後払い (BNPL) 決済手段をお勧めする理由

このガイドでは、後払い決済手段の仕組み、プロバイダーの選択方法、また Stripe がどのように役立つかについてご紹介します。

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 後払いとは
  3. 後払いサービスの仕組み
    1. 後払い決済手段の利用に伴う、クレジットスコアへの影響の有無
    2. 後払いサービスが収益を上げる仕組み
    3. 後払いサービスの利点
  4. 後払いの利用に伴う、購入者の支払い額または企業の費用への影響
  5. 後払い決済手段が適している企業
    1. 後払いプロバイダーの選択方法
    2. 後払いプロバイダーの比較
    3. Affirm
    4. Afterpay
    5. Klarna
    6. Zip
  6. 各企業に合わせた後払いの設定方法
  7. Stripe にできること

後払いは、最も普及している決済手段の 1 つとして台頭してきています。アメリカの購入者の半数以上が後払いサービスを利用したことがあり、オーストラリアの E-コマース取引の約 10% が、後払いプロバイダーを利用して支払われています。後払いは、2020 年にインドイギリス,で最も急成長した決済手段であり、アナリストの予測によると、後払いサービスは 2025 年までに物品に対する全世界の E-コマース総支出額の 12% を占める見通しです。

後払いとは

後払い (BNPL) とは、購入者が事前に全額を支払うことなく商品やサービスを購入できる、代替の決済手段です。この決済手段では、購入者は購入のための融資を即時に受け、一定期間に固定額を分割払いで返済できます。たとえば、100 ドルの商品の購入に対して、25 ドルずつ無利息の 4 回払いで支払うことができます。

Affirm、Afterpay、Klarna、Zip などの後払いサービスは、幅広い業種で利用されており、特に E コマースの小売店で購入完了率の向上、平均注文額の増加、新規購入者獲得のために導入されています。後払いの対象セッションにおいて、Stripe を利用する企業は売上高が最大 14% 上昇しました。このような決済手段では、購入者は購入のための融資を即座に受け、一定期間に固定額を分割払いして返済できます。

加盟店は、アイテムの全額支払いから手数料を差し引いた金額 (クレジットカード決済と同様) を前払いで受け取ることになり、融資を管理する必要はありません。後払いプロバイダーが、後払い利用者のリスク評価、分割払いの管理、支払い回収の各タスクを担当するため、企業は事業の拡大に注力できます。

このガイドでは、後払い決済手段の基本をご紹介します。仕組み、プロバイダーの選択方法、また Stripe にできることを説明します。

後払いサービスの仕組み

後払いサービスは通常、決済の際に、クレジットカードやその他の決済手段とともに決済オプションの 1つとして提示されます。購入者は 1 回限りの購入を行う際に、決済フォームで後払いプロバイダーを選択するだけで、プロバイダーのサイトまたはアプリにリダイレクトされ、そこでアカウントの作成、またはログインができます。通常は、一般的に隔週または月次分割払いを指定して、その返済プランの規約に同意するかどうかを選択し、購入を完了します。

購入が完了すると、企業は前払いで (手数料を差し引いた) 全額を受け取ります。購入者は分割払いの金額を後払いプロバイダーに直接支払いますが、通常は期日通りに支払っていれば利息や手数料はかかりません。

後払い決済手段の利用に伴う、クレジットスコアへの影響の有無

使いすぎに注意して期日通りに返済を続けていれば、ほとんどの後払い決済手段は利用者のクレジットスコアに大きく影響することはありません。

ただし、プロバイダーがハードクレジットチェックを行っている場合や、利用者が期日通りに返済しなかった場合は、クレジットスコアに影響する可能性があります。

後払いサービスが収益を上げる仕組み

後払いサービスは利用者と企業の双方に手数料を請求することで収益を生み出しています。企業への手数料はプロバイダーによって異なりますが、通常は、初期設定手続きの手数料と取引ごとの定額手数料が含まれます。利用者への手数料は、一般には利子の請求や返済しなかった場合の延滞料に関係するものです。

後払いサービスの利点

どの企業にとっても手間のかからない決済フローは不可欠ですが、E-コマースの成長に注力している場合は特にその重要性が高くなります。購入者は、購入方法を柔軟に選択できる効率的でカスタマイズ可能な決済機能を求めています。後払いの決済手段は、この柔軟性と利便性を購入者に提供するだけでなく、不正使用を削減し、コンバージョンと平均注文額の増加を実現します。

後払いオプションを提供すると、次のことが可能になります。

  • 前払いで支払いを受け、返済リスクや不正利用を回避: 後払い利用者が確実に分割払いを行うかどうかに関係なく、企業は取引の全額を前払いで即時に受け取ります。すなわち、後払いプロバイダーが利用者によるリスクをすべて引き受けて、企業を不正利用から保護します。実際に利用者が不正利用に関連する不審請求の申請を行った場合、後払いプロバイダーはリスクとすべての関連費用を引き受けます。
  • より多くの購入者を獲得: 幅広い決済手段を提供すれば、購入者にとって馴染みのある一般的な決済体験を実現できるため、より多くの購入者を獲得できます。後払いオプションは、特にクレジットカードを持っていないことが多い若年層の購入者に利用されています。ミレニアル世代の 26% 以上、Z 世代の約 11% の購入者が、最近のオンライン購入に後払いサービスを利用しています。また後払いサービスでは、ショップディレクトリやメールマーケティングといったマーケティングチャネルが確立されているため、新規購入者にリーチする機会を増やすことができます。
  • より良い顧客体験を提供: 後払いサービスでは、購入者はよりスピーディーかつ便利な方法で融資を受けることができます。他の融資手段の場合、購入者はハードクレジットチェックが求められますが、後払いサービスの場合はソフトクレジットチェックのみです。別途申請を行ったり、プラットフォーム手数料が発生したり、処理時間が長くなることはなく、ほとんどのプロバイダーはわかりやすい返済プランと条件を設けています。リピート客による購入も簡単で、わずか数回のクリックで決済フローを完了できます。
  • 購入完了率の増加を実現: 一定期間での分割払いが可能な場合、購入者は特に高額の買い物を行う傾向が高くなります。後払いサービスであれば、購入者が価格の高さに驚くことは少なくなります。たとえば、利息が継続的に発生するクレジットカードでの 200 ドルの一括取引よりも、無利息の 50 ドル 4 回払いの方が購入をためらわなくなります。
  • 平均注文額を増加: 後払いサービスは、購入者が予算に合わせて一定期間に支払いを分割できるようにすることで、高額購入への抵抗感をなくします。低価格帯の商品を販売する企業の場合、一定期間に全額を分けて支払うことができるとわかった購入者は、別の商品も購入する可能性が高くなります。

消費者にとって、後払いサービスは便利で手頃な購入手段となります。また後払いプロバイダーは、責任ある貸付けとサービスを消費者に確実に提供するための対策を講じます。たとえば、支払うべき金額と手数料の設定に関する情報を消費者に提供し、当該サービスを購入者に通知する方法についてガイドラインに従うよう企業に要求します。後払いサービスの普及を受けて、一部の政府機関では、責任ある慣行を促進し、消費者が商品について確実に理解できるようにするための新たな規制の導入を検討しています。Stripe は、消費者や企業が受ける影響を把握するため、こうした動きを注意深く追跡しています。

後払いの利用に伴う、購入者の支払い額または企業の費用への影響

ほとんどの場合、購入者が後払い決済手段を利用しても、支払い額が増えることはありません。

また、後払いサービスを利用しても商品やサービスのコストは変わりません。商品の価格が 100 ドルの場合、購入者が商品を販売する企業に支払う金額は 100 ドルのままです。

ただし、後払いサービスを提供することを選択した企業には、それに関連した処理手数料が生じる場合があります。後払いサービスを利用する際のコストはプロバイダーによって異なります。

後払い決済手段が適している企業

後払い決済手段はほとんどの企業にとって利点がありますが、特に次のような場合は効果的です。

  • 購入完了率の向上を望む、ぜいたく品や旅行代金のような高価な商品およびサービスを販売する小売業者。
  • カートに投入される平均数を引き上げ、クレジットカードや全額前払いの手段を持たない可能性のある新規顧客の獲得を望む、低価格の商品およびサービスを販売する小売業者。

一方、以下のような企業には後払いサービスが適していない可能性があります。

  • 対象顧客が法人である場合。Stripe が提供する後払い方式は、消費者にのみ対応しています。
  • 企業がサブスクリプションまたは継続購入を使用している場合。現在、後払い方式は請求書払いやサブスクリプションに対応していません。

後払いプロバイダーの選択方法

適切な後払いプロバイダーの選択基準は、販売するアイテムの種類、アイテムの価格、顧客ベースによって変わります。プロバイダーを評価する際は、以下の点を考慮します。

  • 返済条件: 後払いプロバイダーは、数週間から数年間まで、さまざまな分割プランと期間を設けています。通常、平均注文額の高い企業では、より期間の長い返済サービス (6 カ月間の月次分割払いなど) を提供する後払いプロバイダーを探します。一方、平均注文額の低い企業では、より短期間で分割払い回数が少ない返済サービスを提供できる可能性があります (6 週間での 4 回分割払いなど)。
  • クレジット限度額: 購入者にはそれぞれの使用量、クレジット、返済履歴に応じて異なる使用限度額が設定されますが、最低および最高クレジット限度額を設けている後払いプロバイダーもあります。繰り返しになりますが、平均注文額を評価して、購入者が購入に成功するための十分なクレジットを提供しているプロバイダーを選択してください。
  • 購入者の場所: 後払いサービスを提供する市場は、購入者の所在地に基づいて決定してください。場合によっては、対象地域を最大化するために複数の後払いプロバイダーを提供します。また、地域で最もよく利用されている後払いプロバイダーを使用することをお勧めします。たとえば、オーストラリアで最もよく利用されている後払いサービスは Afterpay と Zip で、ドイツと北欧では Klarna です。

後払いプロバイダーの比較

以下に示す Stripe 対応オプションのプロファイルを確認して、適切な後払いサービスを見つけてください。また、ダッシュボードにアクセスすると、アカウントで利用可能な決済手段をご確認いただけます。

Affirm
Afterpay/Clearpay
Klarna
Zip
関連する支払人の居住地
カナダ、アメリカ オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカ オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、オランダ、イギリス、アメリカ オーストラリア
返済方法
  • 無利息の 4 回払い
  • 月払い (36 回まで)
  • 無利息の 4 回払い
  • 最大 12 回の月払い (アメリカのみ)
  • 無利息の 3 回または 4 回払い
  • 30 日後に支払う
  • 保管された支払い詳細を使用して今すぐ支払う
  • 月払い (36 回まで)
  • 最長 3 カ月の無利息の柔軟な「N」回払い
  • 特約のビジネスを対象に、最長 36 カ月の無利息の分割 (「N」回) 払い
取引制限
最低 50 ドル、最高 3 万ドル 最低 1 ドル、最高 1,000 ~ 4,000ドルまたは相当額 (地域によって異なる) 最低 $10 または相当額。$5,000 以上の融資が可能。上限額は顧客によって異なる AU $1,000 ~ $5,000、特約のビジネスの場合は AU $50,000
有効な顧客基盤
顧客数 3,100 万人 (世界全体) 顧客数 2,000 万人 (世界全体) 顧客数 1 億 5,000 万人 (世界全体) 顧客数 320 万人 (オーストラリアとニュージーランド)

後払い決済手段の詳細については、Stripe の料金体系をご覧ください。

*延滞料が発生する場合があります。また、利用資格基準が適用されます。詳細については、www.afterpay.com をご覧ください。カリフォルニア州の居住者に対するローンは、California Finance Lenders Law (カリフォルニア州の融資に関する法律) のライセンスに従い、提供または手配されます。© 2021 Afterpay US

Affirm

Affirm は新たな消費者向けクレジットでショッピングの仕方を変えています。予測テクノロジーにより、購入者ごとにパーソナライズされた決済オプションを提案。たとえば、2 週間ごとに支払う無利息の 4 回払い、最大 36 カ月の長期分割払いなど、ショッピング体験ごとカスタマイズされた決済オプションを提供します。

Affirm は、アメリカで 23 万 5,000 の小売業者と提携し、3,100 万人を超える購入者のネットワークを有しています。購入者は必要なものをすぐに手に入れ、支払いはシンプルな分割払いで行うことができます。わかりやすい利用規約 (手数料・複利なし) は顧客満足度を高め、加盟店のコンバージョン率向上、リピート購入につながります。

Affirm の受け付けを開始する

Afterpay

Afterpay (イギリスでは Clearpay と呼ばれます) を使用すると、顧客は支払いを無利息の 4 回払いに分割できます。さらに高額な注文の場合は有利息の分割月払いの資金を利用できます (アメリカのみ)。Afterpay の機能は、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカで提供され、2,000 万人のアクティブな顧客が利用しています。

後払いサービスの大手企業である Afterpay は、新規利用者に対して妥当で透明性のある初期使用限度額を設定して将来的に増額できるようにするとともに、責任ある支出を行う利用者には特典を提供しています。また、実店舗とオンラインショッピングに対応したワンストップソリューションをすでに開発しています。

Afterpay の受け付けを開始する

Klarna

Klarna は最も幅広い決済オプションを提供しており、利用者は購入に対する支払いの時期と方法をより柔軟に選択できます。Klarna は、45 の市場で 1 億 5,000 万人の購入者と 45 万社を超える企業に支払いソリューションを提供しています。

利用者が Klarna との取引に使用できる決済手段は、Pay in Installments (分割払い)、Pay Later (後払い)、Pay Now (即時支払い)、Financing (融資) の 4 つです。

  1. Klarna Pay in Installments では、オンラインで購入した商品の代金を、無利息の 3 ~ 4 回分割払い*で支払うことができます。
  2. Klarna の Pay Later in 30 days (後で 30 日以内に支払う) では、利用者は即座に取引を完了して、追加費用なしに全額を後で支払うことができます。
  3. Pay Now は、ヨーロッパの多くの国で提供されており、保存された決済認証情報を使って即時に支払いを行うことができます。対応する決済手段には、銀行振込や口座引き落としなどがあります。
  4. Klarna Financing では、最大 36 カ月の融資を利用できます。購入者は 1 回申し込むだけで融資を受けることができます。承認された購入者は、オンラインまたはモバイルアプリで Klarna に毎月の支払いを行います。

Klarna の受け付けを開始する

Zip

Zip は、後払いサービスの大手企業です。柔軟な各種の支払いオプションを提供して顧客の支払いをシンプルにします。オーストラリアの顧客は、週払い、隔週払い、月払いのスケジュールで「N」日間の支払いを選択できます。オーストラリアとニュージーランドでは広く普及した決済手段であり、3,200 万人の顧客と 43,200 点の小売業者が利用しています。

利用者は、Zip との取引に 2 種類の方法で支払うことができます。

  • Zip Pay: 日常の購入で、顧客は $1,000 までの購入額を無利息または前払い決済に分割できます。顧客は、週払い、隔週払い、月払いのスケジュールで「N」日間の支払いを選択できます。
  • Zip Money: $300 を超える高額な購入の場合、顧客は $5,000 までの購入を、前払いなしで無利息の 3 カ月間の支払いに分割できます。顧客は、週払い、隔週払い、月払いのスケジュールで「N」日間の支払いを選択できます。特約のビジネスでは、最大 $50,000 まで、無利息の 6 ~ 36 カ月のオファーも提供しています。

Zip の受け付けを開始する

各企業に合わせた後払いの設定方法

各企業に合わせて後払いを設定する方法は簡単です。自社の目標に合う後払いプロバイダーを選ぶと、たいていの場合は申請プロセスを行うことになり、そこで自社の情報を提供します。もう 1 つの選択肢は、ソフトウェアプロバイダーと直接連携して実装の期間を短縮し、使いやすさを向上させることです。たとえば、Stripe の場合、承認後に Stripe のチームが企業のウェブサイトに後払いサービスを導入する支援を行いますので、企業は購入者に追加の決済手段として後払いサービスを提供できるようになります。

Stripe にできること

世界中の E-コマース企業が Stripe を利用して後払いを含む複数の決済手段を受け付け、グローバルな業務を簡素化しています。Stripe を使用すれば、一度の導入で数分のうちに後払いオプションを受け付けることができます。Stripe は以下を実現します。

高速でシームレスな導入オプション

Stripe プロダクト全体が標準でグローバル決済に対応しているため、購入者に最適な決済機能を提供できます。

  • Stripe の決済ツールを利用すると、Stripe ダッシュボードから直接、後払いなどの新しい決済手段を追加できます。コーディングは一切不要です。Stripe の機械学習アルゴリズムにより、購入者に最も適した決済手段が動的に表示されます。
  • Stripe の Payment Method Messaging Element を追加すると、顧客は商品やカート、または支払いのページから直接、購入時に利用できる後払いオプションを確認できるので、ファネルにおける購入完了率の促進につながります。
  • プラットフォームとマーケットプレイスでは、 Stripe Connect を使用して、代金を受け取ってサードパーティに入金することができます。お客様の売り手やサービスプロバイダも、同様に Stripe の効率化されたアカウント登録、決済手段の選択に瞬時にアクセスできるなどのメリットがあります。
  • Stripe の Payments API を使用すると、一度の導入だけで容易に複数の決済手段に対応できます。このため、どの決済手段を導入するかにかかわりなく、最短の開発時間で保守の容易な、統合型で明解なシステムを実現できます。

書類手続きは不要

利用資格のある企業は、Stripe でこれらの後払いオプションを数分で受け付けることができます。開始する際に、追加の申し込み、アカウント登録、リスク評価プロセスは不要です。お客様が使用できる後払いオプションは、ダッシュボードにアクセスしてご確認ください。

一元的な監視とレポート

Stripe ダッシュボードには、後払いサービスをはじめ、あらゆる決済手段の決済が表示されるため、業務の煩雑さが軽減され、財務照合の負担を減らすことができます。これにより、フルフィルメント、カスタマーサポート、返金などの一般的な業務の標準化プロセスを開発できます。

Stripe での後払い決済手段への対応状況について詳しくは、Stripe のドキュメントをご覧いただくか、または Stripe の営業チームにお問い合わせください。すぐに決済の受け付けを開始する場合は、アカウントの登録を行ってください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。