ドイツにおける EC カードの廃止

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. EC カードは廃止されたのか
  3. EC カードとは
    1. 小切手保証カードの仕組み
    2. 小切手保証カードのその後
    3. ユーロチェックカードが電子デビットカードになった経緯
    4. Maestro のおかげでユーロチェックカードが国際電子デビットカードに
    5. ドイツでは「EC カード」が「girocard」に
    6. girocard とは
    7. ドイツの girocard のデメリット
  4. girocard はまもなく廃止されるのか
    1. girocard と EC カードの Maestro 機能が終了することによる影響
    2. girocard 決済手段の変更は自動反映されるのか?それとも、カードユーザーが何らかの手続きをする必要があるのか?
  5. 普段利用している girocard に関する 3 つの事実
    1. girocard で資金を引き出す際の手数料
    2. girocard で 1 日に引き出せる限度額
    3. girocard を停止する方法

EC カードとは、ドイツの決済で最も一般的に使用されているプラスチックカードを表すドイツでの俗称です。ただし、2007 年以降は別の名前で運営されています。現在は girocard と呼ばれています。この記事では、EC カードの有効性について知っておくべきすべてのことと、世界各国での決済に Mastercard の Maestro 機能を利用できなくなったときに girocard ユーザーが想定しておくことを説明します。

この記事の内容

  • EC カードは廃止されたのか
  • EC カードとは
  • girocard はまもなく廃止されるのか
  • 普段利用している girocard に関する 3 つの事実

EC カードは廃止されたのか

「EC カード」としてよく知られていたユーロチェックカードは、15 年以上前に廃止されました。現在、ドイツのキャッシュレス決済手段として最も広く利用されていて発行数が 1 億枚を超えている、いわゆる EC カードは、EC 機能が付いたユーロチェックカードではなくなっています (ここでの EC はキャッシュレスカード決済システム「エレクトロニックキャッシュ」を指します)。2007 年以降は girocard と呼ばれており、ドイツ銀行協会 (Deutsche Kreditwirtschaft) のデビットカードとしても知られています。

機能に関して言えば、ペイメントカードには絶え間ない技術革新が行われています。ユーロチェックカードに当初あった小切手保証に加えて、ATM での現金引き出しやキャッシュレス決済といった追加機能が徐々に追加されました。最終的に、このカードは Mastercard の Maestro 機能に後押しされて国際デビットカードになりました。

この記事では、着実に追加される新機能の背景情報、カードの名称変更、Maestro 機能の終了に関する最新情報をより深く理解できるように、EC カードの開発において特に重要な節目を紹介します。

EC カードとは

1960 年代末に、ドイツはいわゆる小切手保証カードを導入しました。このカードは略して小切手カードとも呼ばれていました。ドイツのさまざまな銀行と貯蓄銀行が提携し、特定の金融機関に依存しない取り組みでした。

小切手保証カードの仕組み

小切手保証カードの登場によって、小切手のこれまでの使用法において弱みであった小切手現金化のリスクに終止符が打たれました。小切手法 (ScheckG) 第 4 条のもとでは、一度発行された小切手を銀行が受入れないことが可能となっていました。この法律では、小切手に記載された引受書は記載されていないものと見なされていたのです。

その小切手現金化のリスクを軽減するために、小切手所持人と銀行との間で保証合意が結ばれました。しかし、これは銀行が債権の不履行リスク(「信用力リスク」ともいう)を負わなければならないというデメリットをもたらしました。

保証を有効にするために、小切手の振出人はユーロチェックの裏面に保証カード番号を記載する必要がありました。これにより、銀行は、持参人が支払能力を有する正規の顧客であるかどうかを確認することができるようになりました。保証契約は、小切手が保証カードの規約の範囲内で振り出されて期限内に提示された場合、かつ、カード番号、小切手の振出人の署名、保証カードに記載されている信用機関名と口座番号、ユーロチェック券の形式が一致する場合に有効になります。

小切手保証カードのその後

新しい小切手カードは当座預金の残高を利用しやすくすることを目的としていました。当座預金の残高は 1950 年代後半から 1960 年代初頭にかけて大幅に増加したのです。しかし、観光旅行が盛んになり、自国のカードで保証された小切手のように国外でも使用できる決済手段の需要が高まりました。

そのため、1968 年にドイツの主導で、ヨーロッパの 15 カ国がカード保証付き小切手に関する国際協力をすることに合意しました。それによって、ユーロチェック制度の基礎が築かれたのです。同年に、ユーロチェックのロゴ、「ユーロチェック」および「ユーロチェックカード」という名称、償還条件、手形交換が制定されました。

ユーロチェックカードが電子デビットカードになった経緯

1970 年代初めから、ATM の供用が始まりました。ATM が普及するにつれてユーロチェックカードは進化しました。単純な小切手保証カードが ATM の操作カードとしても承認され、のちに POS 端末での使用も承認されました。これにより、利用者は端末でキャッシュレス購入が可能になりました。EC 決済をする際に、(通常は) 4 桁のカード暗証番号を入力するとオーソリが承認されるようになりました。

1980 年代初めになると、ユーロチェックカードの国際的な利用が進みました。国際 ATM の機能には、ユーロチェックカードのいわゆる「EC ピクトグラム」の印が付けられました。ユーロチェック保証機能が付いていない銀行カードにも EC ピクトグラムが付きました。この時点で、「EC カード」という言葉はドイツで一般的に使われるようになったのです。そうなった理由は、このプラスチックカードの名称が電子デビットカードシステムである「エレクトロニックキャッシュプロセス」(「EC キャッシュ」、「エレクトロニックキャッシュ」、「E キャッシュ」とも呼ばれていました) を表す「EC」と読めるからです。そのため、「EC カード」と呼ばれるようになりました。

1980 年代末には、「電子デビットカード」が開発されました。アメリカの企業である MasterCard International の協力により、対応する EDC 機能がヨーロッパ以外の金融機関にも拡張されました。この取り組みは Mastercard の Maestro の主導により実施されたものです。そうすることで、EDC がユーロチェックカードやユーロチェック機能を持たない銀行利用者カードの機能に追加され、「EC ピクトグラム」はヨーロッパの ATM の特徴になりました。

Maestro のおかげでユーロチェックカードが国際電子デビットカードに

国際社会全体の成長、グローバル化、クロスボーダー決済取引の増加に伴い、Maestro は EC ピクトグラムと EDC というヨーロッパの 2 つのデビット機能に加えて、ATM と POS で使える Maestro ブランドのグローバルデビット機能を提供しました。現在ではこの決済手段は一般に「共同バッジ」と呼ばれています。そのため、girocard には Maestro のシンボルが付いているのです。

しかし、ヨーロッパの 2 つのデビット機能はまもなくして Mastercard が提供していた Maestro 機能に置き換えられました。それにより、2 つのデビット機能はヨーロッパのユーロチェックカードと、ユーロチェック機能が付いていないヨーロッパの銀行利用者カードから削除されました。ユーロチェックカードの小切手保証機能の重要性は次第に薄れていきました。

Maestro 機能が付いたユーロチェックカードは電子デビットカードとして世界中で使用できましたが、ドイツでの使用量はそれをはるかにしのぐものでした。また、Maestro 機能が付いていないデビットカードはドイツでしか使用できませんでした。

ドイツでは「EC カード」が「girocard」に

2007 年に、中央金融信用委員会 (Zentraler Kreditausschuss) (2011 年以降はドイツ銀行協会 (Deutsche Kreditwirtschaft) と呼ばれる) とドイツのクレジット業界の大手企業が参画する協会は EC カードの新しい名称とロゴとして「girocard」を導入しました。EC カードという用語に加えて、girocard という用語もドイツで広く使われるようになりました。

girocard とは

girocard はドイツの国内デビットカードです。girocard によって 2 つのメリットがもたらされました。1 つは、共通カード決済システムに関する合意が得られたことで、システムの効率が向上したことです。そしてもう 1 つは、カードユーザーにかかる費用が少なくなったことです。

現在、ドイツでは 1 億枚以上の girocard が発行されています。その大半は、Maestro の共同バッジが付いた girocard です。そのため、ドイツ銀行協会の girocard デビットカードは、ドイツで最も広く利用されているキャッシュレス決済手段になりました。ドイツ全体では、およそ 1,097,000 台の端末で毎分 12,000 件の決済が行われています。

また、このような非接触型決済はますます普及していますが、最新の girocard に搭載された近距離無線通信 (NFC) 技術のおかげで安全です。

長らく、アナログ式のプラスチック girocard にはそれと同等のデジタル girocard がありました。このデジタル girocard は利用者がスマートフォンに入れて使用できます。

ドイツの girocard のデメリット

長年の間、girocard のデメリットは、オンライン取引 (電子商取引、略して E コマースとも呼ばれる) に向いていないことでした。その状況が変わったのは 2021 年です。この年に、貯蓄銀行グループ (Sparkassen-Finanzgruppe) は Apple を使用している利用者が Apple Pay ウォレットに入れた girocard を使ってオンラインストアやアプリで決済できるようにしました。ただし、厳密に言えば、これは独立した決済プロセスではありません。代わりに、このカードは Apple Pay での「売上処理」の決済手段としての役割を果たします。

ウォレット内のマイナスのクレジット残高を相殺するために使用できます。レガシーであるため、girocard のこのオンライン機能とそれを支える決済プロセスはドイツでしか機能しません。その理由は、ドイツ銀行協会の認可を受けたネットワーク事業者がこの機能を処理しているためです。ヨーロッパの他の国でも girocard で決済できるようにするには、Mastercard や Visa などの決済手段の事業者と協力する必要があります。

girocard はまもなく廃止されるのか

いいえ。ドイツ銀行協会のデビットカードである girocard が廃止されるという正式な発表はありません。

カード機能の変更を 2021 年に Mastercard が発表し、2023 年夏に実施して以降に、そのような噂が流れ始めました。それ以来、Mastercard は新しいカードでは Maestro 決済機能を提供していません。すなわち、Maestro 機能が付いたすべての EC カードと girocard でこのグローバル決済機能が段階的に廃止されています。

girocard と EC カードの Maestro 機能が終了することによる影響

girocard のグローバル Maestro 決済機能がなくなっても、ドイツの銀行利用者はカードの有効期限が切れるまで、または遅くとも 2027 年末までは、Maestro 機能と関連するピクトグラムが付いた girocard を使って決済や資金の引き出しを行うことができます。カードの有効期限が切れるか、2027 年末になると、全世界で決済と資金の引き出しができなくなります。それ以降に外国でキャッシュレス決済をしたい場合は、2023 年 7 月 1 日以降に銀行で発行された、別の決済システムの新しいカードが必要になります。

今後、外国で girocard を使用すると次のようになる可能性があります。

  • 別の共同バッジが付いた girocard: 今後、ドイツの銀行が Visa (Visa デビット) または Mastercard (デビット Mastercard) の一体型デビットカードに対応した girocard を発行する可能性があります。これらのカードは girocard システムを通じてドイツ国内で利用できるほか、パートナーの決済システムを使用して外国で利用することもできます。その girocard に、従来のクレジットカードのような 16 桁のカード番号とセキュリティコード (Card Verification Value (CVV) コード) が付属する可能性もあります。セキュリティコード付きの girocard は CVV girocard とも呼ばれます。このカードを使ってオンライン決済することも可能です。
  • V Pay 対応の girocard: ドイツの銀行が Visa や Mastercard の競合他社を利用したグローバル決済を導入する可能性もあります。そうすると、今後の girocard は Maestro ではなく V Pay 決済システムを通じて利用できるようになるかもしれません。消費者相談センター (Verbraucherzentrale) によると、Visa はこれまでのところ V Pay 機能を引き続き提供する予定だと述べています。
  • girocard と海外旅行用の別のカードを併用: 将来的に、ドイツの銀行がデュアルカードシステムを利用する可能性もあります。そうすると、ドイツ国内では girocard を利用し、外国ではデビットカードまたはクレジットカードを利用できるようになります。

girocard が廃止される可能性はあります。小売業の利用者は別のデビットカードを使って決済することもできるでしょう。しかし、ドイツではまだこれらのカードを受け付けていない店舗もあります。すなわち、小売店は決済システムを切り替える必要が出てくるでしょう。その結果、それぞれのカード会社が手数料を徴収するため、企業のコストが跳ね上がります。ですが、企業がこの増加したコストを転嫁すると、利用者が支払う料金が値上がりします。

girocard 決済手段の変更は自動反映されるのか?それとも、カードユーザーが何らかの手続きをする必要があるのか?

ドイツの銀行は 2023 年 7 月 1 日から Maestro 機能が付いた girocard の発行を停止しているため、カードは徐々に有効期限を迎えます。ただし、この日より前に発行されたカードの効力は失われません。有効期限が切れるまでは、カードのすべての機能と Maestro 機能をドイツ国内でも外国でも利用できます。

Maestro 機能が廃止されるからといって、girocard の機能をまったく利用できなくなるわけではありません。グローバル決済機能はなくなるものの、ドイツ国内では girocard を引き続き制約なく利用できます。girocard のドイツ国内向け機能はすべてそのまま維持されます。

Maestro 機能が付いた girocard から CVV girocard への切り替えは銀行の主導で行われます。Maestro 機能が付いた girocard の有効期限が切れたカードユーザーには、新しい CVV カードが届きます。

普段利用している girocard に関する 3 つの事実

ここからは、girocard で普段行っている決済について知っておくべき 3 つの事実を紹介します。

girocard で資金を引き出す際の手数料

一般に、ドイツ国内で自分の取引先銀行の ATM を利用して girocard で資金を引き出す場合、手数料はかかりません。同じ ATM ネットワークに属していない別の銀行の ATM を利用して資金を引き出す場合、通常は手数料だけ支払います。手数料の合計額は銀行によって異なる場合があります。

girocard で 1 日に引き出せる限度額

girocard で ATM から 1 日に引き出せる限度額は銀行や自身のカードの利用限度額によって変わります。一般に、ATM から 1 日に引き出せる限度額は 1,000 ユーロです。銀行から個別に承諾を得ていれば、限度額を引き上げることができます。

現金を払い出すドラッグストア、スーパーマーケット、ガソリンスタンドの場合、girocard での引き出し限度額は 200 ユーロで、最低購入額が適用されます。

girocard を停止する方法

girocard を停止する必要がある場合は、早急に手続きしてください。口座を停止するには、緊急連絡先の電話番号 116 116 または取引先銀行に連絡します。あるいは、0180 5 021 021 に電話する方法もあります。

緊急連絡先の電話番号 116 116 への通話は無料で、関連する停止サービスにつながります。

注: 外国から電話をかける場合は、緊急連絡先の電話番号を入力する前にドイツの国コード (0049) をダイヤルする必要があります。外国からの通話には料金がかかる場合があります。

girocard が盗難に遭った場合は、ただちに警察に盗難届を出し、KUNO 停止サービスを利用してカードを停止することをおすすめします。この手続きは警察署内でしかできません。

詳細はキャッシュレス決済をご覧ください。カード発行時に Stripe がどのような形でサポートできるか関心をお持ちの場合は、Stripe 営業チームにお問い合わせください

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。