継続支払い: 企業が知っておくべきこと

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 継続支払いとは?
  3. 継続支払いのタイプ
    1. 固定支払い
    2. 変動支払い
    3. ハイブリッド請求
  4. 継続支払いの仕組み
  5. どのタイプのビジネスが継続支払いを利用しているか
  6. 小規模事業者における継続支払いのメリット
  7. 継続請求ソフトウェアでビジネスを実現する Stripe Billing の仕組み
  8. 請求書による継続支払いを受け付ける

継続請求の一種であるサブスクリプションの市場は、2025 年までに約 800 万ドルにまで成長すると予想されています。このビジネスモデルの成長を考えると、自身のビジネスにおいて、顧客に継続支払いとサブスクリプションを提供すべきかどうか、検討する価値があります。

ここでは、継続請求と継続支払いについて、その仕組み、さまざまなタイプの継続支払い、そしてそれらをどのように受け付け始めるかなど、知っておくべき情報をご紹介します。

この記事の内容

  • 継続支払いとは?
  • 継続支払いのタイプ
  • 継続支払いの仕組み
  • どのタイプのビジネスが継続支払いを利用しているか
  • 小規模事業者における継続支払いのメリット
  • 継続請求ソフトウェアでビジネスを実現する Stripe Billing の仕組み
  • 請求書による継続支払いを受け付ける

継続支払いとは?

継続支払いとは、企業があらかじめ定義された間隔で、商品やサービスの代金を繰り返し顧客に請求することを可能にする請求モデルです。継続支払いの間隔は、週ごと、月ごと、年ごと、またはカスタマイズした時間枠で設定することができます。

継続支払いのタイプ

すべての継続支払いでは、顧客の支払い方法を保存し、その支払い方法に基づく定期的な請求について顧客から事前に承認を得ますが、詳細な支払い構造は異なる場合があります。継続支払いには、次の 3 つのタイプがあります。

固定支払い

「規則的な継続請求」とも呼ばれる固定支払い構造は、支払いが発生するたびに同じ金額を請求します。例えば、毎月 $24.99 の雑誌の定期購読などがこれに当たります。

変動支払い

「不規則な継続請求」とも呼ばれる変動支払い構造は、通常、使用量に基づき、支払いごとに変動する金額を請求します。変動請求には、次の 2 つのカテゴリーがあります。

  • 従量課金
    従量課金とは、請求サイクル中に顧客が使用したサービスの量に基づいて変動する金額を請求するものです。毎月使用した通話時間に基づく携帯電話の料金や、使用したエネルギー量に基づく公共料金などが、従量課金としてよく知られています。

  • 数量ベースの請求
    数量ベースの請求は、顧客が使用する商品やサービスの量によって金額が決まります。使用した量に基づく従量課金とは異なり、数量ベースの請求は、一般的に顧客と事前に合意した数量に基づき請求します。例えば、アカウント上のユーザー数に応じて課金されるソフトウェアサブスクリプションなどがあります。

ハイブリッド請求

ハイブリッド請求は、固定請求と変動請求を組み合わせたものです。この支払い構造は、設定した基準値を超えた部分に対して比率などにより追加の手数料を課すものです。例えば、インターネットサービスプロバイダーが、月間の上限を超えると 1 ギガバイトごとに $10 を請求するといった場合にハイブリッド請求を使用します。

継続支払いの仕組み

ここでは継続支払いの仕組みの概要を説明します。

  • 顧客の登録と支払い情報の収集
    顧客は、登録手続き中に、自分の支払い情報 (クレジットカード詳細や銀行口座情報など) を提供し、同意した請求スケジュールに従って、企業が将来の取引に対して請求することを承認します。この同意は、規制順守と顧客との信頼関係の維持に必要です。

  • 支払い情報の安全な保管
    企業は、多くの場合、Stripe のような決済代行業者を使用して、顧客の支払い情報を安全に保管します。これらのプロバイダーは、トークン化と暗号化を利用して、Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS) のような業界標準に準拠する形で、機密データの保護と保管を保証します。

  • あらかじめ定義された間隔での支払い処理
    合意した請求スケジュール (週ごと、月ごと、年ごとなど) に基づき、企業は自動的に顧客の登録済みの支払い方法で料金を請求します。決済代行業者は、取引を処理します。これには、支払い詳細の確認、資金が十分にあるかのチェック、そして顧客の口座から企業の口座への送金が含まれます。

  • 確認と通知
    正常に取引が完了すると、顧客は支払い金額、日付、その他の関連情報が詳細に記載された確認通知を受け取ります (通常はメールで)。企業は、透明性と顧客満足を維持するために、今後の請求、支払いの失敗、または支払い方法の有効期限などの通知を、積極的に送ることができます。

  • 支払い情報の更新とサブスクリプションの管理
    顧客は、一般的に顧客用のポータルを通じて、支払い情報の更新やサブスクリプションプランの変更などを行うことができます。この柔軟性により、顧客は自身の希望を管理でき、企業はより正確な請求情報を保持することができるため、未払いのリスクを低減することが可能となります。

  • 失敗した支払いと不審請求の申請の処理
    時折、支払い方法の有効期限切れ、不十分な口座残金、またはその他の問題によって継続支払いが失敗することがあります。企業はこうした状況に対処するプロセスを組み込む必要があります。それらのプロセスには、顧客に障害を通知する、取引を再実行する、あるいは顧客に情報更新の猶予期間を提供する、などがあります。以下では、Stripe Billing が支払い失敗の防止や対応のために要する多くのプロセスを自動化する方法について説明します。

継続支払いを受け付ける方法や、継続支払いモデルのベストプラクティスについては、こちらのガイドをご覧ください。

どのタイプのビジネスが継続支払いを利用しているか

商品やサービスを継続的に提供するために、顧客に料金を定期的に請求するビジネスでは、支払いモデルとして継続請求がよく利用されています。主に以下のようなサブスクリプションビジネスで使用されています。

  • サブスクリプションベースのビジネス: サブスクリプションサービスを提供する企業、例えばストリーミングプラットフォーム、SaaS (サービスとしてのソフトウェア) プロバイダー、会員制プラットフォームなどは、継続請求を利用することで安定した収益源を生み出し、顧客維持率を向上させることができます。

  • ジムやフィットネスセンター: ジムやフィットネスセンターは、顧客に施設やサービスを継続的に利用する機会を提供することで、月会費や年会費によって安定したキャッシュフローを維持しています。

  • デジタルおよび紙の新聞や雑誌: 新聞や雑誌のようなサブスクリプション型のメディアは、継続支払いを通じて顧客にコンテンツへの継続的なアクセスを提供することで、安定した収益を確保できます。

  • 公益事業体と通信会社: 電気、水道、ガス、インターネット、携帯電話サービスなど、生活に必要不可欠なサービスを提供する企業は、顧客がこれらのサービスを常に必要としているため、継続請求モデルに最適です。

  • オンライン講座や教育プラットフォーム: 講座やウェビナー、学習教材を継続的に提供する e-ラーニングプロバイダーは、更新されたコンテンツへの恒常的アクセスを顧客に提供する継続支払いモデルによって、収益を上げています。

  • マネージドサービスプロバイダー (MSP): IT、セキュリティ、またはインフラなどのサービスを企業に提供する MSP は、継続支払いモデルが機能する良い例であり、このモデルにより継続的なサポートとメンテナンスを行うことができます。

  • ボックスサブスクリプションサービス: 食事キットや美容商品、衣料品など、厳選した商品の詰め合わせボックスを提供するサブスクリプション型のビジネスは、安定した収益を生み出し、より効率的な在庫管理を実現するために、継続請求モデルをよく利用しています。

  • 非営利団体: 慈善団体は、継続的な寄付モデルを使用することで、寄付者に定期的に寄付してもらうための簡単な手段を提供して、団体の安定した収入源を確保することができます。

  • クラウドストレージプロバイダー: クラウドストレージサービスを提供する企業は、顧客が自分で保存したファイルやデータへの継続的なアクセスを必要とするため、継続支払いモデルによって収益を得ることができます。

  • フリーランサーやコンサルタント: マーケティング、グラフィックデザイン、ビジネスコンサルティングなどの継続的なサービスを提供する専門家は、継続請求モデルを用いた雇用契約をクライアントと結ぶことができます。

継続支払いのメリット、およびサブスクリプションベースのサービスや商品を利用する消費者の増加により、本来なら継続支払いが適さないオファリングを中核に持つ多くの企業も、この顧客維持率が高い収益ストリームを生み出すために新たな取り組みを始めています。例えば、マーケティングコンサルティング会社が、継続的な料金を支払うサブスクリプション登録者に毎週エキスパートのアドバイスを配信するサブスクリプション型のニュースレターを開始するといったことです。

小規模事業者における継続支払いのメリット

継続請求には次のような多くのメリットがあります。

  • タイムリーな顧客からの支払い
    ほとんどの継続支払いは、毎月の 5 日や毎年の 1 月 1 日など、予測可能な固定スケジュールで行われます。継続支払いは自動化されているため、支払いが滞ったり、遅れたりする可能性が低く、企業と顧客の双方にメリットがあります。

  • 支払いの失敗が少ない
    Stripe Billing のような継続支払いソフトウェアは、Smart Retries や、有効期限が近づいている支払い方法の更新を顧客にあらかじめ促すなどの方策により、支払いの失敗を防ぐことができます。

  • 顧客体験の向上
    自動化された継続支払いの計画性は、より快適で、よりシームレスな顧客体験を実現するだけでなく、企業にもメリットをもたらします。

  • 予測可能なキャッシュフロー
    企業にとって、ある時点でどれくらいの収益が得られるかを把握できることは重要です。特定の支払いサイクルにおける支払いの失敗数やサブスクリプションの解約数を正確に推定することは困難ですが、1 回限りの支払いモデルと比較すると、継続請求であれば少なくともキャッシュフローの概算見積もりを得ることができます。

  • 顧客維持率の向上
    サブスクリプションが解約されないことの保証はありませんが、継続請求は、顧客維持率を高める効果があります。自動化されていない 1 回限りの購入をする顧客とは異なり、継続請求を利用する顧客が支払いを続けるために必要なことは何もありません。

  • 自動化された効率的な処理
    企業は毎回の支払い処理を手作業で行う代わりに、継続請求により自動化できます。これにより、社内の時間とリソースを節約できます。

  • 請求コストの低減
    自動化された継続支払いによって、処理にかかる時間は少なくなるため、継続請求は、手作業で処理される支払いよりもコストがかからず、企業により高い収益をもたらします。

これらのメリットとは別に、継続請求には、まだ課題や余計な管理業務が伴う可能性があります。例えば、保存されている支払い情報はクレジットカードの有効期限に合わせて定期的な更新が必要になります。しかし、このタスクは顧客が登録した支払い方法の有効期限が近づいた時点で自動的にリマインダーメールを送ることで簡素化できます。

継続請求ソフトウェアでビジネスを実現する Stripe Billing の仕組み

Stripe Billing は、継続支払いの受け付けや請求書でグローバルで請求を行いたい企業向けのエンドツーエンドの請求ソリューションです。継続請求ソフトウェアを選ぶ際には、Stripe Billing で提供されている以下の機能を備えた製品が理想的です。

  • 簡単な統合
    請求ソフトウェアが現在ご利用中のテクノロジースタックとシームレスに連携できない場合は、それを使用する際の混乱がそのソフトウェアから得られるはずの利益を相殺してしまう可能性があります。Stripe Billing は Stripe Payments と統合されており、ダッシュボードからすべてのものにアクセスできます。

  • 柔軟な請求モデル
    現在、ダイナミックな請求モデルを利用していない、つまり 1 つの請求モデルのみを使用している場合でも、より多機能な請求ソフトウェアを導入することで新たな方向性を試すことができるようになり、また、将来のビジネスの成長に対応できるようになります。ユーザー毎の価格設定から従量課金まで、すべてに対応できる柔軟な請求ソフトウェアをお勧めします。

  • クーポン、無料トライアル、比例配分 (日割り / 秒割り計算)、アドオン、超過料金への対応
    継続請求の主なメリットはその予測可能性ですが、支払いや顧客がすべて同じとは限りません。請求ソフトウェアが通常とは異なる請求に対応できることを確認してください。

  • 解約を最小限に抑えるための機能
    Stripe Billing は、Smart Retries、失敗した支払いに対する自動通知メール、そして自動カード更新機能を活用し、支払い失敗の防止と解決に対して包括的なアプローチを採用しています。2021 年、企業は、Stripe Billing によって支払いの失敗を平均で 38% 回収できました。継続請求は、企業が支払いの処理に費やす時間を減らすことができます。請求ソフトウェアが解約や未払いに対応していない場合は、節約した時間がこうした問題のトラブルシューティングで相殺されてしまうリスクがあります。

請求書による継続支払いを受け付ける

顧客からの継続支払いを受け付けるためには、まず Stripe のような決済代行業者を設定する必要があります。Stripe アカウントはこちらからご登録いただけます。

Stripe の設定が完了したら、既存の顧客から支払いを徴収するために Stripe Invoicing を使ったり、サブスクリプションを促進するために決済フォームへのリンクを作成したりすることで、継続支払いの受け付けをすぐに始めることができます。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。