Affirm: 徹底ガイド

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. Affirm が利用されている場所
    1. アメリカ
    2. カナダ
    3. オーストラリア
  3. Affirm の利用者
    1. 人口統計
    2. ビジネスモデル
    3. ユースケース
    4. 顧客の好み
    5. 最近の傾向
  4. Affirm の仕組み
    1. カスタマージャーニー
    2. 事業運営
    3. 追加機能
    4. 通常対象となる商品 / サービス
    5. 制限付きで対象となる可能性のある商品 / サービス
    6. 通常対象とならない商品 / サービス
  5. Affirm を受け入れるメリット
  6. Affirm のセキュリティ対策
    1. データセキュリティ
    2. アカウントのセキュリティ
    3. 取引のセキュリティ
    4. 透明性とコントロール
    5. 追加のセキュリティ対策
  7. 企業が Affirm 決済の受け入れを開始するための要件
    1. 基本的なビジネス要件
    2. 法令遵守
    3. 技術上の要件
    4. その他の考慮事項
  8. Affirm の代替手段
    1. Klarna
    2. Afterpay
    3. Sezzle
    4. Zip
    5. PayPal Credit
    6. ヨーロッパ
    7. アジア
    8. ラテンアメリカ

アメリカのフィンテック企業 Affirm は、後払い (BNPL) 業界の主要プレーヤーで、1,690 万人のユーザーを獲得し、26 万 6,000 社以上の企業とパートナーシップを結んでいます。その成功の原動力となっているのが、Pay in 4、数種類の月払いオプションなど、ユーザーにとって使いやすい支払いオプション、バーチャルカード、そして Nike や Adidas といった一流ブランドとの強力なパートナーシップです。

Affirm はさまざまな決済ソリューションを提供しています。主力サービスである Pay in 4 オプションでは、購入した商品の支払いを 4 回に分け、8 週間にわたり無利息で分割払いできるため、日常の買い物が金銭的に管理しやすくなります。毎月の資金繰りを重視している場合は、Affirm の月払いオプションを利用することで、完済までの期間を延ばすことができます。ただし、こうした月払いオプションには利息が付き、通常は 0 ~ 36% の競争力のある金利が適用されます。

また、物理的なカードとバーチャルカードの両方が用意され、ユーザーはパートナー企業以外での買い物にも特典を利用することができます。Affirm の多様なソリューションはさまざまな金融ニーズや好みに対応しているため、顧客は購入を柔軟にコントロールできます。

では、企業が顧客に Affirm を支払いオプションとして提供するには何が必要でしょうか?ここでは、Affirm の仕組み、利用者、対象となる買い物に加えて、Affirm を顧客に提供するために企業が行うべきことについて説明します。

この記事の内容

  • Affirm が利用されている場所
  • Affirm の利用者
  • Affirm の仕組み
  • Affirm を受け付けるメリット
  • Affirm のセキュリティ対策
  • 企業が Affirm 決済の受け入れを開始するための要件
  • Affirm の代替手段

Affirm が利用されている場所

Affirm の BNPL ソリューションは北米で支持を得ていますが、そのアプローチの方法は市場によって異なり、顧客の好みに対応し、現地の規制を遵守しています。ここでは、Affirm が各地域でどのように運営されているかをご紹介します。

アメリカ

2023 年から 2030 年にかけて、アメリカの BNPL 市場が毎年 24% の成長が見込まれる中、Affirm は柔軟な資金調達オプションに対する需要の高まりを利用しています。Bank of America のレポートによると、2022 年第 3 四半期にアメリカで最も頻繁に使用された BNPL アプリが Affirm でした。Shopify などの主要プラットフォームやデジタルウォレットとの連携は、便利な決済体験を求めるテクノロジーに精通した顧客の支持を得ています。Affirm はまた、消費者金融保護局 (CFPB) が定める規制を遵守することで、ユーザーの信頼と責任ある融資慣行を促進しています。

カナダ

アメリカに次いでカナダも Affirm にとっては最大の市場です。カナダにおける Affirm のサービスには、カナダで主流の E コマースプラットフォームデジタルウォレットと連携するというアメリカの戦略が反映されています。また、カナダ財務消費者局 (FCAC) が定める規制など、特定の規制にも適応しており、地域における責任ある金融慣行を保証しています。

オーストラリア

Affirm は 2021 年にオーストラリアで利用できるようになり、アジア太平洋地域への参入を開始しましたが、2023 年、オーストラリアでの事業を縮小することを発表しました。

Affirm の利用者

地域の人口統計、ビジネスモデル、ユースケースによって使用状況や好みは異なりますが、Affirm は広く受け入れられています。ここでは、Affirm の利用状況についてさまざまな角度から詳しく見ていきます。

人口統計

  • 年齢: Statista のデータによると、Affirm の利用をリードしているのはミレニアル世代 (調査では 30 ~ 44 歳) の顧客で、Affirm ユーザーの 28% を占めていますが、その人気は幅広い年齢層にも及んでおり、ベビーブーム世代 (60 ~ 78 歳) は Affirm ユーザーの 23% を占めます。

  • テクノロジーに精通: テクノロジーを他に先駆けて取り入れる人は、高い可能性で Affirm もいち早く取り入れます。これは Affirm が主に E コマースでの購入に利用されているためです。

  • 都市生活者: デジタルインフラストラクチャが整備された都市部では、Affirm の利用が促進される傾向があります。

ビジネスモデル

  • 小売業: 現在、主要な小売業者や E コマースプラットフォームが Affirm を提供しており、顧客への普及を後押ししています。

  • 医療: 歯科医院や医療機関では Affirm が支払いオプションとして提供され、これにより患者の選択的処置へのアクセスが増えています。

  • 旅行とホスピタリティ: 航空会社、ホテル、旅行代理店と Affirm の連携により、予約と支払いの柔軟性が向上します。

  • 教育: 大学や教育機関では授業料の支払いオプションとして Affirm を提供することで、学生や家族の経済的負担を軽減します。

ユースケース

  • 大量購入: 大口のオンライン購入によく利用され、便利で財布に優しいソリューションを提供しています。

  • 継続支払い: サブスクリプションやスポーツジム会費などの定期的な支払いに Affirm が選ばれています。

  • 緊急時: 車の修理や医療費などの予定外の出費に Affirm を利用するユーザーも多数います。Affirm は経済的なセーフティーネットとして機能します。

  • 贈り物: Affirm を贈り物の購入に利用することで、無理せずに、少し奮発することができます。

顧客の好み

  • 透明性: Affirm のわかりやすい料金体系と明確な支払い条件は、ユーザーにとって魅力的です。

  • 柔軟性: Affirm が選ばれる理由は、利用者が支払い予算を策定できるその柔軟な決済プランにあります。

  • 責任ある支出: 責任ある消費行動を奨励する Affirm のツールやリソースが顧客から高く評価されています。

最近の傾向

  • モバイルとの連携: Mordor Intelligence レポートによると、アメリカのモバイル決済市場は、2022 年から 2027 年にかけて前年比約 13% 増で成長することが見込まれます。Affirm は、モバイルファーストの顧客が好むデジタルウォレットや金融アプリとの容易な連携に重点的に取り組んでいます。

  • イノベーション: 普通預金口座やロイヤルティプログラムなどの新機能に継続的に投資し、ユーザー体験を向上させます。

Affirm の仕組み

BNPL は、顧客の商品やサービスに対する支払い方法を根本から変えながら、企業の売上を増やし、顧客エンゲージメントを高めることもできます。ここでは、Affirm がどのように顧客や企業を支援しているかをご紹介します。

カスタマージャーニー

  • 柔軟な支払いオプション: Affirm には主に 2 つの支払いオプションが用意されています。

    • Pay in 4: 購入代金を 4 回に分けて無利息で 2 週間ごとに支払うことができます。
    • 月払い: 高額な買い物を行うための資金調達手段で、3 カ月 から 48 カ月の分割月払いが可能です。利息は個人の信用とローンの条件によって決まります。
  • シームレスな決済: 顧客は決済時に使いやすいように組み込まれた Affirm を優先決済手段として選択できます。

  • 包括的なアカウント管理: ユーザーにとって使いやすいアプリとオンラインポータルによって、顧客の Affirm アカウントを細かく管理できます。顧客は次の作業を行うことができます。

    • 取引履歴と今後の支払いを確認する
    • 支払いを行う / 支払いプランを調整する
    • カスタマーサポートにアクセスする
    • 実店舗で購入するためのバーチャルカードを管理し有効にする
  • 揺るぎないセキュリティ: Affirm は次の機能を使ってセキュリティを最優先させています。

    • トークン化: 機密性の高い金融情報を保護します
    • 暗号化: 送信中および保管時のデータを保護します
    • 不正防止ツール: 不正行為を防止します

事業運営

  • 少ない手間で統合: アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) やソフトウェア開発キット (SDK) を使って、既存の最新 POS システムやオンラインプラットフォームと容易に連携します。

  • 取引処理の簡素化: 顧客が決済時に支払い方法として Affirm を選択すると、プラットフォームにより本人確認と信用確認が即座に行われます。購入が承認されると、2 ~ 3 営業日以内にそのビジネスに資金が提供され、不払いのリスクは Affirm が負うことになります。

  • 透明性の高い加盟店手数料: Affirm で購入すると取引手数料が発生します。この手数料は、通常、固定料金と購入金額の割合で構成されます。

  • 高度なリスク管理: 高度なリスク管理ツールで信用評価を実施します。これは不正取引を防止するのに役立ち、不良債権やチャージバックからビジネスを保護します。

  • 実用的なデータインサイト: 顧客の購買行動や好みに関する貴重なデータインサイトを利用できます。このデータによって企業は以下を実現できます。

  • 技術基盤:

    • 拡張性のあるインフラストラクチャ: 分散アーキテクチャを採用し、大量の取引を確実に処理します。
    • 機械学習アルゴリズムを活用: 機械学習アルゴリズムによって以下を行います。
      • 信用評価。ローンを利用できるかどうかを判断し、金利を決定します
      • 不正利用の検出。顧客と企業の両方を保護します
  • 法令遵守を確保: EU 一般データ保護規規則 (GDPR) やカリフォルニア州消費者プライバシー法 (CCPA) など、厳格なデータプライバシー規制を遵守し、顧客データを責任を持って安全に取り扱います。

追加機能

  • バーチャルカード: 物理カードなしで実店舗で買い物ができる便利なバーチャルカードを利用できます。

  • 予算管理アプリとの連携: 人気の予算管理アプリと連携することで、顧客の財務管理が行いやすくなります。

通常対象となる商品 / サービス

  • 物品: 通常、衣料品、電子機器、家具、電化製品、家庭用品など、有形商品のほとんどが Affirm の融資の対象となります。

  • デジタル商品: ソフトウェアライセンス、オンラインコース、認定パートナーが提供するメンバーシップなど、厳選されたデジタル商品に対する融資が可能です。

  • 旅行: 特定の旅行プロバイダーと提携し、航空券、ホテル、バケーションパッケージに対する融資オプションを提供しています。

  • 医療: 歯科治療、視力矯正、動物病院など、特定の医療サービスも融資の対象となります。

制限付きで対象となる可能性のある商品 / サービス

  • ギフトカード: ギフトカードによっては BNPL サービスで融資が許可されていることがあります。その適格性と制限は、ギフトカードの発行会社と種類によって決まります。

  • 予約注文: 製品によっては予約注文に Affirm の融資を利用できることがありますが、特定のルールと支払いスケジュールが、標準的な融資オプションと異なる場合があります。

  • オーダーメイド品またはカスタマイズ品: オーダーメイド品やカスタマイズ品の場合、対象となるかどうかは、商品および企業と Affirm の契約によって異なります。

通常対象とならない商品 / サービス

  • サービス: ヘアカット、車の修理、弁護士費用などのサービスに対する融資は行われません。

  • 無形商品: 音楽、電子書籍、映画などの無形デジタル商品は、通常、融資の対象になりません。

  • 金融商品: 投資、保険、その他の金融商品は融資の対象外です。

  • 制限のある商品: アルコール、タバコ、銃器、アダルトコンテンツなどの商品に対する融資は禁止されています。

Affirm を受け入れるメリット

決済手段として Affirm をビジネス戦略に取り入れることで、次のような多くのメリットが得られます。

  • シンプルな取引: ユーザーにとって使いやすいインターフェイスにより取引がスムーズかつ簡単になります。この使いやすさは、迅速で手間のかからないショッピング体験を重視する最近の顧客にとっては特に魅力的です。決済プロセスを合理化することで、カゴ落ち率を減らすことができます。カゴ落ちは、オンライン小売業ではよくある問題です。

  • 柔軟な支払いオプション: Affirm は後払いや分割払いなど、柔軟な支払い方法で知られています。この柔軟性は、後払いを好む顧客や、高額の購入資金をすぐに用意できない顧客など、さまざまな顧客を引き付けることができます。その結果、平均注文額が上がる可能性があります。顧客は、管理しやすい支払いプランがあれば、より大きな買い物をする傾向があるためです。

  • リスクの軽減: Affirm の際立った特徴の 1 つがリスク管理へのアプローチです。このサービスはリスク評価を実施する責任を負い、債務不履行または不正使用取引の財務リスクからビジネスを保護します。このようなリスクを独自に管理できるだけのリソースが十分にない中小企業にとって、この機能は特に有用です。

  • ブランドの評判と信頼: 決済業界では定評のある信頼できるブランド Affirm との提携は、貴社のビジネスの評判にプラスの影響を与えることができます。顧客が Affirm のブランドを知っていて、その名前を信頼していれば、その顧客が貴社と安心して取引を行うことができる可能性は高く、それが顧客ロイヤルティの向上やリピート購入につながります。

  • マーケティングと露出: Affirm は、パートナー企業のマーケティング支援も行っています。Affirm のプラットフォームで貴社のビジネスを紹介し、より多くの人に知ってもらうことで、ウェブサイトに新たなトラフィックがもたらされる可能性があります。このパートナーシップは顧客基盤を拡大し、ブランド認知度を高めるうえで特に有益です。

  • 顧客基盤の強化: アメリカ市場、特にデジタルモバイル対応決済ソリューションを好む若い層の間での人気を利用し、テクノロジーに精通した新しい顧客層を開拓することができます。

  • コンバージョン率の向上: Affirm の報告によると、Affirm を支払いオプションとして提供している企業は、他の BNPL オプションよりもカゴ落ち率が 28% 少なくなっています

Affirm のセキュリティ対策

ここでは、Affirm のセキュリティ対策の内訳を詳しくご紹介します。

データセキュリティ

  • 暗号化: 銀行口座情報や社会保障番号などの機密データはすべて、送信中および保管時の両方に、業界標準の AES 256 暗号化を使用して暗号化されます。

  • トークン化: 個人の特定に使用できない一意のトークンに機密データが置き換えられます。これにより新たなセキュリティレイヤーがデータ漏洩に備えて追加されます。

  • PCI DSS 準拠: Affirm は、決済代行会社の最高レベルのセキュリティ認証、PCI DSS レベル 1 に準拠しています。つまり、厳格なデータセキュリティ基準に準拠し、法令遵守を確保するために監査が定期的に実施されます。

  • データセンター: Affirm のデータセンターは、24 時間 365 日の監視体制と入退室管理の整った安全な施設内にあります。また、侵入検知防御システムを使用して、不正アクセス試行を特定しブロックします。

アカウントのセキュリティ

  • 強固な認証: アカウントにログインする際に、2 段階認証 (2FA) による本人確認が必要です。これによりパスワードの他に新たなセキュリティレイヤーが追加されます。

  • パスワードのセキュリティ要件: パスワードの長さや複雑さなど、厳しいパスワード要件があります。さらに、パスワードを定期的に変更することが推奨されます。

  • アカウントの監視: 不審な動きがないかアカウントを監視し、異常が検出されたらユーザーに通知します。

  • 不正防止: さまざまな不正防止技術によって、不正取引を特定し、ブロックします。これには、機械学習アルゴリズムや不正利用スコアリングモデルが含まれます。

取引のセキュリティ

  • SSL (Secure Sockets Laye): ブラウザーと Affirm のサーバー間の通信はすべて、SSL および TLS (Transport Layer Security) 技術を使用して暗号化され、顧客の個人情報を不正アクセスから保護します。

  • トークン化: 機密情報は Affirm のサーバーには保存されません。代わりにトークン化され、個人の特定に使用できない一意のトークンに置き換えられます。

  • 不正防止: さまざまな不正防止技術を使用して、不正使用取引を特定し、ブロックします。これには、機械学習アルゴリズムや不正利用スコアリングモデルが含まれます。

  • チャージバック保証: 不正利用または未承認の取引が発生した場合に企業に対してチャージバック保証を提供します。

透明性とコントロール

  • プライバシーポリシー: 個人情報をどのように収集、使用、共有するかを規定する包括的なプライバシーポリシーがあります。

  • セキュリティセンター: Affirm のウェブサイトにはセキュリティセンターがあり、セキュリティ対策やアカウントの保護方法に関する情報が記載されています。

  • ユーザーコントロール: プライバシー設定、通知設定、2 段階認証など、アカウントの設定などをコントロールできます。

追加のセキュリティ対策

  • バグ報奨金プログラム: Affirm のバグ報奨金プログラムでは、セキュリティ研究者が Affirm システムの脆弱性を報告して報奨金を得ることができます。これにより企業がセキュリティ上の問題を迅速に特定し、修正することができます。

  • 侵入テスト: 定期的に侵入テストを実施することでシステムの脆弱性を特定し、対処します。

  • セキュリティトレーニング: 従業員のセキュリティトレーニングを定期的に実施し、最新の脅威に関する情報を最新の状態に保ちます。

企業が Affirm 決済の受け入れを開始するための要件

Affirm の BNPL 融資を顧客に提供するために、事前に満たしておく必要がある一定の基準があります。ここでは主な要件について詳しく説明します。

基本的なビジネス要件

  • アメリカまたはカナダの顧客に直接販売する: Affirm は現在、この 2 カ国でのみ事業を行っています。

  • アメリカまたはカナダに法人がある: アメリカまたはカナダのいずれかで法的に設立されている必要があります。

  • アメリカまたはカナダの銀行口座がある: Affirm を通じて処理された支払いを受けるために必要です。

  • 英語のウェブサイトがある: Affirm と顧客のコミュニケーションはすべて英語で行われるため、ウェブサイトにも英語のオプションが必要です。

  • 価格は米ドルまたはカナダドルで表示する: Affirm での取引はこのいずれかの通貨でのみ処理されます。

  • Affirm の禁止業種ポリシーに従って運営する: このポリシーには、武器、年齢制限のある商品、特定の金融サービスなど、Affirm が禁止する業種や商品の概要が示されています。

法令遵守

  • 貸付真実法 (TILA): この連邦法は、企業が融資の規約、条件、利息など、融資オプションに関する明確かつ正確な情報を顧客に提供することを義務付けています。

  • 信用機会均等法 (ECOA): この法律は、与信判断の際に、人種、宗教、性別、配偶者の有無などに基づいて差別することを禁止しています。

  • 未承諾のポルノグラフィーおよびマーケティング攻撃に対する規制 (CAN-SPAM) 法: この法律は、BNPL 融資に関連する内容を含む商業メールの送信を規制しています。

技術上の要件

  • Affirm の API の導入: これによりウェブサイトやアプリが、信用調査、決済処理、カスタマーサポートのために Affirm のプラットフォームと通信することができます。

  • Affirm ブランディングの表示: Affirm のロゴと融資オプションを、ウェブサイトと決済ページに大きく表示する必要があります。

その他の考慮事項

  • 顧客基盤: Affirm は、信用を重視し、柔軟な支払いオプションを求めている顧客に人気があります。ターゲット顧客が BNPL 融資に関心を持ちそうかどうかを検討します。

  • 取引量: 特定のビジネスに対して最低取引量の要件が Affirm によって設定されている場合があります。

  • 手数料: 取引処理ごとに手数料が企業に請求されます。これらの手数料は、取引の規模や種類によって異なります。詳細については、Affirm の手数料に関する当社のセクションを参照してください。

Affirm の代替手段

BNPL 環境の競争がますます激化する中、似たような機能を持ちながら、微妙な違いがある代替手段が複数あります。ここでは Affirm の競合他社をいくつか紹介します。

Klarna

  • グローバル展開: Klarna は Affirm よりもグローバルなプレゼンスが高く、45 カ国で事業を展開しています (Affirm は 2 カ国)。このため海外に顧客を持つビジネスに適した選択肢です。

  • 大規模なビジネスネットワーク: Klarna は世界中で 50 万以上のビジネスと提携することで、ブランド認知度を高めています。また、顧客との間に親近感も生まれます。

Afterpay

  • 少額で頻度の高い購入に特化: Afterpay (イギリスでは Clearpay とも呼ばれます) は、少額の買い物 (通常は 1,000 ドル以下) に特化しており、無利息のシンプルな 4 回払い構造を提供しています。これは、日常の買い物に便利な支払いオプションを求めている顧客には魅力的です。

  • オーストラリアとニュージーランドにおける強力なプレゼンス: Afterpay は本国で圧倒的なシェアを誇っています。このような市場をターゲットとする企業がこのオプションを選択するのは当然です。

  • 迅速で簡単なサインアップ: Afterpay のユーザー登録プロセスが、スピーディーかつ手軽であることはよく知られています。これは利便性を重視する企業と顧客の両方にとって魅力的です。

Sezzle

  • 無利息で融資: Sezzle は短期購入プランに対して真の無金利融資を提供しています。価格に敏感な顧客にとって、このオプションは競争力があります。

  • Z 世代とミレニアル世代にフォーカス: この支払い方法は若い世代の顧客から強い支持を得ているため、若い世代へのアプローチを検討している企業に適しています。

  • 柔軟な支払いオプション: Sezzle には、隔週払い、月払いなど、支払いプランが複数用意されているため、顧客は自身のニーズに合わせて支払いを調整できます。

Zip

  • オーストラリアの顧客向けハイブリッドモデル: Zip は、BNPL オプションと従来のクレジットオプションの両方をオーストラリアで提供しており、顧客は自身のニーズに合ったオプションを柔軟に選択することができます。それ以外の場所では、支払い期間の短い BNPL プランを提供しています。

  • 無利息キャンペーン: Zip は、特定の購入に対して無利息で融資を行うキャンペーンを頻繁に実施しています。これは顧客が競合他社ではなく Zip を選ぶ魅力的なインセンティブになります。

  • 多彩な商品: BNPL の他にバーチャルクレジットカードとモバイルウォレットがあり、顧客は包括的な金融ソリューションスイートを利用できます。

PayPal Credit

  • PayPal の既存の顧客基盤を利用: 数百万の既存の PayPal 顧客が既にそのプラットフォームを信頼し利用しています。PayPal Credit は、このような顧客を対象に便利な支払いオプションを提供します。

  • プロモーション融資: PayPal Credit は、期間限定 0% APR など、プロモーション融資オプションを頻繁に提供しています。大きな買い物をする場合、この選択肢は競争力があります。

  • PayPal システムと連携: PayPal Credit は、より広範な PayPal システムと連携しています。これにより、決済と支払い管理を容易に行うことができます。

ここでは、他のグローバル市場における Affirm の主な競合企業をご紹介します。

ヨーロッパ

  • Klarna: ヨーロッパ全土に広く展開する有力プレーヤーです。

  • Clearpay: イギリスで人気の Clearpay では、無利息の 4 回分割払いオプションを利用できます。

  • Alma: フランスの BNPL プロバイダーで、高額の購入と長期返済に重点を置いています。

  • Scalapay: イタリアとスペインに強いイタリアの BNPL ソリューションです。

アジア

  • Afterpay: オーストラリアとニュージーランドで高い市場シェアを誇り、4 回分割払いオプションがあります。

  • Grab PayLater: 東南アジアの大手 BNPL プロバイダーで、Grab のスーパーアプリと連携しています。

  • OPay: アジア全域で成長している市場の BNPL プレーヤーで、柔軟な支払いオプションと特典プログラムを提供しています。

  • Atome: 東南アジアで人気の BNPL ソリューション Atome は、すばやく簡単に登録できることで知られています。

ラテンアメリカ

  • Mercado Pago: アルゼンチン、ブラジル、メキシコの大手 BNPL プロバイダーで、さまざまな支払いオプションがあり、MercadoLibre と連携しています。

  • Nubank: ブラジルのデジタル銀行で、人気の高い BNPL ソリューションが銀行サービスに組み込まれています。

  • Clip: 中小企業に特化したメキシコの BNPL プロバイダーです。

  • PagSeguro: ブラジルで BNPL ソリューションを提供し、既存の決済処理プラットフォームとの連携に重点を置いています。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。