ホワイトラベルのペイメントファシリテーターについて: ブランド名の入った決済サービスがビジネスにメリットをもたらす仕組み

Connect
Connect

Shopify や DoorDash など、世界でも有数の成功を収めているプラットフォームとマーケットプレイスも Stripe Connect を利用して決済を自社のプロダクトに導入しています。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. ペイメントファシリテーターの概要
  3. ペイメントファシリテーターの仕組み
  4. ホワイトラベルのペイメントファシリテーターの概要
  5. ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用するメリット
  6. ホワイトラベルのペイメントファシリテーターの選び方
  7. Stripe のホワイトラベルのペイメントファシリテーターソリューション

デジタル取引によって統合型決済ソリューションがかつてないほど重要になっており、ビジネスは決済プロセスの簡素化と顧客体験の向上に努めているため、ホワイトラベルのペイメントファシリテーター (Payfac) サービスの価値はますますビジネスに認識されるようになっています。統合型決済ソリューションを取り入れている複数の業界にわたるビジネスは、その全体のポートフォリオに重要な収益源を加えることができるようになっています。

ホワイトラベルのペイメントファシリテーターをビジネスのプラットフォームに取り込むと、ビジネスで決済を直接管理および処理して、利用者にブランド名の入ったオールインワンのコマース体験を提供できます。
以下では、ホワイトラベルのペイメントファシリテーターサービスに関して、そのメリット、さまざまなビジネスでの活用方法、適切なソリューションを選ぶ際の重要な検討事項を説明しています。ここでは、目的に合致していて、持続的な成長への道を開くホワイトラベルのペイメントファシリテーターサービスを選ぶ際に、ビジネスで知っておくべきことを紹介します。

この記事の内容

  • ペイメントファシリテーターの概要
  • ペイメントファシリテーターの仕組み
  • ホワイトラベルのペイメントファシリテーターの概要
  • ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用しているビジネスの種類
  • ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用するメリット
  • ホワイトラベルのペイメントファシリテーターの選び方
  • Stripe のホワイトラベルのペイメントファシリテーターソリューション

ペイメントファシリテーターの概要

ペイメントファシリテーター (省略形は Payfac) は、決済業界における一種のプロバイダーであり、その他のビジネスでクレジットカードとデビットカードでの支払いを受け付けるためのプロセスを簡素化します。

従来、カード支払いの受け付けを希望するビジネスでは、銀行で加盟店アカウントをセットアップする必要があり、これは複雑で時間のかかるプロセスになる場合がありました。対照的に、ペイメントファシリテーターはマスター加盟店として機能し、その傘下のサブ加盟店に代わって取引を円滑に進めます。ペイメントファシリテーターは加盟店アカウント機能を多数のビジネスに拡張し、固有の加盟店アカウントを申請して維持しなければならない負担から解放します。

以下では、このペイメントファシリテーターモデルの主な特徴をいくつか紹介します。

  • 簡素化された登録
    通常、ペイメントファシリテーターでは申請プロセスが効率化されているため、従来の加盟店アカウントをセットアップする場合よりも格段に速く、ビジネスでカード支払いの利用を開始することができます。

  • リスク評価
    ペイメントファシリテーターは、各サブ加盟店に関連したリスクの査定を引き受けています。これには、サブ加盟店のクレジット履歴、ビジネスの種類、不正取引が生じる可能性の評価が含まれる場合があります。

  • 料金体系
    ペイメントファシリテーターでは一般的に、取引 1 件あたりに定額手数料を課金します。このモデルは、従来の加盟店アカウントでよく使用される Interchange Plus の料金体系モデルと比較した場合に、スモールビジネスでより容易に対処できるようになっています。

  • サポート
    ペイメントファシリテーターは多くの場合、決済処理をウェブサイトやアプリに導入するための API など、決済処理に対するテクニカルサポートを提供しています。

  • 入金と照合
    ペイメントファシリテーターは売上の全体的な流れを管理し、各取引を POS からサブ加盟店のビジネス用銀行口座への入金まで追跡します。また、チャージバックと返金にも対応します。

  • 法令遵守
    ペイメントファシリテーターは、ペイメントカード業界 (PCI) セキュリティ基準やその他の関連規制の遵守を維持することに関して責任を負います。

Stripe のような企業を含むペイメントファシリテーターでは、決済の受け付けへの参入に対する障壁を下げて、スモールビジネスや個人の売り手がこれらの決済をより容易に受け付けられるようにしています。

ペイメントファシリテーターの仕組み

ペイメントファシリテーターは、ビジネスで銀行またはカード処理業者で固有の加盟店アカウントをセットアップせずに電子取引を処理できるプラットフォームを提供します。そのプロセスの内訳は次のとおりです。

  • 申請とセットアップ
    ビジネスでペイメントファシリテーターへの登録をオンラインで行います。このプロセスは比較的すばやく簡単に行えます。ペイメントファシリテーターがそのマスター加盟店アカウントの下でサブ加盟店アカウントのセットアップに対応します。このサブ加盟店アカウントはビジネスに固有のものであり、そのビジネスでの取引を処理するために使用されます。

  • 取引処理
    利用者が購入を行うと、ビジネスでペイメントファシリテーターのプラットフォームを通じて決済の処理が行われます。ペイメントファシリテーターがペイメントファシリテーターのマスター加盟店アカウントを通じて、適切なカードネットワーク (Visa、MasterCard など) に取引を送信します。

  • 売上処理
    取引が承認されると、売上が利用者の銀行口座からペイメントファシリテーターのマスター加盟店アカウントに送金されます。ペイメントファシリテーターはこれらの売上をビジネスの銀行口座に送金し、手数料を差し引きます。

  • リスク管理と法令遵守
    ペイメントファシリテーターで、不正利用の検知、不審請求の申請の解決、Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS) 規制の遵守など、決済処理のリスクと法令遵守に関する側面に対処します。これにより、ビジネスで決済プロセスの複雑な面に懸念を抱くことなく、中核的な業務に注力できるようになります。

  • レポート機能とサポート
    ほとんどのペイメントファシリテーターは、取引の追跡、売上のモニタリング、利用者の購入行動に関するインサイトの取得を行うためのレポートツールをビジネスに提供しています。また、決済処理に関するあらゆる問題でビジネスを支援するためのサポートサービスも提供しています。

ペイメントファシリテーターは、すぐに使えるプラットフォームを提供し、取引処理の複雑な面や法令遵守、リスク管理に対応することで、ビジネスで電子決済を受け付けるプロセスを簡素化します。多くのペイメントファシリテーターは、カードの発行やサブスクリプション、融資、不正防止など、その他のサービスもユーザーに提供しています。

ホワイトラベルのペイメントファシリテーターの概要

ホワイトラベルのペイメントファシリテーター (またはサービスとしてのペイメントファシリテーター) は、企業がサードパーティーのペイメントファシリテーターのプラットフォームを利用して、自社のブランド名の下で決済処理サービスを提供するビジネスモデルです。

このモデルでは、ホワイトラベルのペイメントファシリテーターが基盤となるテクノロジー、決済処理インフラストラクチャー、法令遵守、リスク管理に対応します。こうしたサービスを利用するビジネス (多くの場合、独立系ソフトウェアベンダー (ISV) や SaaS プロバイダー) では、決済処理プラットフォームを最初から構築する際の複雑な面に対処することなく、決済処理をシームレスに提供製品へ導入できます。

ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用しているビジネスの種類

多くの種類のビジネスで、ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを使用するとメリットを得ることができます。以下のビジネスは利用者に付加価値を提供するための手法を探していることが多く、統合型決済の利便性が重要なセールスポイントになる場合があります。ここでは、例をいくつか紹介します。

  • 独立系ソフトウェアベンダー (ISV)
    ISV では、ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用して、決済処理を自社のソフトウェアに直接導入することが多くなっています。たとえば、レストラン業界向けのソフトウェアを開発している ISV では、ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用して、レストランでオンライン注文と決済の受け付けをソフトウェアで直接行えるようにしてみるとよいでしょう。このようにすると、レストランで業務と決済を単一のプラットフォームから管理することが可能になり、ワークフローの簡素化と顧客体験の向上を実現できます。

  • EC プラットフォーム
    EC プラットフォームプロバイダーでは、ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用して、売り手に統合型の決済処理を提供することができます。たとえば、Etsy や Shopify などのEC プラットフォームでホワイトラベルのペイメントファシリテーターを活用し、個人の売り手がクレジットカードおよびデビットカードデジタルウォレット銀行振込後払い (BNPL)などのさまざまな決済手段を使用して、簡単に決済を受け付けられるようにするとよいでしょう。これにより、売り手がすばやくセットアップを済ませてすぐに商品の販売を開始できるため、売り手にとってのプラットフォームの魅力を高めることができます。

  • マーケットプレイス
    ホームサービスプラットフォームやギグエコノミープラットフォームなどのオンラインマーケットプレイスでは、ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用して、売り手と買い手間の取引を処理することができます。たとえば、TaskRabbit などのプラットフォームで、ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを活用して、利用者とサービスプロバイダー間の決済を円滑に進められるようにしてみるとよいでしょう。プラットフォームで取引のプロセス全体を管理して、売上が利用者からサービスプロバイダーへ安全に送金されるようにすることができます。

  • SaaS 企業
    SaaS (サービスとしてのソフトウェア) 企業では、サービス内容の強化や売上増加のためにホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用することが多くなっています。たとえば、CRM ソフトウェアを提供する SaaS 企業でホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用し、ビジネスで利用者の支払いを CRM プラットフォーム内で直接処理できるようにしてみるとよいでしょう。このようにすると、運営全体の多くの側面が効率化されます。

  • イベント管理会社
    イベント管理会社でホワイトラベルのペイメントファシリテーターサービスを利用し、チケットの販売やイベントの登録手数料の支払いを行えるようにしてみるとよいでしょう。たとえば、イベント管理プラットフォームで、イベントに登録する際の支払いを処理するためにホワイトラベルのペイメントファシリテーターを活用し、参加者によるイベントへの登録と支払いを容易化することが可能です。

これらのビジネスでホワイトラベルのペイメントファシリテーターサービスを活用すると、より包括的なソリューションを利用者に提供し、決済プロセスにおける負担を改善および低減することができるほか、売上の増加を実現できる可能性があります。しかしながら、ホワイトラベルのペイメントファシリテーターサービスを利用しているビジネスでは、カスタマーサポートや不審請求の申請の管理など、決済サービスの提供に関連したその他の責任についても検討する必要があります。こうした検討事項については、後程詳しく説明します。

ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用するメリット

ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを利用すると、サービスへのシームレスな決済処理ソリューションの導入を希望するビジネスで多くのメリットを得ることができます。専用のペイメントファシリテーターのインフラストラクチャーとケイパビリティによって、ビジネスでサービスを強化し、統合型の体験をクライアントに提供できるようになります。ここでは、ビジネスにとっての主なメリットをいくつか紹介します。

  • ユーザー体験の向上
    ホワイトラベルのペイメントファシリテーターサービスでユーザー体験を大幅に向上させることができます。決済処理を自社のプラットフォームに取り入れると、利用者がプラットフォーム内で決済を確定させることが可能になるため、焦点が絞られた円滑なカスタマージャーニーが実現します。円滑なインタラクションによって顧客満足度 (と顧客維持率) をすぐに高められる一方で、システムの信頼性によって利用者との関係を長期にわたって強化することができます。

  • 市場参入までの時間の短縮
    従来の決済インフラのセットアップは複雑で時間がかかります。ホワイトラベルのペイメントファシリテーターソリューションを導入することで、市場参入までの時間を大幅に短縮できます。複雑なバックエンドに対応するペイメントファシリテータープロバイダーを活用すると、ブランディングと自社プラットフォームへの導入に注力することが可能になり、貴重な時間とリソースを節約できます。

  • より一貫したブランド表現
    ホワイトラベルのペイメントファシリテーターサービスでは、通常は決済処理プロバイダーのブランドが表示される箇所に自社の独自ブランドを使用することで、ブランドのアイデンディティを強化できます。自社のブランドで決済処理を提供することで、自社を包括的なサービスプロバイダーとして演出し、利用者に表示する全タッチポイントにわたるブランド表現の一貫性の強化に寄与しつつ、ブランドの信頼性を高めることが可能です。

  • 収益源の増加
    決済処理サービスを取り入れることで、新たな収益源を生み出せます。主要なサービスや製品に加えて、取引手数料という新しい収益源を獲得することができるようになります。取引が処理されるたびに少額の手数料が得られるため、収益源を多様化および拡大することができます。

  • ビジネスの中核的な業務に投入するリソースを増強
    ホワイトラベルのペイメントファシリテーターは、リスク管理や法令遵守、テクニカルサポートなど、決済処理の複雑な面を管理します。これによってより多くの社内リソースを解放し、主要な収益源やカスタマーサービスに注力するために活用することができます。

  • 簡素化された法令遵守とリスク管理
    よく変更される金融取引の規制への対応は、困難な (そして、果てしなく思える) 作業になることがあります。ホワイトラベルのペイメントファシリテータープロバイダーは、すべての関連した業界標準や規制に従って決済プロセスが行われていることを確認し、リスク査定および管理に対処してビジネスを潜在的な不正利用や不審請求の申請から守ることで、こうした作業を簡素化します。

  • 拡張性
    ホワイトラベルのペイメントファシリテーターサービスは、多くの場合、ビジネスの成長や拡大に合わせて拡張できるようになっています。取引量が増えると、ペイメントファシリテーターソリューションはそれに応じて拡張され、一貫した信頼できるパフォーマンスを提供します。

  • グローバルな展開
    ホワイトラベルのペイメントファシリテーターを活用すると、地理的な境界による制限が低減されます。こうしたソリューションは複数の通貨や決済手段に対応していることが多いため、ビジネスで新しい市場に進出し、顧客基盤を広げることが可能です。

ホワイトラベルのペイメントファシリテーターサービスを利用すると、ビジネスで常に主要なコンピテンシーへのフォーカスを維持しつつ、決済処理機能を変革し、顧客体験を向上させて、新たな収益機会を模索することが可能になります。適切なニーズ、目標、要件を備えたビジネスにとって、強力なツールになります。

ホワイトラベルのペイメントファシリテーターの選び方

ホワイトラベルのペイメントファシリテーターの選択は、ビジネスの運営や顧客体験、全体的な成長に大きく影響し得る重要な判断です。ビジネスの目標や要件に合った適切なソリューションを選択できるようにするには、次の要素を検討しましょう。

  • 導入とカスタマイズの機能
    既存のプラットフォームやシステムへの導入のしやすさは、検討すべき重要な要素です。ホワイトラベルのペイメントファシリテーターには、ユーザーインターフェイスやユーザー体験を妨げずに、既存のプラットフォームに溶け込むことが求められます。また、豊富なカスタマイズのオプションを用意して、ブランドの外観や機能の要件に合わせることも求められます。

  • 法令遵守とセキュリティ
    ペイメントファシリテーターソリューションには、PCI DSS、本人認証 (KYC)、マネーロンダリング防止 (AML) ガイドラインなど、すべての関連した規制や基準に従うことが求められます。さらに、機密性の高い取引データを保護するために、データ暗号化や不正利用の検知といった強力なセキュリティ対策の提供も求められます。

  • 拡張性
    ビジネスが成長するにつれて、取引量が増加する可能性があります。パフォーマンスの問題を生じさせずに、ビジネスとともに拡張し、大量の取引に対処できるホワイトラベルのペイメントファシリテーターソリューションを選びましょう。

  • 複数の決済手段への対応
    多様な顧客基盤の要望に応えるには、さまざまな種類のクレジットカード、デビットカード、デジタルウォレット、銀行振込を含む、複数の決済手段に対応したソリューションを選択しましょう。こうした柔軟な対応により、顧客体験を向上させて購入完了率を上げることができます。

  • 国際取引
    ビジネスが世界各地で運営されている場合、または今後の海外進出を予定している場合は、選択するペイメントファシリテーターソリューションが複数の通貨に対応していて、クロスボーダーの取引を処理することができ、場合によっては現地アクワイアリングにも対応していることを確認しましょう。これらの機能のいずれか、またはすべてが、国際的な顧客市場での運営にとって重要になる場合があります。

  • 透明性の高い料金体系
    取引ごとの定額手数料、取引金額に応じた一定割合の手数料、またはその両方など、ペイメントファシリテータープロバイダーにはさまざまな料金体系があります。料金体系を明確に把握して、ビジネスにとってのコストの影響を予測しましょう。また、魅力的な料金や、隠れた手数料のない透明性が高い料金体系を提示しているプロバイダーを探しましょう。

  • 信頼できるカスタマーサポート
    信頼できるペイメントファシリテータープロバイダーには、ユーザーの質問に回答したり、発生し得るあらゆる問題に関してユーザーを支援したりするために、堅実なカスタマーサポートを提供することが求められます。プロバイダーのサポートチャネル (メール、電話、ライブチャット) とその提供状況を確認してみましょう。24 時間 365 日のサポートが提供されているのが理想的です。

  • 評判とレビュー
    市場調査を実施しましょう。プロバイダーの信頼性やカスタマーサービスの質、全体的なパフォーマンスを評価するために、信頼できるカスタマーレビューやケーススタディーを探します。決断を下すのはご自身ですが、特に決済処理のようなハイリスクかつハイリターンの機能に関して、プロバイダーを利用した他のビジネスからの声はきわめて有益になり得るでしょう。

  • レポート作成とアナリティクス
    質の高いホワイトラベルのペイメントファシリテーターソリューションには、包括的なレポートおよびアナリティクス機能の提供が求められています。こうしたインサイトは、取引の追跡や動向の特定、ビジネスを改善するためのデータに基づいた意思決定に役立てることができます。

これらの要素をすべて活用し、ビジネスの短期的および長期的なニーズと目標について検討するようにしてください。現在のニーズを満たし、ビジネスの成長時に適応して拡張できるホワイトラベルのペイメントファシリテーターを選択しましょう。

Stripe のホワイトラベルのペイメントファシリテーターソリューション

従来、ペイメントファシリテーターモデルの確立には事前に多くの時間と費用を投資する必要がありましたが、Stripe はより効率的なテクノロジー主導のソリューションを提供しており、プロセスを簡素化して、ビジネスに売上増加のチャンスをもたらします。

Stripe のペイメントファシリテーターソリューションは、特にテクノロジーにフォーカスして設計されており、ビジネスで決済サービスだけでなく、その他の金融サービスもソフトウェアに完全に埋め込めるようにします。こうしたアプローチは、市場にすばやく参入し、セットアップのコストを最小化して、収益化の可能性を広げることを目指すプラットフォームにとって有益です。

Lightspeed や Shopify などの有名なプラットフォームでは、自社のプラットフォームに完全に埋め込まれたホワイトラベルの決済体験を創出するために、Stripe のソリューションが使用されています。また、POS 決済、カード発行プログラム、不正利用ソリューション、サブスクリプション、融資のオプションなどの付加価値サービスも利用者に提供されています。Stripe で構築することにより、これらのプラットフォームでカスタマイズされた決済体験を利用者に提供し、幅広い製品や金融サービスを収益化することが可能になります。

Stripe の主な強みの 1 つは、その API ファーストなアプローチです。これにより、ユーザー体験を完全にカスタマイズするか、Stripe が提供する事前構築済みの UI コンポーネントを使用することで、プラットフォームで利用者にとって最適な体験を設計することができます。

プラットフォームで制御できる機能は次のとおりです。

  • ユーザー体験のカスタマイズ: プラットフォームで利用者のニーズに最適な決済インターフェイスを柔軟に設計できます。

  • 入金タイミングの設定: プラットフォームで入金の頻度とタイミングを決定し、キャッシュフローを最適に管理できます。

  • 料金体系と手数料の決定: プラットフォームで取引手数料を設定し、決済処理からの収入を制御できるようにします。

  • 複雑な資金移動の管理: Stripe のソリューションで複雑な決済フローに対処するプロセスを簡素化し、プラットフォームでの取引の管理を容易化します。

  • 財務レポート機能の導入と統合: Stripe は包括的な財務レポート機能を提供しており、プラットフォームに決済アクティビティーに関する有益なインサイトをもたらします。

  • 世界各地への進出: Stripe を活用すると、プラットフォームで事業を国際的に運営することができます。各市場での現地の銀行口座や企業法人のセットアップは不要です。Stripe のグローバルなインフラストラクチャーによって、さまざまな国と通貨にわたる決済の受け付けのプロセスを簡素化します。

  • その他のサービスの提供: プラットフォームで POS 決済、請求書作成、決済カードの発行、サブスクリプション、融資などにサービスの提供内容を広げることができます。

Stripe のテクノロジー主導のペイメントファシリテーターソリューションでは、決済処理とその他の金融サービスをプラットフォームへシームレスに導入することを目指すビジネスに、包括的でカスタマイズ可能かつスケーラブルなソリューションを提供しています。詳細を把握して利用を開始するには、こちらからお問い合わせください

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。