決済代行業者とペイメントゲートウェイ: 概要および連携方法

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 決済代行業者とは
  3. ペイメントゲートウェイとは
  4. 決済代行業者とペイメントゲートウェイの違い
    1. 取引プロセスにおける役割
    2. サービスの範囲
    3. 企業のシステムとの統合
  5. 決済代行業者とペイメントゲートウェイの連携方法
  6. Stripe での決済処理とペイメントゲートウェイの取り扱い方法

デジタルファーストの傾向が強まっている顧客にシンプルで安全な取引を提供するには、決済代行業者とペイメントゲートウェイの間にどのような違いがあり、どのようにそれらが連携するかを理解する必要があります。

これらのコンポーネントが連携する方法を理解することは、スムーズかつ信頼できる決済体験を提供するうえで重要です。以下で、決済代行業者とペイメントゲートウェイの主な違い、それぞれの役割、それぞれが連携する方法について説明します。さらに、Stripe がどのように統合および包括された方法でこれらの機能を扱い、プラットフォームや企業にサービスを提供しているかも示します。

この記事の内容

  • 決済代行業者とは
  • ペイメントゲートウェイとは
  • 決済代行業者とペイメントゲートウェイの違い
  • 決済代行業者とペイメントゲートウェイの連携方法
  • Stripe での決済処理とペイメントゲートウェイの取り扱い方法

決済代行業者とは

決済代行業者は、クレジットカード、デビットカード、その他のデジタル決済手段を処理し、承認することで、購入者と企業の間で行われる電子取引をサポートする会社またはサービスです。決済代行業者は、購入者の銀行 (カード発行会社) と企業の銀行 (アクワイアリング銀行またはアクワイアラー) の間の仲介役として機能します。代金が購入者のアカウントから加盟店アカウントに安全に送金されることを確認します。

決済代行業者は、購入者の決済情報の確認、不正使用に関する確認、関係する法令が遵守されていることの確認を行い、最終的には取引の承認または拒否を判断するという重要な役割を EC ストアと小売店で担います。通常、決済代行業者は、企業に対してサービス料を請求します。取引ごとに手数料がかかったり、取引金額に対して一定の割合で料金が請求されたりする場合があります。

ペイメントゲートウェイとは

ペイメントゲートウェイは、購入者、企業、決済代行業者の間で決済情報を安全に送信するテクノロジーまたはサービスを指します。決済を処理するのに必要な情報を交換できるようにし、取引に関係する当事者間の橋渡しの役割を果たします。ペイメントゲートウェイは、実店舗にある POS 端末のデジタル版のような役割を果たします。

ペイメントゲートウェイは PCI データセキュリティ標準 (PCI DSS) などの厳格なセキュリティ基準や暗号化プロトコルに従っているため、ペイメントゲートウェイを利用することで、決算に関する機密情報を安全に取り扱うことができます。

決済代行業者とペイメントゲートウェイの違い

決済代行業者とペイメントゲートウェイは、電子決済エコシステムにおいて重要なコンポーネントとなりますが、それぞれ異なる機能を提供します。これらの主な違いは、以下のとおりです。

取引プロセスにおける役割

  • 決済代行業者: 決済代行業者は、決済を処理し、承認することで取引が円滑に行われるようにする責任を負います。また、購入者の銀行と企業の銀行の間で代金が安全に送金されるように見届けます。

  • ペイメントゲートウェイ: ペイメントゲートウェイは、購入者、企業、決済代行業者の間でコミュニケーションが円滑に行われるようにし、決済情報を安全に送信する役割を担う接続コンポーネントとなります。

サービスの範囲

  • 決済代行業者: 決済代行業者は、取引の処理に加えて、不正使用の検出、チャージバック管理、決済に関する法令の遵守など、広範なサービスを提供します。

  • ペイメントゲートウェイ: ペイメントゲートウェイは、決済データの安全な送信に重点を置き、通常、不正検出やチャージバック管理などの追加のサービスは提供しません。

企業のシステムとの統合

  • 決済代行業者: 決済代行業者は通常、取引を処理するために加盟店アカウントを確立するよう企業に求めます。これには、より複雑なセットアップ手順が含まれることがあります。

  • ペイメントゲートウェイ: ペイメントゲートウェイは、API、プラグイン、事前に構築されたモジュールなど、より簡単な統合オプションを企業に提供します。それらを活用することにより、企業はオンライン決済の受け付けをすばやく開始できます。

決済処理とペイメントゲートウェイの両方のサービスを、統合ソリューションの一部として提供する会社もあります。たとえば、Stripe はエンドツーエンドの決済サービスを企業に提供しています。このサービスをご利用いただくと、オンライン決済をより簡単に管理できるようになります。以下では、Stripe が決済機能のこれらの面をどのように扱っているかを説明します。

決済代行業者とペイメントゲートウェイの連携方法

決済代行業者とペイメントゲートウェイは、企業と購入者の安全で効率的な電子取引を促進するうえで、異なるものの相互に補完する役割を果たしています。2つが連携することで、当事者間でスムーズにコミュニケーションを図り、データ転送を行えるようにもします。

以下に、決済代行業者とペイメントゲートウェイがオンライン取引においてどのように連携するか、手順ごとに概要を示します。

  • 購入者が取引を開始する
    購入者は、購入の準備が整うと、企業のウェブサイトまたはアプリでクレジットカードの情報 (またはその他の決済に関する情報) を入力します。

  • ペイメントゲートウェイの役割
    ペイメントゲートウェイは、購入者の決済データを安全に暗号化し、決済代行業者にそのデータを送信します。

  • 決済代行業者の役割
    決済代行業者は、暗号化された決済データをペイメントゲートウェイから受け取り、それを購入者の銀行 (カード発行会社) に転送し、取引について承認をリクエストします。

  • カード発行会社のレスポンス
    購入者の銀行は、決済の詳細情報を確認し、代金の支払いが可能であることを確かめ、評価に基づいて取引の承認または拒否を決定します。カード発行会社は、このレスポンスを決済代行業者に送信します。

  • 代行業者とゲートウェイ間のやり取り
    決済代行業者は、銀行のレスポンス (取引の承認または拒否) についてペイメントゲートウェイと共有します。

  • ゲートウェイと企業間のやり取り
    ペイメントゲートウェイは、レスポンスを企業のウェブサイトまたはアプリに送信し、そこで適切なメッセージ (取引の承認または拒否) が購入者に表示されます。

  • 売上処理
    取引が承認されると、決済代行業者は購入者の銀行口座から企業の銀行口座への送金を調整します。売上処理と呼ばれるこのプロセスは、完了までに数日間かかります。

ペイメントゲートウェイと決済代行業者はこのプロセス全体で連携し、PCI DSS などの業界標準や暗号化プロトコルに従いつつ、安全かつ効率的な方法で決済に関する機密情報を取り扱います。

Stripe での決済処理とペイメントゲートウェイの取り扱い方法

Stripe は、企業とプラットフォームに決済処理とペイメントゲートウェイを組み合わせた機能を提供する、オールインワンの決済サービスプロバイダーです。Stripe は両方のコンポーネントを単一の合理化されたプラットフォームにまとめることで、企業がこれらのサービスを個別に見つけて、実装する手間を省きます。このアプローチによって、企業にとって以下のようなたくさんのメリットが生まれます。

  • セットアップの簡略化
    Stripe を利用する企業は、ペイメントゲートウェイと決済代行業者との個別の関係を確立する必要なしに、すばやくセットアップを済ませ、決済の受け付けをすぐに開始できます。これにより、オンライン取引を開始する際の複雑さが軽減されます。

  • シームレスな導入
    Stripe は十分に文書化された API、プラグイン、事前に構築されたモジュールを提供しており、企業は Stripe の決済ソリューションを自社のウェブサイト、アプリ、EC ストアプラットフォームと簡単に統合できます。これにより、決済処理の技術的な側面に多くの時間を割くことなく、中核となる事業運営に集中して取り組むことができます。

  • セキュリティの強化
    Stripe は PCI DSS 準拠など、最も高いセキュリティ標準に従っています。また、高度な暗号化技術を取り入れ、決済に関する機密情報を保護します。ペイメントゲートウェイと決済代行業者の機能を統合することで、Stripe は取引プロセス全体で一貫したレベルのセキュリティを確保しています。

  • 統合されたレポート機能と管理
    Stripe の統合ソリューションを利用することで、単一のダッシュボードからあらゆる取引データ、顧客情報、決済分析にアクセスし、管理することができます。これにより、取引の追跡や照合を簡単に行うことができ、パフォーマンスを監視したり、データに基づく意思決定を行ったりするのが容易になります。

  • コストの低減
    Stripe では、ペイメントゲートウェイと決済代行業者のサービスが統合されているため、企業は 1 つのプロバイダーを利用するだけですみ、費用を抑えることができます。Stripe は透明性の高いリーズナブルな料金体系で提供しています。これは、ゲートウェイと代行業者と個別に提携した場合の出費と比べて、企業にとってコスト効率の高いものとなります。

  • 拡張性と柔軟性
    Stripe は、多様な決済手段通貨をサポートしており、ご利用いただくことで、簡単に事業をグローバルに展開していくことができます。プラットフォームは、企業の成長に合わせて拡張し、取引量や複雑さが増しても決済インフラが対応できるように設計されています。

  • 継続的な改善
    Stripe のプラットフォームは定期的に更新され、新しい機能、機能拡張、追加の決済オプションが充実していきます。これにより、Stripe を利用する企業は業界のトレンドに着いていくことができ、利用者に最適な決済体験を提供することができます。

Stripe での決済処理の詳細を調べ、今すぐ利用を開始するには、こちらからお問い合わせください。

The content in this article is for general information and education purposes only and should not be construed as legal or tax advice. Stripe does not warrant or guarantee the accurateness, completeness, adequacy, or currency of the information in the article. You should seek the advice of a competent attorney or accountant licensed to practice in your jurisdiction for advice on your particular situation.

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。