消し込みに関する基礎知識: 消し込みの概要、重要性および仕組み

Revenue Recognition
Revenue Recognition

Stripe Revenue Recognition (収益認識機能) は発生主義会計の処理を効率化し、スピーディーかつ正確に帳簿の締め処理を実行できるようにします。収益レポートを自動化し、設定することで、IFRS 15 および ASC 606 の収益認識基準への準拠の負担を減らすことができます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 会計における消し込みとは
  3. 消し込みの種類
  4. 事業者にとって消し込みが重要である理由
  5. 消し込みのベストプラクティス
  6. Stripe を利用した消し込み

消し込みは、財務諸表の信頼性を確保し、誤りを発見し、不正を防止し、規制要件への準拠を維持する上で、基本的な役割を果たします。効果的な消し込みの実施を重視する事業者は、情報に基づいた意思決定を行い、リスクを軽減し、長期的な成功に必要な財務の健全性を維持することができ、自らを有利な立場に置くことができます。

公認不正検査士協会 (ACFE) が実施した調査によると、2022 年に報告された詐欺事件のうち、財務諸表に関する詐欺は全体の 9% を占めました。これは、組織内の不正行為を発見および防止するには正確に消し込みすることが重要であることを浮き彫りにしています。銀行取引明細書、請求書、領収書などの財務記録を消し込むことで、不一致や不正を特定して潜在的な詐欺から身を守ることができます。

この記事では、消し込みプロセスを合理化し、ミスを最小限に抑え、財務管理の強固な基盤を確立するために組織が実践できるベストプラクティスと戦略について説明します。

この記事の内容

  • 会計における消し込みとは
  • 消し込みの種類
  • 事業者にとって消し込みが重要である理由
  • 消し込みのベストプラクティス
  • Stripe を利用した消し込み

会計における消し込みとは

会計における消し込みとは、銀行取引明細書、総勘定元帳、およびその他の関連記録などから 2 つの記録または財務情報を選んで比較し、その正確性と整合性を確認するプロセスのことをいいます。

消し込みの主な目的は、2 つの記録間の不一致を特定して解決することです。これは、財務諸表の完全性を保ち、誤りや不正行為を発見するのに役立ちます。

消し込みの種類

消し込みでは、財務取引とその残高を比較および検証し、不一致を特定して解決します。消し込みには、以下のようにいくつかの種類があります。

  • 銀行取引の消し込み
    銀行取引明細書の取引とその残高を、現金出納帳または総勘定元帳の項目と比較します。

  • 売掛金の消し込み
    売掛金残高を、顧客からの請求書や領収書などの補足書類と比較し、売掛金残高が漏れなく正確に記録されていることを確認します。

  • 買掛金の消し込み
    買掛金残高を、サプライヤーからの請求書やサプライヤーへの支払い記録と比較し、買掛金残高が漏れなく正確に記録されていることを確認します。

  • 会社間取引の消し込み
    子会社や部門の間で行われた会社間取引とその残高を照合し、正確性を確保してエラーを排除します。

  • 在庫記録の消し込み
    記録された在庫残高と実際の在庫数を比較し、盗難や記録ミスなどの問題を特定して対処します。

  • 総勘定元帳の消し込み
    各種総勘定元帳を照合し、取引と残高が漏れなく正確に記録されていることを確認します。

  • 固定資産記録の消し込み
    固定資産記録を、仕入請求書、減価償却スケジュール、廃棄記録と比較し、固定資産が正確に記録されていることを確認します。

  • 税務記録の消し込み
    消費税や所得税などの税務記録を、対応する財務記録と比較し、納税申告が正確であることを確認します。

  • クレジットカード取引とデビットカード取引の消し込み
    クレジットカードまたはデビットカードの利用明細に記録された取引と財務記録を照合し、それらの取引が漏れなく正確に記録されていることを確認します。

  • デジタルウォレット取引の消し込み
    デジタルウォレット取引と財務記録を照合します。

  • 各国通貨による取引の消し込み
    外貨による取引を為替レートおよび財務記録と比較し、外貨による取引が正確に記録されていることを確認します。

  • 決済のリアルタイム自動消し込み
    決済の消し込み処理をリアルタイムで自動的に実行し、決済の照合と消し込みを正確かつ効率的に行います。

これらの各種消し込みは、財務記録の正確性を保ち、誤りや不正行為を検出し、会計システムの信頼性を確保するために重要です。消し込みを行うことで、財務状況を明確かつ正確に把握できるようになり、情報に基づいてビジネス上の意思決定を行うことが可能となります。

事業者にとって消し込みが重要である理由

事業者にとって、消し込みは非常に重要です。ここでは、その理由について説明します。

  • 正確な財務記録
    消し込みを行ってさまざまなデータセットを比較することで、財務記録の正確性と信頼性が保証されます。資金の移動を伴う取引を処理または記録する際、不一致や誤り、漏れが発生する可能性がありますが、消し込みを行うことで、それらの不一致を特定して修正することができます。これにより、財務諸表や財務報告書が事業者の財務状況を正確かつ公正に表していることが保証されます。

  • 不正利用の検知
    消し込みは、不正行為を発見するための重要な内部統制メカニズムです。銀行取引明細書、請求書、領収書などの記録を比較することで、不正取引の存在を示唆する不一致や不正を特定して資産や財務上の利益を守ることができます。

  • 意思決定
    消し込みを行うことで、意思決定に使用されるデータの信頼性と完全性が保証されます。さまざまな勘定科目や財務記録を消し込むことで、情報の精度に自信を持てるようになり、財務に関する健全な洞察に基づいて戦略的な意思決定を行うことが可能となります。

  • コンプライアンス要件と規制要件
    消し込みは、コンプライアンス要件や規制要件を満たすのに役立ちます。例えば、銀行取引を正確に消し込むことで、監査基準を確実に遵守することができ、規制に関するガイドラインに従った財務諸表の作成が可能となります。勘定科目を適切に消し込まない場合、コンプライアンス違反となって罰則が適用されたり、法的責任を問われたりする可能性があります。

  • リスク管理
    消し込みは、誤りや不一致、不正を素早く特定して財務リスクを管理するのに役立ちます。消し込みを行うことで、キャッシュフローの問題や在庫の不一致、税金計算の誤りといった潜在的なリスクを発見することができます。リスクを早期に特定することで、適切な措置を講じて資金の安定化を図ることができます。

  • 利害関係者との信頼構築
    消し込みを行うことで、完全性と透明性を備えた財務報告書が作成されるため、投資家や金融機関、株主といった利害関係者から信頼と信用を得ることができます。そのような信頼の獲得によって、事業者の評判が高まり、財務の健全性に対する自信が深まります。

消し込みのベストプラクティス

以下にご紹介する消し込みのベストプラクティスを実践することで、財務記録がより正確になり、内部統制が強化され、不正利用の検知と防止が実現され、規制要件への準拠が保たれます。このベストプラクティスの実践により、ビジネスの運営や成長に関するあらゆる側面で欠かせない信頼性の高い財務報告書を作成することが可能となります。

事業者が実践すべき消し込みのベストプラクティスには、以下のものがあります。

  • 定期的な消し込み
    定期的に消し込みを行ってください。理想的には、毎月実施するか、取引量に応じた頻度で実施するようにしてください。迅速かつ継続的に消し込みを行うことで、問題が引き起こされる前に不一致を特定して解決することができます。

  • 文書化と記録管理
    銀行取引明細書、請求書、領収書、およびその他の関連記録などの消し込みプロセスについて、詳細に文書化してください。消し込みプロセスの適切な文書化は、将来の監査やレビューをスムーズにし、不一致の特定と解決に役立ちます。

  • 職責の分担
    消し込みプロセスを構成する各種業務 (財務取引の記録、照合、承認など) に関する責任を、それぞれ異なる個人に割り当ててください。このように職責を分担させることで、消し込みプロセスの各段階で複数の担当者が財務情報をチェックすることになり、誤りや不正行為を防ぐことができます。

  • 明確な消し込み手順
    標準化された消し込み手順を確立し、適切な手順、個人の役割と責任、具体的な期限を明確に定義してください。明確な手順を定義することで、整合性が高まり、誤りが最小限に抑えられ、消し込みプロセスが整然と行われるようになります。

  • 消し込みの自動化
    可能であれば、会計ソフトや消し込みツールを使って消し込みプロセスを自動化してください。自動化することで、手作業によるミスが減り、効率が向上し、勘定科目や財務記録の消し込みのための体系的な枠組みが確立されます。

  • 比較と調査
    財務記録を入念に比較して不一致を特定してください。そして、特定された不一致を速やかに調査して根本原因を突き止め、誤りを正して財務記録を修正してください。適切に調査を実施することで、誤りの再発が防止され、財務情報の正確性が保証されます。

  • 継続的なコミュニケーション
    消し込みプロセスに関与する部署や個人の間でオープンにコミュニケーションできる環境を整えてください。定期的にコミュニケーションを行うことで、問題が解決され、疑問点が明らかになり、情報が効果的に共有されます。包括的で正確な消し込みプロセスを実現するには、さまざまな利害関係者間の協力や調整が必要となります。

  • 消し込みのレビューと承認
    消し込み済みの記録を独立した立場から検査するためのレビューと承認のプロセスを導入してください。このプロセスでは、消し込み済みの残高が正確かつ妥当であるかどうかを検証し、重大な不一致がある場合は調査を行います。指定された機関によって承認されれば、消し込みプロセスにさらなる保証が与えられます。

  • 継続的な改善
    改善すべき点を特定し、消し込みプロセスの定期的な評価と見直しを行ってください。不一致のパターンを分析し、潜在的な弱点を特定し、ミスの再発を防ぐための適切な対策を実施してください。継続的に消し込みプロセスを改善することで、正確性と効率性が高まり、全体的な財務管理が最適化されます。

Stripe を利用した消し込み

Stripe により、消し込みプロセスを合理化する強力なソリューションを提供できます。Stripe の消し込みソリューションを利用すると、消し込みプロセスが自動化されるとともに、資金の動きを総合的に把握することが可能となります。

Stripe の消し込みソリューションを利用すると、内部記録 (請求書など) と外部記録 (売上ファイル、入金ファイル、銀行取引明細書など) が自動的に比較されます。Stripe の自動化システムによってこの比較が行われるため、収益の正確な把握が可能となり、内部の会計システムと Stripe によって処理された支払いや返金を取引レベルで照合することができます。

Stripe の消し込みソリューションを利用することで、以下のメリットが得られます。

  • 現金を毎日追跡できるため、財務記録と入金された資金の整合性が保たれます。資金フローのギャップやデータの不一致を特定することで、収益漏れに素早く対処して経済的損失を最小限に抑えることができます。

  • Stripe の消し込みソリューションでは、各取引のライフサイクル全体を可視化できます。資金の流れを簡単に追跡および監視できるため、すべての取引が正確に記録されて会計処理されているかどうかを確認できます。このような高い透明性によって潜在的な誤りや不正が特定されるため、ビジネスを保護できます。

  • Stripe の消し込みソリューションは、取引量の多い事業者にとって特に有益です。毎月何千件もの取引を処理する事業者は、自動化機能と拡張性を備えた Stripe の消し込みソリューションを利用して財務業務を合理化することができます。

  • 取引ライフサイクルが複数の期間にまたがる場合や、1 つの取引で顧客が複数の決済手段を利用する場合のように、複雑な取引のシナリオを扱うビジネスであっても、Stripe の消し込みソリューションを利用することで、そのような複雑なシナリオを効果的に処理することができます。Stripe の消し込みソリューションでは、多種多様な取引を柔軟かつ正確に消し込みする機能が用意されており、正確な財務報告書を作成することができます。

Stripe の消し込みソリューションを利用すると、内部記録と外部記録の比較処理が自動化されて簡素化されるため、事業者は、収益の把握やキャッシュフローの追跡、不一致の特定をより正確に行えるようになり、財務をより的確に管理することが可能となります。Stripe は、取引量が多い場合でも、複雑な取引シナリオの場合でも、スケーラブルかつ信頼性の高い消し込みソリューションで事業者の財務業務をサポートします。Stripe について詳しく知りたい場合、または Stripe の利用を開始したい場合は、こちらをご覧ください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。