失敗した支払いの回収に関する基礎知識: 事業者にできる対応

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 支払いの失敗の一般的な原因
    1. 利用者に関連する原因
    2. 事業者に関連する原因
    3. 決済代行業者に関連する原因
    4. その他の要因
  3. 個々のビジネスで支払いの失敗の原因を特定する方法
  4. 支払いの失敗を回収するための手段: 使用する戦略
    1. 自動メールリマインダー
    2. 複数の通知チャネル
    3. 支払いの更新を簡単に行えるようにする
    4. 柔軟な支払いオプション
    5. 猶予期間
    6. 速やかな支払いに対するインセンティブ
  5. 失敗した支払いの回収に関する法務対策
  6. Stripe にできること
    1. 支払いの失敗を防ぐ
    2. 支払いの失敗に対処する
    3. その他のメリット

支払いの失敗は、多くの企業にとって、その程度は違えど対処しなければならない頭の痛い問題であると同時に、顧客の獲得維持の取り組みにも悪影響を及ぼし得るものです。ある調査によると、支払いの失敗がグローバル経済に与えた損失は 2020 年には 1,180 億ドル以上との報告もあり、ビジネスに大きな負担となっていることが分かります。

以下では、支払いが失敗する原因と、自社のシステムでその原因を特定するための手順について説明します。

この記事の内容

  • 支払いの失敗の一般的な原因
  • 個々のビジネスで支払いの失敗の原因を特定する方法
  • 失敗した支払いを回収するための手段: 使用する戦略
  • 失敗した支払いの回収に関する法務対策
  • Stripe にできること

支払いの失敗の一般的な原因

支払いのプロセス、カード情報の保管方法、請求業務は事業者によって異なります。このため、支払いの失敗が発生するのにも、いくつかの原因があります。以下に、最もよく発生する原因を示します。

利用者に関連する原因

  • 残高不足: これは、支払いの失敗の主要原因としてよく見られます。利用者が、取引を行う前に口座残高を確認するのを忘れたり、クレジット限度額を超えたりすることがあります。

  • 支払い情報が間違っている: カード番号、Card Verification Value (CVV) コード、有効期限、請求先住所に誤りがあると、支払いの失敗を招きやすくなります。

  • 有効期限切れカード: 利用者が、カードの有効期限が切れていることに気付いていなかったり、カード情報を更新するのを忘れていたりする場合があります。

  • 不正防止: 銀行や決済代行業者が、疑わしい行為に対する警告を出すために不正検知アルゴリズムを利用していることがよくあります。この結果、正当な取引が支払い拒否されることがあります。特に、購入額が大きい場合や普段とは違う購入を行った場合に、この現象が見られます。

  • クレジットの限度額不足: クレジットカード取引の場合、購入金額に対し、利用できるクレジット限度額が不足している場合があります。

  • 口座の制限事項: 銀行や決済業者によっては、不正防止のために 1 日または 1 週間の利用限度額を設けていることがあります。これが原因で、支払いが拒否される場合があります。

  • 技術的な問題: インターネット接続の問題や利用者のデバイスの問題が原因で、支払いプロセスを完了できないことがあります。

事業者に関連する原因

  • 技術的なエラー: 自社のウェブサイトや決済代行業者に技術的な問題があると、取引の失敗を招きます。

  • ペイメントゲートウェイの設定に誤りがある: 事業者のペイメントゲートウェイが正しく設定されていないと、支払いを正しく処理できない可能性があります。

  • ソフトウェアが古い: 事業者のウェブサイトやサーバーで使用されているソフトウェアが古いと、支払いの失敗を招く可能性があります。

  • 通貨の不一致: 利用者への請求通貨が、事業者が受け付けている通貨と異なると、取引が拒否される場合があります。

  • セキュリティ上の懸念: 特定の取引が行われないようにセキュリティ対策が実施されている場合、正当な取引であっても阻止されることがあります。

  • サブスクリプションの更新の問題: 利用者の支払い情報の変更、残高不足、カードの有効期限切れなどが原因で継続支払いが失敗することがあります。

  • 請求先住所の不一致: 利用者の口座の請求先住所が決済手段の住所と一致しないと、取引が拒否される可能性があります。

決済代行業者に関連する原因

  • システムの停止: 決済代行業者のシステム停止が原因で取引が処理されないことがあります。

  • 不正検知エラー: 銀行と同様に、決済代行業者が不正検知アルゴリズムを採用している可能性があります。それが原因で、正当な取引が支払い拒否されることがあります。

  • 取引処理容量の不足: ショッピングのピーク期に決済代行業者の取引量が上限に達し、取引の遅延や失敗が発生することがあります。

  • 接続の問題: 決済代行業者のネットワークに問題が発生すると、取引の失敗を招く可能性があります。

その他の要因

  • チャージバック: 利用者が取引に対して不審請求の申請を行うと、カード発行会社がチャージバックを発行する可能性があります。その場合、支払いが差戻されます。

  • サードパーティーシステムとの連携: 支払いプロセスが納税用や配送用のサードパーティーシステムとの連携にアプリケーションプログラミングインターフェイス (API) を使用している場合、そこに問題が発生すると取引が失敗する可能性があります。

  • 国際取引: 国際取引の場合、為替の問題、さまざまな不正検知システムその他の要因が加わり、支払いの失敗の可能性が高まります。

個々のビジネスで支払いの失敗の原因を特定する方法

支払いの失敗の防止と対応の措置を取ることは大切ですが、この問題に適切に対処するためには、個々のビジネスで支払いの失敗が発生する原因を特定することが重要です。以下の手順を順番に実行することにより、支払いの失敗の根本原因を解明するのに役立ちます。

  • 支払い拒否コードを確認する: 個々の取引単位で原因を特定するためには、まず、決済代行業者から提供された支払い拒否コードを確認します。カード支払い拒否コードは、カード取引が拒否された理由を説明するエラーコードで、通常は 2 桁の英数字です。

  • ペイメントゲートウェイを調べる: 支払いの失敗が複数ある場合、これを調査する際は、ペイメントゲートウェイを調べると、原因が分かる場合があります。ゲートウェイ連携の詳細な監査を実施して、どの種類の取引が失敗しているかについてのデータを集めます。問題がすぐに明らかになる場合もありますが、そうでない場合は、できるだけ多くの情報を収集します。

  • 不正防止の設定を確認する: 不正の検知と防止のツールは、正当な決済に対しても警告を出してしまうことがあるため、各設定を確認して、設定が厳しすぎるものがないか、誤って疑わしい決済と判定してしまうものがないかを調べます。

  • 決済データを分析する: ペイメントゲートウェイと不正防止ソフトウェアから集めたデータをよく調べて、調査対象の支払いに影響する要因がないかを判断します。特定の決済手段、特定の地域からの取引、特定の時間帯の支払いが失敗しやすいという場合があります。何らかのパターンが見えたら、そこから原因を特定できる可能性があります。

支払いの失敗を回収するための手段: 使用する戦略

自動メールリマインダー

  • 事前対応してタイムリーな介入を行う: 支払いの失敗は忘れられがちです。特に、継続サブスクリプションや毎月の請求書に対応しているときは忘れられてしまいます。自動メールリマインダーは、未払いの決済があることを利用者に思い出してもらうための事前通知として機能します。このタイムリーな介入によって、支払いの回収に成功する可能性が高まり、アカウントの解約のリスクを減らすことができます。

  • コミュニケーションをパーソナライズする: 一般的なリマインダーを送る代わりに、メールをパーソナライズして、関心を引きやすく、より関係性の高い体験を作りましょう。利用者の名前を入れて、具体的な金額、請求書の詳細を伝え、支払いがしやすいように複数の支払いオプションを提示します。パーソナライズしたコミュニケーションによって、良好な顧客体験が育まれ、スピーディーな支払いへとつながる可能性が高まります。

  • 自動ワークフローで効率化する: 支払いの失敗を手動で管理するのは時間がかかり、非効率です。自動メールリマインダーでプロセスを自動化すると、貴重なリソースの時間を他の作業に使えるようになります。これにより、支払い回収の取り組みを進めながら、ビジネスの拡大もできます。

  • スケジュールをカスタマイズする: 支払いの失敗の状況に応じて、リマインダーを戦略的に送りましょう。たとえば、最初のリマインダーは支払い失敗から 24 時間以内に送り、その後は段階的に、より説得力のあるリマインダーを定期的に送ります。これにより、利用者に過度なストレスを与えずに、タイムリーなフォローアップをすることができます。

  • マルチチャネル方式: メールリマインダーを他のコミュニケーション手段と組み合わせて、効果を最大限に高めましょう。メッセージをより確実に届けて反応が得られるように、SMS のリマインダーやモバイルアプリのユーザーへのプッシュ通知を検討します。

  • データに基づいて最適化する: メール通知の効果を追跡し、開封率、クリック率、購入完了率などの主要な指標を分析します。このデータを利用して、最適な結果が得られるようにメールの内容、件名、タイミング、頻度を調整します。

  • ペイメントゲートウェイとの連携: 多くのペイメントゲートウェイには、自動メール通知などの機能が標準装備されています。この連携機能を利用して、ワークフローを効率化して、支払いの失敗の管理をシンプルに行えるようにしましょう。

  • さまざまな戦略の A/B テストを実施する: メールの内容、件名、送信のタイミングをいろいろと変えてみて、どれが利用者の心に最も響くかを確認しましょう。この手法では、データに基づいてリマインダーをパーソナライズし、効果を最大限に高めることができます。

  • 自動化ツールを利用する: マーケティングの自動化ツールまたは失敗した支払いの回収専用ソフトウェアを利用して、メールリマインダーを自動化しましょう。このようなツールを利用すると、カスタマイズしたワークフローを作成し、さまざまなシステムを連携させて、支払い回収活動のパフォーマンスを追跡できます。

  • 支払いに関する支援を提供する: メールリマインダーを送るときに、支払いに困っている利用者に役立つリソースや支援を提供することを検討しましょう。たとえば、支払いに関するよくあるご質問のページ、別の決済手段、分割払いプランを提供します。利用者への共感を示し、支援したいという意思を伝えましょう。顧客満足度を改善し、支払いの完了を促進するのに大きな効果があります。

複数の通知チャネル

  • さまざまな支払いオプションを提供する: クレジットカードやデビットカード銀行振込 デジタルウォレット、また、場合によっては現金や小切手など、さまざまな決済手段を提供しましょう。このような多様性があると、ある決済手段が失敗した場合でも、利用者が別の決済手段に簡単に切り替えることができます。

  • テクノロジーの導入: 複数の決済手段に対応しているペイメントゲートウェイなどのテクノロジーを導入すると、プロセスをよりスムーズに進めることができます。顧客体験が実質的に中断されることなく、決済手段を簡単に切り替えることができます。

  • 特定の決済チャネルへの依存を減らす: 1 つの決済手段に依存することにはリスクがあり、その決済手段で問題が発生した場合に支払いの失敗が頻発する可能性があります。複数のチャネルがあると、このリスクが分散されます。

  • 利用者の好みと利用しやすさ: 決済手段の好みと利用しやすさは、利用者によって異なります。たとえば、デジタルウォレットが便利なので好きだという人もいれば、従来の銀行振込の方が安心だという人もいます。複数の手段を用意することで、さまざまな顧客層に対応できます。

  • 地理的な考慮事項: 決済手段の好みは、地域によって異なります。クレジットカードの人気が高い国もあれば、モバイル決済が普通になっている国もあります。国際取引を行う場合は、地域ごとの利用者の好みを考慮する必要があります。

  • カゴ落ちを減らす: 支払いが失敗した場合、すぐに使用できる代替手段があると、カート放棄 (カゴ落ち) の可能性を減らすことができます。これは、E コマースでは特に重要です。E コマースで問題が発生した場合、利用者がサイトに戻ってきて購入を完了する可能性は低いためです。

  • 規制遵守とセキュリティ: 支払いチャネルが違うと、規制遵守とセキュリティ基準も違ってきます。顧客データの保護と不正利用の防止のために、利用可能なすべてのチャネルが、必要な規制に従っていること、厳しいセキュリティ体制を維持していることが必要です。これを確実に実現してください。

支払いの更新を簡単に行えるようにする

  • 使いやすいインターフェイス: 直感的で使いやすいインターフェイスを設計して、利用者が支払い情報を簡単に更新できるようにすることが大切です。モバイルアプリ、ウェブポータル、またはカスタマーサービスの各チャネルに実装しましょう。

  • 有効期限切れの自動リマインダー: 支払い情報の有効期限が切れる前に利用者に通知する自動リマインダーを導入すると、支払い詳細を事前に更新してもらうのに役立ちます。これにより、情報が古いために取引が失敗するリスクが減ります。

  • 複数の更新チャネル: 支払い情報の更新をさまざまなチャネル (アプリ、ウェブサイト、カスタマーサポート、メールに記載したリンクなど) で行えるようにしましょう。すべての利用者セグメントがアクセスできるようになります。

  • セキュリティとプライバシー: 支払い情報の更新プロセスが安全でデータ保護規制に従っていることを確認することは、極めて重要です。利用者に、財務情報が安全な方法で取り扱われているという安心感を与えましょう。

  • 決済手段の柔軟性: 更新プロセス中に利用者が決済手段を (たとえばクレジットカードから直接銀行振込に) 変更できるようにすると、利用者の好みや状況の変化に対応できます。

  • リアルタイムの更新機能: 更新の処理をシステムがリアルタイム、またはほぼリアルタイムで処理できるようにして、さらなる支払いの失敗につながるような遅れが生じないようにしてください。

  • 明確なコミュニケーションとガイド: 支払い情報の更新に関して、アクセスしやすい説明と支援を提供すると、更新プロセス中の混乱やエラーを減らすことができます。

  • 顧客プロフィールの連携: 支払い更新システムに顧客プロフィールを連携させると、戦略をよりパーソナライズできます。関連する顧客情報をシステムが保持しているため、更新手続きが簡単になります。

  • 失敗した取引のフィードバックループ: 失敗した取引の直後に顧客情報の更新を利用者に促すことで、支払いの回収が成功する可能性が高まります。

  • 更新後の自動再試行: 支払い情報の更新後、失敗した取引の自動再試行を行うと、利用者にさらなるアクションを求めなくても、すぐに回収できる可能性があります。

柔軟な支払いオプション

  • 多様な決済手段: さまざまな決済手段を利用者に提供します。たとえば、クレジットカード、デビットカード、銀行振込、デジタルウォレット、地域特有の支払いオプションなどです。この多様性により、利用者のさまざまな好みに対応でき、取引成功の可能性が高まります。

  • 決済手段を簡単に更新できる: 利用者が支払いの詳細を簡単に更新できるようにします。更新は、自社ウェブサイトやアプリなどの使いやすいインターフェイスで行えるようにします。手順を分かりやすく案内し、必要な場合はすぐに支援を受けられるようにして、速やかな更新を促します。これにより、情報が古いことによる支払いの失敗を減らすことができます。

  • 自動再試行のロジック: 失敗した取引の自動再試行のロジックを実装します。たとえば、別の時間または別の日に取引を再試行します。失敗の原因として、残高不足や銀行のダウンタイムなどの一時的な問題も考えられるためです。

  • 柔軟な支払いスケジュール: 利用者が支払いの日付を選択または変更できるようにしましょう。このような柔軟性があると、利用者が支払日を自分の給与振込日などの金融サイクルに合わせることができるため、支払いの成功率が向上します。

  • 支払いプラン: 一時的な財政難に直面している利用者に、支払いプランを提供しましょう。たとえば、返済期間を延長する、都合しやすい金額に分割して支払えるようにするなどです。

  • リアルタイムの通知: 失敗した取引に関してすぐに通知を送信すると、利用者に必要な措置を伝えて速やかな対応を求めることができます。たとえば、支払い情報を更新する、十分な残高があることを確認するなどの措置です。

  • カスタマーサポート: 支払いに関連する問題の専任サポートを提供しましょう。トレーニングを受けたサポートスタッフが問題の解決を支援できるようにして、代替の決済手段を見つけたり、支払いプランを設定したりするのを支援します。

  • データ分析とインサイト: 支払いデータを定期的に分析して、支払いの失敗の傾向と問題を特定しましょう。分析によって得られたインサイトを、決済のプロセスと戦略の改善のために利用できます。

  • セキュリティと法令遵守: すべての決済手段とプロセスがセキュリティで保護され、関連する規制に従っていることを確認します。たとえばカード支払いの場合は PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS) などです。これにより、不正利用から保護すると同時に、利用者の信頼を築くことができます。

  • ユーザーの教育: 利用可能な支払いオプションと取引に関するベストプラクティスをユーザーに伝えましょう。これには、よくあるご質問、チュートリアル、カスタマーサポートによる直接的コミュニケーションが含まれます。

  • 使いやすい実装: 柔軟な支払いオプションを顧客体験に実装しましょう。このプロセスは直感的で、ユーザーが取引を進める際に混乱させないようなものでなければなりません。

  • 顧客セグメンテーションに基づくカスタマイズ: 顧客セグメンテーションに基づいて支払いオプションをカスタマイズしましょう。セグメントによって好みや金融行動が異なるため、カスタマイズによって、各グループに最も適した決済ソリューションを提供できます。

猶予期間

猶予期間とは、利用者が支払いの問題を解決するのを認められる指定期間であり、この期間内はペナルティやサービスの中断を直ちに受けずに済みます。猶予期間を効果的に導入するには、利用者のニーズ、規制要件、自社のビジネスの運営への影響を把握する必要があります。ここでは、ベストプラクティスをいくつかご紹介します。

  • 猶予期間の条件を明確に伝える: 猶予期間の長さと、猶予期間に適用される条件を伝えます。この条件を明確にすることで、利用者の期待を適切に管理し、混乱を減らすことができます。

  • 妥当な長さの期間: 猶予期間は、利用者が支払いの問題に対処するために公平な機会を与えるのに十分な長さで、自社の売上に著しく影響を与えるほど長くはない期間に設定します。期間の長さは、業界標準やサービスまたは製品によって異なる可能性があります。

  • 自動通知: 猶予期間の開始前と猶予期間中に、自動リマインダーを利用者に送ります。このリマインダーでは、支払い期限、猶予期間の終了日、支払いが行われなかった場合の潜在的な結果を通知します。

  • 柔軟な延長オプション: 特定のケースにおいては、猶予期間を延長するオプションを与えることを検討します。特に、過去の支払いに問題がなかった利用者や、一時的な財政難に直面している利用者をこの対象とします。

速やかな支払いに対するインセンティブ

以下に、速やかな支払いに対するインセンティブを導入するためのベストプラクティスを示します。

  • 魅力的なインセンティブオプション: 顧客基盤にとって本当に魅力的なインセンティブを提供します。一般的なインセンティブとしては、将来の購入に対する割引、ロイヤルティポイント、キャッシュバック、限定的なサービスまたは商品へのアクセスなどがあります。

  • 条件を明確に伝える: インセンティブプログラムの利用規約を、利用者に分かりやすく伝えます。伝える内容としては、利用資格を得るための基準、インセンティブが付与される方法と時期、有効期限などがあります。

  • 引き換えプロセスを簡単にする: どのインセンティブの場合も、引き換えプロセスを手間なく行えるようにしましょう。引き換えプロセスが複雑だと、インセンティブから感じられる価値が減ってしまいます。

  • 定期的にプロモーションを行う: インセンティブプログラムを積極的に宣伝しましょう。メールやアプリ内通知、購入プロセス中など、さまざまなチャネルを利用します。定期的にプロモーションを行うことで、利用者の記憶に残しておくことができます。

  • ビジネス目標に合わせる: インセンティブプログラムを設計する際は、より広いビジネス目標に合致させるようにします。リピート購入を増やすことが目標であれば、支出を促進するようなインセンティブを検討します。

  • セグメント化したアプローチ: 購買行動、好み、支払い履歴などに基づいて、顧客セグメントごとにインセンティブをカスタマイズします。この目標を絞った戦略により、インセンティブの効果を高めることができます。

  • 監視と評価: インセンティブプログラムの実績を継続的に監視します。支払い行動に対する効果を評価し、データに基づくインサイトを利用してプログラムを調整していきます。

  • 規制遵守と倫理的規定: インセンティブプログラムが、関連する法律や規制、特に金融取引とマーケティングに関連する法規制に適合していることを確認します。インセンティブプログラムの倫理的影響を考慮することも重要です。これにより、無責任な金融行動が助長されないようにします。

  • フィードバックの仕組み: インセンティブプログラムに対する利用者のフィードバックを集める仕組みを実装しましょう。このフィードバックにより、インセンティブプログラムがどのように受け取られたか、どう改善できるかについてのインサイトが得られます。

  • 拡張性と柔軟性のある設計: 拡張性と柔軟性のあるプログラムを設計しましょう。変化する市場の状況、顧客の動向、ビジネスニーズに基づいて、調整できるようにします。

  • テクノロジーの導入: テクノロジーを利用して、インセンティブの追跡や授与を自動化しましょう。これには、決済システム、顧客関係管理 (CRM) ソリューション、マーケティングツールとの連携が含まれます。

  • 費用対効果分析: インセンティブプログラムの費用対効果分析を定期的に実施して、そのプログラムが財政的に持続可能であり、望ましい投資収益率をもたらしていることを確認します。

  • 変更に関する透明性: プログラムを変更する場合は、利用者に速やかに変更内容を伝えましょう。これにより、信頼とプログラムの健全性を維持します。

  • 教育コンテンツ: インセンティブの価値と、このプログラムに参加することでどのような特典が得られるかを利用者に伝える教育コンテンツを提供しましょう。

失敗した支払いの回収に関する法務対策

支払いの失敗の問題は、法務や規制遵守に関する考慮事項に関係しています。この考慮事項は、利用者の支払いを扱うすべての事業者が認識しなければならないものです。以下に、支払いの失敗の問題と法規制の関連性について、詳しく説明します。

  • 現地法と国際法を理解する: 企業は、自社が事業を展開している管轄区域における債権回収や決済処理を規制する法的枠組みについて理解している必要があります。これには、現地法と国際的な規制の知識が含まれます。クロスボーダー取引をしている場合は、この知識が特に重要です。

  • 債権回収手続きを遵守する: 公正な債権回収手続きを遵守することが重要です。未払いの債権を回収する際の合法的かつ倫理的な手続きを理解する必要があります。たとえば、顧客への連絡方法に関する制限事項や、嫌がらせ行為の禁止などがあります。

  • データ保護とプライバシー: 欧州連合の一般データ保護規則 (GDPR) やカリフォルニア州消費者プライバシー法などのデータ保護法を遵守していることを保証することは、事業を維持する上で重要です。これには、支払い回収プロセス中に顧客データの利用と保管を法律に沿って行うことが含まれます。

  • 明確な利用規約: 事業者は、支払いと潜在的な回収措置に関する利用規約を利用者が簡単に参照できること、利用者がこれらの利用規約を認識していることを確認する必要があります。明確な利用規約により、支払い義務に関する誤解から生じる法的紛争を避けることができます。

  • 記録保持と文書化: 利用者とのすべてのやり取りと取引の正確な記録を保持することが重要です。この文書化された記録は、支払いの回収の取り組みに関する法的手続きや不審請求の申請が発生した場合に特に役立ちます。

  • 倒産や破産に関する法律を理解する: 倒産や破産に関する法律をよく理解することは重要です。なぜなら、利用者が破産を宣告する可能性があるためです。これらの法律が債権回収プロセスにどのように影響するかを知ることは、企業の行動を導く上で役立ちます。

  • スタッフに対するトレーニングと方針: 支払い回収に関わるスタッフに対して、法的要件や倫理的慣習についてトレーニングを実施することで、法令遵守を強化し、不適切な行動に起因する法的問題のリスクを減らすことができます。

  • 第三者機関と契約する: 債権回収に関して第三者機関を利用する場合、事業者は、その第三者機関も関連する法律や規則を遵守していることを確認する必要があります。このような機関との契約には、これらの要件を明確に規定する必要があります。

  • 利息と手数料: 遅延した支払いに対して課される利息や手数料は、法的な制限に従う必要があり、事前に利用者に明確に伝えておく必要があります。法外な料金を課すと、法的問題を引き起こし、評判を損なう可能性があります。

  • 不審請求の申請の解決メカニズム: 債権や回収プロセスの妥当性について異議を唱える利用者のために、不審請求の申請の解決メカニズムを実装することが重要です。これは、法的手続きによらずに問題を解決するのに役立ちます。

  • 消費者保護法: 消費者保護法は、不公正な商慣行から顧客を守ることを目的としているものであり、事業者は、これを確実に遵守する必要があります。具体的には、商品について誠実な広告を行うことや請求手続きの透明性などが求められます。

  • アクセシビリティと無差別の原則: 支払い回収プロセスにおいて、アクセシビリティと無差別の原則を守ることが重要です。障害を持つ方や異なる言語を話す方など、すべての利用者のニーズを考慮します。

  • 回収戦略の法的レビュー: 支払い回収の戦略と戦術の法的レビューを定期的に実施して、法令を遵守していること、法改正に適合していることを確認します。

  • 法律顧問との連絡: 法律顧問との関係を維持し、必要に応じて連絡を取り合うようにすることで、法的問題が発生した場合に迅速に対処でき、回収戦略が適法であることを確認できます。

Stripe にできること

Stripe の決済ソリューションには、以下のように、支払いの失敗の防止と対応に役立つさまざまな機能があります。

支払いの失敗を防ぐ

  • Radar: Stripe の Radar は、機械学習を利用した不正防止ツールです。疑いのある取引を事前に特定してブロックすることで、不正利用と支払い失敗のリスクを大幅に減らします。

  • PaymentIntent: この機能を利用すると、必要なすべての支払い情報を前もって収集し、オーソリを確保できます。これにより、支払時に資金不足や有効期限切れカードなどの問題が発生するのを防ぎます。

  • 強力な顧客認証 (SCA): Stripe は、SCA に対応しています。SCA はセキュリティ基準の一種であり、カード保有者の本人確認に役立ち、不正利用と支払い失敗の減少にもつながります。

  • 動的な 3D セキュア (3DS): この高度な 3DS の実装により、安全な支払い体験を提供するのと同時に、不正防止を促進します。

  • カスタマイズ可能な支払い拒否コード: 自社専用の支払い拒否コードを定義して、支払いの失敗に関する、より具体的な情報を受け取ることができます。これにより、根本原因を特定し、対処できるようになります。

支払いの失敗に対処する

  • 再試行を自動化する: Stripe の機能を利用して、失敗した支払いの再試行を自動化できます。別の決済手段または一定期間経過後に再試行することにより、支払い回収の可能性が高まります。

  • 決済用の URL リンク: 決済用の URL リンクを簡単に作成し、利用者と共有できます。リンクを使って、支払いの再試行を簡単に行えます。

  • 督促メール: Stripe を利用すると、督促メールをカスタマイズして、未払いのある利用者に自動的に送ることができます。利用者にとって都合の良い支払いオプションを伝えて、支払いを催促できます。

  • 支払い回収サービス: Stripe はさまざまな支払い回収業者と提携して、債権回収やチャージバックの支援などの追加サービスを提供しています。

  • 詳しいインサイト: Stripe は、決済の動向、支払いの拒否率その他の重要な指標に関する貴重なインサイトが得られる総合的なダッシュボードとレポートを提供しています。この情報を基に、改善の余地のある領域を見つけることができます。

その他のメリット

  • グローバルな展開: Stripe は 135 種類以上の通貨に対応しているため、世界中にビジネスを展開できます。通貨に対応していないという理由で支払いが失敗するリスクを最小限に抑えることができます。

  • 拡張性: Stripe のテクノロジーは、大量の取引を処理できるように設計されています。企業が成長して取引量が増えた場合も、支払いを効率的に処理できます。

  • セキュリティ: Stripe は最も厳しいセキュリティ基準と規則に準拠。企業と利用者を、不正利用やデータ侵害から保護します。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。