選択した税制に沿ってオンラインで VAT の申告を行う方法

Tax
Tax

Stripe Tax lets you calculate, collect, and report tax on global payments with a single integration. Know where to register, automatically collect the right amount of tax, and access the reports you need to file returns.

Learn more 
  1. はじめに
  2. VAT の申告とは何ですか?
  3. VAT のスキーム
    1. VAT 免除スキーム
    2. 簡易課税スキーム
    3. 通常の課税スキーム
  4. VAT の申告を行う時期
    1. 年次の VAT 申告および VAT 支払い
    2. 月次の VAT 申告
  5. VAT の申告義務者
  6. オンラインで VAT の申告を行う方法
  7. VAT の申告が遅れた場合に罰則がありますか?

顧客に対して商品やサービスを販売する際に付加価値税 (政府に対して納めるべき直接税) を請求するすべての事業者は、各会計期間が終了する際に VAT の申告を行わなければなりません。選択された VAT スキームにより、申告の頻度、申告の期限、およびオンラインで VAT の申告を実行するために必要な申告書を判断します。この記事では、VAT の申告を期限内に行い、罰則を回避する方法について詳しく説明します。

この記事の内容

  • VAT の申告とは何ですか?
  • VAT のスキーム
  • VAT の申告を行う時期
  • VAT の申告義務者
  • オンラインで VAT の申告を行う方法
  • VAT の申告が遅れた場合に罰則がありますか?

VAT の申告とは何ですか?

VAT 申告書は、企業の VAT 対象取引の概要を提供する行政文書です。この申告により、企業は一定期間に徴収した VAT と控除対象の VAT に関する財務報告を完了し、税務当局に支払うべき VAT の実際の金額、または還付金として受け取る VAT の金額を決定できます。VAT 申告書は、翌年のVAT 計算を実行するためにも使用されます。

VAT のスキーム

現在、企業の申告頻度を決定する VAT スキームには、VAT 免除スキーム、簡易課税スキーム、通常の課税スキームの 3 種類があります。企業に適用される VAT スキームは、前年の総売上によって異なります。

VAT 免除スキーム

VAT 免除スキームは、VAT の申告や納付を完全に免除されるスキームです。企業がこのスキームの対象である場合、消費者に VAT を請求することも、経費から控除することもできません。

このスキームの適用条件を満たすには、企業の収益が一定のしきい値を下回っていなければなりません。収益がこのしきい値を超過した場合、その企業には VAT の申告が義務付けられます。また、しきい値を超過した月の 1 日付けで、税務当局に対して VAT の合計額を納付しなければなりません。

しきい値は業種ごと、または年度ごとに異なります。例えば、サービス提供を行う企業や一部の個人事業主 (弁護士を除く) については、2023 年に 前年の総売上が 3 万 6,800 ユーロを超えない場合、または 2024 年に 3 万 9,000 ユーロを超えない場合、VAT が免除されます。商業活動または住宅事業を営む企業の場合、その売上が 2023 年には 9 万 1,900 ユーロ、2024 年には 10 万 1,000 ユーロを超えてはなりません。

売上高にかかわらず、VAT 免除スキームが適用されない事業があります。VAT が適用される不動産関連事業、簡易課税スキームの対象となる農業運営、先進型輸送手段による地域内配送、および VAT の適用を選択できるその他の事業活動などがこれに当たります。

簡易課税スキーム

簡易課税スキームは、簡易スキームとも呼ばれ、1 回の VAT 申告で、課税額を 2 回に分けて納付するというものです。このスキームの適用条件となる前年度の売上高は、サービス業および特定の個人事業主の場合 3 万 6,800 ユーロから 25 万 4,000 ユーロの範囲内、販売事業および宿泊事業については 9 万 1,900 ユーロから 84 万ユーロの範囲内となります。また簡易課税スキームの適用を受けるには、年間の VAT の合計額が、1 万 5,000 ユーロ以下でなければなりません。年間の VAT が 1 万 5,000 ユーロを超える場合、その企業は通常の VAT スキームに基づいて申告を行う必要があります。

なお、一部の不動産事業および輸入事業に、簡易課税スキームを適用することはできません。

通常の課税スキーム

通常の課税スキームでは、毎月の VAT を申告する必要があります。これはサービス業および一部の個人事業主で、前年度の総売上が 25 万 4,000 ユーロを超える事業者や、販売業または宿泊業で 84 万ユーロを超える企業に適用されます。年間 1 万 5,000 ユーロ以上の VAT を申告する企業についても、このスキームに基づいて申告を行う必要があります。

注: 売上が定められたしきい値を超えていない場合でも、通常の VAT スキームでの申告を希望する場合は、これを選択できます。

VAT の申告を行う時期

申告の厳密な日付は、適用される VAT スキームと会計年度の終了日によって異なります。

年次の VAT 申告および VAT 支払い

簡易スキームが適用される企業の場合、遅くとも 5 月 1 日の翌々営業日までに VAT 申告書をアップロードしなければなりません。ただし、会計年度が暦年と一致しない場合は例外となり、該当の会計年度の終了後から起算して 3 カ月以内に申告書をアップロードする必要があります。

簡易スキームの場合、税務当局に対し、年に 2 回 VAT の支払いを行います。7 月期に、前年の VAT 合計額の 55% を支払い、12 月期に、前年の VAT 合計額の 40% を支払います。後期の支払い額が 1,000 ユーロ未満の場合、VAT の支払いは免除され、年次の税務申告で相殺されます。

月次の VAT 申告

通常のスキームの場合、月次 VAT 申告書の提出日は、企業が業務を行っている地理的エリアと管轄区域によって異なります。自社に適用される正確な提出日は財務総局のウェブサイトのプロフェッショナル欄で確認できます。なお、年間の VAT 総額が 4,000 ユーロを超えない場合、VAT 申告を四半期ごとにアップロードすることもできます。

VAT の申告義務者

VAT 免除スキームの適用を受けない企業や個人で、習慣的かつ継続的な事業活動を行っている場合は、VAT を申告する必要があります。単発で行われる事業活動については、申告が免除されています。会社の取締役または正規の会計担当者に VAT の申告を完了する責任があります。

オンラインで VAT の申告を行う方法

簡易スキームを利用する企業は、オンラインで Cerfa n° 3517-S-SD フォームに記入して年次 VAT 申告を実行します。月次および四半期ごとの申告の場合は、Cerfa n° 3310-CA3-SD フォームまたは Cerfa CA3 フォームによって実行します。

VAT の申告が遅れた場合に罰則がありますか?

企業が罰則を回避するには、適用されるスキームに従って VAT 申告を行う必要があります。申告が遅延すると、企業の VAT の支払い額に毎月 0.2% の利子が加算されます。正式な通知を受けてから 30 日以内に申告した場合は、10% の追徴金が課せられます。この 30 日間を超過して申告した場合、さらに 40% の追徴金が課せられます。また、VAT 申告書を提出しない場合や誤ったフォームを提出した場合、80% の加算税率が適用されます。

Stripe Tax は、VAT 申告の作成と送信をスピードアップする統合機能を提供しており、罰則の回避をサポートできます。この機能により、VAT の計算が自動化され、毎回の取引での VAT の徴収を簡略化できます。詳細については、担当部署までご連絡ください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。