に別の支払い方法を用意しておくことをお勧めします。

手作業によるクレジットカード取引は、カード非提示の処理料率が適用され、手数料が高くなることにご注意ください。他のクレジットカード処理方法が利用できない場合に限ったバックアップとして使うようにすることで、高い手数料の影響を最小限に抑えることができます。

クレジットカード決済を電話で受け付ける

従来、カードリーダーを使わない電話によるクレジットカード取引は、多量のテイクアウト販売や事前注文を取り扱うレストランで最も一般的でした。しかし、時には他のビジネスでもこのような方法で販売を完了させる必要があります。

そのようなクレジットカード取引は Stripe ダッシュボードに手入力する必要があり、カード非提示の処理として手数料が増えます。そのため、ほとんどのビジネスにとっては、より安全で、費用対効果が高く、効率的な注文受け付け方法を確立する方が得策です。つまり、オンライン注文用のウェブサイトを設定し、そこに顧客を誘導すること、または Grubhub や Instacart のようなプラットフォームに加入すること、あるいはその両方が必要になる場合があります。

手作業でのクレジットカード取引の安全性を確保する

セキュリティは、手作業でクレジットカード取引を処理する際の重要な検討事項です。手作業での取引はカードリーダーによって暗号化されていないため、セキュリティ侵害のリスクが高いことは否めません。Stripe Terminal、Stripe Reader、および Stripe のオンライン決済ソリューションを使用して行われた支払いとは異なり、手作業で処理された不正取引については、Stripe ユーザーが責任を負います。

PCI 準拠は、手作業のカード取引におけるもう 1 つの重要な検討事項です。Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS) は、クレジットカード情報を処理、保管、送信するすべての事業が可能な限り安全に運営されることを保証するための一連の要求事項です。ビジネスが PCI に準拠することは極めて重要です。規制に関する考慮事項は、Stripe の決済エコシステムに深く組み込まれています。手作業でキー入力されたクレジットカード取引では、PCI 準拠に対する検証能力は低下します。これが、主要な決済方法として、手作業でカード取引を処理することに依存してはいけないもう 1 つの理由です。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。