加盟店のアカウント登録について: 仕組みと具体的な内容

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 加盟店のアカウント登録とは?
  3. 加盟店のアカウント登録: 主要な関係者と構成要素
  4. 加盟店のアカウント登録に必要な書類
  5. 加盟店のアカウント登録プロセスとは?
  6. 「顧客確認」(KYC) とは?
  7. Stripe による加盟店のアカウント登録: 始め方

今日の企業は、シンプルで安全な決済処理を重要視しています。決済処理における重要な側面の一つは、加盟店のアカウント登録でしょう。このプロセスは、企業を決済サービスプロバイダー (PSP) またはペイメントゲートウェイと統合し、合理的かつコンプライアンスに準拠した効率的な決済処理システムの基礎を築くものです。

適切に行われた加盟店のアカウント登録戦略は、顧客体験と顧客からの信頼を高めるとともに、不正利用のリスク、取引の遅延、コンプライアンス違反による罰則を軽減します。そのため、企業は、加盟店のアカウント登録プロセスを慎重に計画・実施し、自社のニーズに合った決済設定を構築する必要があります。加盟店のアカウント登録の詳細内容は複雑ですが、手続きが複雑であってはいけません。ここでは、加盟店のアカウント登録について知っておくべきことをご紹介します。

この記事の内容

  • 加盟店のアカウント登録とは?
  • 加盟店のアカウント登録: 主要な関係者と構成要素
  • 加盟店のアカウント登録に必要な書類
  • 加盟店のアカウント登録プロセスとは?
  • 「顧客確認」(KYC) とは?
  • Stripe による加盟店のアカウント登録: 始め方

加盟店のアカウント登録とは?

加盟店のアカウント登録とは、決済会社が顧客の支払いを簡単かつ安全に受け付け、管理できるように企業を設定するプロセスです。これは、企業の業務効率、顧客体験、リスク管理に大きな影響を与えます。

アカウント登録処理に不手際があると、取引の遅延や失敗、不正利用のリスクの増大、業界規制の遵守違反につながり、最終的には企業の評判の低下、罰金、顧客の喪失などに至るおそれがあります。

企業は、競争が激しく規制の厳しい今日の決済環境で成功するために、加盟店のアカウント登録を慎重に行う必要があります。そうすることで、シンプルで安全な顧客体験の提供、継続的な業界標準の遵守、決済パートナーとの強固な関係構築が可能となり、最終的にビジネスの成長と顧客維持を促進できます。

加盟店のアカウント登録: 主要な関係者と構成要素

加盟店のアカウント登録を成功させるためには、主要な関係者の役割と、そのプロセスにおける互いの影響を理解する必要があります。安全かつ機能的な決済処理環境を運営するために、以下の関係者が連携しています。

  • 加盟店
    加盟店とは、顧客からの支払いを受け付ける必要のある企業、小売業者、サービスプロバイダーのことです。オンライン、店舗、モバイル決済など、さまざまなチャネルを通じた取引を促進するために、決済サービスプロバイダーやペイメントゲートウェイとの関係を構築します。

  • 決済サービスプロバイダー
    決済サービスプロバイダー (PSP) は、企業向けに決済処理ソリューションを提供する会社です。承認、売上処理、決済といった取引処理の技術的側面を扱い、業界の規制や標準の遵守を保証します。PSP はまた、不正利用の検出やリスク管理などの付加的なサービスを提供することもあります。

  • ペイメントゲートウェイ
    ペイメントゲートウェイは、オンラインストア、POS システムモバイルアプリなど、企業のシステムと PSP またはアクワイアリング銀行との間で取引データの安全な伝送を行うテクノロジープラットフォームです。クレジットカード情報などの機密データを暗号化し、取引処理におけるデータの安全な伝送を保証する責任を負います。

  • アクワイアリング銀行
    アクワイアリング銀行は「加盟店アクワイアラー」とも呼ばれ、PSP と提携して企業に代わって取引の処理や決済を行う金融機関です。加盟店アカウントのリスク評価、ビジネスに関連するリスク評価、規制遵守の保証などの責任を持ちます。

  • カードネットワーク
    Visa、Mastercard、American Express、Discover などのカードネットワークは、カード取引のルールや基準を定める組織です。アクワイアリング銀行とカード発行会社 (顧客の支払いカードを発行した銀行) 間の取引の通信と売上処理を容易にします。

  • カード発行会社
    カード発行会社は、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどの支払いカードを顧客に発行する金融機関です。取引を承認し、顧客が十分な資金または信用を有していることを確認し、最終的に資金をアクワイアリング銀行に送金する責任を持ちます。

  • 規制当局
    規制当局や PCI SSC (Payment Card Industry Security Standards Council) などの業界団体は、決済処理に関する規制や標準を策定し、施行しています。これは、顧客を保護し、決済エコシステムの安全性と完全性を確保することを目的としています。

加盟店のアカウント登録に必要な書類

加盟店のアカウント登録プロセスを開始する前に、企業は必要な書類や資料を準備する必要があります。これらの資料を前もって集めておくことで、時間のかかるプロセスを迅速化し、遅滞の可能性を最小限に抑えることができます。

以下に、企業が準備しておくべき主要な書類や資料をリストアップします。

  • 企業の登記に関連する書類
    会社定款、設立証明書、その他企業の法的存在を証明する関連書類など、企業の登記書類の写し。

  • 納税者番号
    米国の雇用者識別番号 (EIN)、または他国のそれに相当する番号など、企業の納税者番号。

  • 所有者情報
    所有者、パートナー、または取締役に関する詳細を含む企業の所有権構成に関する情報。これには、政府発行の身分証明書、パスポート、運転免許証など、主要な利害関係者の個人識別書類を提供することが含まれます。

  • 財務諸表
    貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書など、企業の財務状況を示すための直近の財務諸表。

  • 銀行口座情報
    口座番号、金融番号、銀行の名前と住所など、企業の銀行口座に関する詳細情報。

  • 営業許可証と許認可
    登録した業種または管轄区域で事業を行うために必要な、関連する事業免許、許可、証明書の写し。

  • 企業のウェブサイトとオンラインプレゼンス
    URL、提供する商品やサービスの説明など、ウェブサイト、オンラインストア、モバイルアプリに関する情報。

  • 決済処理の履歴
    過去の決済処理の履歴がある場合は、過去の取引量、チャージバック率、その他の関連情報の明細書または要約を提供します。

  • ビジネスプランと売上予測
    売上予測や予想される取引量など、詳細な事業計画が要求される場合があります (特に、スタートアップや事業歴の浅い企業の場合)。

  • 法令遵守に関する書類
    PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS)、一般データ保護規制 (GDPR)、その他のデータ保護およびプライバシーポリシーなど、業界の規制や標準への準拠に関する書類。

加盟店のアカウント登録プロセスとは?

加盟店のアカウント登録プロセスには、企業と PSP / ペイメントゲートウェイとの間で協力関係を確立するためのいくつかのステップがあります。

ここでは、典型的な加盟店のアカウント登録プロセスの概要を説明します。

1. 登録前の準備
前項で説明したように、必要な情報と書類を集めます。また、PSP やペイメントゲートウェイを調査し、特定のニーズに最適なパートナーを見つける必要があります。

2. 加盟店の申請と審査
PSP またはペイメントゲートウェイに申請書を提出し、事業内容、経営者、予想される取引量に関する情報を提供します。PSP またはペイメントゲートウェイは、申請企業が必要な要件を満たし、自社のサービスに適した候補者であることを確認するため、申請書を審査します。

3. 法令遵守とリスクの評価
PSP またはアクワイアリング銀行は、事業の種類、取引量、チャージバックの履歴、関連する規制や業界標準への準拠などの要素を考慮し、申請企業に関連するリスクを評価するためにデューデリジェンスを実施します。このプロセスには、一般的に、経歴確認、信用調査、提供した情報の確認が含まれます。

4. アカウントの設定と統合
申請が承認されたら、PSP またはペイメントゲートウェイにアカウントを設定します。これは、企業のオンラインストア、POS システム、またはモバイルアプリを PSP のペイメントゲートウェイに接続し、スムーズな決済処理を実現するものです。この統合には、PSP またはペイメントゲートウェイからのテクニカルサポートや、すべてが仕様に従って機能することを確認するためのテストが必要になる場合があります。

5. トレーニングとサポート
ほとんどの PSP とペイメントゲートウェイは、スムーズで効果的なパートナーシップを保証するために、登録した企業のチームにトレーニング、リソース、継続的なサポートを提供します。これには、決済プラットフォームの使用、取引の管理、不審請求の申請およびチャージバックの処理、セキュリティおよび法令遵守に関するガイダンスが含まれます。

6. 継続的なモニタリングと最適化
アカウント登録プロセスが完了した後も、決済処理システムを継続的にモニタリングし、最適化することで、最大限の効率性、セキュリティ、法令遵守を確保します。これには、ソフトウェアの更新、新たな不正防止策の導入、ビジネスニーズの変化に応じた取引限度額の調整などがあります。

「顧客確認」(KYC) とは?

顧客確認 (KYC) とは、金融機関、PSP、その他の企業が顧客や顧客の本人確認に使用される規制上の要件に基づくリスク管理プロセスです。KYC の主な目的は、企業が正当な個人や企業と取引していることを確認することにより、マネーロンダリング、テロ資金調達、その他の不正行為を防止することです。

PSP とアクワイアリング銀行は、関係を構築する前に、企業に対して KYC チェックを行うことが義務付けられているため、KYC は加盟店のアカウント登録プロセスにおいて重要な役割を果たしています。KYC によって企業に関連するリスクを評価できるため、PSP とアクワイアリング銀行は、その企業の加盟店申請を承認するか拒否するかを、十分な情報に基づき判断できます。

加盟店のアカウント登録プロセスにおいて、KYC は、一般的に以下のステップを踏みます。

1. 身分証明
企業は、会社登録の詳細、納税者番号、所有権構成など、必要な情報や書類を提供します。また、政府発行の身分証明書、パスポート、運転免許証など、事業主や主要関係者の本人確認書類の提出を求められる場合もあります。

2. 検証
PSP またはアクワイアリング銀行は、公的記録、信用情報機関、商業データベースなどの信頼できる独立した情報源を使用して、企業から提供された情報を検証します。これにより、その企業が合法的な事業体であり、関係者が本人であることを確認できます。

3. リスク評価
PSP またはアクワイアリング銀行は、企業のタイプ、取引量、地理的位置、法令遵守の履歴など、さまざまな要因に基づいて企業に関連するリスクを評価します。リスクの高い企業は、より詳細な身元調査や継続的なモニタリングなど、より厳格なデューデリジェンス手続きの対象となる場合があります。

4. 継続的なモニタリング
PSP とアクワイアリング銀行は、最初の KYC チェックとアカウント登録プロセスの後も、その企業の活動を定期的にモニタリングすることが求められます。これは、リスクプロファイルの変化、不正行為の可能性、またはさらなる調査を必要とする不審な行動を特定することを目的としています。

企業は、KYC に対して、加盟店のアカウント登録プロセス中および完了後も継続的に応じる必要があります。

Stripe による加盟店のアカウント登録: 始め方

Stripe にご登録いただくと、決済の受け付け、サブスクリプションの管理、不正利用の防止に役立つ強力なツールや機能をご利用いただけます。ここでは、Stripe の加盟店のアカウント登録プロセスの概要をご紹介します。

1. Stripe アカウントに登録する
まず、Stripe アカウントに新規登録します。メールアドレスの入力、パスワードの作成を行っていただき、お客様のビジネスに関する簡単なアンケートにお答えいただきます。

2. ビジネスの詳細を提供する
登録後、法人名、住所、納税者番号、商品やサービスの種類などのビジネス情報を入力していただく必要があります。

3. 本人確認
他の PSP と同様、Stripe は KYC プロセスの一環として、新規のお客様に本人確認を義務付けています。政府発行の身分証明書、パスポート、運転免許証などの本人確認書類の提出をお願いする場合があります。

4. 銀行口座に接続する
Stripe からの入金を受け取るには、口座番号や金融番号など、銀行口座情報をご提供いただく必要があります。Stripe は 135 以上の通貨での入金をサポートし、多くの国の銀行口座に対応しています。

5. Stripe をお客様のプラットフォームに統合する
Stripe は、Shopify、WooCommerce、Magento といった人気の EC ストアプラットフォーム用の構築済みプラグインや、Stripe の API や SDK を使用したカスタム統合など、さまざまな統合オプションを提供しています。技術的な専門知識とビジネスニーズに応じて、最適なオプションを選択できます。

6. 統合をテストする
本番稼動前に、Stripe との統合が正常に機能しているか必ずテストしてください。Stripe では、取引をシミュレートし、問題がないかチェックできるテスト環境を提供しています。

7. 本番稼動と決済の受け付け
アカウント登録プロセスを完了し、統合をテストしたら、顧客からの支払いを受け付けることができます。Stripe が取引処理、セキュリティ、法令遵守の面を処理するため、企業はビジネスの運営と成長に注力できます。

Stripe の加盟店オンボーディングプロセスはシンプルでユーザーフレンドリーなため、あらゆる規模の企業が簡単にセットアップを行い、迅速に決済を開始できます。詳しくは、こちらをご覧ください

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。