決済代行業者の基礎知識: 概要とその役割

  1. はじめに
  2. 決済代行業者とは
  3. 決済代行業者の役割
  4. 決済処理業者の仕組み
  5. 決済代行業者の選び方

対面、オンライン、モバイルなど複数のチャネルで電子決済を受け付けている事業者は、さまざまな複雑さに対処する必要があります。たとえば、最適な決済代行業者選びもその 1 つです。長期的な成功やビジネスのいろいろな側面に影響を与える可能性がある重要な意思決定です。

グローバル展開する事業者の増加に伴い、多通貨対応や各地域で好まれる決済オプションへのニーズが高まっています。このような進化するニーズに対応するために、ビジネスオーナーや起業家は決済代行業者を選ぶにあたって、考慮するべき重要な要素をよく把握しておく必要があります。

この記事では、決済代行業者とは何か、決済処理サービスプロバイダーの役割、決済処理のさまざまな側面について、手数料や料金体系、セキュリティ対策、グローバルなサポートなどの面から多角的にご紹介します。

この記事の内容

  • 決済代行業者とは
  • 決済代行業者の役割
  • 決済処理業者の仕組み
  • 決済代行業者の選び方

決済代行業者とは

決済代行業者とは、事業者と購入者の間で行われるクレジットカード、デビットカード、デジタルウォレットを使った決済などの電子取引を処理する企業またはサービスです。決済代行業者を利用すると、さまざまな形態の決済を安全にすばやく受け付けることができ、購入者の口座から事業者の口座への送金をスピーディーかつスムーズに行えます。

決済代行業者の役割

事業者が購入者からさまざまな形態の決済を受け付けられるようにするのが決済代行業者であり、電子決済エコシステムで重要な役割を担っています。決済代行業者が果たす主な役割を大まかにご紹介します。

  • 取引の円滑化
    利用者が購入すると、決済代行業者が取引の詳細を受け取り、その情報をカードネットワークを介してカード発行会社 (購入者の銀行) やアクワイアリング銀行 (事業者の銀行) など適切な関係者に安全に送信します。

  • オーソリと認証
    決済代行業者はカード発行会社にオーソリをリクエストし、購入者に十分な資金や与信枠があることを確認します。また、不正利用や不正取引のリスクを最小限に抑えるために、購入者の本人確認と決済手段の有効性の確認も行います。

  • 暗号化とセキュリティ
    機密情報である財務データを保護するために、決済代行業者は暗号化とトークン化を使用して、購入者、事業者、銀行間で取引データを安全に転送します。また、決済代行業者はカード保有者の情報を扱う安全な環境を維持するために、PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS) にも準拠する必要があります。

  • 売上処理と資金調達
    取引のオーソリに成功すると、決済代行業者はカード発行会社からアクワイアリング銀行への送金を調整します。それを受けて、加盟店アカウントに、取引額から手数料を差し引いた金額が入金されます。

  • レポートと分析用のデータ
    決済代行業者は購入者の決済に関するデータを生成します。このデータは、取引レポート、分析、インサイトを生成するために使用でき、事業者が売上の追跡や、傾向の把握、効果的な事業運営に役立てることができます。

  • 不正利用の検知とチャージバック管理
    決済代行業者は高度なアルゴリズムとツールを使って取引に不正行為が見られないか監視し、事業者が不正利用の被害を受けるリスクを最小限に抑えます。また、チャージバックや不審請求の申請への対応に関する支援も行います。

  • 多通貨や複数の決済手段への対応
    事業者のグローバル展開を支援するために、多くの決済代行業者が多通貨や、地域で普及している決済手段に対応しています。たとえば、Stripe は 135 種類以上の通貨に対応しているため、事業者はグローバルに事業を展開しながら、現地通貨で入金を受け取れます。

決済処理業者の仕組み

決済代行業者は購入者と事業者との間の電子取引を処理しますが、このプロセスを詳しく知らない事業者もいらっしゃるかもしれません。決済代行業者の仕組みを理解できるように、一般的な決済処理の流れを詳しく説明します。

  • 購入者が決済を開始する
    利用者は購入時に、クレジットカードやデジタルウォレットなどの決済情報を事業者に提供します。これは、実店舗の POS 端末や、オンラインの EC ストアサイト、モバイルアプリ、決済用の URL リンク などで行われます。

  • 取引データを暗号化する
    決済代行業者に安全に転送できるように、事業者の決済システムで取引データが暗号化されます。この暗号化によって、不正行為者が購入者の機密情報を傍受して悪用できないようにします。

  • 取引データを送信する
    暗号化された取引データが事業者から決済代行業者に送信されます。その後、その情報はアクワイアリング銀行に転送されます。

  • アクワイアリング銀行からカード発行会社へ
    オーソリするために、アクワイアリング銀行が適切なカードネットワーク (Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレスなど) を介して取引の詳細をカード発行会社に転送します。

  • オーソリをリクエストする
    カード発行会社が取引の詳細を検証し、購入者に十分な資金や与信枠があるかどうかを確認します。また、不正利用のリスクを軽減するために、決済手段が本物かどうかの確認と購入者の本人確認も行います。

  • オーソリのレスポンスが返される
    カード発行銀行が取引を承認すると、カードネットワークを介してカード発行会社からオーソリコードがアクワイアリング銀行に返されます。取引が支払い拒否された場合、カード発行会社は、取引が承認されなかった理由を説明する支払い拒否メッセージと支払い拒否コードを送信します。

  • 決済代行業者がレスポンスを受け取る
    決済代行業者がアクワイアリング銀行からレスポンスを受け取り、事業者に転送します。取引がオーソリされると、事業者は販売に進むことができます。支払いが拒否されると、事業者は購入者に別の決済手段をリクエストする必要があります。

  • 取引が完了する
    取引がオーソリされると、事業者が購入者に商品またはサービスを提供します。この時点では、実際の送金はまだ行われていないものの、取引が完了したと見なされます。

  • キャプチャーと売上処理
    「キャプチャー」とは、特定の取引の売上を購入者の口座から加盟店の口座に送金することです。通常、事業者は売上処理を進めるために、1 日の終わりに、オーソリされた取引をバッチにまとめて決済代行業者に送信します。決済代行業者がこのバッチをアクワイアリング銀行に送信し、アクワイアリング銀行がカード発行会社から加盟店アカウントへの送金プロセスを開始します。この送金にかかる期間は、関与する決済代行業者や銀行によって異なりますが、通常は 1 ~ 3 営業日です。

これが、決済代行業者がたどる一般的なプロセスですが、決済手段や業種によっては、決済のタイプや状況ごとの違いや特別な考慮事項があります。SaaS (サービスとしてのソフトウェア) 企業の決済処理の詳しい具体例については、こちらをご覧ください。オンライン決済処理をより深く調べるには、このトピックに関する Stripe のガイドをお読みください

決済代行業者の選び方

決済代行業者は顧客体験、取引のセキュリティ、キャッシュフロー、決済プロセスの全体的な効率に直接影響します。決済代行業者を選ぶためには、現在だけでなく、事業が成長・進化した将来の時点のニーズも正確に把握する必要があります。それを踏まえたうえで、決済代行業者を選ぶ際に考慮するべき要素をご紹介します。

  • 手数料と料金体系
    決済代行業者の手数料体系を把握します。たとえば、セットアップ手数料、取引手数料、月額料金、チャージバック手数料、通貨換算手数料などがある場合があります。自社の取引量や期待成長率に合う料金体系モデルを探しましょう。段階制料金や定額料金のところもあれば、各取引のパーセンテージに固定額の手数料を加えた金額を請求するところもあります。Stripe の料金体系モデルについて、詳しくはこちらをご覧ください。

  • 受け付け可能な決済手段
    購入者が利用する可能性の高い決済手段に対応している決済代行業者かどうか確認します。クレジットカード、デビットカード、デジタルウォレット、後払い、地域で普及している決済手段などがあります。たとえば、一部の市場では代金引換が広く利用されていますが、まったく利用されていない市場もあります。幅広い決済手段に対応すると、顧客満足度と購入完了率の向上につながります。

  • セキュリティと法令遵守
    決済代行業者が購入者の機密情報を扱う安全な環境を確保するために PCI DSS などの業界標準に準拠しているかどうか確認します。また、決済代行業者の不正利用検知・防止機能や、トークン化、暗号化といったセキュアテクノロジーの対応状況も考慮しましょう。セキュリティに対する Stripe のアプローチや簡単に法令遵守を実現できる仕組みについて、詳しくはこちらをお読みください。

  • グローバル対応
    複数の国で事業を行っている場合や、グローバル展開する計画がある場合は、多通貨や地域で普及している決済手段に対応した決済代行業者を探しましょう。また、通貨換算手数料や国際取引手数料も確認しましょう。

  • 連携機能と互換性
    現在利用している既存の EC ストアプラットフォーム、POS システム、その他のビジネスソフトウェアと互換性のある決済代行業者を選びましょう。ほとんどの決済代行業者は、さまざまなプラットフォームとシームレスに連携できるように使いやすい API、プラグイン、SDK を提供しています。Stripe の支払い API について、詳細はこちらをお読みください。

  • 使いやすさとユーザー体験
    決済のユーザー体験 (顧客向け) や、レポート、取引管理の体験 (事業者向け) を確認します。インターフェイスが直感的で、使いやすく、効率的であるものがおすすめです。

  • カスタマーサポート
    決済代行業者のカスタマーサポートの質と提供状況を確認します。Stripe のように、電話、メール、ライブチャットなど複数のチャネルで 24 時間 365 日対応のサポートを提供していれば理想的です。ネットに掲載されているレビューや推薦文をチェックして、サポートチームの対応スピードと有効性を判断しましょう。

  • 拡張性と柔軟性
    ビジネスの成長に伴い、決済処理のニーズは進化します。ビジネスに合わせて規模を拡大でき、サブスクリプション請求、請求書作成、継続支払いなどの機能を提供している決済代行業者を探しましょう。決済処理に関する自社のニーズが今後 5 年間でどうなるか考え、決済代行業者が将来のビジネスニーズに対応できるかどうか確認します。

  • 契約条件とキャンセルに関するポリシー
    決済代行業者の契約条件を確認します。最小要件、早期解約手数料や、発生する可能性があるその他の制限もチェックしましょう。ビジネスニーズに合い、透明性が高くて柔軟な条件を提示している決済代行業者を探しましょう。

このような要素をじっくりと検討すると、自社固有の要件にぴったりな決済代行業者を選ぶことができ、社内チームや購入者向けに、どのチャネルでもシンプルで安全な決済体験を実現できます。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。