決済の自動化に関する基礎知識: 企業向けスターターガイド

Payments
Payments

Accept payments online, in person, and around the world with a payments solution built for any business—from scaling startups to global enterprises.

Learn more 
  1. はじめに
  2. 自動決済の仕組み
  3. 自動決済サービスの種類
  4. 自動決済のメリット
  5. 自動決済に関するよくある誤解
    1. 誤解: 自動決済は安全性が低い。
    2. 誤解: 自動決済の導入は非常に複雑である。
    3. 誤解: 自動決済を導入すると財務をコントロールできなくなる。
    4. 誤解: 自動決済は大企業向けのシステムである。
    5. 誤解: 顧客は自動決済の導入を好ましく思っていない。
    6. 誤解: 自動決済はミスの増加につながる。
    7. 誤解: 自動決済に関する問題の解決は難しい。
    8. 誤解: 自動決済は人間味がない。
  6. 企業が自動決済を導入する方法
    1. アカウントのセットアップ
    2. Stripe との連携
    3. Stripe の自動決済用 API との連携
    4. 決済プロセスのテスト
    5. 本番環境へ移行
    6. モニタリングと更新
    7. 顧客とのコミュニケーション
  7. 自動決済プロバイダーの選び方
  8. 自動決済のセキュリティ対策
  9. 自動決済の今後の展望

自動決済は自動支払いやオートペイとも呼ばれ、合意された日付または間隔で支払い元の口座から支払い先の口座に自動送金する金銭的な取り決めを指します。これを導入することで、支払い期日が来るたびに手動で操作を行う必要がなくなります。自動決済は、決済の金額と頻度が前もって決められていることが多い継続請求やサブスクリプションで多く採用されています。

多くの場合、企業は金融取引の効率化と決済処理に伴う管理上の負担の軽減を目的として自動決済システムを導入しています。2024 年のレポートによると、中規模企業の約 44% が 1 つまたは 2 つの買掛金 (AP) 業務または売掛金 (AR) 業務を自動化しています。そのほか、15% が 3 つ以上の業務を自動化しており、5% が完全な自動化を達成しています。自動決済システムを導入することで、適時な支払いを促進し、安定性と予測可能性のあるキャッシュフローを実現し、さらには、ベンダーと良好な関係を保ち、自社の信用を高めることができます。支払う側からすると、請求サイクルのたびに個々の取引を思い出して実行する必要がなくなるため、自動決済は利便性が高く、安心できる決済手段です。

この記事では、自動決済の仕組み、適切なプロバイダーの選び方、よくある誤解など、決済の自動化に関して企業が知っておくべきことをご説明します。

この記事の内容

  • 自動決済の仕組み
  • 自動決済サービスの種類
  • 自動決済のメリット
  • 自動決済に関するよくある誤解
  • 企業が自動決済を導入する方法
  • 自動決済プロバイダーの選び方
  • 自動決済のセキュリティ対策
  • 自動決済の今後の展望

自動決済の仕組み

自動決済は、企業の決済システムと顧客の銀行口座またはクレジットカードとのデジタルリンクを確立します。所定の間隔で資金が自動送金されるため、手動操作を必要とせず、期日どおりに支払いを受けることができます。

自動決済プロセスの大まかな概要を以下にご説明します。

  • 承認: 顧客は、取引を完了できるよう、資金の自動引き落としを許可するとともに、銀行口座またはクレジットカードの詳細を提供する必要があります。

  • スケジュール設定: 承認の取得後、企業は合意に基づいて支払いスケジュールを設定します。

  • 決済の開始: 決済予定日になると、自動決済システムが顧客の口座から企業の口座に所定の金額を送金するリクエストを開始します。ここでは通常、銀行や決済代行業者などの仲介者が処理を進めます。

  • 取引の処理: 決済代行業者がリクエストされた取引の詳細を検証し、顧客の口座に十分な残高があることを確認したうえで、決済を処理します。資金が顧客の口座から企業の口座に移動します。銀行振込の場合、ACH 決済の Nacha などのネットワークを通じて処理されることがあります。クレジットカード決済の場合、クレジットカードネットワークを通じて処理されます。

  • 確定と消し込み: 決済処理が完了すると、企業と顧客に確定通知が送られます。その後、企業は受け取った支払いと売掛金を照合する必要があります。

  • 支払いの失敗: 支払いが失敗した場合 (残高不足、支払い情報の期限切れなど)、システムから企業と顧客に通知を送ることができます。企業は問題を解決するための措置を講じることができます (例: 顧客に連絡して支払い情報の更新を依頼する)。

企業の側からすると、自動決済の導入により、支払いの追跡に伴う手作業を軽減し、売上回収の遅延を減らし、収益源の予測可能性を高めることができます。顧客の側からすると、自動決済は利便性が高く、期日どおりに支払いが行われるため、延滞手数料やサービスの中断を避けることができます。

自動決済サービスの種類

自動決済サービスにはさまざまな形式があり、それぞれが企業や顧客の多様なニーズとシナリオに対応します。一般的な種類の自動決済サービスについて概要をご紹介します。

  • 口座引き落とし: このサービスでは、企業が顧客の銀行口座から資金を引き落とせるようになります。サブスクリプションや月次請求などの継続支払いで広く使われています。アメリカでは通常、口座引き落としは ACH 送金 によって処理されます。

  • 継続クレジットカード支払い: 企業は、継続的なサービスやサブスクリプションの代金を顧客のクレジットカードに自動請求するように設定できます。この方法は利便性の高さから人気がありますが、通常は口座引き落としよりも高額の取引手数料が発生します。

  • 電子資金移動 (EFT): 口座引き落とし、電信送金、オンライン請求書支払いなど、さまざまな種類のデジタル送金が該当します。EFT は 1 回限りの支払いにも、継続支払いにも利用できます。

  • デジタルウォレット: PayPal、Apple Pay、Google Pay などのサービスでも継続支払いを処理できます。デジタルウォレットを利用すると決済処理が簡単になるうえ、セキュリティ機能が強化されます。

  • 自動振替依頼: 口座引き落としと同様、自動振替依頼は一定の間隔で所定の金額を企業に支払うよう顧客が銀行に指示する方法です。口座引き落としと異なるのは、金額と日程が固定されており、支払いを受ける側が変更できないという点です。

  • オンラインペイメントゲートウェイ: 企業のウェブサイトやアプリケーションと連携して動作します。クレジットカード、銀行振込、デジタルウォレットなどの方法で自動決済を処理できます。

  • 電信送金: 国際取引や大規模な B2B 決済では、自動電信送金がよく使われます。

  • SMS 決済: SMS 決済システムを利用する企業もあります。SMS 決済の場合、顧客がショートメッセージを介して決済を承認できます。SMS 決済は、少額取引を行う場合や、顧客がモバイル中心の決済ソリューションを好む場合などに有用な方法です。

自動決済のメリット

  • 財務の最適化: 自動決済を導入することで、運転資本と流動性の管理を強化できます。予測可能な支払いの流入を維持することで、短期的な投資戦略を向上して、遊休資金を減らし、利用可能な資本の利益を高めることができます。

  • スマートなリソース配分: 手動による決済処理作業が減るため、イノベーション、顧客獲得、市場拡大といった重要性の高い取り組みに貴重なリソースを割り当てることができます。

  • データに基づくインサイト: 自動決済システムを通じて、顧客の支払い行動や好みに関する豊富なデータを生成できます。このデータを分析することで、市場動向、顧客生涯価値、サービスを改善できる余地、新商品を投入できそうな領域といったインサイトを得られます。

  • 事業運営のレジリエンス: 決済を自動化することで、企業は人為ミスのリスクを減らしつつ、事業運営のレジリエンスを高めることができます。自動システムの導入により、繰り返し発生する作業をより正確に実行できるため、財務上の損失や評判の毀損につながるミスのリスクを低減できます。

  • 法令遵守とセキュリティ: 自動決済システムはさまざまな規制上の基準やセキュリティプロトコルに準拠するように作成されています。そのため、企業は法令遵守のための負担を減らしつつ、決済プロセスのセキュリティを高めることができ、データ侵害や不正利用に関するリスクを軽減できます。

  • 顧客の維持と獲得: 顧客が自動決済を選択できるようにすることで、顧客の維持や獲得につなげることができます。多くの顧客は、サービスの利用継続の判断やサービスプロバイダーの選択において、決済プロセスの利便性と信頼性を重視します。

  • 世界展開とアクセシビリティ: 自動決済プロセスを導入することで、国際市場に進出する際のさまざまな通貨や決済規制への対応に伴う複雑さを軽減できます。

自動決済に関するよくある誤解

誤解: 自動決済は安全性が低い。

  • 現実: 多くの場合、自動決済は従来の決済手段よりも高い安全性を誇ります。暗号化やトークン化などの安全管理策を備え、PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS) などの基準に準拠しており、不正利用や侵害から保護しています。

誤解: 自動決済の導入は非常に複雑である。

  • 現実: 導入にはある程度の手間がかかりますが、特に Stripe などのプラットフォームを利用する場合は、簡単に導入することが可能です。これらのサービスではステップバイステップのガイダンスが用意されており、一度導入作業が完了すると、システムを通じて簡単に決済を管理できるようになります。

誤解: 自動決済を導入すると財務をコントロールできなくなる。

  • 現実: これは多くの人が抱いている懸念ですが、実際は、企業も顧客も自動決済へのコントロールを維持できます。必要に応じて、パラメーターの設定、通知の受け取り、決済の調整やキャンセルが可能です。

誤解: 自動決済は大企業向けのシステムである。

  • 現実: 自動決済は柔軟性が高く、どの規模の企業にもメリットがあります。管理上の負担が減るため、自動決済の導入は中小企業にとっても賢明な選択となります。

誤解: 顧客は自動決済の導入を好ましく思っていない。

  • 現実: 抵抗を感じる顧客もいるかもしれませんが、多くの顧客は自動決済の利便性と信頼性を評価しています。自動決済のセキュリティやメリットを明確に伝えることが導入率の向上につながります。

誤解: 自動決済はミスの増加につながる。

  • 現実: データ入力ミスのような手作業に伴うミスをはじめとして、自動決済の導入によってミスを減らすことができます。

誤解: 自動決済に関する問題の解決は難しい。

  • 現実: 他のシステムと同様、自動決済プラットフォームにも問題が発生する可能性がありますが、多くの場合、強力なサポート体制が整備されています。さらに、デジタル形式で処理が実行されるため、不一致や懸念事項に対処する際の追跡を簡単に行うことができます。

誤解: 自動決済は人間味がない。

  • 現実: 自動決済によって顧客とのやり取りから人間的な接触がなくなることを不安視する企業もあります。実際は、自動化によって企業のリソースをパーソナライズサービスや顧客エンゲージメントに割り当てられるようになります。

企業が自動決済を導入する方法

企業が自動決済を導入するには一連の手順を実行する必要があります。具体的な手順は連携するペイメントプロバイダーによって異なります。Stripe を利用して自動決済を導入するプロセスの概要は以下のとおりです。

アカウントのセットアップ

  • Stripe アカウントを登録します。登録には、企業の詳細の提出、本人確認、送金用の銀行口座情報の入力が必要です。

  • Stripe のダッシュボードをよく見て、機能や設定を把握します。

Stripe との連携

  • 連携方法を決定します。Stripe には、構築済みの決済ページや請求ソリューションのほか、柔軟な連携を可能にするカスタマイズ対応のアプリケーションプログラミングインターフェイス (API) など、さまざまなオプションが用意されています。

  • 自社の技術力が低い場合は、Stripe の構築済みソリューションを使用するか、開発者や Stripe 導入パートナーに相談することを検討してください。

Stripe の自動決済用 API との連携

  • Stripe の API ライブラリ (複数のプログラミング言語で利用可能) を使用することで、自動決済処理を自社のウェブサイトやアプリと連携させることができます。

  • 継続支払いの場合は、Stripe Billing をセットアップします。Stripe ダッシュボード で製品と価格を作成したうえで、API を使って顧客向けのサブスクリプションを作成します。

決済プロセスのテスト

  • Stripe のテスト環境を使用して取引のシミュレーションを行い、決済フローが想定どおりに動作することを確認します。

  • 支払いの成功、支払いの失敗、顧客によるサブスクリプションのキャンセルなど、さまざまなシナリオをテストして、システムが適切に処理できることを確認します。

本番環境へ移行

  • セットアップに不備がないと判断したら、Stripe のテスト環境から本番環境に切り替えます。

  • 実際の取引を何件が実行して、本番環境ですべてが適切に動作していることを確認します。

モニタリングと更新

  • Stripe ダッシュボードを通じて取引と決済を定期的にモニタリングします。

  • Stripe の API の変更や、ビジネスに有益な新機能について、最新情報を追ってください。

顧客とのコミュニケーション

  • 新しい決済システムについて顧客に通知し、システムの仕組みや顧客にとってのメリットを説明します。

  • 顧客が自分の決済手段やサブスクリプションを管理するための方法について説明します。

自動決済プロバイダーの選び方

自動決済プロバイダーを選択する際は、自社のビジネスニーズ、決済環境の複雑さ、業務の流れを細かく理解する必要があります。自動決済プロバイダーの選定時に考慮すべきことを以下にまとめました。

  • 連携機能: 顧客関係管理 (CRM) セットアップ、会計ソフトウェア、E コマースプラットフォームといった自社のシステムと簡単に連携できる API を備えたプロバイダーを探します。決済プロセスを独立したメカニズムとして構築するのではなく、ビジネスワークフローの一部として連携させることを目指します。

  • 国際的な決済手段や通貨のサポート: 事業を国際展開している場合または国際展開を予定している場合、参入先の市場で一般に使われている通貨と決済手段を幅広くサポートしているプロバイダーを検討します。現地で使われている種類の支払い方法に対応できるかどうかによって、市場への浸透や顧客満足度が大きく変化する可能性があります。

  • 高度な不正利用の検知とリスク管理: 基本的なセキュリティ対策だけでなく、機械学習やリアルタイムアナリティクスを用いた高度な不正利用の検知ツールを備えているプロバイダーを選ぶ必要があります。高度なツールを活用することで、潜在的な脅威を特定して軽減し、取引データと顧客データを保護できます。

  • カスタマイズ可能な決済体験: ペイメントゲートウェイや決済プロセスをカスタマイズできるプロバイダーを選ぶことで、自社のブランド体験を強化できます。ブランドのセンスやユーザー体験に関する価値観を反映したユーザーインターフェイスを作成できる柔軟性の高いプロバイダーを探します。

  • 拡張性と信頼性: 企業のビジネスが成長するにつれて、決済システムも拡張していく必要があります。大量取引の処理能力について、プロバイダーのインフラと実績を評価します。パフォーマンスや稼働時間を損なうことなく、企業の成長に対応できるプロバイダーを選択する必要があります。

  • 法令遵守とセキュリティ基準: PCI DSS などの業界の規制基準、EU の一般データ保護規則 (GDPR)、その他の業界の関連規制を遵守しているプロバイダーを選びます。これにより、法的リスクや財務リスクから企業を保護し、顧客との信頼を強化できます。

  • データインサイトとアナリティクス: 強力なアナリティクスとレポートツールを備えたプロバイダーを選択することで、売上の傾向、顧客の行動、決済の効率に関する貴重なインサイトを得られます。このデータをビジネス上の意思決定や決済プロセスの改善に役立てることができます。

  • コスト効果と手数料の公開: コストだけを決め手とすべきではありませんが、料金体系を理解することが重要です。料金体系がわかりやすいプロバイダーを探し、コストが提供される機能と価値に見合っているかどうかを検討します。

  • 専門家によるサポートとコミュニティ: 複雑な決済の問題に対処する場合など、豊富な知識を備えたサポートを利用できることが重要です。強力なコミュニティや環境を備えているプロバイダーの場合、利用企業の決済機能を強化する追加のリソース、プラグイン、連携が提供されます。

  • 将来の保証: 決済業界は絶えず進化しています。そのため、新テクノロジー (仮想通貨やモバイル決済など) の導入に積極的なプロバイダーを選びます。それにより、企業は決済イノベーションの最前線を維持できます。

自動決済のセキュリティ対策

機密性の高い財務情報の安全な取り扱いを確保できるかどうかは、自動決済処理のセキュリティ対策にかかっています。自動決済システムのセキュリティを確保する方法について以下にまとめました。

  • 暗号化: 暗号化により、情報を不正なユーザーが読み取れない安全な形式に変換します。決済を処理する際、クレジットカード番号などの機密性の高いデータを暗号化することで、情報の送信中にハッカーによる傍受や解読を極めて困難にします。

  • トークン化: トークン化では、クレジットカード番号などの機密データを、トークンと呼ばれる、悪用できない同等の非機密データに置き換えます。データを傍受されたとしても、デコード用のキーがない限り、トークンは役に立ちません。

  • セキュアソケットレイヤー (SSL) とトランスポートレイヤーセキュリティ (TLS): SSL と TLS はウェブサーバーとブラウザ間の接続を暗号化し、ウェブサーバーとブラウザ間を通過するデータを保護する標準のセキュリティ技術です。

  • PCI DSS 準拠: PCI DSS とは、クレジットカード情報の処理、保管または送信を行う企業が義務付けられる安全な環境の確保について定めた一連の要件を指します。PCI DSS への準拠は必須です。

  • 不正利用の検知と管理: 多くの自動決済システムには、リアルタイムで取引を監視し、不正利用の兆候を検知する高度なツールが備わっています。このシステムを利用すると、異常に大規模な取引やユーザーの購買行動の急変といった通常とは異なるアクティビティを特定し、詳細なレビューや緊急対応を素早く行うことができます。

  • 認証と承認: 認証と承認のプロセスでは、取引の開始時や情報へのアクセス時に実行者の本人確認を行います。たとえば、2 段階認証 (2FA) を使用すると、本人確認で 2 つの認証要素の提示をユーザーに義務付けるため、セキュリティ手順が強化されます。

  • 定期的なセキュリティ監査: 決済システムを継続的にモニタリングし、定期的に監査することにより、セキュリティ上の潜在的な脆弱性を特定・是正して、決済処理インフラの完全性を確保できます。

自動決済の今後の展望

テクノロジーの進歩、顧客の期待の変化、規制環境の変化により、自動決済の機能も進化していきます。自動決済テクノロジーの今後の展望について以下にご説明します。

  • AI と機械学習: AI と機械学習により、自動決済メカニズムの改良がさらに進みます。継続的な学習と適応、誤検知の削減、新しい不正利用パターンの特定に対応する、よりスマートな不正利用検知システムの登場が期待されます。また、AI によって決済体験のパーソナライズが可能になり、ユーザー行動に基づいて決済オプションのおすすめやカスタマイズを行えるようになるでしょう。

  • ブロックチェーンと仮想通貨: ブロックチェーン技術により、セキュリティの強化、透明性の確保、コストの削減など、特に越境取引において自動決済が大きく変わることが見込まれています。仮想通貨が主流に加わってくると、安価な手数料、高速な売上処理、厳格なプライバシー保護への需要を受けて、仮想通貨による支払いオプションを取り入れる企業が増加すると予想されます。

  • 生体認証: 取引認証の場面では、フィンガープリントの読み取り、顔認識、音声認証などの生体認証手段が今後ますます普及していくでしょう。これにより、不正利用が大幅に減るとともに、支払いがよりシンプルになるでしょう。

  • 非接触型モバイル決済: 近距離無線通信 (NFC) テクノロジーを基盤とする非接触型決済の普及は今後も続くでしょう。デジタルウォレットやウェアラブルデバイスは今後、決済手段としてこれまでよりも広く使われるようになり、自動決済の場で主流となるでしょう。

  • モノのインターネット (IoT) と決済の統合: IoT により、あらゆるデバイスで決済の手続きと処理が可能になります。自動車を使って燃料費を支払ったり、冷蔵庫から食料品の注文や支払いを行ったりする場面を想像してみましょう。このような決済の統合により、自動決済の新たな展望が開かれ、自動決済が日常生活に直接組み込まれるようになります。

  • 音声操作による決済: スマートスピーカーや音声作動デバイスの普及に伴って音声操作による決済が可能な場面が増えています。今後、音声操作の決済によって顧客のオンラインコマースとの関わり方が大きく変わり、声で指示するように簡単に取引を行えるようになるかもしれません。

  • 規制の発展: 決済テクノロジーが進化するにつれて、新たなリスクに対処し、顧客を保護できるよう、規制の枠組みも発展していきます。データのプライバシー、セキュリティ、顧客の同意に関する規制が厳格化し、ペイメントプロバイダーは法令遵守対策を強化することが予想されます。

  • プラットフォーム間の決済連携: 今後の決済システムでは、プラットフォーム間の連携がより強化される可能性が高く、セキュリティやユーザー体験を損なうことなくユーザーがデバイスと決済手段を簡単に切り替えられるようになるでしょう。

  • スマートコントラクト: ブロックチェーンネットワークのスマートコントラクトを使用することで、定義済みの規則に基づいて契約条件の自動化と執行を行い、仲介者の必要性が減り、取引コストを削減することができます。これは特に B2B 取引に大きな影響を与えるでしょう。

  • 環境に基づく決済体験: ペイメントプロバイダーは単一のプラットフォームから融資、保険、投資といった取引以外のさまざまな金融サービスにアクセスできる環境を構築することが増えていくでしょう。

今後、これまで以上に自動決済テクノロジーが人々の日常生活に溶け込んでいくことは明らかです。企業と顧客はこれらの変化に適応し、新しいテクノロジーとそれによって生まれる機会を受け入れていく必要があります。企業による Stripe を通じた自動決済ソリューションの強化について。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。