利用者の解約に関する基礎知識: 解約とは何か、その原因、事業者にできる対応

Billing
Billing

Stripe Billing は、シンプルな継続支払いから使用量に基づく請求、商談による契約まで、請求書の発行や顧客の管理を簡単に実現します。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 解約とは
  3. 利用者の解約が事業者に与える影響
  4. 利用者の解約の原因
  5. 利用者の解約が発生する原因を見つける方法
  6. 解約を減らすための 7 つの方法
    1. 顧客エンゲージメントをパーソナライズする
    2. 優れたカスタマーサポートを提供する
    3. 顧客中心の職場文化を奨励する
    4. テクノロジーを最大限に活用する
    5. 実用的なフィードバックループを作る
    6. 製品やサービスを継続的に改善する
    7. 支払いに関して戦略的かつ透明性のあるアプローチを取る
  7. Stripe にできること

利用者の解約 (一定期間に利用者が離れていく割合) は、事業者にとって大きな懸念事項の 1 つです。とりわけ、サブスクリプションモデルを採用している事業者とっては最大の関心事です。理想的な解約率とは何かを定義するのは簡単ではありません。多くの要因が関係しているからです。SaaS コンサルティング会社の Cobloom が実施した大規模な分析によると、ほとんどのビジネスにとって解約率 5% という共通目標は現実的ではない、特に、SaaS ビジネスや初期段階のビジネスにこれが当てはまるとのことです。

解約を防ぐには、1 つの方法では不十分です。利用者について明確かつ詳しく理解する必要があります。製品やサービス、あるいはその体験が利用者のニーズをどの程度満たしているかを評価し、どこまで満たせば現実的に満足してもらえるを見極めます。

以下では、利用者の解約について事業者が知っておくべきことを、利用者の解約とは何か、最終的な収益にどのような影響を及ぼすか、利用者の解約の原因、解約を最小限に抑えるためにはどうすればよいかを中心に説明します。

この記事の内容

  • 解約とは
  • 利用者の解約が事業者に与える影響
  • 利用者の解約の原因
  • 利用者の解約が発生する原因を見つける方法
  • 解約を減らすための 7 つの方法
  • Stripe にできること

解約とは

解約とは、一定期間内での利用者の喪失を表す言葉です。パーセンテージで表すことが多く、事業者、特にサブスクリプションベースのモデルを採用している事業者の重要な指標の 1 つとなっています。解約が発生するのは、利用者がサブスクリプションをキャンセルしたときや、製品の購入をやめたときです。事業者との関係が実質的に終了し、結果として、売上の減少につながります。

利用者の解約が事業者に与える影響

利用者の解約は、サブスクリプションビジネスのほとんどあらゆる部分に、直接または間接的に影響を与えます。以下はその例です。

  • 売上への影響: 利用者を定期的に喪失していくと、売上が徐々に減少することになり、サブスクリプションモデルへの依存度が高い企業にとっては特に厳しい状況となります。この影響は、損失した利用者の長期的な価値を考慮すると、さらに顕著になる可能性があります。

  • 顧客獲得の費用: 一般に、新たな利用者を獲得するには、既存の利用者を維持するよりも費用がかかります。解約率が高いと、新たな利用者を見つけなければならないという圧力が強くなりますが、多くの場合、そのためにはマーケティングや営業に相当なコストがかかることになります。

  • ブランドの評判: 頻繁な利用者離脱は、事業者の評判に悪影響を与える可能性があります。多くの利用者が離れていく場合、製品またはサービスへの不満を示唆する可能性があり、潜在的な利用者を遠ざけてしまう恐れがあります。事業者に対する不満を抱えた利用者は、不愉快な体験談をインターネットや口コミで広げる可能性もあります。

  • 利用者に関するインサイトとデータへの影響: 利用者の解約が頻繁に発生すると、一貫した顧客データの流れが妨げられ、傾向を分析したり利用者ニーズを把握したりするのが困難になるため、分析結果やニーズに合わせて製品やサービスを調整するのも難しくなります。

  • 従業員の士気と生産性: 高い解約率は、従業員の士気にも影響する可能性があります。苦労して獲得し、一生懸命に対応してきた利用者が離れていくという問題に対処しなければならなくなるからです。生産性の低下や、従業員の士気を維持するのが困難という状況を招く可能性があります。

  • 投資家の信頼: 一般的に投資家は、外部資金に依存している、あるいは外部資金を求めている企業の解約率が高い場合、それを危険信号とみなします。

  • 業務効率への影響: 高い解約率は、業務の効率に悪影響を与える可能性があります。利用者数が変動すると、業務を適切な規模に拡大縮小しなければならないという課題に直面し、リソースの利用が過剰または不十分になる可能性があります。

  • 市場での立場と競争上の強み: 競争の激しい市場では、高い解約率は企業の立場を弱める可能性があります。解約した利用者を競合他社が狙えるようになり、市場での立場を強めることができるようになります。

利用者の解約の原因

以下に、利用者の解約の一般的な理由を示します。

  • 顧客体験が悪い: 利用者解約の主な理由の 1 つは、顧客体験が悪いことです。製品やサービスの問題から、不適切なカスタマーサポートに至るまで、原因はさまざまです。利用者は、自分がなおざりにされている、誤解されていると思ったり、不満を感じたりすると、その企業との関係を終わらせる傾向があります。

  • 質の低いエンゲージメント: コミュニケーションが効果的に行われないと、利用者にブランドとのつながりがなくなったと感じさせてしまいます。たとえば、役に立たないメッセージが多数表示される、必要な時に十分なコミュニケーションが得られないなど、コミュニケーションの不適合があると、利用者は製品やサービスへの関心を失い、離れていく可能性があります。

  • 料金体系の問題: 価格感応性も重要な要因です。価格に見合う価値が得られていないと感じたり、もっと魅力的なプライスポイントを競合他社が打ち出してきたりすると、利用者が離れていく可能性があります。突然の値上げも、解約の原因となり得ます。

  • 製品やサービスの品質: 製品やサービスの質が低下した場合や、期待の変化に応えていない場合、利用者が競合他社を選んでしまう可能性があります。品質の問題は、機能に関するものから、ユーザー体験に対する信頼性に関するものまで、さまざまです。

  • カスタマーサポートが適切ではない: タイムリーで効果的なカスタマーサポートを提供することが重要です。長い時間待たされる、役に立たない対応、問題が解決しないなどの状況が繰り返されると、ブランドに対する信頼が失われ、利用者が離れていきます。

  • パーソナライゼーションの欠如: 利用者は、自分の好みやニーズに応じて体験がパーソナライズされることを期待しています。画一的なアプローチは、利用者の不満と喪失につながります。

  • 市場競争力: 激しい競争に直面しながらも、変化する市場の動向に合わせて変化しない企業は、利用者を失うリスクがあります。競合他社が提供する製品またはサービスの方が革新的でコスト効率が高い場合、あるいは魅力的な場合、そちらに切り替えてしまうかもしれません。

  • 予期しない変更や不安定性: ポリシーが変わったり機能が削除されたりした場合、あるいは製品やサービスの提供に一貫性がない場合、利用者が不満を抱き、離れていく可能性があります。

利用者の解約が発生する原因を見つける方法

利用者の解約は、多くの企業にとって大きな懸念点であり、重要な意思決定のためのマクロ指標とみなされています。解約率が高くても低くても、それに寄与する多くの要因を検討する必要があります。解約率そのものからは、利用者が離れていく原因は分からないため、もっと掘り下げて調べる必要があります。以下に、解約率を測定し、現在のビジネスの状況を把握する方法を紹介します。

  • 利用者のフィードバックとアンケート: アンケート用紙やフィードバック用紙を使って現在の利用者や過去の利用者と連絡を取り、利用者が離れる原因を探りましょう。アンケートの内容を工夫して、製品やサービスに対する満足度、料金体系の問題、カスタマーサポートの体験など、具体的な問題を特定するようにします。

  • 顧客データを分析する: 顧客データのパターンと傾向を探します。たとえば、利用頻度、エンゲージメントレベル、サポートチケットの履歴、購買パターンなどです。

  • カスタマーサポートのやり取りを監視する: 利用者とサポートチームのやり取りの内容を見直しましょう。これにより、利用者の不満と最終的な解約につながるような、共通する課題、問題、問い合わせが明らかになる可能性があります。

  • エンゲージメント指標: 製品やサービスがどのくらい利用されているかを分析します。あまり利用されていなかったり、利用が変則的だったりすると、解約の可能性が高いことを示唆しています。

  • 競合分析: 競合他社を分析して、市場での自社の立ち位置を把握しましょう。競合他社が自社にはないものを提供しているか、何か魅力的な機能やサービスを提供していて、それが自社の解約の原因になっていないかを確認します。

  • カスタマージャーニー分析: カスタマージャーニーのマップを作成し、どの地点で利用者が離れていっているかを特定します。たとえば、トライアル期間の終了後、特定の更新を行った後、料金体系を変更した後、などが考えられます。

  • 解約した利用者とのフォローアップ: 可能であれば、解約した利用者に連絡してみます。アンケートよりも、個人的な会話の方が、多くを明らかにできる場合があります。解約することを選んだ利用者から、解約の理由について率直な意見を聞くことができるかもしれません。

  • セグメンテーション分析: 顧客基盤を人口統計、行動、その他の基準に基づいて分類しましょう。一定の集団が、他の集団よりも解約しやすい傾向にあるかを判断するのに役立ちます。

  • 財務インパクト分析: 解約が財務面に与える実際の影響を詳しく調べます。売上への影響が最も大きいのは、どの利用者が解約した場合でしょうか。これを知ることで、付加価値の高い利用者の引き留め策を優先できます。

  • 実験と A/B テスト: さまざまな方法を試してみて、利用者を引き留めるために最も有効な方法を見つけましょう。料金体系、機能、カスタマーサービスなどの要素に対して A/B テストを実施することで、実践的なインサイトを得ることができます。

解約を減らすための 7 つの方法

以下に、解約を減らすための対策を紹介します。これらは、利用者が離れる前、そして離れた後の年間経常収益 (ARR) を保護するのに役立ちます。

顧客エンゲージメントをパーソナライズする

  • コミュニケーションを個別に調整する: 顧客データを利用して、コミュニケーションを個別に調整しましょう。メールに利用者の名前を入れ、対象者をセグメントで分けます。メールの内容は、過去のやり取りに基づいて、利用者が関心を持っているものに関連するものとします。これにより、親密さを高めて、利用者にとってより魅力的な体験を生み出すことができます。

  • おすすめ情報をパーソナライズする: 利用者の購入履歴と閲覧行動に基づいて、製品やサービスについてパーソナライズされたおすすめ情報を提供しましょう。これにより、ユーザー体験が向上する一方、個々の利用者のニーズに応えていることを示すことができます。

  • オファーやインセンティブをパーソナライズする: 個々の利用者の好みに合わせた特別オファーやインセンティブを提供しましょう。たとえば、独占的な取引、新製品への早期アクセス、パーソナライズされた割引は、ロイヤルティを高めて、解約の可能性を下げる効果があります。

  • 複数のチャネルでやり取りする: 利用者が最もよく利用しているチャネル (メール、ソーシャルメディア、自社のプラットフォームなど) でやり取りすることにより、より密接なつながりを築きましょう。

  • インタラクティブなユーザー体験: サービスや製品の体験で利用者の声が反映されるようにします。たとえば、利用者が、カスタマイズ可能なダッシュボード、好みに基づく通知、インタラクティブツールなどの機能を使ってサービスを利用できるようにします。

  • 予測に基づくパーソナライゼーション: AI と機械学習ツールを活用して、利用者がニーズや好みを口にする前に予め予測しましょう。このような先を見越したアプローチによって、喜びや驚きが生まれ、より深いロイヤルティを育むことができます。

  • 定期的なフォローアップと連絡: パーソナライズされたメールやアンケートを使って、利用者と定期的に連絡を取り、ニーズが満たされているか確認しましょう。

  • カスタマージャーニーマップ: 個々の利用者のカスタマージャーニーを把握し、マップにまとめましょう。パーソナライズされたエンゲージメントが、どの接点において最も効果的だったか、たとえば、オンボーディング時なのか、購入後なのか、更新時なのかを見極めることができます。

優れたカスタマーサポートを提供する

  • 迅速で反応が早いサービス: カスタマーサポートチームがすべての問い合わせにできるだけ早く回答できるようにしましょう。即座に支援できるチャットボットなどの効率的な応答システムと、より複雑な質問に対応する専門チームの両方を導入することで、顧客体験を大幅に改善できます。

  • トレーニングを受け、知識が豊富なスタッフ: カスタマーサポートチームのトレーニングに投資しましょう。すべてのメンバーが自社の製品とサービスに関する豊富な知識を持てるようにします。また、問い合わせや苦情に対して利用者の身になって効率的に対応できるスキルを身に付けさせます。

  • 複数のサポートチャネル: 電話、メール、ライブチャット、ソーシャルメディアなど、複数のサポートチャネルを用意しましょう。これにより、利用者が自分の好みの媒体で連絡できるようになり、よりアクセスしやすく便利なサポートを提供できます。

  • サポート体験をパーソナライズする: それぞれの利用者に個人的な配慮ができるようにチームをトレーニングしましょう。過去のやり取りを確認し、個々の利用者の履歴を把握することで、顧客体験の満足度を高めます。

  • 事前対応的なサポート: 利用者が問題を抱えて連絡してくるまで待つのではなく、潜在的な問題を事前対応的に監視し、支援を申し出ましょう。たとえば、購入後に連絡する、オンボーディング時に支援を提供する、ヒントやベストプラクティスを伝えるなどです。

  • 利用者がセルフサービスオプションを利用できるようにする: 総合的な「よくあるご質問」、チュートリアル、フォーラムを用意して、一般的な質問や問題に対する答えを利用者が自分で見つけることができるようにします。利用者自身が問題を解決できるようにすることで、満足度が向上し、サポートチームの負荷も減ります。

  • 解決後のフォローアップ: 利用者の問題をチームが解決した後で、回答が満足のいくものであったかを確認し、必要な場合はさらに支援する旨を連絡するフォローアップを送りましょう。解決後の連絡を行うことで、よい印象を長い間維持できます。

  • エスカレーション手順: 必要な場合に問題をエスカレーションするための明確な手順を策定しましょう。複雑な問題を適切なサポートレベルに移行し、タイムリーな解決を目指します。

  • 一貫した品質: 利用者とのすべてのやり取りにおいて、信頼できる質の高いサポートを提供しましょう。

顧客中心の職場文化を奨励する

  • リーダーシップのコミットメント: 経営幹部が、カスタマーサービスに対する心からのコミットメントを示すことで、組織全体の基本姿勢を示す必要があります。自らが模範となり、経営上のあらゆる意思決定において、利用者を優先することの重要性を一貫して強調します。

  • 従業員に権限を与える: 組織のあらゆるレベルで従業員に対し、顧客体験を改善するための意思決定をする権限を与えましょう。従業員は、問題解決の責任と権限が与えられていると感じると、利用者にもっと良いサービスを提供するようになります。

  • 部門間の協力: 顧客体験の向上という共通の目的の下で、部門間の協力を奨励しましょう。営業、マーケティング、製品開発、カスタマーサービスの各部署がインサイトと戦略を共有し、組織全体で一貫した体験を提供できるようにします。

  • 報奨制度と評価制度: 優れたカスタマーサービスに対して従業員に報いる報奨制度を導入しましょう。これにより、従業員のモチベーションが上がると同時に、利用者中心に行動することの価値を高めることになります。

  • 顧客中心の指標と重要業績評価指標 (KPI): 顧客満足度、顧客ロイヤルティ、顧客維持に重点を置いた KPI を策定しましょう。これらの指標に照らしてパフォーマンスを測定し、評価することで、チームが利用者の視点を常に重視するようになります。

  • 全従業員が利用者と定期的に対話する: 組織内のすべての従業員に対し、利用者と定期的に対話することを奨励しましょう。たとえば、カスタマーサポートの問い合わせに対応する、利用者とのミーティングに出席する、利用者のフィードバックセッションに参加するなどです。利用者と直接やり取りすることで、独自のインサイトを得ることができ、顧客中心という考え方を強化できます。

  • フィードバックしやすい環境を作る: 利用者および従業員からのフィードバックを奨励し、大切にする企業内文化を育てましょう。建設的なフィードバックを受け入れる環境は、利用者のニーズへの適応性が高く、対応性も向上します。

  • 顧客事例を定期的に共有する: 顧客の成功事例やお客様の声を組織内で共有しましょう。これは、顧客中心の方針における実績を評価し、具体的な成果に注目するのに役立ちます。

テクノロジーを最大限に活用する

  • 高度な分析ツール: 分析ツールを使って、利用者の行動、好み、パターンについてのより深いインサイトを得ましょう。このデータに基づく手法によって、より多くの情報を得た上での意思決定が可能になり、解約の削減に向けて的を絞った戦略を展開できます。

  • 顧客関係管理 (CRM) システム: 総合的な CRM システムを使って、利用者とのすべてのやり取りの記録を整理して管理しましょう。これは、パーソナライズされたサービスを提供し、潜在的な解約のリスクを早期に見つけるのに役立ちます。

  • カスタマーサービスを自動化する: チャットボットや AI を利用したサポートツールなどの自動化ソリューションに投資しましょう。利用者からの基本的な問い合わせに、ツールでスピーディーかつ効率的に対応できるようになります。これによって空いた時間を、スタッフは、より複雑な問題への対応に充てることができます。

  • モバイル向けの最適化: モバイルデバイス向けにサービスとコミュニケーションを最適化しましょう。利用者を引き付け、維持するために、モバイル対応の手段を採用することが重要です。

  • ソーシャルメディアのモニタリング: ソーシャルメディアのモニタリングツールを使って、自社ブランドに対する利用者の声を追跡しましょう。利用者の感情に対するリアルタイムのインサイトが得られるため、解約が発生する前に問題に対処できるようになります。

  • 簡単にシステムを連携できる: 自社が提供する製品とサービスは、相互連携が簡単で、補完的な外部製品との連携も簡単に行える必要があります。

  • クラウドベースのソリューション: クラウドベースのソリューションを採用して、柔軟性と拡張性を高めましょう。

  • E コマースとセルフサービスのプラットフォーム: 直感的な E コマースとセルフサービスポータルを開発し、利用者が閲覧、購入、アカウント管理を簡単に行えるようにします。利用者をつなぎとめるためには、使いやすいオンライン体験を提供することが重要です。

実用的なフィードバックループを作る

  • フィードバックしやすい手段を提供する: 利用者がフィードバックを行いやすい手段を用意しましょう。たとえば、アンケート、ウェブサイト上のフィードバックフォーム、ソーシャルメディアによるやり取り、ダイレクトメールなどがあります。

  • 定期的に利用者アンケートを実施する: 顧客満足度の測定とインサイト収集のために、定期的にアンケートを実施しましょう。アンケートの内容は、取引 (購入後またはやり取りの後) に関するものでも、関係性に関するものでも構いません。これにより、全体的な顧客体験を評価できます。

  • ソーシャルメディアやオンラインのレビューに注目する: ソーシャルメディアプラットフォームやオンラインレビューのサイトで、利用者のフィードバックや意見をチェックしましょう。これらのプラットフォームでは利用者の生の意見を聞くことができるため、その意見の背景を理解することで、顧客満足度や改善が必要な領域を捉えやすくなります。

  • 意思決定の際にフィードバックを取り入れる: 利用者のフィードバックを定期的に確認し、ビジネス上の意思決定に取り入れる文化を確立しましょう。これにより、利用者の意見が尊重されていること、製品やサービスへの影響力を持っていることを示すことができます。

  • フィードバックループを完結させる: フィードバックを提供した利用者、特に問題や不満を伝えてきた人たちに対し、フォローアップの連絡をしましょう。寄せられた懸念事項に対処し、報告された問題の解決や提案の導入のために実施した手順を伝えます。

  • データ分析とトレンドスポッティング: データ分析ツールを活用して、利用者のフィードバックからトレンドとパターンを特定しましょう。システム上の問題や改善の機会を見つけるのに役立ちます。

  • 透明性のあるコミュニケーション: フィードバックをどのように利用しているかについて、利用者に分かりやすく説明しましょう。利用者のフィードバックに応じて行った変更内容について定期的に伝えることで、利用者の意見の価値を高めることができます。

  • 反復的なプロセス: フィードバックループを、継続的かつ反復的なプロセスとして捉えましょう。顧客体験を改善し続けるために、フィードバックの収集、分析、対応の方法を洗練させていきます。

製品やサービスを継続的に改善する

  • 高度な分析を活用してインサイトに基づく改善を行う: 利用者が自社の製品やサービスをどのように利用しているかを理解するために、高度な分析を実施しましょう。表面的な指標を見るだけではなく、ユーザーの行動、好み、課題に注目します。予測分析を活用して利用者のニーズやトレンドを予測することで、事前対応的に改善を行うことができます。

  • 利用者と協力して開発する: 開発プロセスに利用者の意見を取り入れましょう。このようなやり方は、「共創」とも呼ばれます。製品または機能の開発段階で一定の利用者グループに接触し、実装しようとしている改善点が利用者のニーズや期待に沿ったものであるかを確認します。この方法には、製品が改善され、顧客関係と顧客ロイヤルティが強化されるという効果があります。

  • アジャイル手法を取り入れて短期間に反復する: 製品開発とサービス提供にアジャイル手法を取り入れましょう。利用者のフィードバック、最新の市場動向、新たなインサイト。これらは製品やサービスをスピーディーに変化、洗練させるのに役立ちます。

  • 戦略的パートナーシップで製品やサービスを強化する: 他の企業やテクノロジープロバイダーと協力して、利用者にとって大きな価値が加わるような、追加の機能や能力、コンテンツを提供しましょう。これにより、競争上の強みが得られ、内部開発では実現できないような方法で利用者のニーズに対応できます。

支払いに関して戦略的かつ透明性のあるアプローチを取る

  • 価値に応じた価格戦略: 利用者に提供する製品やサービスの価値に応じた価格戦略を策定しましょう。利用者から適正と見なされ、かつ、競争力を保つことができる価格体系を採用します。

  • 透明性があり、シンプルな請求: 請求プロセスは、できるだけ透明性が高く、シンプルなものとします。何にどのように支払いが発生するのかを、利用者が理解できる必要があります。請求体系を明確に説明し、明細が記載された請求書を発行し、見えない手数料がないようにします。透明性が信頼を築き、解約を招くような混乱や不満を著しく減らすことができます。

  • 市場や競合他社の分析を定期的に行う: 市場の動向や競合他社の料金体系を絶えず注視しましょう。定期的に分析を実施することで、市場の変化に応じて価格戦略を調整し、強力な価値提案をし続けることができます。

  • 柔軟な料金体系オプション: 料金体系オプション (段階制料金、取引量に応じた割引、バンドル販売など) を提供して、さまざまな利用者のニーズや好みに対応しましょう。柔軟な料金体系であれば、利用者は自分のニーズや予算に最も合うオプションを選ぶことができます。これにより、満足度が高まり、解約の可能性が低くなります。

  • 価格変更について効果的なやり方で伝える: 価格を調整しなければならない場合は、利用者に早めにその情報を伝えます。価格変更の理由を説明し、その変更から得られる改善点や付加的な価値を強調します。

  • 価格戦略を定期的に見直して調整する: 価格戦略をビジネスの変動要素として扱いましょう。ビジネス上の目標、利用者の期待、市場状況に合わせて、料金体系を定期的に調整します。これにより、適正で戦略的な料金体系への取り組みを示すことになります。

Stripe にできること

Stripe は、支払い、顧客体験、内部運営に関する問題に対処することで、解約防止の取り組みに協力しています。解約率を改善するのに役立つソリューションとして、以下を提供しています。

  • スムーズな決済処理: Stripe の使いやすいプラットフォームが、決済処理をシンプルにします。決済プロセス全体を、請求書の発行から回収まで自動化することで、手作業や人的ミスを減らし、顧客満足度を向上させます。

  • サブスクリプションと請求書の管理: Stripe の請求書作成・請求管理プロダクトは、サブスクリプションモデルを採用している企業に欠かせない機能を提供します。Stripe を使って、継続請求を自動化し、サブスクリプションを管理できます。比例配分による請求や段階制料金などの複雑な請求シナリオにも対応できます。このような柔軟性は、SaaS 企業、オンライン出版社のほか、経常収益による収入源に依存しているすべての企業にとって有益です。

  • 失敗した支払いの処理を自動化: Stripe のプラットフォームでは、失敗した取引が自動的に再試行されるため、支払いの問題による、意図しない解約を大幅に減らすことができます。サブスクリプションベースのビジネスの場合、支払いの失敗は意図しないサービス中断につながるため、この機能が特に重要です。

  • カスタマイズ可能な決済フロー: Stripe では、利用者は自分にとって都合がよい決済フローを選ぶことができます。単純な 1 回払いでも、複数のプランがあるサブスクリプションモデルでも、Stripe のツールを使って、個別に調整した決済体験を作ることができます。

  • 各国での決済に対応: Stripe では、複数の通貨、複数の決済手段に対応。国際的な事業展開を行っている企業をサポートしています。既存の利用者、そして新たな利用者に、世界のあらゆる場所で同じ品質の製品とサービスを提供できます。

  • リアルタイムの分析とレポート: Stripe のダッシュボードと分析ツールでは、支払いの傾向についてリアルタイムのインサイトが得られます。たとえば、支払い拒否の割合が高いと、利用者の解約につながることが多いですが、このような問題をいち早く特定し、対処できます。

  • CRM やカスタマーサポートツールとの連携: Stripe はさまざまな CRM システムやカスタマーサポートツールと連携できるため、顧客体験を向上させることができます。利用者の支払い情報と履歴を手元に保存することで、問題をスピーディーかつ効果的に解決し、関係を維持するのに役立ちます。

  • セキュリティと規制遵守: Stripe はセキュリティと規制遵守を重視。規制遵守に関するお客様の負担を減らします。この取り組みは、顧客の信頼を維持するために、特に、データセキュリティが基本的原則として求められる金融や医療の業界では重要です。

  • 開発者が使いやすいプラットフォーム: Stripe では、アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) を利用することで、カスタマイズ性が高く、開発者が使いやすいプラットフォームを実現。ご利用中のシステムに簡単に接続できます。

The content in this article is for general information and education purposes only and should not be construed as legal or tax advice. Stripe does not warrant or guarantee the accurateness, completeness, adequacy, or currency of the information in the article. You should seek the advice of a competent attorney or accountant licensed to practice in your jurisdiction for advice on your particular situation.

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。