Text to Pay に関する基礎知識: その概要、仕組み、実装方法

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. Text to Pay の仕組み
  3. Text to Pay を利用している業界
  4. 事業者にとって Text to Pay を受け付けることのメリットとデメリット
    1. 事業者にとってのメリット
    2. 事業者にとってのデメリット
  5. 事業者のニーズに合った Text to Pay 戦略の策定方法
  6. Text to Pay の実装と利用に関連するコスト
    1. 実装コスト
    2. 運営コスト
    3. 追加コスト

Text to Pay は決済手段の 1 つであり、事業者がショートメッセージで請求書を送り、利用者は自分のモバイルデバイスで支払いを行います。利用者は別の決済システムにログインする必要がなく、自分の携帯電話で支払いを行えるため、決済プロセスがシンプルになります。Text to Pay は、その利便性とスピードから、事業者や利用者の間で人気の決済手段となっています。SimpleTexting の 2023 調査によると、アメリカの消費者の 71% が事業者からショートメッセージを受け取るように登録していると回答していて、利用者の間で Text to Pay サービスが潜在的に広く受け入れられていることを示しています。この方法では、多くの場合、ショートメッセージ内に安全なリンクが記載されていて、利用者はそのリンクを使って決済インターフェイスにアクセスし、そこでクレジットカード情報などの支払いの詳細を入力して、取引を完了できます。請求と支払いにかかる時間を短縮できるため、事業者と利用者の両方にメリットがあります。

Text to Pay の仕組み、この決済手段を最大限に活用する方法、Text to Pay の戦略を策定する方法など、事業者が知っておくべきことを以下にご紹介します。

この記事の内容

  • Text to Pay の仕組み
  • Text to Pay を利用している業界
  • 事業者にとって Text to Pay を受け付けることのメリットとデメリット
  • 事業者のニーズに合った Text to Pay 戦略の策定方法
  • Text to Pay の実装と利用に関連するコスト

Text to Pay の仕組み

Text to Pay は、請求と支払いのプロセスを単一のモバイル対応プラットフォームに実装することで、取引をシンプルにします。Text to Pay の仕組みは以下のとおりです。

  • ショートメッセージで支払いをリクエストする
    事業者がプロセスを開始し、利用者の携帯電話にショートメッセージを送り、支払いが必要であることを伝えます。通常、この簡潔なメッセージには、支払い金額が記載されています。参考のために、短い説明や請求書番号が記載されていることもあります。このメッセージの目的は、購入について、過剰な情報を知らせずに、必要最低限の情報を提供することです。

  • 安全な決済用の URL リンク
    このショートメッセージにはリンクが記載されていて、利用者はそのリンクをクリックすることで、決済プロセスを開始できます。利用者は安全な決済ポータルに案内されますが、多くの場合、このポータルはモバイルで利用しやすいように最適化されています。このリンクでは、利用者の個人情報と財務情報を保護するために、暗号化やその他のセキュリティ対策が取られています。

  • 支払い情報を入力する
    決済ページで利用者は、クレジットカード情報、銀行口座情報、またはデジタルウォレットの選択などの支払いの詳細を入力するように求められます。利用者がこの情報を入力するインターフェイスは、シンプルで直感的な設計になっています。データはセキュリティプロトコルによって暗号化され、不正アクセスから安全に保護されます。

  • 確認と受け取り
    利用者が支払いの詳細を送信すると、取引がすぐに処理され、利用者に確認メッセージが届きます。このメッセージは支払いページに表示され、同じ内容がフォローアップのショートメッセージとしても送られます。この 2 つ目のショートメッセージは電子領収書として機能し、支払い金額と支払先を確認できます。事業者は、利用者が支払いを行ったという通知を受け取り、これを基に記録を更新できます。

このプロセスは、より直接的で即時の請求方法への移行を表し、モバイル中心の習慣も反映しています。Text to Pay によって利用者がすぐに支払いを行えるようになり、事業者は売掛金の回収が早まり、全体的なサービスの改善につながります。

Text to Pay を利用している業界

Text to Pay は幅広い業界で利用されていて、以下はその例です。

  • 公共事業・サービスプロバイダー
    水道や電気、電話などの基本的なサービスを提供する事業者は、毎月の請求に Text to Pay をよく利用しています。この方法を使うと、支払いをタイムリーに回収できる上、紙の請求書を減らすことができます。

  • 医療施設
    医療機関、クリニック、病院では、提供したサービスに対する支払いを回収するために Text to Pay を利用しています。患者は、請求について医療機関に問い合わせたり、請求書の郵送を待ったりしなくても、支払いを行うことができます。

  • 小売業ビジネス
    小売業者、特にオンライン店舗を持っている小売業者は、利用者がスピーディーかつ簡単に支払いを行えるように Text to Pay を決済オプションとして採用していることがあります。多くの場合、購入内容が注文の確定のショートメッセージに関連付けられています。

  • レストランや食品サービス
    レストランや食品配達サービスでは、Text to Pay を利用して使いやすい非接触型決済に対応しているところもあります。

  • 交通サービス
    タクシー会社やライドシェアサービスによっては、Text to Pay を利用して、乗客が携帯電話で運賃を支払えるようにしています。多くの場合、この機能をモバイルアプリケーションシステムと連携させています。

  • 保険会社
    保険会社が Text to Pay を利用して保険料を徴収すると、契約者は従来の電話や郵便による支払い手続きを行わなくても、保険を維持できます。

  • 不動産管理会社
    居住者は賃貸料その他の不動産関連手数料をショートメッセージ経由で支払うことができるため、家主と貸借人の両方にとってプロセスがシンプルになります。支払いの電子証跡も提供されます。

  • 政府機関
    一部の政府機関は、手数料や罰金を徴収するために Text to Pay を採用することで、より最新の決済ソリューションを提供しています。

これらの事業者や組織は Text to Pay によって、管理費の削減、支払いサイクルの短縮、支払いの遅れや支払いの失敗の減少という効果を得ています。Text to Pay の利便性は、モバイル中心の生活スタイルを送っている利用者の顧客満足度の向上にもつながります。

事業者にとって Text to Pay を受け付けることのメリットとデメリット

Text to Pay を採用する事業者は、スピーディーでシンプルな取引を重視することになります。SimpleTexting の 2023 の調査によると、約 81% のアメリカの消費者がテキスト通知の確認を、テキストの受信後 5 分以内に行っていることが明らかになりました。利用者はモバイルで即時に取引を行えることを重視していて、Text to Pay を決済手段として提供することは、その傾向を認識していることになります。

Text to Pay を利用することには多くのメリットがありますが、課題もいくつかあります。以下に、その両方の概要を示します。

事業者にとってのメリット

  • 取引の速さ: Text to Pay は即時に行われ、請求から支払いまでがほんの数分で完了するため、現代の商取引に適しています。

  • 顧客体験: 利用者は 1 回のタップで支払いを完了できます。この方法は、毎日のデジタル生活にスムーズに溶け込みます。

  • 支払いの速さ: ショートメッセージで直接通知されるため、支払いを促すための面倒な手続きが不要で、収益循環もスムーズになります。

  • 運営上の節約: デジタル決済による回収に移行することで、従来型の請求方法と比べて格段に効率化できる上、紙と郵送料の必要性も減ります。

  • 監査の効率性: 取引の電子証跡によって、監査プロセスがシンプルになります。記録が 1 つの台帳に集約され、簡単に検索できます。

  • アクセシビリティ: Text to Pay を利用することで、潜在的な利用者の輪を広げることができます。

事業者にとってのデメリット

  • 技術への依存: Text to Pay は利用者がモバイルテクノロジーを金融取引に利用する用意と意思があることを前提にしていますが、すべての利用者がこの条件に当てはまるとは限りません。

  • セキュリティの必要性: Text to Pay による取引では、デジタルデータ交換に固有の脆弱性に対処するための強化されたサイバーセキュリティ戦略が必要になります。

  • インフラへの投資: Text to Pay を利用するには、強力で使いやすい決済プラットフォームを構築するための初期投資、効果的な運用を維持するための継続的な保守費用が必要になります。

  • 請求の正確さ: 請求を自動化する際は、正確な請求が行われるように細心の注意を払ってプログラミングする必要があります。不正確な請求があると、信頼と利用者のロイヤルティが損なわれる可能性があるためです。

  • 規制への適応: 金融セクターの規制を順守するため、機敏さを保つ必要があります。

  • 採用のハードル: 一部の市場区分では、従来型の決済手段に固執し、新たなデジタル環境に懐疑的であったり、参加を拒んでいたりします。

Text to Pay を導入することは単なる機能的なアップグレードではなく、より高度な方法で利用者と関わるための戦略的な選択ですが、この新しい決済手段の実装は慎重に行う必要があります。そのようなシステムで必要とされるセキュリティと複雑さを考慮してください。

事業者のニーズに合った Text to Pay 戦略の策定方法

事業者の目的に合った Text to Pay 戦略を策定するには、各事業者の運営や利用者とのやり取りに合わせて調整した一連の手順が必要になります。ここでは、その手順について説明します。

  • 利用者の習慣を調査する: Text to Pay が現在のビジネスに適しているかを判断するために、現在の利用者がどのような支払い方法を使っているか、新しいテクノロジーに抵抗がないかを調べます。

  • 目的を明確にする: Text to Pay を利用することで何を達成したいのかを明確にします。たとえば、よりスピーディーな決済、顧客体験の改善、管理作業の削減などが考えられます。

  • 適切なプロバイダーを選ぶ: Text to Pay を提供している決済プラットフォームの中から、現在のビジネスの規模と取引件数に適しているものを選びます。そのペイメントプロバイダーのセキュリティ対策、信頼性、サポートサービスを注意深く調べましょう。

  • 既存のシステムと連携させる: 利用する Text to Pay ソリューションを、現在の請求ソフトウェアと連携させる必要があります。手動入力しなくても、支払いの管理や記録の保管ができなければなりません。

  • インフラを整える: Text to Pay に対応するテクノロジーインフラ (インターネット接続、ペイメントカード業界基準への準拠など) に投資します。

  • 明確なメッセージを作る: 支払いリクエストのための直接的かつ簡潔なメッセージを作ります。これには、請求金額と支払い方法の簡単な説明を含める必要があります。

  • チームをトレーニングする: スタッフをトレーニングして Text to Pay の仕組みを理解させ、利用者から問い合わせがあった場合に対応できるようにします。

  • システムをテストする: Text to Pay を広く導入する前にパイロットテストを実施して、問題があれば解決します。

  • リリースして教育する: Text to Pay を利用者に紹介し、このサービスの使いやすさと安全性を強調して伝えます。新たな決済手段の利用方法に説明するガイドやよくあるご質問を用意します。

  • フィードバックを集める: 導入後に利用者のフィードバックを集めて、このサービスがどのように受け止められているかを調査し、必要な調整を行います。

  • 監視して適応する: 取引量と利用者のフィードバックを監視します。利用者の反応を見て、うまくいっている点と改善が必要な点を洗い出し、必要に応じて戦略を調整してください。

綿密に考え抜かれた Text to Pay 戦略には、慎重な計画立案が求められると同時に、必要に応じて調整をいとわずに行うことも重要です。実装が成功すれば、よりタイムリーな支払いと利用者にとってより良い支払い体験につながります。

Text to Pay の実装と利用に関連するコスト

Text to Pay システムの実装と運営にかかる費用は、ビジネスの規模、取引量、選択したサービスプロバイダーなどの要因によって大きく異なる可能性があります。

実装コスト

  • セットアップ料金: プロバイダーによっては、Text to Pay サービスのセットアップのための初期費用 (既存の請求システムとの連携を含む) が請求されます。
  • テクノロジーへの投資: 現在のシステムが Text to Pay に対応していない場合は、ハードウェアやソフトウェアのアップグレードへの投資が必要になります。
  • 規制順守コスト: 支払い情報を安全に取り扱うために、決済業界のセキュリティ標準への準拠に関連するコストが発生する可能性があります。

運営コスト

  • 取引手数料: 決済代行業者は通常、取引ごとに手数料を請求します。この手数料は、取引額に対する割合、定額、あるいはその両方を組み合わせたものになります。
  • 月額料金: Text to Pay プラットフォームの利用に対して継続的な月額料金が発生する場合があります。この金額は、サービスレベルや利用する機能によって変わってきます。
  • 管理手数料: システムが効率的に稼働するための継続的な保守や技術サポートの費用が、運営コストに加算される場合があります。

追加コスト

  • 支払い処理手数料: これは、銀行やクレジットカード会社が支払いの処理のために請求する手数料であり、Text to Pay のプロバイダーが請求する取引手数料とは別のものです。
  • マーケティングコスト: 新しい支払いオプションについて利用者に伝えるためのマーケティングキャンペーンの費用が必要になる可能性があります。

Text to Pay を実装するかどうかを決める事業者は、これらのコストを、期待されるメリット (よりスピーディーな決済、顧客満足度の向上など) と比較検討する必要があります。さまざまなプロバイダーの価格とサービスを比較して、自社の具体的なニーズに最適な価値を提供しているソリューションを見つけるとよいでしょう。

たとえば、Stripe を利用する場合は Payment Links が標準の料金体系に含まれているため、決済を受け付けるための決済用のURL リンクの作成と利用に追加手数料は発生しません。Payment Links を Stripe の他のサービス、たとえば Billing (継続支払いに使用) や Stripe Tax と組み合わせて利用する場合、これらのサービスの通常の手数料 (他の取引タイプでも同様) が適用されます。Payment Links の利用に対して、Stripe のサービスにすでに支払っている料金以外に追加で請求されることはありません。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。