ドイツでのビジネス口座の開設

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. ビジネス口座とは?
  3. ビジネス口座が法的に必要とされる状況
  4. ビジネス口座のメリット
  5. ビジネス口座のコスト
  6. ビジネス口座を比較する際に考慮すべきポイント
  7. ビジネス口座に適した銀行の種類

ビジネス口座の開設は、ビジネスの財務管理に役立つだけではありません。法的な形態によっては義務付けられている場合もあります。この記事では、ビジネス口座とは何か、なぜビジネスにとって有益なのか、ビジネス口座を選ぶ際に考慮すべき点について説明します。

この記事の内容

  • ビジネス口座とは?
  • ビジネス口座が法的に必要とされる状況
  • ビジネス口座のメリット
  • ビジネス口座のコスト
  • ビジネス口座を比較する際に考慮すべきポイント
  • ビジネス口座に適した銀行の種類

ビジネス口座とは?

ビジネス口座 (企業口座と呼ばれることもあります) は、ビジネス取引専用の銀行口座で、個人の財務とビジネスの財務を分けて管理したい、あるいは、そうすることが法的に義務付けられている企業、業者、個人事業主を対象としています。

ビジネス口座が法的に必要とされる状況

有限責任会社や起業家的企業などの法人は、ビジネス口座を持つことが法律で義務付けられています。企業は GmbHG (有限責任会社に関するドイツ法) 第 7 条第 2 項第 2 号に基づく資本金を有している必要があるため、口座はビジネス設立時に開設されます。

中小企業、自営業者、フリーランサーには、ビジネス口座を開設する法的権利がありますが、銀行によっては、個人の当座預金口座をビジネス目的に使用することが、利用規約で禁止されている場合があるため気を付けてください。この規定に従わないと、最悪の場合、口座が閉鎖されます。そうは言うものの、ビジネス口座を利用するメリットは大きく、法的に義務付けられていない場合でも利用することをお勧めします。

ビジネス口座のメリット

ビジネス口座モデルには個人の当座預金口座と同じ基本機能がありますが、さらにいくつかのメリットがあります。

個人の財務とビジネスの財務を分けることで、流動性と会計の透明性が確保されます。またドイツでは、ビジネスの取引を含む銀行取引明細を、法定保存期間に従って 10 年間保存する必要があります。ビジネス口座があれば、税務調査の際の税務署の仕事が減り、個人的な取引にもアクセスされません。

また、ビジネス口座を使用することで、個人の入出金を事前にフィルタリングする必要がなくなるため、確定申告も簡単になります。これは超過所得計算書 (ドイツ語で「Einnahmenüberschussrechnung」または「EÜR」) の作成のみが義務付けられているフリーランサーや小規模企業にとっては特に有益です。

ビジネスパートナーが複数存在する場合、たとえば民法企業 (「Gesellschaft bürgerlichen Rechts」または「GbR」) の場合は、口座へのアクセス権限を必要に応じて設定することができます。この場合、ビジネス自体が口座の名義人となり、権限が付与されたすべての個人がそれぞれ銀行カードとクレジットカードを持ち、口座にアクセスすることができます。

個人の当座預金口座とは異なり、ビジネス口座には、企業のニーズに合わせて幅広い機能と追加サービスが用意されています。たとえば、税務・会計統合ソフトウェア、DATEV エクスポート、サブ口座などを利用でき、そのすべてが管理プロセスの時間節約につながります。

ビジネス口座モデルには、より広範な融資オプションもあり、ビジネス口座への当座貸越は、個人口座への当座貸越よりも限度額がかなり高くなっています。これは投資資金や予期せぬ収益変動の補償に利用できますが、企業向け当座貸越は金利が高く、多くの場合、詳細な信用調査が必要となります。

ビジネス口座のコスト

ビジネス口座のコストは、通常、銀行の種類と口座モデルによって異なります。口座を選ぶときは、ビジネスが予約や送金を行う頻度や、特別な特典を受けられるかどうかを考慮することが重要です。ほとんどの銀行で、毎月の基本手数料に応じて振込手数料が減額されるため、定期的な支払い取引がある企業の場合は、基本手数料が高い口座モデルの方がメリットが大きくなります。

ペーパーレス予約と紙ベースの予約には明確な違いがあります。オンライン振込、SEPA ダイレクトデビット、自動振替の依頼などのペーパーレス予約は自動化されているため、銀行側のアクションが不要です。一方、小切手や振込用紙などの紙ベースの予約は、銀行側での処理を必要とするため手数料が高くなります。現金の入出金、複数の銀行カードやクレジットカードの利用にかかるコストは、基本手数料を高く設定することで削減できます。

ビジネス口座のコストは、追加サービスによって高くなることもあり、手数料も個人の当座預金口座と比べてかなり高いのが一般的ですが、そのコストは税控除の対象となります。ただし、ビジネス口座はビジネス目的にのみ使用する必要があります。確定申告の際にそれを証明するのは銀行取引明細書です。

月額基本手数料のないビジネス口座は、最小入金額に依存していることが多いため、毎月必要最小金額が口座に入金されていれば、口座手数料は無料になります。

ビジネス口座を比較する際に考慮すべきポイント

ビジネス口座の価格と提供するサービスは、銀行や口座モデルによって大きく異なり、どの口座を選択するかは、それぞれのビジネスニーズによって異なってきます。つまり、考慮すべき重要な要素が複数ある、ということです。

口座モデルを選択するときに考慮しなければならない要素の 1 つがビジネスの法的な形態です。ビジネス口座のプロバイダーによっては、認められていない法的な形態があるため、ビジネス口座を開設する場合は、どのような法的な形態が認められているかを事前に調べておくとよいでしょう。さまざまなタイプのビジネスを認めていながら、個人事業主のような特定の法的形態に特化している口座モデルもあります。法的な形態を変更する予定がある場合は、早い段階でビジネス口座がそれに対応しているかどうかを確認することをお勧めします。

現金の入出金を定期的に行う必要がある場合は、銀行の支店や ATM があるかどうかが重要で、こうした支店や ATM がビジネスの場所の近くにあるのが理想的です。オンライン専用銀行が提供する関連商品は、多くの場合、限定的あるいは高額です。

融資に依存している場合、あるいは定期的な入金がない場合は、対応する融資オプション、たとえば当座貸越、長期資金調達のための融資、振興融資 (有利な条件の国庫補助融資) の手配を備えたビジネス口座モデルを検討してみるのもよいかもしれません。一般的には、老舗銀行の方がフィンテック銀行やネオバンクよりも良いオプションを提供しています。

アドバイザリーサービスの有無も検討事項の 1 つです。疑問や問題がある場合に、個人的な助言を直接受けたり、信頼できるオンラインサポートを利用したりできれば、自分で財務アドバイスを調べる時間と費用を節約できます。しかし、このサービスを利用できる口座は基本手数料が高いことが少なくありません。

統合税務管理ソフトウェアなどのビジネス口座機能は、便利な追加サービスですが、最適なビジネス口座を選ぶ際に必ず検討すべき機能というわけではありません。これは、特殊な支払い方法、たとえばビジネス顧客との安全な支払い取引のための SEPA ダイレクトデビット B2B や、国際送金用 SWIFT 決済システムなどの場合は異なります。

またビジネス口座は、提供されるサブ口座、クレジットカード、銀行カードの数や、マルチバンキングオプション (第三者の銀行口座を管理するオプション) にも違いがあります。

ビジネス口座の提供元が支店かダイレクトバンクかに応じて、アクセス方法も管理方法も異なります。特にモバイルオンラインバンキングやバンキングアプリを探している場合は、より現代的なダイレクトバンクやフィンテック銀行を選んだ方が適切なサービスを受けられることが多いようです。

複数のビジネスパートナーがいる場合は、アクセス方法や、複数の人がアクセスする可能性を考慮することも重要で、「両方の署名」が必要な共同口座にすることをお勧めします。この口座は、名義人全員の同意がなければ利用できません。

ビジネス口座に適した銀行の種類

ドイツで一般的にビジネス口座を提供しているのは、支店銀行 (Filialbank)、貯蓄銀行 (Sparkasse)、ダイレクトバンク (Direktbank)、フィンテック銀行またはネオバンクです。銀行やプロバイダーで異なるのは、ビジネス口座のモデルや対象となるグループだけではありません。価値観やそれに伴う名声も違ってくるため、銀行のイメージがビジネスに適しているか、必要とするサービスが提供されているかを検討することが重要です。

支店銀行と貯蓄銀行は、多数の実店舗を持つ支店網を特徴としており、そのビジネス口座は、現金の入出金を定期的に行うビジネスや、個人的なアドバイスが必要なビジネスに最適です。老舗の支店銀行や貯蓄銀行は通常、あらゆる法的な形態に対応し、非常に包括的な融資オプションやサービスを提供していますが、その分、毎月の口座管理手数料は高くなります。オンラインのみで口座を管理しているビジネスが、支店銀行や貯蓄銀行からメリットを得られることはあまりありません。

支店網を持たないダイレクトバンクにはオンラインでしかアクセスできません。ダイレクトバンクは主に、現金に定期的にアクセスする必要がない、あるいは対面でのアドバイスが不要なビジネスを対象としており、支店銀行や貯蓄銀行と比べてビジネス口座のコストが割安です。ユーザーフレンドリーなオンラインバンキングで知られていますが、融資オプションが少なく、法的な形態もそれほど多くは認められていません。

フィンテック銀行 (金融テクノロジー銀行) は、オンラインのみで運営されるサービスプロバイダーで、魅力的な口座管理価格で、さまざまな追加機能、最新のユーザーインターフェイスを提供しています。ただし、デジタル化を重視していることから、フィンテックのビジネス口座は現金の入出金手数料がかなり高くなっています。フィンテック銀行自体は銀行免許を持っていないことが多く、代わりに他の銀行と提携しています。そのため、フィンテックのビジネス口座の融資オプションはあまり有利でないか、まったく利用できません。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。