アクワイアラーとカード発行会社の比較: それぞれの事業内容と違い

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. カード発行会社とは
  3. アクワイアラーとは
  4. アクワイアラーとカード発行会社の違い

例年、全世界で推定 4,680 億件の支払いカード取引が処理されています。クレジットカードが機器に通されるか、スキャンされるか、機器にタッチされた時点で発生するこれらの取引の背後には、カード発行会社とアクワイアリング銀行という 2 つの組織が必ず存在します。両者はそれぞれ別の組織ですが、相互関係があります。

これらの金融機関は取引の背後で処理を担い、購入に利用できる資金があることを確認し、その資金を買い手の口座から売り手の口座に送金します。また、必要な場合は返金します。カード発行会社とアクワイアリング銀行は、取引で担っている立場は異なるものの、連携してシステムを運営しています。

ここでは、アクワイアラーとカード発行会社の概要、仕組み、相違点を含めて、両者について事業者が知っておくべき事項をご説明します。

この記事の内容

  • カード発行会社とは
  • アクワイアラーとは
  • アクワイアラーとカード発行会社の違い

カード発行会社とは

発行会社またはカードイシュアとも呼ばれるカード発行会社は、取引では顧客の代理者になります。カード発行会社は、取引を開始するための支払いカードを個人に提供する金融機関です。カード発行会社は、銀行、信用組合、またはその他の金融機関である場合があります。

Chase、Bank of America、Capital One は、アメリカ国内のカード発行会社上位 5 社のうち 3 社にあたります。カード発行会社は、地方銀行や小規模信用組合など、地方の金融機関である場合もあります。

通例、カード発行会社は Visa、Mastercard、ディスカバリー、アメリカン・エキスプレスではありません。これらの企業は支払いカード取引を処理するネットワークを提供しますが、個々の取引または決済には関与しません。カード発行会社とアクワイアラーは、発生した取引を処理します。

これらの取引で、カード発行会社は個人に信用枠を発行するというリスクを負います。カード発行会社は、クレジットスコアや財務履歴などの多くの要因に基づいて、個人の信用価値を検討する必要があります。顧客を承認する場合、カード発行会社は、顧客が与信枠を利用できるカードを「発行」します。

基本的に、これらの与信枠はカード保有者に付与されるローン枠です。通常、これらは無担保ローンであり (貸し手は、ローンの返済を保証するための担保または抵当の提供を借り手に要求しません)、ローンが所定の期限までに返済されない場合 (一般に 30~60 日後)、カード発行会社は利息を徴収します。カード保有者が当初のローンを返済できずに債務不履行に陥った場合、カード発行会社は負債の責任を負います。すなわち、当初の取引はカード発行会社の責任になります。

カード発行会社は、チャージバックの発生時にも重要な役割を担います。チャージバックが発生するのは、顧客が支払いについて不審請求を申請し、返金または取引の取り消しを要求した場合です。チャージバック請求があった場合、カード発行会社は仲裁人の役割を担い、取引の差戻しに関する消費者の要求に合理性があるかどうかを判断します。カード発行会社の決定に対しては異議を唱えることができるため、カード発行会社は問題について最終的な決定権を持つわけではありませんが、チャージバックを承認するか破棄するかはカード発行会社が判断します。

アクワイアラーとは

取引において、カード発行会社は顧客の代理者を務める組織であると考えた場合、アクワイアリング銀行とも呼ばれるアクワイアラーは、事業者の代理者を務める組織です。アクワイアラーは、事業者に対して、カード発行会社から支払いを回収するために必要なツールを提供する銀行または金融機関です。アクワイアラーは、その名前が表すとおり、カード発行会社から売上金を取得して事業者の口座に確実に入金し、取引が処理されて完了できるようにします。また、事業者がカードネットワークと通信して取引を完了できるよう、一意の ID を事業者に提供します。

アクワイアラーが決済代行業者の役割を担う場合もありますが、より一般的なのは、仲介者の機能を果たして、取引を適切なカードネットワークに確実に転送し、正常に完了させることです。アクワイアラーはカードネットワークのメンバーであることが通例であり、多くの場合、数社またはすべての主要なカード処理業者と連携しています。アクワイアラーは、カード発行会社から提供される売上を適切な加盟店アカウントに振り分けます。たとえば、Stripe は決済処理とアクワイアラーの機能をどちらも提供しているため、事業者は、加盟店アカウントまたはペイメントゲートウェイを個別に確保する必要がなくなります。

カード発行会社と同様に、アクワイアラーにも金銭上のリスクが生じます。アクワイアラーは、PCI データセキュリティ基準評議会の要件を満たすセキュリティ基準を導入する責任を負います。導入しない場合は、データ漏洩が発生した際や、取引中に情報またはカード保有者データが盗難にあって悪用された際、金融機関に課せられる責任が重くなります。

チャージバックが発生した場合、アクワイアラーはカード発行会社に返金する責任を負い、カード発行会社は顧客に返金します。アクワイアラーにとっては、チャージバック請求の審査に加えて、チャージバックの実施にも欠かせない社内リソースの関連コストが生じます。チャージバックを実施するため、アクワイアラーはチャージバックの原資となる引当金勘定を維持するか、当該のコストに対応するための与信枠を事業者に提供します。事業者が破産状態に陥り、アクワイアラーに返金することが不可能になった場合、アクワイアラーは損失を受け入れなければなりません。

発生し得るこのような責任を限定的なものにするため、アクワイアラーは、自身が代理者を務める事業者について厳格な基準を定めていることが少なくありません。アクワイアラーに代理者になってもらうには、事業者は審査プロセスを通じて自社のリスク評価を受ける必要があります。審査の実施後、アクワイアラーはその事業者の代理者を務めるかどうかを判断します。

アクワイアラーとカード発行会社の違い

カード発行会社は、カード保有者のデビットカードまたはクレジットカード用の口座を維持し、カード取引でカード保有者が自身の資金または与信枠を支払いに利用できるようにします。これに対して、アクワイアラーはその資金を受け取り、事業者の口座に送金すると同時に、取引の記録を維持し、オーソリリクエストを適切なカードネットワークに転送します。

取引の進行中、これらの金融機関がどのような形で連携するのかを以下に示します。

  • 購入者が、Stripe Terminal などの POS 端末にカードを通すか、カードを端末にタッチして支払いを開始します。
  • 事業者の決済処理プロバイダーが取引情報をアクワイアラーに送信し、アクワイアラーはそれをカードネットワークに送信します。
  • カードネットワークがリクエストを処理し、利用可能な残高があるかどうかをカード発行会社に確認します。カード発行会社は、カード保有者の口座を調査して取引を承認または拒否します。
  • その情報がカードネットワークに送信され、カードネットワークは承認または拒否の通知をアクワイアラーに送信し、アクワイアラーは取引の状況を事業者に通知します。
  • 取引が承認された場合、加盟店アカウントに入金するための資金がカード発行会社からアクワイアラーに移転されます。

上の例は POS 端末で行われる 1 回限りの対面取引に関するものですが、カード発行会社とアクワイアラーの業務上の関係は、月次のサブスクリプションなど、取引が継続的である場合も同様です。こうした請求オプションの場合、カード発行会社とアクワイアラーとの緊密なやり取りが不可欠ですが、承認済みの継続取引に基づいて自動的に開始されます。Stripe のようなプロバイダーは、このような各種の請求オプションを事業者に代わって管理できます。

チャージバックが発生した場合、アクワイアラーとカード発行会社の役割は逆になります。カード保有者は返金の要求を開始し、返金が必要である証拠をカード発行会社に提出します。カード発行会社はその情報を審査し、チャージバックを処理するかどうかを決定します。カード発行会社は、チャージバックを承認した場合、アクワイアラーに不審請求の申請を通知して、事業者に返金を要求します。アクワイアラーは要求事項を審査し、チャージバックを発行します。事業者は、当該の支払いに利用できる予備資金またはアクワイアラーから付与される与信枠を利用して、チャージバックを支払わなければなりません。

すなわち、カード発行会社 (顧客側の金融機関) とアクワイアラー (事業者側の金融機関) が逆の立場で取引について連携し、購入または返金を確実に処理します。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。