顧客にインボイスを発行するタイミング: あらゆるビジネスモデルにおけるベストプラクティス

Invoicing
Invoicing

Stripe Invoicing は、支払いを簡単かつ素早く受け取ることを目的とする請求書作成プラットフォームです。自社でコードを作成することなく、請求書をわずか数分で作成し、送信できます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. インボイスとは
  3. インボイスの用途
  4. 顧客のインボイス: どのタイミングで請求書を発行するべきか
  5. インボイスを発行する際のベストプラクティスと間違った対応
    1. インボイスに関するベストプラクティス
    2. よくある間違いを避ける
  6. Stripe の請求書作成サービスのメリット

インボイスの発行タイミングを正しく設定することは、ビジネスのキャッシュフロー管理と顧客体験にとって不可欠な要素です。適切なタイミングでインボイスを発行できるかどうかが、健全なキャッシュフローと予期せぬ財政的な困難の分かれ目、また、スムーズな顧客体験と不必要な摩擦に悩まされる顧客体験の分かれ目となります。

インボイスの発行タイミングは、ビジネスの性質、契約条件、クライアントとの関係など、さまざまな要因に関連しています。企業のキャッシュフローの健全性を確保しつつ、一方で支払いをせかしているような印象を与えず良好なクライアント関係を維持するという点で、バランスをとることが重要です。インボイスを発行するタイミングを見極めることは、このバランスをとる上で重要な意味を持ちます。この記事では、運営するビジネスの種類と顧客との取引の実行方法に基づく、効果的なインボイス発行のタイミングを計るための主要な考慮点と戦略について扱います。

本記事の内容

  • インボイスとは
  • インボイスの用途
  • 顧客のインボイス: どのタイミングで請求書を発行するべきか
  • インボイスを発行する際のベストプラクティスと間違った対応
  • Stripe の請求書作成サービスのメリット

インボイスとは

インボイスとは、売り手が買い手に対して発行する書類で、提供した商品やサービスの概要、数量、合意した価格、買い手が支払うべき金額の合計が記載されたものです。インボイスは、請求書や支払い要請としての役割を果たし、これにより売り手は買い手に債務の履行を求めることができます。インボイスには、発行日、固有の識別子またはインボイス番号、両当事者の連絡先が記載されます。

また、支払いのリクエストとしての役割を持つだけでなく、買い手と売り手にとっての販売記録としても機能し、財務記録や税務目的で使用されるほか、支払いに関する紛争が発生した場合には法的文書として使用される可能性もあります。

インボイスの用途

インボイスは商取引においていくつかの重要な役割を果たします。

  • 支払いのリクエスト
    インボイスの主な目的は、提供された商品やサービスの支払い金額を詳細に記載して、それらに対する支払いを買い手に要求することです。

  • 販売の記録
    インボイスは、売り手と買い手の間における取引の記録として機能し、品目、個数、価格が記載されます。これは、売上の追跡、業績の分析、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行う上で特に役立ちます。

  • 法務面での保護
    支払いや取引の詳細について紛争が生じた場合、インボイスは法的な記録としての役割を果たします。インボイスにより、買い手と売り手が合意した条件が明確になるため、これは両者にとって保護となります。

  • 財務管理と会計
    インボイスは、正確な財務記録を維持するために重要な役割を果たします。収益追跡のサポートを提供するとともに、予算編成、予測、財務レポートにも不可欠です。

  • 税務書類作成
    インボイスは収入を証明するものであり、税金の計算に不可欠です。また、税金を徴収できる管轄区域や税制の範囲内で、売上から徴収した税金 (消費税または VAT など) の記録を提供することもできます。

  • 監査証跡
    財務監査において、インボイスは商取引の証拠となり、税法や法令遵守を保証するものとなります。

顧客のインボイス: どのタイミングで請求書を発行するべきか

インボイスを発行するタイミングを理解することは、ビジネスの健全なキャッシュフローを維持するために重要です。適切なタイミングは、ビジネスの性質、顧客と合意した条件、使用しているインボイスの種類によって大きく異なります。ここでは主なシナリオをいくつかご紹介します。

1. サービス提供型ビジネス
コンサルティング会社、マーケティング会社、フリーランサーなどのサービス型ビジネスの場合、インボイスの発行はサービスの提供後に行われることが多いようです。これは「後払い請求」と呼ばれます。例えば、フリーランスのグラフィックデザイナーは、プロジェクトの完了後、作業時間と合意したレートを詳細に記載したインボイスを発行することができます。

またサービスプロバイダーにより提供される継続的なサービスなどについて、毎月または四半期ごとにインボイスが発行される場合があります。例えば、デジタルマーケティングの会社では、継続的な SEO サービスのインボイスを毎月クライアントに送付する場合があります。

2. 製品提供型ビジネス
物理的な製品を販売する企業では、販売時点でインボイスを発行することが多いようです。例えば小売業者では、顧客が商品を購入した直後にインボイスが発行されます。

EC ストアの場合、顧客が注文を確定した後にインボイスが発行され、そのインボイスは多くの場合、出荷商品に同梱して送付されます。例えば、オンラインの衣料品小売業者の場合、顧客の注文が処理されるとすぐに、購入した商品と合計金額を記載したインボイスが発行されます。

3. 進行状況に応じた請求
建設やオーダーメイドのソフトウェア開発など、大規模なプロジェクトでは、プロジェクトの各段階でインボイスを発行する、進行状況に応じた請求方式が採用されることが多いようです。プロジェクトが特定のマイルストーンに達したタイミングや、一定の割合まで完了したタイミングで、インボイスが発行される場合があります。例えば、建設会社は、基礎工事、骨組み工事、屋根工事など、プロジェクトの各段階が完了した後にインボイスを発行するかもしれません。

4. 継続請求
SaaS 製品や雑誌の定期購読など、サブスクリプションベースのサービスを提供するビジネスでは、通常、サブスクリプション契約に従って、定期的 (毎月、四半期ごと、または毎年) にインボイスが送付されます。

5. 前払い
特に、原材料費に多額の支出が発生する場合や、顧客の信用に不安がある場合などは、前払いが求められることがあります。この場合、インボイスは事業者が製品を納品したりサービスを実施したりする前に送付されます。例えば、特注の家具メーカーであれば、材料費を賄うために価格の 50% について前払いを要請するかもしれません。そして、この前払い金額の詳細を記したインボイスが顧客に送付されます。

6. リテーナーモデル
リテーナーモデルは、法律事務所や広報会社などでよく採用されるモデルで、クライアントは定期的に (通常は月に一度) 定められた金額を支払います。業務受託側の事務所は、リテーナーの利用状況 (例えば、何時間利用したか、どのプロジェクトに関わったかなど) と、リテーナーの超過料金 (該当する場合) の詳細が記されたインボイスを提供します。

つまり、顧客に対しインボイスを送付するタイミングは、特定のビジネスモデル、提供する商品やサービスの性質、顧客との契約内容によって大きく異なります。インボイスを送付するタイミングに関わらず、支払い条件を明確にし、インボイスの手続きを迅速に行い、フォローアップを一貫して行うことで、支払いを適切なタイミングで受け取ることができるよう細心の注意を払うことが重要です。

インボイスを発行する際のベストプラクティスと間違った対応

どのようなビジネスにおいても、インボイス発行プロセスを適切に管理することは、財務の健全性を保つ上で不可欠です。このプロセスを最適化するために、インボイス発行手順に関するベストプラクティスとよくある間違いについて考えてみましょう。

インボイスに関するベストプラクティス

  • 明確かつ詳細な情報を提供する
    インボイスに必要な情報がすべて含まれていることを常に確認してください。両当事者の連絡先、固有のインボイス番号、日付、提供された製品またはサービスの詳細なリスト、請求合計額、および支払い条件などの情報が必要です。情報が具体的かつ明確であればあるほど、混乱や論争の余地は少なくなります。

  • 専用のインボイステンプレートを使用する
    専用にデザインされたインボイステンプレートを使用することで、ビジネスのイメージを向上させ、必要な情報をすべて含めて、一貫性を維持することができます。

  • 支払い条件を明確に定める
    支払い条件を明確にしましょう。支払い期日、支払い方法、遅延損害金や早期支払い割引の詳細を記載します。

  • 迅速なインボイス発行
    販売やサービスの完了後、速やかに請求書を送付するようにしましょう。適切なタイミングでインボイスが発行できれば、やはり適切なタイミングで支払いを受け取ることができます。

  • 定期的なフォローアップ
    未払いのインボイスのフォローアップは重要です。必要に応じて、穏やかな働きかけからより正式な通知へと段階を踏んで処理できるような、リマインダーのシステムを開発できます。

  • テクノロジーを活用する
    デジタルインボイス作成ソフトの利用を検討できます。これらのツールを使用すると、インボイスの送付、今後の支払いや過去の未払いの通知、キャッシュフローの追跡など、インボイスに関わるプロセスの多くの業務を自動化できます。

よくある間違いを避ける

  • 遅延
    インボイス発行プロセスに遅延があると、支払いが遅れ、キャッシュフローにも悪影響が及ぶ可能性があります。製品やサービスの提供後、すぐにインボイスを送付するようにしましょう。

  • 部分的な支払いの無視
    顧客が一部についてのみ支払いを行った場合、残額を記載した最新のインボイスを送付する必要があります。これにより、顧客の残債を明確にすることができます。

  • 一貫性のないインボイス発行
    インボイスのデザイン、情報、タイミングに矛盾があると、混乱が生じます。標準的なテンプレートを使用し、スケジュールに沿った定期的なインボイス発行を行いましょう。

  • 間違いの見落とし
    インボイスを送付する前に、数量、価格、計算に間違いがないか再確認します。誤りがあると、紛争や支払いの遅延につながる可能性があります。

  • フォローアッププラン
    インボイスの作成と送付に注力している企業であっても、支払いのフォローアップを戦略的に行うことについては見過ごしがちです。フォローアップと支払い遅延への対応をシステムとして確立することができます。

これらのベストプラクティスとよくある間違いに注意を払うことで、企業は効果的かつ効率的なインボイス発行プロセスを構築することができます。これはキャッシュフローの改善や信頼性の向上、支払いに関する紛争の減少、支払いに関わる無駄な時間の削減につながります。

Stripe の請求書作成サービスのメリット

Stripe Invoicing は、インボイス発行の課題を解決し、ベストプラクティスを促進するツールです。Stripe Invoicing の主な機能とメリットをご紹介します。

  • 迅速かつ拡張性のあるインボイス作成
    Stripe Invoicing を使用すると、数分でインボイスを作成し顧客に送信できるようになります。また、ビジネスのニーズに合わせて拡張することもできます。これにより、顧客ベースの規模や種類によって、インボイス発行までの時間が左右されることはなくなります。

  • 簡単なカスタマイズ
    Stripe Invoicing では、ダッシュボードから直接、カスタマイズされたインボイスを作成できます。ロゴやカラー設定を更新したり、製品の詳細、ラインアイテム、割引、税率などを追加したりして、インボイスのデザインを自社のブランドアイデンティティと一致させることができます。

  • グローバルな決済の受け付け
    30 以上の言語135 以上の通貨、多岐にわたるグローバルな決済手段をサポートする Stripe Invoicing により、顧客にとって都合のいい方法での決済を実現し、迅速な支払いを促進できます。

  • 自動化された売掛金管理
    Stripe によるインボイス作成では、支払いのリマインダーや回収など、売掛金プロセスが自動化されます。この自動化により、インボイスの支払い追跡と情報収集に費やす時間が削減され、財務記録を効果的に整理できるようになります。

  • シンプルな操作性
    Stripe Invoicing の操作はシンプルであり、ダッシュボードからインボイスを管理して、詳細なレポートを直接表示することができます。Stripe の外部で、インボイスの更新、無効化、複製、払い戻し、支払い済みマーク付けを簡単に実行できます。

インボイス発行に関連する課題を解決するために、またインボイス発行プロセスを最適化し、より迅速かつ効率的で顧客にとって使いやすいものにするために、Stripe がどのように役立つかの詳細をご覧ください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。