Maestro の概要について

  1. はじめに
  2. Maestro とは
  3. Maestro のメリット
  4. Maestro を使用する決済が機能する方法
  5. Maestro の代替手段
  6. Maestro と V-Pay や girocard との違い
  7. Maestro と Mastercard との違い

girocard の Maestro 機能は、数十年にわたり、特に海外での支払いにおいて人気のある決済手段となってきました。この記事では、Maestro の仕組みと、事業者と購入者にとってのメリットについて説明します。

本記事の内容

  • Maestro とは
  • Maestro のメリット
  • Maestro を使用する決済が機能する方法
  • Maestro の代替手段
  • Maestro と V-Pay や girocard との違い
  • Maestro と Mastercard との違い

Maestro とは

Maestro は、1991 年よりペイメントプロバイダーである Mastercard によって提供されてきた決済システムです。Maestro の共同ブランドを持つ girocard またはデビットカードは、世界中の何百万もの場所で使用できます。クレジットカードとは違い、利用者は Maestro カードを使用して、当座預金口座にある資金のみを使うことができます。

しかし、2023 年 7 月以降、新たに発行される girocard には Maestro 機能が付帯しなくなったことにご注意ください。Mastercard は、この決済システムはオンラインコマース向けには設計されておらず、コストがかかり過ぎると声明を発表しています。利用者は、海外旅行の際にも、有効期限が切れるまで発行済みのカードで支払いを続けることができます。しかし、この変更のために一部の店舗では Maestro での支払いを受け付けなくなります。そのため、特定の事業者がこのカードを引き続きサポートしているかどうかを前もって確認する必要があります。Mastercard は現在、girocard の Maestro 機能の代わりに「デビット MasterCard」を提供しています。

Maestro のメリット

Maestro は、事業者と購入者に、お金の受け取り、引き出し、使用のための迅速かつ安全で便利な方法を提供します。ほとんどの ATM や事業者が Maestro を受け付けているため、Maestro は店舗とオンラインの両方で決済を簡略化します。

事業者は Maestro と簡単に提携することができます。高価なテクノロジー、新しいソフトウェアやハードウェアを購入する必要はありません。必要なのは、各店舗でのクレジットカード端末または受け入れ用のソフトウェアだけです。
Maestro の主なメリットは、世界中で受け入れられている (つまり、外国で使用できる) ことです。カード保有者は Maestro を使用して外国でお金を引き出したり、キャッシュレス決済を行ったりすることができます。決済手段として Maestro を提供することによって、事業者は国際販売を手掛け、新たな市場に参入することができます。

Maestro はさまざまなセキュリティ機能を提供し、不正利用を防いでいます。これには、NFC チップ (NFC は「近距離無線通信」のことです)、PIN 確認、3D セキュア (3DS) 認証などが含まれます。これらの機能は、承認された利用者のみが取引を行えるようにします。さらに、Maestro では取引が一定の限度額までしか実行されないため、購入者は予期しない支払いからさらに保護されます。

Maestro を使用する決済が機能する方法

銀行が girocard を発行する際、大抵、共同ブランド (Maestro や Visa など) が表示されます。この共同ブランドのおかげで、利用者は世界中でお金を引き出したり、キャッシュレス決済を行ったりすることができます。店舗で支払いをするには、カードまたは NFC チップをカードリーダーにかざすだけで済みます。決済データが電子的に送られた後、50 ユーロ以上の支払いには PIN の入力または署名による承認が必要になります。取引が成立すると、登録された当座預金口座から直接引き落とされます。

一部の Maestro カードでは、CVV コード (カードの裏面に記載された 3 桁のセキュリティコード) があればオンラインでの支払いも行えます。オンライン決済に対応している場合、利用者はカード番号、有効期限、CVV コードを支払いページの該当するフィールドに入力できます。その後、Mastercard SecureCode 手順 (3DS 手順) を使用して取引を確認します。これは追加の本人確認ステップで、決済フローをより安全なものとします。

カードを海外で使用する場合、一部の銀行では追加の手数料がかかる場合があることに注意してください。利用者は、Maestro がそのマーケットプレイスでどれほど普及しているかを前もって確認する必要もあります。

Maestro の代替手段

Maestro 機能に最近加えられた変更を考慮すると、いくつかの代替手段を検討できます。そのうちの 1 つは、銀行で girocard を別のデビットカードに交換する方法です。他のデビットカードの機能は、口座から直接引き出す方法に似ています。しかし、girocard 以外のデビットカードが使用されるとコストが発生するため、ドイツのほとんどの小規模店舗ではデビットカードを受け付けていません。

別のオプションは、銀行で 2 枚のカードシステムを採用する方法です。たとえば、girocard はドイツ国内で、クレジットカードまたはデビットカードは海外で使用します。今後、Maestro ブランドの代わりに V-Pay (Visa の決済機能) を使用するという代替策もあります。

利用者が口座の変更に積極的に同意する必要があるため、銀行は更新と代替オプションに関して適時に連絡を取ります。

Maestro と V-Pay や girocard との違い

Maestro は Mastercard に属し、V-Pay はクレジットカード会社の Visa に属しています。一方、girocard は Deutsche Kreditgesellschaft によって開発されました。これらのシステムには、受け付ける範囲に違いがあります。V-Pay カードはヨーロッパ全域で使用でき、Maestro カードは世界中で使用できます。一方、追加の機能を持たない girocard はドイツ国内でのみ使用できます。

Maestro と Mastercard との違い

Maestro 機能が付帯した girocard と、Mastercard の最大の違いは、Maestro カードがクレジットカードと同じ機能を持っていないということです。取引ごとに、登録された当座預金口座から直接引き落とされます。Mastercard は、デビットカード、クレジットカード、プリペイドカードとしても利用できます。Mastercard クレジットカードでは代金が徴収され、通常、月末にまとめて売上として処理されます。さらに、Mastercard クレジットカードには、クレジット限度額がそれぞれ設定されています。プリペイドカードでは、カードにクレジット残高が必要です。この残高は、カードを使用する前にチャージしておく必要があります。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。