決済代行業者の選び方: よくある 10 の質問

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 決済処理とは
  3. 決済代行業者とは
  4. 決済代行業者が企業と連携する仕組み
  5. 決済代行業者の選び方

企業は、物理的な店舗を構える小売店や EC ストアプラットフォーム、または複数の販売チャネルを持っているビジネスであるかを問わず、購入者の決済を効率よくかつ安全に管理する必要があります。決済代行業者は、クレジットカード利用、モバイル決済、オンライン取引すべてをサポートします。それで、ビジネスに合った適切なプロバイダーを選択することは重要です。

決済代行業者は、ただ取引を処理するだけでなく、顧客体験にも影響を与える可能性があります。決済方法がサポートされていないことや取引の失敗が原因で利用者が購入を完了できない場合、売上の損失、さらには顧客の損失につながる恐れがあります。しかし、適切な決済代行業者を選択することで、価値ある販売に関するインサイトを手に入れ、不正利用を防ぎ、決済データの法令を遵守することができます。また、ビジネスが成長するにつれ、業務を拡大したり、グローバルに展開したりするうえで、決済代行業者の助けはますます重要になってきます。

さまざまなサービスや機能を異なる料金体系で提供する、たくさんの決済代行業者が存在するため、ビジネスに合った業者を見つけるのは簡単ではありません。適切な情報があれば、信頼できる決済体験、バックエンドでの効率性、不正防止の手段を提供してくれる決済代行業者を見つけることができます。ビジネスに合った決済代行業者を選ぶうえで知っておくと良い点を以下に示します。

この記事の内容

  • 決済処理とは
  • 決済代行業者とは
  • 決済代行業者が企業と連携する仕組み
  • 決済代行業者の選び方

決済処理とは

決済処理とは、購入者がクレジットカードやデビットカード、またはその他の形態の電子決済、あるいは POS システムオンラインモバイルデバイスで取引を開始すると発生する一連のステップのことです。このプロセスは通常、商品やサービスの購入代金として、購入者の口座から企業の銀行口座に送金するために必要です。

以下にこのプロセスの概要を示します。

1.取引の開始: 購入者がクレジットカードやデジタルウォレットなどの決済方法を提示したり、オンラインやモバイルアプリで決済の詳細情報を入力したりすることで、取引が開始されます。
2.取引のオーソリ: 決済情報は、ペイメントゲートウェイまたは決済代行業者に電子的に送信されます。そこから、取引の詳細は、オーソリのために、カード発行会社 (決済手段を発行した金融機関) または該当するカードネットワーク (大手のクレジットカード会社は独自のカードネットワークを運用しています) に転送されます。
3.取引の確認: カード発行会社は取引を確認し、購入者の口座に十分な残高またはクレジットがあるかを確かめます。十分な残高があれば、カード発行会社はオーソリコードをカードネットワーク経由で決済代行業者に返送します。残高が不足している場合、取引は拒否されます。この確認プロセスによって、購入するのに十分な残高があることを確認できます。また、未払いや不正使用取引のリスクを低減できます。
4.取引の売上処理: 取引が承認されると、売上処理のキューに入れられます。その日の終わりに、カード発行会社は売上処理のために、承認済みの取引を一括でカードネットワークに送ります。購入者の銀行が企業の銀行に送金し、その金額は加盟店アカウントに入金されます。
5.取引に関するレポート作成: 売上処理が済むと、企業はその日の取引の詳細が示されたレポートを受け取ります。この情報は、記録保持、会計、分析のために使用できます。
6.不正利用モニタリングとチャージバック: 決済代行業者は、不正使用取引について監視し、チャージバック (購入者が不審請求の申請をしてきたとき) の対応を支援します。

決済処理は、事業を運営する方法にも、競争力のあるシンプルな決済体験の維持にも大きな影響を及ぼします。

決済代行業者とは

決済代行業者は、財務取引に関与するさまざまな関係者の間で、取引情報に関するコミュニケーションを円滑に行えるようにするサービスプロバイダーです。決済代行業者は大抵の場合、エンドユーザーの見えないところで決済データを安全かつ効率的に処理することによって、EC ストアで重要な役割を果たしています。これには、カードネットワーク、加盟店サービスプロバイダー、銀行などのエンティティとの連携も含まれます。カード発行会社とアクワイアリング銀行を結び付け、企業が異なる形態の電子決済を受け付け、管理できるようにし、売上の増加に貢献します。

決済代行業者が企業と連携する仕組み

決済代行業者が企業とどのように連携するか以下に詳細を示します。

  • 加盟店アカウントのセットアップ
    電子決済の受け付けを開始するには、加盟店アカウントが必要になります。決済代行業者 (または提携銀行) は、企業がクレジットカードやデビットカードから支払いを受け付けることのできる特殊な銀行口座を開設します。Stripe のような一部の決済処理プロバイダーでは、加盟店アカウントの機能を一連の加盟店サービスの一部として提供しています。つまり、企業は自分で別個の加盟店アカウントを開く必要はありません

  • 決済システムとの統合
    決済代行業者は、企業のシステムを POS システムまたは EC ストアプラットフォームと統合します。この統合によって、企業は取引データを決済代行業者に送れるようになります。シンプルなカードリーダーから複雑な POS システム、あらゆる機能を備えた EC ストアプラットフォームまで、どの程度統合するかはさまざまです。Stripe のようなオールインワンのペイメントプロバイダーは、マルチシステムを統合するための効率的なアプローチを提供します。これには、連携するように設計されたネイティブの決済コンポーネント一式や、すぐに使用できる統合用の大規模なライブラリの提供が含まれます。

  • 取引処理
    購入者が製品またはサービスに対して支払いを行うときに、決済代行業者が購入者の銀行 (カード発行会社) およびカードネットワークとやり取りすることで、取引が円滑に進められます。取引の詳細を送信した後、承認または拒否のレスポンスを受け取ると、これを企業のシステムに伝えます。

  • 売上処理
    無事に承認されると、決済代行業者は購入者の銀行口座から企業の口座への送金を調整します。売上処理と呼ばれるこのプロセスは通常、数営業日以内で行われます。

  • セキュリティと法令遵守
    決済代行業者は、Payment Card Industry データセキュリティ基準 (PCI DSS) の要件に準拠できるように企業を支援します。暗号化トークン化など、さまざまなセキュリティ対策を講じて、取引の間、カード保有者に関する機密データを保護します。また、不正利用の検出や防止に役立つツールも提供します。

  • レポート機能と分析
    決済代行業者は、会計、売上の追跡、業績の分析に使用できる取引データやレポートに企業がアクセスできるようにします。一部の代行業者は、高度な分析機能を提供して、十分な情報に基づいて意思決定を行えるようにサポートします。

  • 不審請求の申請の管理
    利用者が不審請求の申請を行った場合、決済代行業者はこのプロセスを管理できるように企業をサポートします。これには、取引が有効だったことを証明するドキュメントを提出することが含まれます。たとえば、Stripe では、手厚いチャージバック保証を提供しています。

  • 顧客サポート
    決済代行業者は通常、企業が問題をトラブルシューティングしたり、手数料を把握したり、アカウントを効率的に管理したりできるように、サポートサービスを提供します。Stripe では、メール、チャット、電話での 24 時間 365 日のサポートを提供しています。

Stripe を含む最近の決済処理プロバイダーでは、最初から最後まですべてを取り扱う、決済処理への総合的なアプローチが採用されています。このアプローチにより、企業は自社で決済処理インフラストラクチャーを構築するのにかかる運用負担を大幅に軽減できます。また、これは決済代行業者を選ぶことが非常に重要であることも意味します。

決済代行業者の選び方

優れた代行業者は、スムーズで安全な取引を行えるようにするだけでなく、パーソナライズされた顧客体験を向上させることにも貢献します。シームレスな決済プロセスを確立することで、顧客満足度を向上させ、ロイヤルティを高めることができます。他方、不具合が起きたり、決済オプションが限られたりすると、顧客の不満を招き、売上や顧客維持に悪影響を及ぼす恐れがあります。

そのため、決済代行業者を選ぶ際に、企業が考慮すると良い質問がいくつかあります。

  • その代行業者がサポートする決済手段は何か?
    その代行業者は、主要なクレジットカードとデビットカード、デジタルウォレット、および対象とする顧客が利用しそうなその他の決済タイプを受け付けているでしょうか。

  • 手数料および料金体系はどのようなものか?
    これには、取引手数料、セットアップ手数料、月額料金、提示外の請求が含まれます。これらの料金は、現在の売上高や今後の成長見込みに見合ったものでしょうか。

  • その代行業者が提供している顧客サポートの水準はどれほどか?
    助けが必要な時、質問がある時に、サポートチームに簡単に問い合わせできますか。サポートに使用しているチャネルはどれですか (電話、メール、ライブチャットなど)。

  • その代行業者は PCI に準拠しているか?取引の安全性はどれほど確保されているか?
    顧客の決済データを保護するために、暗号化、トークン化、その他のセキュリティ対策が使用されていますか。

  • 既存のシステムとの連携はどれほど簡単か?
    提供されるサービスは、現在の POS システム、E-コマースプラットフォーム、またはその他の業務システムに簡単に統合できますか。

  • 売上処理にかかる時間はどれほどか?
    売上が代行業者からご利用の銀行口座に送金されるまで、どれほどの時間がかかるでしょうか。

  • その代行業者はユーザーにとって使いやすいインターフェイスや包括的なレポート機能を提供しているか?
    簡単に取引を監視し、レポートにアクセスし、売上データに関するインサイトを得られるでしょうか。

  • その代行業者はチャージバックや不審請求の申請をどのように扱っているか?
    チャージバックプロセスが必要になった場合に、サポートやガイダンスを受けられますか。

  • その代行業者は、自社企業が拡大したときにサポートできるか?
    企業が成長したときに、増大する取引量に対応できるキャパシティがあるでしょうか。グローバル展開する計画がある場合、その代行業者は複数の通貨や国際取引に対応できるでしょうか。

  • その代行業者の評判と信頼性はどのようなものか?
    その代行業者での体験について他社は何と言っているでしょうか。稼働時間、信頼性、顧客満足度に関して注意すべき点はありますか。

この問答で得られる答えから、どの決済代行業者が企業に適しているかをはっきりと見極めましょう。企業が今何を必要としているか、その必要性は成長軌道に基づいて今後どのように変化するか、さまざまな決済処理機能がある中でどれを優先すべきかなど、時間をかけて考慮してください。要件をすべて満たす決済処理プロバイダーは適切かもしれませんが、高い適応性を備えた決済処理プロバイダーのほうが理想的です。

Stripe が提供する決済に関するサービスとサポートの範囲、および Stripe のソリューションが企業の成長と変化に応じてどのようにサポートできるかについて詳しくは、こちらからお問い合わせください。

The content in this article is for general information and education purposes only and should not be construed as legal or tax advice. Stripe does not warrant or guarantee the accurateness, completeness, adequacy, or currency of the information in the article. You should seek the advice of a competent attorney or accountant licensed to practice in your jurisdiction for advice on your particular situation.

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。