フランスにおける、クレジットカードとデビットカードの違いについて

Issuing
Issuing

Stripe Issuing は、画期的なスタートアップ、革新的なソフトウェア プラットフォーム、進化を続ける大企業によって、サービスとしてのバンキング (BaaS) インフラプロバイダーとして選ばれており、これまでに作成したカードは 1 億を超えます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. デビットカードとは何ですか?
  3. クレジットカードとは何ですか?
    1. 支払いカード
    2. リボルビングクレジットカード
  4. これらのカードの類似点
  5. クレジットカードとデビットカードの相違点
  6. クレジットカードのメリット
  7. クレジットカードのデメリット
  8. デビットカードのメリット
  9. デビットカードのデメリット
  10. 提携カードを入手する方法

デビットカードは、フランスおよび欧州連合で非常に一般的な支払い方法です。一方で、国際的にはクレジットカードが広く普及しています。それで、財務アクティビティの効果を最大限に高めるために、それらの違いについて理解しておくことが重要です。この記事では、これら 2 つの支払い方法に関する重要な情報が扱われています。それらの違いや長所と短所についても説明します。

この記事の内容

  • デビットカードとは何ですか?
  • クレジットカードとは何ですか?
  • これらのカードの類似点
  • クレジットカードとデビットカードの相違点
  • クレジットカードのメリット
  • クレジットカードのデメリット
  • デビットカードのメリット
  • デビットカードのデメリット
  • 提携カードを入手する方法

デビットカードとは何ですか?

デビットカード (キャッシュカードとしても知られてる) は、購入後 24〜48 時間以内に、支払い金額が口座から引き落とされる支払い用のカードです。

クレジットカードとは何ですか?

クレジットカードの場合、支払いは後から引き落とされます。クレジットカードには、支払いカードとリボルビングクレジットカードの 2 種類があります。

支払いカード

支払いカードを使用すると、一定期間 (通常は 1 カ月) にわたって支払いの残高がアカウントに蓄積され、事前に取り決められた期間の終わりに合計金額が引き落とされます。この場合、金融機関が使用者に対し決済に関わる資金を貸し出している状態になります。使用者には、一定期間の終わりに貸し出された資金を全額返済する責任があります。契約書で、口座から引き落としが行われる正確な日付を確認することができます。

支払いカードを使用すると、現金を引き出すこともできます (即時デビットであり、遅延デビットではありません)。

リボルビングクレジットカード

リボルビングクレジットカードでは、銀行、大型小売店、通信販売小売店、または消費者金融の専業機関などと合意した一定の与信枠を利用できます。いつでも引き出し可能な現金のリザーブを利用できるため、返済における大きな柔軟性が提供されます (たとえば、毎月の支払いを延期することなど)。借入金と手数料全額の返済が完了するまで、自分の口座から毎月引き落としが行われます。このタイプのカードには通常、高額な金利 (利用額の 2.9% から 22.07% の間) が適用されることに注意してください。

支払いが行われるたびに与信枠が回復するため、支払った金額分が再び借り入れ可能になるという点に注意してください。

これらのカードの類似点

クレジットカードとデビットカードはどちらも同じ機能を持ち、現金を引き出したり、カードやオンラインで支払いをしたり、国際決済を実行したりできます。またこれらには、金融機関によって設定された利用限度額があります。銀行やカードの種類によって限度額が異なるため、カードの限度額を知るには口座契約を確認することができます。

Visa や Mastercard のネットワークだけでなく、フランスの「Cartes Bancaires」(CB) ネットワークでも機能するクレジットカードやデビットカードを入手できます。95% 以上の CB カードは、Visa または Mastercard との提携ブランドであり、カード処理を容易にできます。

Cartes Bancaires カード作成の詳細について、ご確認ください。

クレジットカードとデビットカードの相違点

2016 年以降、EU 規則 2015/751 の規定により、金融機関によって発行されたすべての支払いカードには、デビットカードであるか、クレジットカードであるかを明示する必要があります。カードの裏面にこの情報が記載されています。

クレジットカードのメリット

クレジットカードは大きな買い物をするときに特に有利です。銀行口座で利用可能な資金に制限されることなく使用できるからです。また、すべての支出を 1 つの場所で管理できます。

さらに、毎月の支払いを期限内に行うことで、クレジットスコアが向上し、将来銀行からの融資が承認される可能性が高まります (クレジットスコアが高いということは、債務を管理する方法に通じているということであり、金融機関は融資の可否を判断する際この情報を参照します)。

一般的に、クレジットカードで商品を購入 (条件を満たす場合) する際に、ポイントや現金を通じて割引が提供されます。クレジットカード保有者には頻繁にキャンペーンのオファーが届き、カードを発行した銀行が提供するメリットを享受できます。

デビットカードは、銀行口座ごとに一枚ずつしか発行できませんが、クレジットカードには枚数の制限はありません。クレジットカードを利用すれば、一枚のカードのクレジット制限に束縛されることはなくなります。市場には多種多様なクレジットカードがあるため、財務上のニーズに合ったオプションを簡単に見つけることができます。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードには通常、年会費が課せられ、支払い残額に対する利息が徴収されます。また、カード会社によっては、利用条件として最低残高が設定されています。

クレジットカードによりある程度の金銭的自由を享受できますが、過度な負債を抱えることがないよう注意する必要があります。支払いの遅延や未払いが生じる場合、追加の負担が発生するだけでなく、信用評価に悪影響が及ぶ可能性もあります。

デビットカードのメリット

デビットカードでは、支払いを銀行口座で利用可能な金額に抑制することができます。これにより、支出を計画的に行って、手持ちの資金以上の浪費を防ぐことができます。

デビットカードは利子がつかず、手数料もかかりません。ただし、現金を引き出すときには、手数料が発生する場合があります。

デビットカードのデメリット

デビットカードは特定の購入処理には使用できません。たとえば、レンタカーの利用でデビットカードが拒否される場合があります。デビットカードにはキャッシング機能がありません。利用できるのは、口座に有している資金額に限られます。デビットカードには、割引の提供もありません。

提携カードを入手する方法

企業、団体、または他の機関と提携して作成されたデビットカードやクレジットカードを入手することができます。これらのカードでは、提携先の商標を使用した共同ブランドが提供されており、ロイヤルティプログラムを利用することができます。入手するには、カード発行者 (つまりパートナー企業) に連絡する必要があります。

また、Stripe Issuing では、企業がビジネスのニーズに完全に適応した共同ブランドのカードプログラムを作成することができます。たとえば、カードの発行において、独自の支出限度を設定したり、カードのデザインをカスタマイズしたりできます。これらのカードによって、顧客は資金を保持したり、支払いを行ったりできます。Stripe を利用してブランドに合わせたカードを作成する方法の詳細については、Stripe の担当者にお問い合わせください

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。