加盟店アカウントの取得方法: ビジネス向けステップバイステップガイド

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 加盟店アカウントの概要
  3. 加盟店アカウントを必要とするユーザー
  4. 加盟店アカウントの設定方法
    1. 1.ビジネスの登録
    2. 2.EIN の取得
    3. 3.ビジネス用銀行口座の開設
    4. 4.加盟店アカウントプロバイダーの調査
    5. 5.申請の完了
    6. 6.補足書類の提供
    7. 7.承認の待機
    8. 8.決済処理の設定
    9. 9.システムのテスト
    10. 10.決済受け付けの開始

クレジットカードや電子決済に対応することは、多くの企業にとって基本的な要件です。小売店の対面取引でも、2022 年に顧客が現金のみを使用したのは全時間の 12% だけでした。しかし、これらの決済方法を導入するために必要なシステムを構築することは、事業所有者、特に起業したばかりの事業所有者にとっては大変な作業です。

加盟店アカウントを開設することは、複雑で時間がかかる場合があり、事業所有者はさまざまな書類を提出し、徹底的な審査プロセスを経る必要があります。このような課題はあるものの、加盟店アカウント機能を持つことには大きなメリットがあります。加盟店アカウントは、企業の売上の増加とキャッシュフローの改善の助けになるだけでなく、便利な支払いオプションを利用できるようになり、顧客体験も向上させることができます。

多くのビジネスにとって加盟店アカウントへのアクセスは必須です。しかし、事前に計画を立て、戦略的に選択肢を見極めれば、加盟店アカウントの利用が頭痛の種になることはありません。以下の内容は、加盟店アカウントを開設し、自信を持って容易に利用できるようになるための簡単なガイドです。

この記事の内容

  • 加盟店アカウントの概要
  • 加盟店アカウントを必要とするユーザー
  • 加盟店アカウントの設定方法
    • ビジネスの登録
    • EIN の取得
    • ビジネス用銀行口座の開設
    • 加盟店アカウントプロバイダーの調査
    • 申請の完了
    • 補足書類の提供
    • 承認の待機
    • 決済処理の設定
    • システムのテスト
    • 決済受け付けの開始

加盟店アカウントの概要

加盟店アカウントとは、購入者との取引から発生した売上がビジネス用のメイン口座に移されるまで保管する専用の銀行口座です。加盟店アカウントは、購入者とビジネスの仲介役として機能し、取引が処理されると直ちに加盟店アカウントに売上が入金されます。

通常、加盟店サービスを提供する銀行や金融機関は、加盟店アカウントも提供しています。機関によってはペイメントゲートウェイ用のハードウェアやソフトウェアを提供することもありますが、多くの場合、加盟店アカウントだけを提供し、企業はサードパーティプロバイダーからその他のコンポーネントを調達する必要があります。

加盟店アカウントを必要とするユーザー

電子決済、クレジットカードやデビットカードでの決済を導入するほとんどの企業には、加盟店アカウントが必要です。これには、小規模な在宅ビジネスから大規模な企業まで、あらゆる規模のビジネスが含まれます。

一般的に決済処理プロバイダー経由で加盟店アカウントや加盟店サービスへのアクセスが必要なビジネスの一部を以下に示します。

  • EC ストアビジネス: オンライン小売業者は、ウェブサイトで商品を購入する顧客からの支払いを処理するために、加盟店アカウントが必要です。
  • レストラン: レストランやその他の飲食業は、飲食店での食事またはテイクアウトを注文する顧客から、対面、オンライン、モバイルアプリでのクレジットカードやデビットカードによる支払いを受け付けるために、加盟店アカウントが必要です。
  • 医療提供者: 医師や歯科医師などの医療提供者は、保険証やクレジットカードを使用して料金を支払う患者からの支払いを処理するために、加盟店アカウントが必要です。
  • 小売店: 小売店は、店頭でクレジットカードやデビットカードを使用して商品を購入する顧客からの支払いを受け取るために、加盟店アカウントが必要です。
  • サービス提供型ビジネス: コンサルティング会社などのサービス提供型ビジネスは、クレジットカードやデビットカードを使用してサービス料を支払うクライアントからの支払いを受領するために、加盟店アカウントが必要です。
  • 非営利団体: 非営利団体は、クレジットカードやデビットカードを使用してオンラインまたは直接寄付をする支援者からの寄付を受け付けるために、加盟店アカウントが必要です。

プロバイダーやビジネスの種類により、加盟店アカウントを開設するのに必要な具体的な要件は異なる場合があります。そのため、利用できるすべてのオプションを詳しく調査し、自分のビジネスに最適な加盟店アカウントソリューションを見つけることが重要です。

加盟店アカウントの設定方法

加盟店アカウントを開設する前に、ビジネスの基本的な要素を設定する必要があります。ここでは、ビジネスの準備方法、ニーズに合った加盟店アカウントの探し方、加盟店アカウントの開設方法の概要を説明します。

1.ビジネスの登録

アメリカでの営業を予定している企業は、加盟店アカウントを開設する前に、関連する政府機関に登録する必要があります。これには、必要な許認可や納税者番号の取得が含まれます。ビジネスを登録する際の具体的な要件は、所在地やビジネスの種類など、さまざまな要因によって変わることがあります。

2.EIN の取得

また、IRS から雇用者識別番号 (EIN)を取得する必要があります。EIN は、企業に対して割り当てられた一意の識別子で、ビジネスの社会保障番号のようなものです。さまざまな銀行業務や税務の目的で使用されます。

3.ビジネス用銀行口座の開設

加盟店アカウントは通常のビジネス用銀行口座とは異なります。加盟店アカウントは、顧客との取引から得た売上の受け取り専用として使用されます。一方、通常のビジネス用銀行口座は、より多岐にわたる金融や銀行に対応する活動に使用できます。加盟店アカウントを開設するだけでは十分ではありません、加盟店アカウントからの支払いを受け取るためのビジネス用銀行口座を開設する必要があります。自分が必要とする機能を提供している銀行を選びましょう。たとえば、手数料の低さ、オンラインバンキングの使いやすさ、カスタマーサポートの質などを考慮します。

4.加盟店アカウントプロバイダーの調査

すべての加盟店アカウントプロバイダーが同じサービスを提供しているわけではありません。最適なものを慎重に選ぶことが重要です。加盟店アカウントプロバイダーを調査、選択する際に考慮すべき要素をいくつか挙げます。

  • 料金
    加盟店アカウントプロバイダーは取引に対して手数料を請求します。取引額に対する割合や、取引ごとに発生する手数料などがあります。プロバイダーによっては、セットアップ、月次メンテナンス、その他のサービスに対して追加料金を請求する場合もあります。各プロバイダーの料金体系を慎重に確認し、サービス利用の総コストを理解することが重要です。

  • 処理時間
    加盟店アカウントプロバイダーによって、提供するサービスの処理時間が異なります。商品をすぐに発送する必要がある EC ストアなど、迅速な対応が求められるビジネスは、短時間で決済処理を行えるプロバイダーを選ぶことが重要です。

  • カスタマーサポート
    加盟店アカウントに関する問題や質問を解決するためには、強力なカスタマーサポートが重要です。電話、メール、チャットなど、複数の方法でカスタマーサポートに連絡できるプロバイダーを探してください。

  • セキュリティ機能
    詐欺やサイバー攻撃の脅威が増している中で、セキュリティ機能は重要な考慮事項となっています。暗号化や詐欺検出などの強力なセキュリティ対策を提供する加盟店アカウントプロバイダーを探してください。

  • ビジネスとの統合
    決済処理ソフトウェアを、ウェブサイトや POS システムなどの既存システムとどれだけ容易に統合できるかを考慮してください。容易に統合できれば、セットアッププロセスも迅速かつスムーズになります。

  • 評判
    契約を締結する前に、加盟店アカウントプロバイダーの評判を調査することが重要です。他の企業によるレビューをチェックし、そのプロバイダーとの取引が良好だったかどうかを確認してください。

これらの要素を考慮することで、選択肢を絞り込み、ビジネス固有のニーズに対応できる加盟店アカウントプロバイダーを選ぶことができます。

加盟店アカウントを開設せずに、Stripe のような加盟店サービスや決済処理プロバイダーを通じて加盟店アカウントの機能を利用する企業が増えています。Stripe を利用して顧客からの支払いを処理している企業は、別の加盟店アカウントを見つけたり、審査したり、申し込んだり、統合したりすることなく、従来の加盟店アカウントのすべての機能を利用できます。個別の加盟店アカウントを開設する必要のない、Stripe による企業支援について詳しくは、こちらをお読みください

5.申請の完了

通常、加盟店アカウント申込書では、ビジネスに関する以下の情報が求められます。

  • 会社名
  • 会社の納税者番号 (EIN)
  • 連絡先情報

加盟店アカウントプロバイダーによっては、業種、事業構造、推定月間処理量、処理履歴などの追加情報が求められる場合があります。また、申請書では、販売する商品やサービスの種類、対応予定の決済手段の詳細についても求められる場合があります。取引が対面か、オンラインか、両方かを示すよう求められる可能性もあります。

基本的なビジネス情報に加え、事業所有者として以下のような個人情報の提供が必要になる場合もあります。

  • 名前
  • 自宅住所
  • 社会保障番号

これは、加盟店アカウントプロバイダーが、リスク評価プロセスの一環として信用調査を行う可能性があるためです。

申請書を完成させる際は、正確に、細かい部分までしっかり記述することが重要です。情報が不正確または不完全な場合、承認プロセスが遅延したり、申請が却下されたりする可能性があります。また、利用規約を慎重に読み、セットアップ料金、取引手数料、月額維持費など、アカウントに関連する費用を理解することも重要です。

6.補足書類の提供

書類の提出と審査プロセスは、加盟店口座を開設する際の重要なステップであり、これによりお客様のビジネスの正当性と信頼性が確認されます。以下の内容が想定されます。

  • 書類の提出
    加盟店アカウントの申請完了後、プロバイダーに補足書類を提出する必要があります。プロバイダーや事業の種類によって具体的に必要な書類は変わるかもしれませんが、一般的には、会社の登記に関連する書類、銀行の取引明細書、税務申告書などが考えられます。正確かつ最新の情報が含まれる完全な書類を提出してください。

  • リスク評価プロセス
    プロバイダーは、申込書と補足書類を受け取ったらリスク評価を開始します。これは、対象のビジネスに関連するリスクを評価するプロセスです。合法的かつ信頼できる企業であることを確認することが目的です。プロバイダーによって、またビジネスの複雑さやリスクの高さによって、リスク評価には数日から数週間かかることがあります。

リスク評価プロセス中に、プロバイダーは事業所有者である申請者に対して、信用調査を行うことがあります。また、不正利用やチャージバックのリスクを評価するために、処理履歴、販売量、その他の要素を審査することもあります。プロバイダーによっては、追加情報や詳細な説明を求めるために連絡してくることもあります。

リスク評価プロセスは、申請者とプロバイダー双方を不正利用やその他のリスクから保護するのに役立ちます。時間がかかることもありますが、プロバイダーが求める追加の情報や書類を忍耐強く提供することが重要です。

7.承認の待機

申請書と書類を提出した後は、プロバイダーが申請を審査し、加盟店アカウントを承認するまで待つ必要があります。このプロセスは、プロバイダー、ビジネスの種類、提出された申請書と書類の完全性などの要素に応じて、数日から数週間かかることがあります。プロバイダーによっては、信用力が高くリスクプロファイルが低いビジネスに対して、迅速に承認することがあります。

承認プロセスが遅延する可能性のある要因には、以下のようなものがあります。

  • 申請書に記載された情報が不完全または不正確である
  • 補足書類の内容が申請書と一致していない
  • ビジネスが高リスクプロファイルである
  • プロバイダーが追加の情報または書類を要求している

さらに、プロバイダーは、不正行為やチャージバックのリスクを評価するために、処理履歴、販売量、その他の要因を調査することもあります。オンラインギャンブルやアダルトエンターテイメントなど、リスクの高い業種の場合は審査が厳しくなるため、承認までに時間がかかることがあります。

申請承認のプロセスがスムーズに行われるようにするには、申請書に正確かつ完全な情報を記載し、追加の情報や書類を要求されたら迅速に対応することが重要です。積極的に対応することで、承認プロセスが早く進められ、加盟店アカウントを早期に立ち上げることができます。

8.決済処理の設定

加盟店アカウントが承認されたら、プロバイダーと決済処理の設定を行う必要があります。厳密にどのツールやサービスが必要になるかは、使用する決済チャネル、決済処理を自社ビジネスだけに設定するか、それとも自社プラットフォーム上のユーザーに決済を可能にするかどうかによって変わります。通常、このステップでは、最低限、決済処理ソフトウェアをウェブサイトや POS システムと統合することが求められます。

9.システムのテスト

決済処理システムをテストします。これは、正常に機能していることを確認し、顧客からの支払いを受け付ける前に問題を見つけるために行います。Stripe との統合をテストする方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

10.決済受け付けの開始

システムをテストし、正常に動作することが確認できたら、顧客からの支払いを受け付けることができるようになります。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。