インターチェンジフィーに関する基礎知識: その概要、仕組み、コストを削減する方法

Payments
Payments

Accept payments online, in person, and around the world with a payments solution built for any business—from scaling startups to global enterprises.

Learn more 
  1. はじめに
  2. インターチェンジフィーとは
  3. インターチェンジフィーの計算方法
    1. Visa
    2. Mastercard
    3. ディスカバー
    4. アメリカン・エキスプレス
  4. インターチェンジ料金体系モデル
  5. インターチェンジフィーの仕組み
  6. インターチェンジフィーの企業への影響
  7. インターチェンジフィーを減らす方法

アメリカの企業は、2021 年にカード処理手数料として約 1,378億ドルを負担しました。スワイプフィーとも呼ばれるインターチェンジフィーは、こうしたカード処理手数料の 70% から 90% を占めていました。利用者からカード決済を受け付ける企業の場合、インターチェンジフィーは、運用コスト、料金体系戦略、ビジネスモデルに影響を与えます。これらの手数料を見過ごすと、利益を押し下げる不要な経費が発生します。

以下では、インターチェンジフィーの仕組みと、企業に対するインターチェンジフィーの影響を説明し、これらのコストを効果的に管理する戦略を紹介します。インターチェンジフィーについて理解することで、企業は潜在的な経済的障壁を成長の機会に変えることができます。ここでは、知っておくべきことを紹介します。

この記事の内容

  • インターチェンジフィーとは
  • インターチェンジフィーの計算方法
  • インターチェンジ料金体系モデル
  • インターチェンジフィーの仕組み
  • インターチェンジフィーの企業への影響
  • インターチェンジフィーを減らす方法

インターチェンジフィーとは

インターチェンジフィーとは、クレジットカード決済とデビットカード決済を処理するために銀行間で請求される取引手数料です。利用者がカードを使用して購入すると、企業のアクワイアリング銀行がカード保有者のカード発行会社にインターチェンジフィーを支払います。

カードネットワークがインターチェンジフィーを設定します。これは通常、取引金額の一定の割合に定額手数料を加算した金額になります。インターチェンジフィーは、使用されるカードの種類 (クレジットまたはデビット)、取引の種類 (対面またはオンライン)、企業の業界、取引が発生した地域など、さまざまな要因に左右されます。

インターチェンジフィーにはいくつかの目的があります。

  • カード発行会社に対する補償: インターチェンジフィーは、支払いカードの提供および維持、関連する口座の管理、信用枠の拡大に伴うリスク管理にかかるコストを、カード保有者のカード発行会社に補償するものです。

  • カード発行会社に対する動機付け: インターチェンジフィーが高ければ、カード発行会社が顧客に支払いカードの保持を促進する動機付けになります。これにより、カード保有者によるカード使用が促進され、銀行とカードネットワークに利益がもたらされます。

  • ネットワークの維持: インターチェンジフィーは、カードネットワークの維持と運用を支援します。また、ネットワークインフラストラクチャ、不正防止策、ネットワークによって提供されるその他のサービスに関連するコストを賄うのに役立ちます。

  • アクワイアリングコスト: 企業の決済処理を円滑に進めるアクワイアリング銀行は、コスト構造の一部としてインターチェンジフィーを支払います。インターチェンジフィーは、カード発行会社がカード取引を処理する経費を賄うのに寄与し、カード発行会社がカード受け付けサービスを提供する誘因になります。

インターチェンジフィーは、企業が負担する他の手数料とは異なります。他の手数料とは、企業に代わってカード取引を処理するためにアクワイアリング銀行や決済代行会社が請求する加盟店サービス手数料などです。

インターチェンジフィーは企業のコストと利用者価格に影響することがあるため、一部の管轄区域ではインターチェンジフィーが規制されています。幅広い利害関係者間で行われる規制や交渉は、さまざまな地域のインターチェンジフィーの構造と影響力に作用します。

インターチェンジフィーの計算方法

インターチェンジフィーは、いくつかの要素に基づいて計算されます。インターチェンジフィーは、Visa、Mastercard、ディスカバー、アメリカン・エキスプレスなどのカードネットワークによって設定され、以下の要因に応じて大幅に異なります。

  • カードの種類: カードの種類に応じてインターチェンジレートが異なります。たとえば、ポイント機能付きカード、ビジネスカード、プレミアムカードのインターチェンジフィーは、通常、標準的なデビットカードやクレジットカードのものより高くなります。カード発行会社は、インターチェンジフィーを使用して特典プログラムの資金を賄うことがよくあります。

  • 取引方法: カードの処理方法は、インターチェンジフィーにも影響します。たとえば、利用者が POS 端末でカードを物理的にスワイプ、挿入、またはタップするカード提示取引は、通常、オンライン決済や電話決済などのカード非提示取引よりも手数料が低くなります。この違いは、カード非提示取引では不正利用のリスクが高まるためです。

  • 加盟店カテゴリーコード (MCC): 事業または業界の種類もインターチェンジフィーに影響します。事業の種類によってリスクのレベルや平均取引規模が異なり、それらは MCC に反映されます。

  • 取引規模: 通常、インターチェンジフィーは、取引合計額の一定の割合に定額手数料を加算した金額になります。そのため、インターチェンジフィーは、絶対的に取引規模が大きくなるほど高くなりますが、取引額に対する割合としては小さくなる可能性があります。

  • 処理の詳細情報: 取引の処理方法の指定も手数料に影響を与えます。たとえば、カード情報が手入力される取引や、一定期間内に決済されない取引は、エラーや不正利用のリスクが高まるため、請求される手数料が高くなる場合があります。

インターチェンジフィーの計算式は複雑であり、さらにカードネットワークによって異なりますが、通常、計算には上記の要素の組み合わせが考慮されます。各カードネットワークは、4 月と 10 月の年に 2 回、独自のインターチェンジレートを公開します。これらのレートは変動する可能性があります。ただし、欧州連合における個人向けカードのインターチェンジフィーの上限は、デビットカードで 0.2%、クレジットカードで 0.3% になっています。

以下では、2023 年現在におけるアメリカの主要なカードネットワークのインターチェンジレートについて説明します。

Visa

Visa のインターチェンジフィーは、カードの種類、取引方法、企業の業界など、さまざまな要因で変わります。以下のリンクをクリックすると、最新の情報を確認できます。

Mastercard

Visa と同様、Mastercard のインターチェンジフィーも複数の要因に左右されます。

ディスカバー

ディスカバーのインターチェンジフィーも、カードの種類、取引方法、業界によって異なります。

アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレスは運営方法が若干異なり、多くの場合、カード発行会社やカードネットワークの役割を果たしています。

インターチェンジ料金体系モデル

決済代行業者は、主に 3 種類の料金体系モデルを使用して、カード取引に関連するインターチェンジフィーを企業に請求します。料金体系モデルはカード支払いの受け付けコストに影響するため、企業はこれらの料金体系モデルを理解することが重要になります。ここでは、主要な 3 つのモデルと、あまり一般的ではない 1 つのモデルについて簡単に説明します。

  • インターチェンジプラスの料金体系 (コストプラス料金体系とも呼ばれる): この料金体系モデルは、最も透明性が高いと考えられています。インターチェンジプラスでは、企業はカードネットワークが決定した正確なインターチェンジフィーに加え、決済代行業者が設定したマークアップを支払います。マークアップは通常、少額の一定割合の手数料、取引ごとの定額手数料、あるいはその両方です。インターチェンジフィーは取引ごとに異なるため、総コストは上下しますが、企業は、代行業者が基本料金に対していくら請求しているかを常に正確に把握できます。

  • 段階制料金体系: このモデルでは、代行業者は取引をさまざま段階に分類します。通常は、それぞれ独自のレートが設定された 3 つの段階 (適格、中間適格、非適格) があります。段階は、取引のリスク要素と特典要素に基づいて決められます。たとえば、基本の特典なしクレジットカードで行われた取引は、レートが一番低い適格段階に分類され、プレミアムリワードカードで行われた取引は、レートが一番高い非適格段階に分類される可能性があります。このモデルの課題は、特定の取引が分類される段階がわからないことが多く、コストを予測しにくいことです。

  • 定額料金: これは最もシンプルな料金体系モデルです。カードの種類や取引方法に関係なく、取引ごとに一定の割合の手数料、または定額手数料、あるいはその両方を支払います。レートはインターチェンジフィーに基づいて変動することはないため、予測は可能ですが、通常はインターチェンジプラスの料金体系で支払う場合よりも高くなります。このモデルは決済サービスプロバイダーでよく使用されており、多くの場合、販売量の少ない小規模企業に好まれます。

  • サブスクリプション / メンバーシップの料金体系: これはあまり一般的ではないモデルです。このモデルでは、企業は月会費を支払うことで、取引コストを低く抑えます。インターチェンジプラスと同様にインターチェンジフィーは企業に渡されます。ただし、代行業者のマークアップは、多くの場合、一定割合の手数料ではなく取引ごとの定額手数料になっています。

それぞれのモデルにはメリットとデメリットがあります。どれが最も適しているかは、売上高、平均取引規模、利用者が通常使用するカードの種類など、企業の特徴に応じて決まります。

インターチェンジフィーの仕組み

インターチェンジフィーは、カードベースのすべての取引において発生します。ここでは、その仕組みを簡単に説明します。

  • 取引の開始: 利用者がクレジットカードまたはデビットカードを使用して購入を行うと、取引情報が企業からアクワイアリング銀行に送信されます。

  • 取引のオーソリ: その後、取引情報はアクワイアリング銀行からカードネットワークに送信され、さらにカード発行会社に渡されます。

  • 取引の承認: カード発行会社はカード保有者の口座をチェックし、十分な資金または利用可能なクレジットがあることを確認してから、オーソリをカードネットワークを通じてアクワイアリング銀行に送り返し、最終的に企業に戻されます。

  • 売上処理: 営業日の終わりに、企業はその日の承認済み取引のバッチをすべてアクワイアリング銀行に送信します。アクワイアリング銀行はこのバッチをカードネットワークに送信して、売上処理を行います。カードネットワークは各取引を正しいカード発行会社に振り分け、カード発行会社の口座から適切な金額を引き落とします。

  • 企業への支払い: カードネットワークは、インターチェンジフィーを差し引いたバッチの合計金額をアクワイアリング銀行に送金します。その後、アクワイアリング銀行は、手数料を差し引いた売上を企業の口座に入金します。

インターチェンジフィーは、アクワイアリング銀行がカード発行会社に送金する取引総額に含まれます。インターチェンジフィーは、支払いを保証することでリスクを負ったり、カードを発行しカード保有者の口座を維持することで価値を提供したりするなどの、取引プロセスにおけるカード発行会社の役割に対する補償を提供します。

インターチェンジフィーの企業への影響

インターチェンジフィーは、企業、特にカード取引に大きく依存している企業に大きな影響を及ぼします。ここでは、影響を受ける可能性があるビジネス領域をいくつか示します。

  • 運用コスト: インターチェンジフィーは、カード支払いを受け付けるために企業が支払うコストのかなりの部分を占めています。カード取引ごとに、その一部がこのインターチェンジフィーに使われます。利益率が小さい企業やカード取引の多い企業の場合、インターチェンジフィーはすぐに積み重なり、純利益に大きな影響を与えます。

  • 料金体系の意思決定: インターチェンジフィーのコストを負担するために、企業は料金体系戦略の調整が必要になる場合があります。この調整として、商品やサービスの価格を上げたり、カード支払いの最低取引金額を導入したりします。これらの意思決定は、競争力と利用者満足度に影響します。

  • キャッシュフロー: インターチェンジフィーは、企業のキャッシュフローに影響を与えます。通常、取引金額が企業の銀行口座に入金される前に、インターチェンジフィーが差し引かれるためです。つまり企業は、財務計画と財務予測においてインターチェンジフィーを考慮する必要があります。

  • ビジネスモデル: インターチェンジフィーは、ビジネスモデルにも影響することがあります。たとえば、企業によっては、一般的にクレジットカード取引よりもインターチェンジフィーが低い、現金払いまたはデビットカード支払いを奨励する場合があります。また、クレジットカード取引に追加料金を請求する企業 (それが合法な場合) もあれば、カードをまったく受け付けない企業もあります。

  • 決済代行業者の選択: インターチェンジフィーは、企業が選択する決済代行業者にも影響することがあります。使用される料金体系モデルは代行業者によって異なります。特定の企業にどの決済代行業者が最も適しているかは、取引の量と規模、利用者が使用するカードの種類、変動コストに対する許容度によって変わります。

インターチェンジフィーを減らす方法

インターチェンジフィーの削減は複雑なプロセスです。カードネットワークが設定するレートが、多数の要因によって変動するからです。しかし、これらのコストの削減に役立つ、次のような戦略をいくつか採用することができます。

  • 代行業者との交渉: 企業が大量の取引を処理する場合、決済代行業者とレートの低減について交渉できるかもしれません。

  • 適切な決済代行業者の選択: 上記のように、決済代行業者が使用する料金体系モデルはそれぞれ異なります。ビジネスの状況によっては、取引パターンに適した料金体系モデルを提供する代行業者を選択すると、コストを削減できるかもしれません。

  • カード処理業務の改善: 企業は、カード処理に関するカードネットワークのベストプラクティスに従うことにより、多くの場合、インターチェンジレートを低く抑えることができます。次のようなベストプラクティスがあります。

    • 取引の迅速な決済: できるだけ早く、通常は 24 時間以内に、代行業者との取引を決済することがベストプラクティスです。
    • カードデータの安全な処理: ポイントツーポイント暗号化、トークン化などの安全な処理テクノロジーを導入すると、インターチェンジレートの低減が可能になります。
    • 完全な取引データの提供: 特定の種類のカード、特に法人カードや政府向けカードの場合、追加の取引データ (レベル 2 およびレベル 3 のデータと呼ばれる) を提供すると、インターチェンジレートを低くすることができます。
  • デビットカードまたは現金取引の促進: デビットカード取引で発生するインターチェンジフィーは、通常、クレジットカード取引より低くなります。同様に、現金取引ではインターチェンジフィーは発生しません。利用者にデビットカードまたは現金の使用を勧めると、インターチェンジコストを低減できます。

  • 追加料金またはサービス手数料の導入: 分野によっては、クレジットカードの取引に追加料金またはサービス手数料を上乗せして、インターチェンジフィーのコストを賄うことができます。ただし、この行為は規制されており、すべての分野またはすべての種類のカードで許可されているわけではありません。利用者から不評が出るおそれもあります。

  • 処理明細書の定期的な確認: インターチェンジフィーは年に 2 回変更される可能性があります。そのため、処理明細書を定期的に確認して、変更内容を確実に認識し、請求されているすべての手数料を把握することが重要です。

インターチェンジフィーを削減すると企業の収益は上がりますが、企業は、インターチェンジフィーの変更が利用者体験に及ぼす影響を検討する必要があります。最適な解決策は、財務リターンと利用者にとって最適な体験を両立させることです。Stripe の料金体系モデルに関する詳細は、こちらでご確認いただけます。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。