SEPA ダイレクトデビットによる支払い: 仕組みと企業にとってのメリット

Payments
Payments

Accept payments online, in person, and around the world with a payments solution built for any business—from scaling startups to global enterprises.

Learn more 
  1. はじめに
  2. SEPA ダイレクトデビットでの支払いの仕組み
  3. SEPA ダイレクトデビットとは
  4. SEPA ダイレクトデビットと通常の口座引き落としの違い
  5. 企業と利用者にとっての SEPA ダイレクトデビットでの支払いのメリット
  6. 企業での SEPA ダイレクトデビットのセットアップ方法

企業にとっても利用者にとっても、SEPA ダイレクトデビットはメリットがあります。SEPA ダイレクトデビットは、2021 年に約 3 兆 4,350 億ユーロの収益を生み出しました。ここでは、SEPA ダイレクトデビットの仕組み、SEPA ダイレクトデビットと通常の口座引き落としの違いについて説明します。また、企業での導入に必要なことや、簡単にプロセスをセットアップする方法についても説明します。

この記事の内容

  • SEPA ダイレクトデビットでの支払いの仕組み
  • SEPA ダイレクトデビットとは
  • SEPA ダイレクトデビットと通常の口座引き落としの違い
  • 企業と利用者にとっての SEPA ダイレクトデビットでの支払いのメリット
  • 企業での SEPA ダイレクトデビットのセットアップ方法

SEPA ダイレクトデビットでの支払いの仕組み

SEPA は Single Euro Payments Area (単一ユーロ決済圏) の略語です。 SEPA ダイレクトデビットは、欧州連合 (EU) 内の支払いを処理するために特別に開発された、安全で信頼性に優れた決済手段です。ほぼすべての EU 加盟国で、キャッシュレス決済の処理に使用されています。

企業は、請求金額を利用者の口座から直接引き落とすことで、SEPA ダイレクトデビットを通じてすばやく簡単に支払いを処理することができます。このプロセスにより、利用者は入金計画を立て、収入源を多様化できます。

企業側で必要となるのは利用者からの口座引き落としの承認 (口座振替依頼書とも呼ばれます) のみです。利用者は銀行情報を入力し、企業は金額、時間、その他の必要事項を共有します。データがすべてチェックされると、銀行は企業に対して、利用者の銀行口座からの引き落としを承認します。引き落としは期日から 8 日以内に行われます。企業は、SEPA ダイレクトデビットの送信、利用者への通知、チャージバックの正確な期限と時間に関するプロセスに注意する必要があります。

SEPA ダイレクトデビットとは

SEPA ダイレクトデビットは、繰り返し使用できる通知遅延型の決済手段です。

SEPA ダイレクトデビットには、コア SEPA ダイレクトデビットと企業向け SEPA ダイレクトデビットの 2 種類があります。コア SEPA ダイレクトデビットは、従来の口座引き落としの承認に相当するものです。通常は利用者の決済処理に使用されます。一方、企業向け SEPA ダイレクトデビットは、通常は企業間の取引に使用されます。コア SEPA ダイレクトデビットとは異なり、企業向け SEPA ダイレクトデビットでは承認済みの支払いを取り消すことはできません。両方の SEPA ダイレクトデビットでの支払いに関して、1 回限りの口座引き落とし、初回の口座引き落とし、定期的な口座引き落としで違いがあります。

SEPA ダイレクトデビットと通常の口座引き落としの違い

SEPA ダイレクトデビットとは異なり、従来の口座引き落としは口座名義人が所在する国でのみ利用できます。そのため、利用が特定の国での取引に制限されます。口座引き落としのサブカテゴリーである口座引き落としの承認も一般的です。口座引き落としの承認では、銀行ではなく、受取人のみが支払いを受け取ることができます。

企業と利用者にとっての SEPA ダイレクトデビットでの支払いのメリット

SEPA ダイレクトデビットは、通常の口座引き落としよりも高速かつ効率的です。企業にとっての大きなメリットの一つは、利用者の口座から自動的に引き落とされるため、手作業による振り込みが不要になり、支払いや経理関連の事務作業が軽減されることです。統一されたプロセスにより、企業はシステム上で 1 つの銀行口座を管理するだけで、ヨーロッパ全土で支払いを受け付けることができます。つまり、利用者の口座から直接引き落とされ、即座に取引確認が登録されるため、支払い処理にかかる時間を短縮できます。また、手動による作業が削減されるため、エラーのリスクも最小限に抑えることができます。これにより、時間とコストを節約し、他の重要な事業分野に投資することができます。

さらに、SEPA ダイレクトデビットによって、企業は入金状況をより詳細に確認できるようになります。これは、サブスクリプションや会員制のような定期的な支払いに特に役立ちます。SEPA ダイレクトデビットにより、企業は特定の金額が引き落とされるタイミングを正確に把握できます。

さらに、明確な同意書の参照によって決済を識別できるため、セキュリティが強化され、簡単に不正行為を防止できます。チャージバックや差戻しの期間についても厳しい規制があり、利用者と企業の双方が保護されます。

企業での SEPA ダイレクトデビットのセットアップ方法

企業が SEPA ダイレクトデビットでの支払いを導入するには、国際銀行口座番号 (IBAN) と銀行識別コード (BIC) が必要です。

SEPA ダイレクトデビットでは利用者の銀行口座から直接引き落とされるため、企業が利用する場合は SEPA ダイレクトデビットの要件を満たす必要があります。これには、欧州連合 (EU) の要件や、企業が拠点を置く国のあらゆる法的要件を遵守することが含まれます。

また、企業は SEPA ダイレクトデビットのプロセスのセットアップおよび実行を支援する認定決済サービスプロバイダー (PSP) を選択する必要があります。決済サービスプロバイダーは、支払いが効果的に処理されるように、企業と利用者をつなぎます。

また、取引の安全を確保するために、データ保護に関するあらゆる要件も遵守する必要があります。決済サービスプロバイダーは、口座のデータを暗号化し、保管し、企業に転送する責任を負います。

企業が決済サービスプロバイダーを利用せず、独自に SEPA ダイレクトデビットでの支払いをセットアップする場合は、まず SEPA に登録する必要があります。また、銀行口座に対して請求を行うには、利用者の書面による承認が必要となります。このステップでは SEPA 同意書が必要で、これには銀行口座の詳細や金額などの重要な情報が含まれます。

企業は、利用者の承認を得て、両者が署名したら、銀行に SEPA ダイレクトデビットを登録して必要な技術を導入することができます。経験豊富なサービスプロバイダーに依頼することをお勧めします。

細かい点を決済サービスプロバイダーに任せる場合は、こちらで、Stripe で SEPA ダイレクトデビットでの支払いを受け入れる方法をご確認ください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。