経常収益ソフトウェア: 仕組みと、最適なものを選択する方法

Billing
Billing

Stripe Billing は、シンプルな継続支払いから使用量に基づく請求、商談による契約まで、請求書の発行や顧客の管理を簡単に実現します。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 経常収益モデルとは
  3. 経常収益管理: 企業にとって重要な考慮事項
  4. 経常収益ソフトウェアとは
  5. 経常収益ソフトウェアの仕組み
  6. 経常収益ソフトウェアのメリット
  7. 経常収益ソフトウェアの選択方法
  8. Stripe の経常収益管理ソリューション

近年、サブスクリプションエコノミーが急増し、ビジネスの運営方法に大きく影響しています。Gartner によると、2023 年までに、消費者に直接販売している企業の 75% がサブスクリプションサービスを提供すると見られています。この変化に伴い、経常収益を効率的かつ効果的に管理することが、企業の急務になっています。

経常収益モデルには、潜在的なメリットがありますが、サブスクリプション管理顧客維持、収益認識、データ分析に関連して複雑化することもあります。経常収益ソフトウェアは、こうした課題に対応する、効率的な総合ソリューションを提供します。以下では、あらゆる形で経常収益を扱う企業にとって不可欠なこのツールについて説明します。ここでは、経常収益ソフトウェアの機能、経常収益ソフトウェアがもたらすメリット、自社に最適なソリューションを選択する方法を紹介します。

この記事の内容

  • 経常収益モデルとは
  • 経常収益管理: 企業にとって重要な考慮事項
  • 経常収益ソフトウェアとは
  • 経常収益ソフトウェアの仕組み
  • 経常収益ソフトウェアのメリット
  • 経常収益ソフトウェアの選択方法
  • Stripe の経常収益管理ソリューション

経常収益モデルとは

経常収益モデルは、長期にわたって安定した継続的な収入源を確保することに重点を置くビジネスモデルです。通常、このモデルは、サブスクリプションベースの商品やサービスを販売する企業に関係するものです。このモデルでは、商品やサービスを継続的に利用できるように、顧客が定期的 (毎月、四半期ごと、毎年など) に支払いを行います。

このモデルの大きなメリットは、予測できる持続可能な収益があることです。経常収益モデルは、収入の流れを安定させることによって、将来の収入の予測、キャッシュフロー管理、リソースの割り当てを容易にします。

経常収益モデルには、次のようないくつかの種類があります。

  • サブスクリプションベースのモデル: 商品やサービスを利用する料金を定期的に顧客に請求します。この例には、Netflix、Spotify、Salesforce などの サービスとしてのソフトウェア (SaaS) 企業が挙げられます。

  • 会員制モデル: これはサブスクリプションモデルと似ていますが、クラブ、ジム、団体でよく見られます。会員は、施設やサービスの利用料金を定期的に支払います。

  • リテーナーモデル: このモデルは通常、法律やコンサルティングなどのプロフェッショナルサービスで利用されます。クライアントは、毎月一定の金額を支払い、特定のサービスを利用したり、一定の時間数サービスを利用したりします。

  • 継続サービスモデル: このモデルには、造園業、クリーニングサービス、害虫駆除などの継続的なサービスが含まれ、顧客はそのサービスに対して継続的に料金を支払います。

  • 消耗品モデル: このモデルは、顧客の使用状況に左右されるため、純粋な経常収益の形になりませんが、消耗品 (プリンターのインク、コーヒーのカプセルなど) を販売する企業は、顧客がこれらの製品を定期的に購入するため一種の経常収益を得ることができます。これらの購入とサブスクリプションモデルを便宜上組み合わせる企業もあります。

経常収益モデルは、予測性が高く安定した収入を企業にもたらしますが、顧客の維持率と満足度に特に注目して、解約率 (顧客がサブスクリプションをキャンセルする割合) を最小限に抑える必要があります。

経常収益管理: 企業にとって重要な考慮事項

経常収益モデルを効果的に管理するのは複雑な作業であり、総合的かつ周到な取り組みが必要です。企業は、顧客維持から財務報告に拡がる、相互依存的な複数の分野に汎用的な単一の「経常収益戦略」は選ばないようにしてください。連携する複数の戦略を採用できますし、またそうするべきです。ここでは、経常収益の管理に重要ないくつかの要素、事業の成長における各要素の役割、予測可能な経常収益源の確立に各要素ントがどのように役立つかについて説明します。

  • サブスクリプション管理
    経常収益管理の最も一般的な選択肢の 1 つが、サブスクリプション管理です。サブスクリプション管理では、顧客が商品やサービスに登録し、定期的に一定額を支払うように、システムを設定します。企業は、顧客獲得、ユーザー登録、請求、更新、解約など、サブスクリプションライフサイクルを管理する必要があります。これにはアップグレード、ダウングレード、キャンセルの管理も含まれます。自動処理ソフトウェアが、これらの作業の多くに対応できます。ただし、問い合わせや問題に対処する優れたカスタマーサービスシステムを用意しておくことが重要です。顧客の使用状況データを監視および分析することで、サービスを向上させ、解約を減らす方法に関するインサイトを得ることができます。

  • 請求と請求書作成
    経常収益モデルでは、正確な適時の請求が重要になります。これには、請求書の作成および送信、支払いの処理、遅延または失敗した支払いの処理に対応できる、信頼性の高いシステムが必要です。自動請求書作成ソフトウェアを使用すると、このプロセスを効率化し、エラーのリスクを軽減できます。このソフトウェアは、さまざまな決済手段と通貨を処理できなければなりません。国際的な顧客基盤と取引を行う場合は、特にそう言えます。

  • 料金体系戦略
    料金体系戦略は、経常収益管理の重要な要素です。企業は料金体系を継続的に評価し、状況に応じて調整して、企業が提供する価値を価格に反映させる必要があります。料金体系戦略には、段階制料金レベル、取引量に応じた割引、使用量に基づく動的な料金体系などが含まれます。顧客の信頼を維持するには、料金体系の変更を明確に伝えるようにします。

  • 顧客維持
    経常収益モデルは、同じ顧客を長期間維持できるかどうかに左右されるため、顧客維持戦略が重要になります。この戦略には、優れたカスタマーサービスだけでなく、コンテンツのカスタマイズやユーザーコミュニティなど、価値を高めるための顧客ロイヤルティプログラムや戦略などが含まれます。顧客からのフィードバックを定期的に求めることも、そのフィードバックに基づいて行動することも、顧客維持率の向上につながります。

  • 収益認識
    特にサービスが長期にわたって提供される長期契約の場合は、経常収益モデルの収益認識が複雑になることがあります。企業は、顧客契約から得られる収入について、ASC 606 などの会計基準に準拠していることを確認する必要があります。これには、多くの場合、専門知識や会計ソフトウェアが必要です。

  • 契約と法令遵守管理
    多くの場合、経常収益モデルを採用している企業は、それぞれに固有の規約と更新日が設定された複数の顧客契約を管理しなければなりません。このためには、堅牢な契約管理システムを用意し、サブスクリプションに関連する法務および法令遵守の問題を深く理解する必要があります。経常収益のこの側面は、複数の管轄区域、または固有の規制がある業界で事業を行う場合に、非常に大きな課題になることがあります。

  • 業績の分析と最適化
    企業は経常収益の実績を定期的に分析し、月間経常収益 (MRR)、解約率、顧客生涯価値 (CLTV)、顧客獲得単価 (CAC) などの指標を調べる必要があります。これにより改善点が浮き彫りになり、情報に基づく戦略的な意思決定を行うことができます。

経常収益ソフトウェアとは

経常収益ソフトウェアは、サブスクリプション管理ソフトウェア、請求ソフトウェアとも呼ばれ、経常収益モデルを採用している企業の請求プロセスと請求書作成プロセスの自動化および管理とを目的とするソフトウェアソリューションの一種です。経常収益モデルには、サブスクリプションベースのビジネス、会員制、リテーナーサービス、顧客が商品やサービスに対して定期的に継続支払いを行うその他のビジネスが含まれます。

一般に、経常収益ソフトウェアは次のような機能を備えています。

  • サブスクリプション管理
    この機能を使用すると、初期登録から更新、キャンセルまで、サブスクリプションライフサイクルのあらゆる面を管理、追跡できます。

  • 請求と請求書作成
    このソフトウェアは、請求書の自動作成と送信、さまざまな料金段階とオプションの管理、税金計算の処理、さまざな決済手段と通貨の処理を行うことができます。

  • 督促管理
    失敗した支払いや支払い遅延を管理するプロセスを指します。ソフトウェアは、自動リマインダーを送信し、失敗した決済手段を再試行できます。さらには、支払い問題に関連する顧客とのコミュニケーションに対応することもできます。

  • レポート機能と分析
    このツールは、MRR、解約率、CLTV などの重要な指標に関するインサイトを提供します。このデータは、戦略に関して情報に基づく意思決定を行う際に活用できます。

  • 収益認識
    複雑な会計処理を必要とする企業のために、一部の種類の経常収益ソフトウェアには、収益認識を自動化して、会計基準への準拠を確保する機能があります。

  • 統合機能
    多くの場合、経常収益ソフトウェアは、顧客関係管理 (CRM) ソフトウェア、会計管理ソフトウェア、顧客サービスプラットフォームなど、他のビジネスツールと連携できます。

経常収益ソフトウェアの目標は、これらのプロセスを効率化および自動化することによって、手作業の削減、エラーの最小化、顧客体験の向上、業績に関する重要なインサイトの提供を実現することです。

経常収益ソフトウェアの仕組み

経常収益ソフトウェアはサブスクリプション管理ソフトウェアまたは請求ソフトウェアとも呼ばれ、請求管理、請求書作成から顧客管理まで、経常収益モデルのさまざまな面を自動化し、効率化します。ここでは、経常収益ソフトウェアがどのように機能するかについて、概要を簡単に説明します。

  • サブスクリプション管理
    このソフトウェアでは、さまざまなサブスクリプションプランを設定し管理できます。これには、複数の段階制料金体系、請求サイクル (毎月、四半期ごと、毎年など)、決済手段の作成も含まれます。割引、プロモーション、無料トライアルを管理することもできます。

  • 顧客のアカウント登録
    顧客は、企業のサービスに登録するとき、情報 (連絡先情報、選択したプラン、決済手段など) を、手動で、あるいはセルフサービスポータルを介してシステムに入力します。一般にこのソフトウェアはペイメントゲートウェイと連携して、支払い情報を安全に格納し、処理します。

  • 請求と請求書作成
    顧客のサブスクリプションが有効になると、このソフトウェアは請求サイクルに基づいて自動的に請求書を作成し、顧客に送信します。アップグレード、ダウングレード、キャンセルなどのサブスクリプションの変更も管理します。

  • 決済処理
    このソフトウェアは、顧客が選択した決済手段を使用して、自動的に支払いを処理します。支払いが失敗すると、ソフトウェアで督促管理を実行できます。督促管理では、リマインダーを顧客に送信し、指定された間隔で支払いを再試行できます。

  • 収益認識
    このソフトウェアは、特定の会計基準に準拠する必要がある企業のために、サブスクリプションの有効期間にわたって認識された収益を計算し、記録できます。

  • レポート機能と分析
    経常収益ソフトウェアは、解約率、MRR、CLTV などの主要業務指標に関するレポートとインサイトを提供します。

  • 他のシステムのと連携
    ほとんどの経常収益ソフトウェアタイプは、CRM ソフトウェア、会計管理ソフトウェア、メールマーケティングツールなどの他のビジネスシステムと連携できます。これにより業務が効率化され、各顧客の全体像を把握できるようになります。

経常収益ソフトウェアのメリット

経常収益ソフトウェアは、サブスクリプションモデルまたは経常収益モデルを採用している企業に、非常に多くのメリットをもたらします。多くのプロセスで効率化、エラー減少、カスタマーサービスの向上、企業の業績に関する貴重なインサイトの獲得が可能になります。以下にそのメリットの一部を詳しく説明します。

  • 効率性と自動化
    SaaS 企業、メディアサービス、会員制クラブのような企業は、継続請求プロセスを自動化することによって、管理業務の負荷を大幅に軽減できます。たとえば、クラウドストレージプロバイダーなどの SaaS 企業は、手作業を必要とすることなく、請求サイクルの設定、請求書の自動送信、支払いの処理が可能になるため、時間とリソースを大幅に節約できます。

  • 柔軟なサブスクリプション管理
    経常収益ソフトウェアを使用すると、幅広いサブスクリプションオプションを提供して、多様な顧客ニーズを満たすことができます。たとえばフィットネスアプリは、さまざまな段階制料金体系 (ベーシック、プレミアム、ファミリープランなど)、支払い頻度 (毎月、毎年など)、決済手段を提供し、獲得する顧客基盤を広げることができます。

  • エラーの削減
    自動化によって、請求エラーの発生確率が大幅に低下します。たとえば公共事業会社は、使用量に基づいて、毎月正確に請求できます。手動によるデータ入力エラーが発生するリスクはありません。

  • キャッシュフローの予測可能性の向上
    適時の正確な請求によって、企業は安定したキャッシュフローを維持できます。たとえばデジタルマガジンは、登録者の毎月の料金から予測可能な収入源を確保できるため、財務計画を安定させることができます。

  • 督促管理
    支払いが失敗した場合、経常収益ソフトウェアは自動的に支払いを再試行し、リマインダーを顧客に送信できます。こうした機能により、動画ストリーミングサービスなどの企業は、顧客を維持することができます。この仕組みがなければ、支払いの問題で登録者を失うこともあります。

  • 豊富なインサイトが得られるレポート
    経常収益ソフトウェアは、企業の判断材料になる主要指標を提供します。たとえば音楽ストリーミングサービスは、解約率と顧客生涯価値のデータを利用して、傾向を特定し、顧客行動を把握し、効果的な顧客維持戦略を考え出すことができます。

  • 顧客体験の向上
    請求を自動化し、複数の支払いとサブスクリプションのオプションを提供することによって、企業は顧客体験を向上させることができます。たとえばミールキットの宅配サービスは、顧客がサブスクリプションのアップグレード、ダウングレード、一時停止を簡単にできるようにすることで、顧客満足度と顧客維持率を高めることができます。

  • 規制順守
    テレコムサービスや長期レンタル会社など、会計管理のニーズが複雑な企業は、経常収益ソフトウェアを使用して、ASC 606 や IFRS 15 などの会計基準に従って、収益を自動的に認識できます。

  • 他のシステムとの連携
    ほとんどの経常収益ソフトウェアは、CRM、会計ソフトウェアなどのビジネスツールと連携できます。たとえば e-ラーニングプラットフォームでは、経常収益ソフトウェアを CRM と同期して、顧客行動と支払い履歴が統合されたビューを獲得できます。これによりマーケティングのカスタマイズや、顧客サービスの向上が可能になります。

経常収益ソフトウェアの選択方法

サブスクリプションと経常収益モデルの管理の効率化を望む企業に重要なことは、適切な経常収益ソフトウェアを選択することです。ここでは、企業がニーズと目標に適したソフトウェアを選択する際に採用できるプロセスを紹介します。

  • ビジネスニーズを特定する: まずは、ビジネスモデル、サブスクリプションの種類、顧客基盤、現行のシステムに基づいて、具体的なニーズを定義します。たとえば、世界的な SaaS 企業では、多通貨対応、CRM との連携、堅固なレポート機能が必要になるでしょう。一方、小規模な地方のジムで必要とされるソリューションは、優れた顧客とのコミュニケーション機能を備えたシンプルなものかもしれません。

  • 予算を立てる: 経常収益ソフトウェアに投資する金額を決めます。当面のコストと、効率化による長期的節約の可能性の両方について検討します。

  • 利用可能なオプションを調べる: 市販のさまざまなソフトウェアオプションの調査を開始します。機能、料金体系モデル、拡張性、連携機能を確認します。レビューやケーススタディから、貴重なインサイトを得ることができます。

  • 機能を評価する: 必要とする主な機能の一覧を作成します。一覧には、サブスクリプション管理、請求と請求書作成、督促管理、収益認識、レポート作成と分析、使用している他のシステムとの連携機能などを含めることができます。これらの機能を、ソフトウェアオプションが提供する機能と照らし合わせます。

  • ユーザー体験を検討する: ソフトウェアは、チームにとっても顧客にとっても使いやすいものでなければなりません。わかりやすいユーザーインターフェイス、簡単なセットアッププロセス、明確で総合的なレポート作成機能を探してください。

  • 拡張性を確認する: ビジネスの成長に伴い、ソフトウェアのニーズが変わる可能性があります。選択するソフトウェアは、ビジネスに合わせて拡張でき、必要に応じて、さらに複雑なサブスクリプション、さらに大きな顧客基盤、さらに高度なレポート機能に対応できるものでなければなりません。

  • カスタマーサポートの評価: 優れたカスタマーサポートが必要です。ソフトウェアプロバイダーが、メールサポート、ライブチャット、電話サポート、総合的な知識ベースのいずれかの形式で、信頼できるサポートをタイミングよく提供しているかどうかを確認します。

  • デモまたはトライアルを申し込む: 多くのプロバイダーは無料のデモやトライアルを提供しています。これらを使用して、現実世界のシナリオでソフトウェアをテストし、ソフトウェアがどれほどニーズを満たしているかを確認します。

  • オプションを比較する: いくつかのオプションを評価したら、機能、使いやすさ、拡張性、サポート、コストを比較します。ビジネスニーズと目標に応じて、優先順位を付けます。

  • 意思決定を行う: 比較結果に基づいて、要件と予算に最適なソフトウェアを選択します。続いて、実装、トレーニング、移行期間を計画します。

重要なことは、先走って、最も簡単または安価と思われる経常収益ソフトウェアや、偶然最初に注意を引いた経常収益ソフトウェアに飛びつかないようにすることです。ビジネスに最適な経常収益ソフトウェアは、固有のニーズ、目標、予算によって異なります。ある企業には最適でも、別の企業に適しているとは限りません。そのため、一定の時間をかけて自社に適したソリューションを見極めることをお勧めします。

Stripe の経常収益管理ソリューション

Stripe Billing は、サブスクリプションと継続支払いの管理プロセスを効率化できるように設計されています。その拡張性と柔軟性から、あらゆる業界や市場の、段階も規模も異なる企業にとって、理想的な選択肢になっています。ここでは主要な機能を簡単に説明します。これらの機能によって、Stripe Billing は経常収益管理に対応する総合的なソリューションとして評価されています。

  • サブスクリプション管理
    Stripe Billing では、1 回限りの支払い、定額の継続支払い、従量課金など、さまざまな種類のサブスクリプションを作成して管理できます。Stripe Billing は、複数の請求サイクルをサポートし、アップグレード、ダウングレード、キャンセルなどのサブスクリプションの変更に対応できます。

  • 決済処理
    Stripe Billing は、主要クレジットカードのすべて、デビットカード、デジタルウォレットを含む、幅広い決済手段をサポートしています。135 種類以上の通貨による支払いに対応できるため、国際市場で事業を展開している企業にとって、賢明な選択肢になっています。

  • 督促管理
    支払いが失敗すると、Stripe Billing は自動的に支払いを再試行し、カスタマイズされたメールを顧客に送信して、支払い情報の更新を求めることができます。これにより、意図しない解約が減少します。

  • Smart Retries ロジック
    Stripe は機械学習を使用し、世界各国の企業から集められた数十億ものデータポイントに基づいて、失敗した支払いを再試行する最適なタイミングを判断します。これにより、支払いの失敗をさらに低減し、収入を上げることができます。

  • 請求書作成
    Stripe Billing は、自動的に請求書を生成して、顧客に送信する、カスタマイズ可能な請求システムを備えています。税金、割引、比例配分 (日割り/秒割り計算) を処理できるだけでなく、オンライン請求書ページも提供します。

  • レポート機能と分析
    Stripe は、詳細なレポートと分析を提供します。これらは、収入、解約率などの主要指標に関するインサイトの獲得に役立ちます。また、履歴データに基づいて将来の収入を予測することもできます。

  • 連携と API
    Stripe は強固な API を提供しています。API は、高度なカスタマイズが可能であり、さまざまな種類のビジネスツールやシステムと連携できます。

Stripe Billing の詳細については、こちらからご覧ください。

The content in this article is for general information and education purposes only and should not be construed as legal or tax advice. Stripe does not warrant or guarantee the accurateness, completeness, adequacy, or currency of the information in the article. You should seek the advice of a competent attorney or accountant licensed to practice in your jurisdiction for advice on your particular situation.

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。