継続支払い処理の基礎知識: 事業者向けガイド

Billing
Billing

Stripe Billing は、シンプルな継続支払いから使用量に基づく請求、商談による契約まで、請求書の発行や顧客の管理を簡単に実現します。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 継続支払いとは
  3. 継続支払い処理とは
  4. 継続支払い処理の仕組み
  5. 継続支払いを処理する方法
  6. Stripe がサポートする継続支払い処理

予測可能で継続的な収入に惹かれ、多くの企業が経常収益モデルを自社の事業に導入しています。しかし継続支払いの管理は、顧客から定期的に売上を回収するだけでは済みません。取引の安全性の確保、顧客データの管理、支払いエラーや取引失敗への対処、シンプルなユーザー体験の提供が必要になります。

継続支払いの処理が効果的なものであれば、企業の成功に大きく寄与する可能性があります。キャッシュフローをさらに正確に予測し、顧客維持率を高め、請求や回収にかかわる管理業務を最小限に抑えることができます。また顧客は、商品やサービスを途切らせることなく簡単に利用できるため、全体的な満足度とロイヤルティがアップします。

ただし継続支払いを管理するシステムのセットアップは、複雑になることがあります。機密性の高い顧客データを安全に保管し処理するには、適切なテクノロジーとシステムが必要です。また、さまざまな財務上の規制やデータ保護規制を順守しなければなりません。さらに、ビジネスモデルに適合し、顧客の期待に応えるシステムを選択する必要もあります。以下に、事業者が知っておくべきことをご紹介します。

この記事の内容

  • 継続支払いとは
  • 継続支払い処理とは
  • 継続支払い処理の仕組み
  • 継続支払いを処理する方法
  • Stripe がサポートする継続支払い処理

継続支払いとは

継続支払いは、サブスクリプションの決済、自動引き落とし、自動決済としても知られ、事前に決められたスケジュールに従って自動的に処理される取引のことです。継続的に請求されるサービスまたは商品に対して、顧客が企業に定期的に支払いを行います。

たとえば、電気料金やインターネットサービスなどの毎月の公共料金に対して、継続支払いを設定できます。ジムの会員、ストリーミングサービス (Netflix、Spotify など)、あるいはサービスとしてのソフトウェア (SaaS) プラットフォームなどのサブスクリプションにも、継続支払いは適用できます。

継続支払いは、企業と顧客の両方にメリットがあります。企業に予測可能な収益をもたらし、顧客維持率 を高めることができます。顧客にとっても有益です。期日ごとに支払い処理を手動で開始しなければならないと覚えておく必要がなくなるからです。

継続支払い処理とは

継続支払い処理とは、企業が顧客から継続的な支払いを自動的に回収するために使用する方法およびシステムです。サブスクリプションや他の経常収益モデルの管理に重要な役割を果たします。通常は顧客が企業に対して、商品やサービスの代金をクレジットカードに定期的に請求したり、銀行口座から引き落としたりする許可を与えます。

継続支払い処理の仕組み

継続支払い処理には、次の一連の手続きで構成されます。

  • 顧客による承認
    顧客が継続支払いに同意すると、プロセスが開始されます。登録や決済プロセスの際に、顧客はクレジットカード情報や銀行口座情報を提供し、継続支払いの規約に同意します。この同意書の規約には、顧客に請求される金額、その請求頻度、請求対象のサービスや商品が明記されていなければなりません。

  • 支払い情報の保管
    顧客が支払い情報を提供すると、企業は今後の取引で使用するために、このデータを安全に保管する必要があります。支払い情報の保管は、通常、PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS) に準拠しているペイメントゲートウェイ、またはサードパーティのサービスプロバイダーを介して行われます。顧客の支払い情報は通常、トークン化されます。これにより、支払い情報は、傍受されても意味不明な、一意の文字列 (トークン) に置き換えられ、セキュリティが強化されます。

  • 支払いスケジュールの設定
    企業は、事前に合意された継続支払いの頻度に基づいて、支払いスケジュールを設定します。頻度は、毎週、毎月、毎年、あるいは顧客が同意した期間枠になります。自動システムによって、支払いは適切な間隔で処理されます。

  • 取引処理
    予定の支払日になると、ペイメントゲートウェイまたは決済代行業者が取引を開始します。事前合意済みの金額を請求するリクエストが、顧客の銀行またはクレジットカード会社に送信されます。このプロセスは通常、シームレスに行われ、顧客による対応は必要ありません。

  • 取引の確定
    取引が承認されると、顧客の口座から引き落とされ、企業の口座に売上が送金されます。通常、確認のメッセージが顧客に送信され、取引の成功が通知されます。

  • エラー処理と再試行
    場合によっては、残高不足、クレジットカードの有効期限切れなど、さまざまな理由で取引が失敗することがあります。ほとんどの決済代行業者は、これらのエラーを処理するシステムを用意しています。エラー処理では、顧客に問題を通知し、一定期間経過後に再試行します。

  • サブスクリプション管理
    継続支払いの処理には、顧客のサブスクリプションの管理も含まれ、プランのアップグレードまたはダウングレード、サブスクリプションのキャンセル、返金、顧客からの問い合わせへの対応などを管理します。管理を効果的に行うことで、顧客の満足度と顧客維持率が向上します。

  • 法令遵守とレポート
    最後に、企業は、PCI DSS や一般データ保護規則 (GDPR) などの、継続支払いに適用されるさまざまな規制や基準に従わなければなりません。さらに定期的に支払いデータを分析して、業績の追跡、傾向の特定、十分な情報に基づく意思決定を行う必要があります。

継続支払い処理は、企業と顧客の両方にメリットがあります。企業は、予測可能な収益がもたらされ、管理業務が軽減されます。顧客は、利便性が高まり、商品やサービスのスムーズな利用が実現します。ただし、顧客の信頼と満足度を維持するには、このプロセスを正しく処理することが重要になります。

継続支払いを処理する方法

継続支払いの処理にはさまざまなシステムを使用できます。どのシステムを選択するかは、事業の性質、取引の額と頻度、企業と顧客の地理的位置、商品やサービスの種類によって決まります。

ここでは、継続支払いの処理のために企業が導入できる最も一般的なツールをいくつか紹介します。

  • ペイメントゲートウェイ
    ペイメントゲートウェイは、企業が、顧客のデビットカードまたはクレジットカードでの購入を受け付けるために使用するテクノロジーです。これらのゲートウェイは、継続支払いを管理し、顧客の支払い情報を保管し、決められたスケジュールで自動的に顧客に請求するように設定できます。

  • 加盟店アカウント
    加盟店アカウントは、複数の方法で決済を受け付けることができる銀行口座です。通常はデビットカードまたはクレジットカードが使用されます。加盟店サービスプロバイダーは、継続支払いを処理するために、ツールを提供したり、ペイメントゲートウェイと連携したりできます。

  • 口座引き落としプロバイダー
    企業は、口座引き落としプロバイダーを使用して、継続的なスケジュールで顧客の銀行口座から自動的に引き落とすことができます。これは多くの場合、高額の支払いや B2B 取引で使用されます。顧客の口座から引き落とすには、顧客から許可を得る必要があります。

  • ACH の代行業者
    アメリカの顧客が存在する企業は、ACH (Automated Clearing House) の代行業者を使用して、継続支払いを処理できます。顧客の銀行口座から直接資金を引き出し、企業の口座に振り込みます。

  • サブスクリプション管理プラットフォーム
    このプラットフォームは、サブスクリプションの管理と継続支払い専用のプラットフォームです。通常、さまざまな料金プラン、割引管理、トライアル期間、自動応答メールなど、幅広い機能を備えています。

  • 統合ソリューション
    一部の企業は、ERP (企業資源計画) や CRM (顧客関係管理) など、継続支払い処理機能が組み込まれている統合ソリューションを使用している場合があります。このソリューションでは、事業運営を一元管理して効率化できます。

継続支払いの処理方法を選択する際は、ソリューションのコスト、使用している他のシステムとの連携の可否、プロバイダーのセキュリティと信頼性に関する評判、総合的な顧客体験など、複数の要素を検討する必要があります。選択した方法が、関連する財務関連規制やデータセキュリティ基準を順守しているかを確認することも重要です。

Stripe がサポートする継続支払い処理

Stripe Billing には、継続支払いの処理を目的とする一連のツールがあります。これにより、さまざまな支払いモデルの複雑さに対応し、いくつかの管理業務を自動化できるため、企業におけるサブスクリプションと請求書発行プロセスを効率化できます。

ここでは、Stripe がサポートする継続支払い処理について説明します。

  • サブスクリプションモデル
    Stripe Billing では、さまざまなサブスクリプションモデルをサポートしているため、企業は料金体系、請求期間、トライアル期間をカスタマイズできます。Stripe Billing は、段階制料金体系、ユーザー数単位の料金体系、従量制の料金体系など、さまざまな料金体系のプランに対応できます。

  • カスタマーポータル
    Stripe には、顧客が自身のサブスクリプションを管理できるカスタマーポータルがあります。顧客は自身の決済手段の更新、別のサブスクリプションプランの選択、請求履歴の確認などを行うことができます。カスタマーポータルにより、業務の管理負担の軽減や、顧客体験の向上が可能になります。

  • 決済手段
    Stripe は、あらゆる主要なクレジットカードおよびデビットカード、地域固有の多数の決済手段、Apple Pay、Google Pay などのデジタルウォレットなど、広範な決済手段をサポートしています。そのため、世界各地の顧客から決済をスムーズに受け付けることができます。

  • セキュリティ
    Stripe は、データセキュリティに関する業界最高レベルの標準 (PCI DSS レベル 1) に準拠しており、トークン化や暗号化などの高度な方法を使用して、機密データを保護しています。これにより、顧客の支払い情報が安全に処理されているという安心が得られます。

  • 請求書の自動作成
    Stripe を使用すると、請求書を自動作成して、顧客に送信できます。Stripe Billing は、次回の支払いや期限超過の支払いに関する、カスタマイズ可能な請求メールとリマインダーもサポートしています。

  • Smart Retries と督促管理
    Stripe は、機械学習を使用して、決済失敗時の再試行のタイミングを最適化します。またカスタマイズ可能な督促管理機能を備え、支払いが失敗したときに顧客にメールを自動送信し、決算手段を更新するリンクを顧客に提供します。

  • 税金と法令遵守
    Stripe Billing は、多くの国で税金を自動的に計算し、請求書に追加できます。また EU の付加価値税 (VAT) に関連するようなコンプライアンス要件を、企業が満たせるようにサポートできます。

  • レポート機能と分析
    Stripe は、売上、解約、有効なサブスクリプションなどのビジネス指標に関する詳細レポートを提供します。このレポートは、業績を判断し、情報に基づいた意思決定を行う際に活用できます。

継続支払い処理に対する Stripe のアプローチでは、サブスクリプションと請求処理を効果的に管理できる広範なツールキットを提供します。Stripe はソリューションの汎用性、セキュリティ、使いやすさを重視しており、Stripe Billing は、企業と顧客の両方にユーザーフレンドリーな体験を提供します。さらに詳しい情報を確認して利用を開始するには、こちらからお問い合わせください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。