カード発行 API 入門: 企業向け詳細ガイド

Issuing
Issuing

Stripe Issuing は、画期的なスタートアップ、革新的なソフトウェア プラットフォーム、進化を続ける大企業によって、サービスとしてのバンキング (BaaS) インフラプロバイダーとして選ばれており、これまでに作成したカードは 1 億を超えます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. カード発行 API とは
  3. カード発行 API の仕組み
  4. 発行可能なカードの種類
  5. カード発行 API の構成要素
  6. カード発行 API の用途
  7. カード発行 API のメリット
  8. カード発行 API の課題と制約
  9. 規制とセキュリティ上の考慮事項
    1. 規制に関する考慮事項
    2. セキュリティに関する考慮事項

カード発行 API は、管理性と柔軟性に優れた決済ソリューションの導入を望む企業にとって、変革をもたらすツールです。これらの API により、企業は自社システムから直接物理的または仮想的なカードを発行できるようになり、サードパーティーのサービスを利用する必要がなくなります。このように直接的な管理が可能であるため、企業は経費用口座や顧客ロイヤルティプログラムなど、自社のブランドや特定のユースケースに合ったカードを設計できます。2022 年の Citigroup のレポートによると、商用カードの API に対する需要は、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカで特に高く、北米での需要は増加を続けると予測されています。

このようなカードを企業が発行して導入するスピードも、カード発行 API の大きなメリットです。従来の方法では、煩雑なプロセスや長い待ち時間が発生することがよくありました。API を使用することで、このような面倒な障壁の多くを排除できます。企業は、ほぼ瞬時にカードを発行でき、市場のニーズに素早く対応できます。迅速に導入できることは、フィンテック、小売、オンデマンドサービスなど、タイミングが重要な分野では特に有利になります。

カード発行 API を使用することで、財務的な透明性と監視機能も向上します。企業は、リアルタイムで支出を追跡したり、支出の上限を設定したりできます。また、会計処理を容易にするために取引を分類することもできます。企業が説明責任を強化し、リソース配分を向上させる上で、このような機能は大きなメリットをもたらします。カード発行 API は、決済インフラを強化したい企業向けの先進的なソリューションです。しかし、導入するには入念な調査と計画が必要です。

以下に、カード発行 API のアーキテクチャ、機能、戦略的優位性を詳しく説明します。また、企業が考慮すべきコンプライアンス上の留意点や潜在的な課題についても確認します。ここでは、導入前に知っておくべきことを説明します。

この記事の内容

  • カード発行 API とは
  • カード発行 API の仕組み
  • 発行可能なカードの種類
  • カード発行 API の構成要素
  • カード発行 API の用途
  • カード発行 API のメリット
  • カード発行 API の課題と制約
  • 規制とセキュリティ上の考慮事項

カード発行 API とは

カード発行 API は、金融機関や専門的なフィンテックのサービスにプログラムを使用してアクセスするためのインターフェースです。企業はこれを利用して、支払い用カードを発行、管理、制御できます。このような API は、カードの作成、有効化、ブロック、取引の監視、残高照会など、さまざまなタスクのパイプラインとして機能し、これらの機能をカスタムソフトウェア環境に統合できます。高度にモジュール化された設定可能なこれらの API により、企業は特定の業務ニーズや規制要件に合わせて決済システムをカスタマイズできます。

カード発行 API の仕組み

ここでは、カード発行 API の仕組みを詳しく確認します。

  • API コールの開始
    プロセスの最初のステップでは、業務アプリケーションがカード発行プラットフォームに対して API コールをトリガーします。このコールには固有のパラメーターが含まれます。パラメーターには、顧客の識別情報、デビットカードかクレジットカードかの区分、カード固有の機能に必要な情報 (例: 支出カテゴリー) などがあります。この API コールは、オーダーメイドの命令セットとして機能し、カード発行プラットフォームにビジネスニーズを正確に伝えます。

  • データ検証とコンプライアンスチェック
    API コールの後、発行プラットフォームは有効性とコンプライアンスに関する一連のチェックを行います。発行プラットフォームは、API コールのデータを検証し、それが事前に定義された形式や要件に適合していることを確認します。また、発行プラットフォームはコンプライアンスチェックを実施して、発行プロセスが本人確認 (KYC) やマネーロンダリング防止 (AML) に関する法律などの金融関連の規制に準拠していることを確認します。

  • 金融機関およびカードネットワークとの通信
    検証とコンプライアンスを実施すると、API は、Visa や Mastercard などの関連する金融機関やカードネットワークと通信します。多くの場合、このプロセスには、金融機関またはカードネットワークの特定のプロトコルが反映された、より厳格な第 2 の検証およびコンプライアンスチェックが含まれます。

  • バックエンドアカウントの設定
    金融機関やカードネットワークによる確認後、API で新しいカードのバックエンド設定ができます。これには、口座番号の作成、取引限度額の設定、最初の API コールのパラメーターに基づくカードの使用ルール作成が含まれます。

  • 確認とデータの返却
    最後のステップでは、API 業務アプリケーションに戻り、カードが正常に発行されたことを確認します。また API はこの確認と併せて、カード番号や有効期限といったパラメーターなど、関連データのペイロードを送り返します。業務アプリケーションはこのデータを、顧客への通知や経費管理システムとの連携など、その後のタスクに使用します。

このプロセスの各ステップでは、高度なカスタマイズと特殊な設定が行われます。カード発行 API を利用することで、企業は特殊な運用ニーズやコンプライアンス要件に合わせて決済システムを微調整できます。

発行可能なカードの種類

企業が API を使って発行できるカードの種類の例をいくつかご紹介します。

  • 物理的なデビットカード
    これは、ATM や POS での取引に使用できる、当座預金口座に関連付けられた物理的なカードです。カード発行 API は、カスタマイズ可能な支出限度額や引き出し制限を設定したり、支出を分類したりできます。高度な機能としては、地域ロック (特定の地域でのみカードが機能するように制限する機能) や、セキュリティ強化のために定期的に変更される動的 CVV があります。

  • バーチャルデビットカード
    このデジタル専用のカードは、物理的なカードと同様に機能しますが、物理的なカードは発行されません。バーチャルデビットカードはオンライン取引に適しており、必要に応じて作成したり無効にしたりできます。カード発行 API では、オンライン取引や継続支払いで非常に高度なセキュリティを実現するために、1 回限り有効なカードを容易に作成できます。

  • 物理的なクレジットカード
    多くの場合、物理的なクレジットカードには、信用調査やさまざまな金利などが何重にも複雑に関係してきます。カード発行 API は、これらの信用評価、リスク評価、支出行動分析を扱う追加のモジュールと連携します。API の中には、クレジットカードに関連するポイントや特典システムを管理するものもあります。

  • バーチャルクレジットカード
    これは物理的なクレジットカードのデジタル版であり、主にオンラインでの購入に使用されます。物理的なカードと同じ信用ベースの利用が可能ですが、デジタル取引のセキュリティはさらに強化されます。このバーチャルカードは、物理的なクレジットカードよりも簡単かつ迅速に発行できることが多く、カード発行 API には、短期間の利用限度額を設定したり、1 回限り利用できるカードを作成したりする機能が含まれることもあります。

  • プリペイドカード
    このカードにはあらかじめ残高が登録されており、銀行口座がなくても利用できます。カード発行 API は、ギフトや支払いに便利なプリペイドカードの一括発行を扱うことが多く、有効期限や加盟店カテゴリーの承認など、固有の制限を設定できます。

  • コーポレートカード
    このカードは、企業での利用に特化しており、部門別の利用限度額や高度な取引分析などの機能を備えています。カード発行 API の中には、ビジネス経費管理ソフトウェアと連携して、多通貨取引や国際的な利用を促進できるものもあります。

  • 共同ブランドカードとホワイトラベルカード
    カード発行 API を使用することで、企業は金融機関と提携し、両者のブランド名を冠したカードを発行できます。多くの場合、このようなカードには特別な特典プログラムが付属しており、API にはこれらの提携や特典配信を管理するためのモジュールが用意されています。

企業は、このようなカードの種類ごとに、物理的な (またはデジタルでの) 外観と機能的属性をカスタマイズできます。この高度なカスタマイズにより、企業は特殊な運用ニーズやコンプライアンス要件を満たすことができます。

カード発行 API の構成要素

  • カードの作成および管理用のモジュール
    このモジュールでは、物理的カードとバーチャルカードの発行とガバナンスを監督します。発行者が設定したルールや条件に基づき、即時発行や段階的配信のオプションを利用できます。企業はこれらのモジュールを使用して、利用限度額の変更、カードの有効ステータスの切り替え、特定の種類の取引に対する利用制限など、カード発行後のカードの属性を調整できます。

  • 承認と取引の処理
    このコンポーネントはゲートキーパーの役割を果たし、各カード取引を許可するか拒否するかを評価します。取引データをリアルタイムで処理し、事前に設定されたルールや制限と比較します。たとえば、カードに制限対象である特定の加盟店カテゴリーコード (MCC) ブロックが含まれる場合、そのカテゴリーからの取引を拒否します。

  • 不正検知とリスク評価
    このコンポーネントは、機械学習アルゴリズムを使用して取引パターンを分析し、不正利用の可能性がある場合にフラグを立てます。また、信用情報機関やサードパーティーの不正検知サービスなど、より大規模なデータセットと連携させることもできます。API のこの部分では、取引速度、地理的パターン、既知の詐欺データベースといった複数の変数を組み込み、特に徹底した評価が行われます。

  • アカウント管理とコンプライアンス
    API のこの部分では、発行されたすべてのカードが地域、連邦、および国際的な法律と規制に準拠していることを確認します。たとえば、PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS)、マネーロンダリング防止 (AML) の規則、本人確認 (KYC) の要件への準拠をチェックします。また、内部監査や外部監査用のレポートを作成することもできます。

  • レポート機能とアナリティクス
    このコンポーネントは、支出パターンや承認率などに関する詳細なインサイトを提供することで、データドリブンの意思決定を行うための土台となります。リアルタイムのレポートを作成したり、既存のビジネスインテリジェンスシステムと連携してカード業務の統合ビューを提供したりできます。

  • 売上処理と照合
    このモジュールは、完了した取引を処理し、発行者の記録と照合することに重点を置いています。多くの場合、このプロセスには、インターチェンジフィーやカードネットワーク手数料などの財務上の明細項目を決定するための複雑な計算が含まれます。また、このモジュールによって、不審請求の申請やチャージバックを解決するための仕組みも確立されます。

  • 特典プログラムとロイヤルティプログラムの管理
    このコンポーネントでは、発行者は、カード利用に関連するポイントやキャッシュバックオファーの定義、割り当て、管理が可能です。このコンポーネントの高度なバージョンでは、段階的な報酬システム、季節ごとのプロモーション、外部のロイヤルティプログラムとの提携をサポートすることもできます。

カード発行 API は、このように多様でありながら相互に連携するコンポーネントを提供します。そのため、企業は相当な深さと詳細さを持つ複雑なカードプログラムを発行および管理できます。企業は、非常に特殊な業務要件、リスクプロファイル、ビジネス目標に合わせてカードプログラムをカスタマイズできます。

カード発行 API の用途

カード発行 API を使用することで、企業は単に決済を促進するだけでなく、特定のニーズに合わせてカスタマイズされた金融商品を作成できます。

  • 経費管理ソリューション
    企業は API を使用して、従業員に対して支出ポリシーを自動で適用する特殊なコーポレートカードを作成できます。このようなカードは、特定の種類の支出や時間制限のある利用限度額をあらかじめ設定して発行できます。たとえば、特定の出張時にのみカードを機能するように設定し、その使用を交通手段と食事に制限できます。

  • オンデマンドサービスプラットフォーム
    ギグワークやその他のオンデマンドサービス向けのプラットフォームを運営する企業は、これらの API を使用して従業員向けの入金カードを発行できます。これにより、口座振込のためにさまざまな銀行システムと統合するという障壁がなくなります。また、このようなカードでは、従業員が自分の収入をすぐに利用できるため、従業員の満足度と意欲が向上します。

  • マーケットプレイスと E コマースプラットフォーム
    マルチベンダープラットフォームでは、カード発行 API を使用することで、メインの事業用口座に関連付けられた「サブ口座」を容易に作成できます。このサブ口座では、売上や払い戻しなどのトリガーに基づいてリアルタイムで資金を提供できます。このプロセスにより、ベンダーは収益をすぐに利用できるようになり、プラットフォームとの財務関係がより透明化されます。

  • ヘルスケアと福利厚生プログラム
    企業によっては、カード発行 API を使用して医療費支出専用口座を作成することがあります。この口座の用途は医療費に限定されており、多くの場合、医療用貯蓄口座 (HSA) やフレキシブル支出口座 (FSA) の規制に準拠しています。高度な設定により、利用を特定の医療提供者やサービスに制限することもできます。それにより、管理の負荷を減らしながらコンプライアンスを確保できます。

  • ロイヤルティと特典プログラム
    従来のロイヤルティプログラムではポイントやデジタルクレジットが利用されていましたが、API で発行されたカードは、ブランド化された特典カードとして機能します。企業は、これらのカードにキャッシュバック特典を直接読み込んだり、販売時点で割引を提供するように設定したりできます。これは、リピーターを増やし、顧客エンゲージメントを向上させるのに役立ちます。

  • 旅行・観光事業者
    この分野の企業は API を活用して、複数の通貨に対応した旅行者専用カードを発行できます。それにより、旅行者は海外でも便利にお金を管理できるようになります。このようなカードには、セキュリティ強化のために旅行保険機能や緊急連絡先を設定することもできます。

  • B2B 決済ソリューション
    カード発行 API を通じて、企業はパートナーやベンダーにカードを発行し、簡単に請求や支払いを行うことができます。企業は、小切手発行や電信送金の代わりに、これらのカードに正確な支払い額を即座に入金することで、時間を節約し、ミスを減らすことができます。また、Juniper Research の調査によると、B2B 決済市場の全世界での取引額は 2027 年に $111 兆に達すると予想されており、決済プロセスの簡素化はビジネスに大きな影響を与える可能性があります。

カード発行 API は企業にとって多目的なツールであり、これを利用することで複雑な金融取引を簡単に処理できるようになります。カード発行の迅速化だけでなく、さまざまな業界の金融業務を自動化、改善できる革新的な方法です。

カード発行 API のメリット

カード発行 API を採用することは、いくつかの点で企業にメリットをもたらします。さらに詳しく確認しましょう。

  • オペレーションの敏捷性
    カード発行 API を使用することで、企業は新しい金融サービスや商品を導入することができ、同時に規制遵守、提携、開発に関連する従来の長いリードタイムを回避できます。たとえば、ロイヤルティプログラムを開始したい小売業者は、このテクノロジーを利用することで、複雑な金融の仕組みをゼロから構築する必要がなくなります。その代わりに、小売業者は API を利用することで、時間のかかるプロセスを効果的に回避し、特典の仕組みが組み込まれたブランドカードを迅速に導入できます。

  • 財務の可視性
    詳細なレポート機能により、カード発行 API は、支出行動、リソース配分などに関する詳細なインサイトを企業に提供します。これは経営陣にとって非常に貴重なデータであり、企業の予算や支出方針をリアルタイムで調整できます。企業はダッシュボードを通じて即座にデータにアクセスし、意思決定に役立つ包括的な財務分析を確認できます。

  • 規制遵守とリスク管理
    金融規制への対応は、専門的な知識と多大なリソース配分を必要とする業務です。多くの場合、カード発行 API には、本人確認の要件、マネーロンダリング防止の規則、その他の地域またはセクター固有の規制を管理する規制コンプライアンス機能が組み込まれています。このような機能により、企業は複雑で変化し続ける金融関連の法律に対応するために専門の法務チームを維持する必要性を軽減できます。

  • カスタマイズと制御
    API を使用してカードを発行する主なメリットの 1 つは、パラメーターでカードの動作を微調整できることです。つまり、企業は支出限度額、地域制限、許可される取引の種類を管理できます。これらのオプションは経費管理で特に効果的です。人為的ミスを減らし、より簡単にポリシーを適用できます。

  • 導入のスピード
    従来の金融商品の発売は、規制上の問題や技術的な複雑さによって時間がかかり、長期化することがありました。カード発行 API により、このプロセスを劇的に加速できます。通常、API は事前に構築およびテストされた機能を備えているため、企業はわずかな時間でコンセプトを市場に投入できます。

  • コストパフォーマンス
    金融サービスの立ち上げには、インフラの整備、規制への対応、運営費など、さまざまなコストがかかります。部分的な代替ソリューションとは異なり、通常、API を使用したソリューションは、透明性の高い価格体系のパッケージサービスとして提供されます。つまり、企業は財務的なコミットメントをより明確に把握することができ、社内でシステムを構築する際に発生することがある法外な初期費用を回避できます。

  • 拡張性
    ビジネスが成長するにつれ、財務管理のニーズはますます複雑になっていきます。多くの場合、カード発行 API は、ビジネスの規模や複雑さに対応できる拡張可能なソリューションを提供します。新しいカードの追加や、多通貨サポートなどの追加サービスの統合など、API は企業と一緒に成長できます。システムを全面的にオーバーホールする必要はありません。

カード発行 API は、多くのビジネス要件を満たす多用途かつ効果的な方法です。俊敏性に優れ、データドリブンで、コンプライアンスが確保され、カスタマイズ可能な方法で、金融取引と財務ポリシーを管理できます。さらに、コストを削減しながらこれを実現できます。

カード発行 API の課題と制約

カード発行 API には多くのメリットがある一方で、企業が考慮すべき課題や制約もあります。これらを詳しく確認しましょう。

  • ベンダーロックイン
    金融取引のためにサードパーティーの API に依存することは、API プロバイダーへの依存につながる可能性があります。プロバイダーが価格設定や利用規約を変更したり、API を廃止したりすれば、企業は不安定な立場に追い込まれる可能性があります。このロックインを回避するには、新しいシステムに移行するために時間とリソースの両面で相当な投資が必要になる可能性があります。

  • データセキュリティに関する懸念
    金融データはサイバー攻撃の標的になることがあります。外部 API を使用してカードを発行するということは、企業がサードパーティープロバイダーのセキュリティ対策を信頼する必要があるということです。API プロバイダーが徹底したセキュリティプロトコルを備えているとしても、侵害を完全に免れるシステムは存在しません。セキュリティ上の不備はビジネスに深刻な影響を及ぼす可能性があります。

  • カスタマイズオプションの制限
    カード発行 API にはさまざまな機能や特徴がありますが、ビジネスの専門的なニーズをすべてカバーしているとは限りません。API の機能を超えてカスタマイズするのは難しく、手の込んだ回避策が必要になることもあります。このような制限は、特殊な要件、または急速に進化する要件がある企業にとって、特に対応が難しいものとなります。

  • 規制への対応
    多くのカード発行 API はコンプライアンスを管理していると主張しますが、最終的な責任はサービスを利用する事業者にあります。金融サービスに関連する法律は管轄区域によって大きく異なり、変更される可能性があります。企業は法改正を監視し、それに対応する必要がありますが、これは API の助けを借りてもかなりの作業量になります。

  • 複雑な初期設定
    カード発行 API を既存の業務システムに統合する場合、技術的な専門知識を必要とする複雑なプロセスになる可能性があります。API 自体は使いやすく設計されているかもしれませんが、初期設定にはデータ移行、システムテスト、スタッフのトレーニングなど、複数のステップが必要になります。これらの作業には時間がかかり、他の業務のリソースが使用される可能性があります。

  • 遅延とダウンタイム
    すべての API は、メンテナンスまたは予期せぬ問題のために停止することがあります。金融分野では、短時間のサービス停止でもビジネスに多大な影響を及ぼし、取引処理におけるわずかな遅延でも顧客体験に悪影響を及ぼす可能性があります。

  • コスト超過
    API サービスは透明性のある価格設定になっていることが多いものの、予期せぬ事態が発生した場合に、当初の見積もりを上回るコストが発生することもあります。たとえば、予期せず取引量が急増した場合、コストが予想外に増加する可能性があります。企業にとって、このようなシナリオを想定して計画を立てておくことは、財務上の負担を回避するために重要です。

  • 拡張性の制約
    カード発行 API は拡張できるように構築されていますが、需要の急激な変化に迅速に対応するには、通常は事実上の限界があります。ビジネスが急激に成長した場合、API でパフォーマンスの問題が発生し、新しいニーズを満たすのに十分な速さで拡張できない可能性があります。

カード発行 API は企業が金融取引を行う方法に革命をもたらしますが、企業はこれらの課題や制限に効果的に対処するために、慎重な計画とデューデリジェンスが必要です。

規制とセキュリティ上の考慮事項

カード発行 API を使用することで、規制やセキュリティに関する、詳細に検討すべき特別な課題が発生します。これらの要素を確認しましょう。

規制に関する考慮事項

  • 現地法の遵守
    金融サービスは、管轄区域によって異なる多くの規制の対象となります。ヨーロッパの一般データ保護規則 (GDPR) や、米国のドッド・フランク法 (ウォール街改革・消費者保護法) など、企業は国内外の法律に完全に準拠するよう対応する必要があります。規制の変化に遅れずに対応するためには、詳細な監視と継続的更新が必要です。

  • 本人確認 (KYC) とマネーロンダリング防止 (AML) の規則
    多くの API プロバイダーは、サービスの一部としてある程度の KYC と AML のチェックを提供しますが、コンプライアンスを維持する責任は事業者にあります。企業は顧客の身元を確認し、疑わしい行為がないか取引を監視する必要があります。

  • PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS)
    ほとんどのカード発行 API が PCI 準拠を謳っていますが、企業側では、これを一律に保証すべきではありません。企業は、すべての取引データが PCI に準拠した方法で取り扱われていることを確認するために、独自のデューデリジェンスを実施する必要があります。

セキュリティに関する考慮事項

  • データの暗号化
    すべての送信データ、特に財務情報は、最新の強力なアルゴリズムで暗号化される必要があります。多くの API プロバイダーは、サービスの一部として暗号化を提供していますが、企業はセキュリティを最大限に強化するために、自身でも暗号化対策を導入する必要があります。

  • アクセス制御
    企業は、不正アクセスのリスクを最小化するために、認証と認可を多層化する必要があります。2 段階認証 (2FA) と強力なパスワードポリシーが基本ですが、ビジネスの状況によっては、生体認証などの追加措置が必要になる場合があります。

  • データの完全性と監査
    あらゆる金融取引システムでは、頻繁な監査と完全性のチェックを行う必要があります。企業は、データが完全な状態であり、改ざんされていないことを確認するための継続的なプロトコルを確立する必要があります。多くの場合、これには安全なログの維持とチェックサムの実装が含まれます。

  • インシデント対応計画
    完全に安全なシステムはありません。セキュリティ侵害や障害が発生した場合に、包括的なインシデント対応計画があることで、損害を軽減できます。インシデント対応計画を効果的なものにするには、問題解決とサービス復旧のロードマップを示すだけでなく、影響を受けたシステムを隔離し、利害関係者に通知する手順を含める必要があります。

  • ベンダーのリスク評価
    API プロバイダーを選択する前に、企業は徹底的なリスク評価を行い、プロバイダーのセキュリティプロトコルを評価する必要があります。これには、プロバイダーのセキュリティ認証の精査、セキュリティインシデント履歴の調査、第三者によるセキュリティ監査の実施などが含まれます。

企業にとって、カード発行 API を利用することは、単に新しい技術を統合するというだけではなく、一連の責任を負うことを意味します。このような規制やセキュリティに関する考慮事項を認識することで、企業は潜在的なリスクを軽減し、将来に備えることができます。

The content in this article is for general information and education purposes only and should not be construed as legal or tax advice. Stripe does not warrant or guarantee the accurateness, completeness, adequacy, or currency of the information in the article. You should seek the advice of a competent attorney or accountant licensed to practice in your jurisdiction for advice on your particular situation.

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。