ペイメントゲートウェイの停止: 決済処理の停止に関する説明と対応

Payments
Payments

Accept payments online, in person, and around the world with a payments solution built for any business—from scaling startups to global enterprises.

Learn more 
  1. はじめに
  2. ペイメントゲートウェイとは?
  3. ペイメントゲートウェイの仕組み
  4. 決済システムが停止する理由
  5. 決済システムの停止の防止策と対応方法
  6. ペイメントゲートウェイと決済処理の停止の発生時にするべきこと

ペイメントゲートウェイは、ビジネスにとっては金融取引を管理する重要な要素です。顧客満足度と売上フローを維持し、業務を効率的に進めるには、スムーズで信頼できるペイメントゲートウェイが重要です。

しかし残念ながら、ペイメントゲートウェイは停止することがあり、停止すればビジネスに大きな混乱を引き起こしかねません。

財務面への影響や顧客との関係がダメージを受ける可能性を考え、企業はこのような停止にどのように備え、管理するかを理解しておく必要があります。この知識が、損失の軽減、顧客からの信頼の維持、そしてサービスの迅速な復旧に役立ちます。決済インフラストラクチャーを注意深く監視し、顧客にシームレスな取引体験を提供することがいかに重要かは、すでにご存知だと思います。ここでは、ペイメントゲートウェイの停止に対する備えおよび対応について知っておくべきことについて説明します。

この記事の内容

  • ペイメントゲートウェイとは?
  • ペイメントゲートウェイの仕組み
  • 決済システムが停止する理由
  • 決済システムの停止の防止策と対応方法
  • ペイメントゲートウェイと決済処理の停止の発生時にするべきこと

ペイメントゲートウェイとは?

ペイメントゲートウェイは、クレジットカードやダイレクト支払いを処理するデジタルサービスで、EC ストアサイトから従来の実店舗まで、さまざまなビジネスの取引を可能にします。ペイメントゲートウェイは、ウェブサイトやモバイルアプリケーションなどの決済ポータルと、銀行やフロントエンド代行業者の間で情報を伝達する橋渡し役として機能します。ペイメントゲートウェイは、顧客の銀行と企業の銀行のデジタル的な仲介者の役割を担っており、それにより取引を確実に成功させることができます。

顧客がカードの詳細情報を入力して買い物をしようとすると、ペイメントゲートウェイによってその情報が検証され、売上を利用できるかどうかを確認された後、最終的に取引が実行されます。このサービスを利用すると、企業は安全かつ迅速、そして効率よくオンライン取引を受け付けることができます。

ペイメントゲートウェイの仕組み

ペイメントゲートウェイはオンライン取引をデジタル的に仲介し、顧客からの決済が迅速かつ安全に処理されるようにします。このサービスにより、企業は顧客の支払いの詳細を検証し、利用可能な売上をチェックして、取引を円滑に進めることができます。ここでは、ペイメントゲートウェイの仕組みについて順を追って説明します。

  • 取引の開始: このプロセスは、企業のウェブサイトやアプリで顧客が買い物をして、クレジットカード、デビットカード、デジタルウォレット、銀行口座情報などの支払いの詳細を入力したときに始まります。

  • 暗号化と通信: ペイメントゲートウェイにより、顧客のデータは、企業のアクワイアリング銀行または決済代行業者に情報が送信される前に暗号化され、保護されます。

  • 銀行の役割: 銀行はこの情報を関連するクレジットカードネットワークを介してカード発行会社 (顧客にカードを発行した機関) に送信し、取引の承認をリクエストします。

  • 承認: カード発行会社は取引の詳細を検証し、顧客に十分な資金またはクレジットがあるかどうかを確認します。取引が承認されると、カード発行会社は同じ通信経路で承認コードを送り返します。

  • 完了: ペイメントゲートウェイによりこの承認が企業に送り返され、取引が成立します。

  • 売上処理: 営業日の終わりに、カード発行会社は承認済み取引のバッチを、売上処理のために、加盟店アカウント (または、その企業に対して加盟店アカウント機能を提供する機関である場合は決済代行業者) に送信します。アクワイアリング銀行または決済代行業者が、企業の主要な銀行口座に売上を送金します。

ペイメントゲートウェイは、オンライン取引中、安全性、効率性、透明性を維持する上で極めて重要な役割を果たします。

決済システムが停止する理由

ペイメントゲートウェイなどの決済システムは、さまざまな理由で停止または中断します。こうした中断によって、売上の損失、キャッシュフローの混乱、顧客からの信頼の低下、業務コストの上昇など、多くのビジネスに関する問題が発生する可能性があります。では、なぜペイメントゲートウェイや決済システムは停止するのでしょうか?ここでは主な理由をいくつかご紹介します。

  • 技術的な問題
    技術的な問題は、サーバーの停止、ネットワーク接続の問題、システムソフトウェアのバグなど、ハードウェアやソフトウェアの不具合によって発生します。

  • 予定されたメンテナンス
    計画されたメンテナンスやアップグレードを行わなければならないことがあります。このような中断は必要不可欠なものですが、一時的なダウンタイムを引き起こす場合があります。

  • セキュリティの脅威
    サイバー攻撃や不正行為の疑いがある場合、状況を調査し解決するまでの間、予防措置として決済システムが一時的にオフラインになることがあります。

  • 取引量の増大
    大規模な販売イベントや年末商戦などのピーク時に、取引量がシステムの処理能力を超えることがあり、これが速度低下や停止につながります。

  • サードパーティーサービスの問題
    ペイメントゲートウェイが、インターネットサービスプロバイダー、ホスティングサービス、銀行ネットワークなどの他のサードパーティーサービスに依存していることはよくあります。このようなサードパーティーサービスのいずれかに問題が発生すると、ペイメントゲートウェイの可用性に影響を及ぼすことがあります。

  • データセンターの問題
    ハードウェアの故障から自然災害まで、さまざまな潜在的な問題が、データセンターのサービス中断を引き起こす可能性があります。

ダウンタイムが発生すれば、特にオンラインでのみ業務を行っているビジネスに大きな影響を及ぼす可能性があることは明らかです。ペイメントプロバイダーにより、このような状況が発生するのを最小限に抑え、システムの堅牢性と信頼性を確保することができます。しかし、どんなに熱心に取り組んだとしても、ダウンタイムを完全に避けることはできません。企業はこのような脆弱性を軽減するために、独自の対策を積極的に講じる必要があります。

決済システムの停止の防止策と対応方法

ペイメントゲートウェイが停止すると、ビジネス、特にシームレスな取引が顧客体験の重要分野となっているオンラインビジネスに、大きな混乱をきたす可能性があります。このような重要なサービスが停止すると、収益が直ちに失われるだけでなく、評判や顧客からの信頼が損なわれ、その影響が長期に及ぶこともあります。企業はこのような停止を最小限に抑えるために積極的に取り組み、万全の対応策を用意しておく必要があります。

ここでは、企業が講じることができる対策をいくつかご紹介します。

  • ペイメントプロバイダーを分散させる
    1 つのペイメントプロバイダーだけに依存していると、その唯一のペイメントゲートウェイが停止した場合に、ビジネスが脆弱になる可能性があります。複数のペイメントプロバイダーを採用することで、1 つのゲートウェイが停止しても、別のゲートウェイを取引の経路として再選定することができます。決済インフラストラクチャーの冗長性によって、取引が完全に停止するリスクを軽減できます。

  • 定期的なシステムチェックとモニタリングを実施する
    プロバイダーを分散させるほか、システムチェックとモニタリングを定期的に実施することも、予防メンテナンスには重要です。潜在的な問題が全面的な停止に発展する前に、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク接続などの決済システムを頻繁かつ徹底的に評価して、問題を検出するようにしてください。システムのパフォーマンスと取引の成功率を監視することで、問題が差し迫っていることを示すパターンを発見できます。

  • 不正利用の検出と防止に投資する
    包括的なサイバーセキュリティ対策を導入して、ビジネスと顧客を守ります。セキュリティ侵害は、顧客からの信頼とプライバシーを脅かすだけでなく、ペイメントゲートウェイの停止を引き起こす可能性もあります。定期的にシステムを更新してパッチを適用する、一貫したセキュリティ監査や侵入テストを実施する、決済の不正利用に関する最新の脅威とベストプラクティスについて従業員を教育する、といった対策により、セキュリティの脅威に対するシステムの回復力を向上させることができます。

  • 信頼できるペイメントプロバイダーを選ぶ
    どのプロバイダーもダウンタイムゼロを保証することはできませんが、その中でも信頼性の高いプロバイダーは存在します。重要なのは、プロバイダーの稼働時間の履歴、過去に停止が発生した際の対処方法、(特に危機的状況における) 顧客サポートのレベル、インフラストラクチャーの堅牢性を評価することです。稼働時間が長く、積極的にサポートを提供してくれるプロバイダーを選ぶことが、長い目で見ればプラスになります。

  • ペイメントプロバイダーのメンテナンススケジュールを常に把握しておく
    計画的なメンテナンスやシステム更新のために、プロバイダーがシステムをオフラインにしなければならないことはよくあります。このような計画的ダウンタイムがわかっていれば、企業はそれに備え、顧客に事前に通知できるため、メンテナンス時の顧客の不満が軽減されます。

あらゆる予防策を講じておけば、ペイメントゲートウェイの停止のリスクと潜在的な影響が軽減されます。また、このような対策を導入することで、停止発生時に効率よく対応するためのツールを装備することができます。このような潜在的な課題を、システム、プロセス、顧客関係を強化する機会として活用することができます。

ペイメントゲートウェイと決済処理の停止の発生時にするべきこと

あらゆる手を尽くして予防策を講じたとしても、停止のリスクを完全に排除することはできません。重要なのは、包括的な緊急時対応計画を用意することです。この計画は、停止中に顧客と効率的にやり取りする方法が詳しく説明されたもので、実施中の対策と解決予定時間について顧客を安心させるものである必要があります。また、実施可能なバックアップの決済手段や、問題解決を促進するためのペイメントプロバイダーへの問題のエスカレートプロセスが概説されている必要もあります。この計画は、過去の停止から学んだ内容を取り入れるために定期的に更新するとよいでしょう。

ここでは、企業がダウンタイム中に取ることができるステップをいくつかご紹介します。

  • 顧客と連絡を取る
    ゲートウェイの停止が顧客との関係に与えるダメージを最小限に抑えるには、明確かつ積極的なコミュニケーションが重要です。一般的に、顧客はデジタル決済を支える技術システムが完璧でないことを理解しています。停止に関する連絡をタイムリーかつ透明性の高い方法で行っている限り、時折発生する停止について責任が問われることはないでしょう。問題を認め、迷惑をかけたことを謝罪し、解決までのスケジュールに関する最新情報を提供し、可能であれば代替策を提示することが重要です。こうしたコミュニケーションは、企業のウェブサイト、メール、ソーシャルメディアなど、顧客と連絡を取ることができるすべてのチャネルを使って行う必要があります。

  • 決済代行業者との連絡を保つ
    停止時に連絡を取りたいのは顧客だけではありません。ペイメントプロバイダーとも定期的に連絡を取るようにしてください。ペイメントプロバイダーは、問題の性質、解決までの推定時間、可能な回避策に関する最新情報を提供できます。問題解決に予想以上の時間がかかっている場合や、停止によって大きな混乱を引き起こしている場合は、企業が問題をエスカレーションすることもできます。

  • バックアップの決済手段を導入する
    停止時に役に立つのが代替の決済手段です。例えば、代替ペイメントゲートウェイをスタンバイしておく、直接銀行振込などの手動決済手段を用意する、実店舗での現金取引を促進する、といった手段があります。このような冗長性によってビジネス継続性を確保し、収益の損失を最小限に抑えることができます。

  • 経験から学ぶ
    停止が解決するまでは停止への迅速な対応に焦点を当てますが、解決後はその焦点をインシデントからの学習に移します。徹底的なレビューによって、何が原因で停止が発生したか、どのように対処したか、業務にどのような影響があったかを把握してください。ペイメントプロバイダーのパフォーマンスもこの分析の対象となります。インシデントにおける役割、対応能力、提案された解決策を検証してください。

決済処理の停止中の最終的な目標は、タイムリーなコミュニケーションを確保し、顧客からの信頼を維持することです。状況を効果的に管理すれば、問題を解決し不便を最小限に抑えるために懸命に取り組んでいることを顧客に伝え、わかってもらうことができます。

ペイメントゲートウェイや決済処理の停止が発生したときに、企業の回復力と顧客対応戦略が試されます。このような混乱に対する企業のアプローチは、事業運営に直接影響するだけでなく、長期的な顧客からの信頼にも大きく影響する可能性があります。こうした事象をうまく管理することで、ビジネスシステムを強化し、顧客との関係を向上させることができます。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。