口座引き落としの簡単な紹介

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 口座引き落としとは
  3. 口座引き落としのここ数年における変化
  4. 口座引き落としのメリット
  5. 口座引き落としと銀行振込の違いについて
  6. 利用者が口座引き落としを返金してもらえる期間
  7. 口座引き落としが回収できない場合

口座引き落としは、シンプルな決済取引を実現する人気のキャッシュレス決済の方法です。2021 年、ドイツでは約 1200 万件のキャッシュレス決済の取引が口座引き落としを使用して行われていましたが、その数は増え続けています。この記事では、口座引き落としとは何か、この数年で口座引き落としはどのように変わったか、銀行振込とはどのように違うのかなどについて説明します。

本記事の内容

  • 口座引き落としとは
  • 口座引き落としのここ数年における変化
  • 口座引き落としのメリット
  • 口座引き落としと銀行振込の違いについて
  • 利用者が口座引き落としを返金してもらえる期間
  • 口座引き落としが回収できない場合

口座引き落としとは

口座引き落としは、事業者が決済処理で使用できる、安全でキャッシュレスな支払い方法です。「口座引き落とし」は、SEPA ダイレクトデビットの決済を指す用語としてよく使用されます。

口座引き落としでは、事業者は支払い期日に利用者の銀行口座から代金を回収することができます。これには、SEPA ダイレクトデビットの同意書と呼ばれるものが必要です。これは、利用者の口座から代金を引き落とすことに対して、書面による本人の同意を表すものです。事業者は口座引き落としを利用することで、支払いが期日どおりに行われる、費用がかからない、といった安心感が得られます。

この支払い方法は、サブスクリプションや会員制など、継続支払いにおいて特にメリットがあります。口座引き落としの自動化によって請求処理がスピードアップし、支払いのプロセス全体が効率化されます。

口座引き落としのここ数年における変化

2009 年に SEPA ダイレクトデビットが導入される前、口座引き落としは口座引き落とし機関によって実際に引き落としが行われていました。SEPA ダイレクトデビットにより、初めて国際間の口座引き落としが可能になりました。口座引き落としの承認と引き落としは 2014 年 2 月 1 日まで行われていましたが、以降は SEPA ダイレクトデビットの仕組みに完全に切り替わりました。この切り替えの一環として、以前は書面で発行されていた口座引き落としの承認は、自動的に SEPA ダイレクトデビットの同意書となりました。この同意書は、以前の口座引き落としの承認と同様に、事業者や加盟店による利用者の口座からの引き落としを可能にするものです。

口座引き落としのメリット

事業者が顧客から支払いを受け取るには、多数の方法があります。その中で最も効率的で費用対効果の高いものが、口座引き落としです。追加で支払いを処理する必要がないため、事業者は支払いの計上や請求書の送付について懸念することがなく、時間とコストを節約できます。また、口座引き落としにより期日に請求書が売上として自動で処理されるため、支払いの遅延や漏れといったリスクも軽減されます。さらに、すべての支払いの取引が明確に文書化され、手動入力によるミスがなくなるため、関連する会計処理もシンプルになります。事業者では、支払いの指示書を作成する手間や督促状を送る手数料が不要になります。

また、支払いが期日どおりに行われるため、事業者はキャッシュフローを最適化することができます。オンラインバンキングサービスに加えて、主要なクレジットカードやデビットカードにすべて対応しているというメリットもあります。

口座引き落としには、利用者にとっても多くのメリットがあります。すぐに支払いができるため、銀行振込の期日を気にする必要がありません。また、継続支払いのたびに振込の詳細を入力することも、情報を保存したり記録したりすることも必要ありません。口座引き落としではすべての取引が正確に記録されるため、承認されていない引き落としや不正利用に対して、利用者は強力に保護されます。その他にも、データ移転が暗号化されているため、問題が生じた場合にチャージバックを要求しやすいという利用者にとってのメリットがあります。

口座引き落としと銀行振込の違いについて

銀行振込と口座引き落としの最大の違いは、銀行振込は支払者本人が行うことです。オンラインバンキングシステムに支払い情報を入力して振込を開始し、金額を手動で振り込む必要があります。一方、口座引き落としでは、支払者は何もする必要がありません。代わりに、支払者は事業者に対して書面による許可を同意書の形式で与えて、事業者が支払者の口座から金額を直接回収できるようにします。

利用者が口座引き落としを返金してもらえる期間

個人と事業者の間の口座引き落としは「コア口座引き落とし」と呼ばれるもので、引き落とし日から 8 週間が期限です。8 週間を過ぎると、口座引き落としの返金はできなくなります。ただし、利用者が口座引き落としの回収について情報を受け取っていない場合、口座のデータが間違っている場合、利用者が不正利用を疑っている場合は、この期間を 13 カ月まで延長することができます。

事業者間または自営業者間の口座引き落とし、つまり事業者用の口座引き落としの場合は、取引時に支払いの回収に関する同意書が有効であったとしても、利用者は返金してもらうことはできません。ただし、利用者が不正な引き落としを疑った場合は、13 カ月以内に支払いを返金してもらうことが可能です。

問題が発生しないように、事業者は毎回の引き落としですべての情報が正しいことを確認し、利用者に事前に通知する必要があります。これにより、利用者が理由もなく口座引き落としの返金を要求することを防ぐことができます。結局、事業者にとってチャージバックは大きなコストがかかります。金銭的なコストだけでなく、事業者の評判にも影響します。

口座引き落としが回収できない場合

口座引き落としが正常に行われなかった場合、いくつかの理由が考えられます。たとえば、利用者の口座の残高が不足していた、送金中にエラーが発生した、利用者の銀行がその他の理由で口座引き落としを拒否したなどの理由です。このような場合、事業者は迅速に対応し、問題解決のために利用者に連絡する必要があります。銀行振込やその他の支払い方法で支払いを調整することも可能です。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。