税務自動化に関するバイヤーズガイド

Tax
Tax

Stripe Tax では、一度の導入で世界中の支払いに対する税金の計算、徴収、レポート作成をご利用いただけます。登録が必要な場所を把握した上で適切な税額を自動徴収し、申告のために必要なレポートも作成することができます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 税務自動化ソフトウェアとは
  3. 税務自動化ソフトウェアを評価する
    1. 市場に対する製品の適合性
    2. 正確性と信頼性
    3. 料金体系
    4. 実装とサポート

自動化は、ビジネスに付加価値をもたらさない作業を合理化する場合に有益です。間接税管理のパススルーアクティビティはその一例です。この作業は、事業の成長や収益には貢献しませんが、継続的なリスクを伴う緊急性の高い要件です。この分野でテクノロジーによる自動化を採用すれば、リスクを軽減し、ビジネスの法令遵守を高いレベルで確保することができるため、非常に大きなメリットとなります。

この税務自動化に関するバイヤーズガイドでは、ソリューションに求められる主な機能と、それらがどのように企業の時間とコストの節約に寄与するかをご紹介します。

本記事の内容

  • 税務自動化ソフトウェアとは
  • 税務自動化ソフトウェアを評価する

税務自動化ソフトウェアとは

ウェブサイト上で顧客が行うすべての取引で、税金の計算が必要となります。納税義務は、顧客の所在地、購入される製品やサービス、製品の出荷先や出荷元、購入金額、頻繁に変更される税率や規則から影響を受けます。また、税金を徴収した後も、定められた期限までに報告、申告、納付を行う必要があります。

税務自動化プロバイダーは、税務計算、報告、申告、および基準値の監視についてのサービスを提供しますが、こういったプロバイダーと連携し、税務管理ワークフローをアウトソーシングすることで、業務上のさまざまな課題を解決できます。税務上の法令遵守が適切に処理されていれば、事業者はビジネスを成長させることに集中できます。さらに、税務自動化ソフトウェアにより、人為的なミスを最小限に抑え、誤った申告に伴うコストを回避することができます。

税務自動化ソフトウェアを評価する

新しいソフトウェアを選択することは、複数の部門や従業員に影響を及ぼす重要な判断となります。適切なソフトウェアを導入していない企業や、適切なソフトウェアであっても有効に展開できていない企業は、後から問題に直面する可能性があります。ここでは、候補となる税務自動化ツールを選定する際に考慮すべき、重要な基本情報について扱います。

市場に対する製品の適合性

税務に関する規制は、ビジネスによって異なります。場所や製品ごとに定められる税制により、製品とサービスに課せられる税金に違いが生じるため、画一的なアプローチを採用することはできません。以下に取り上げるいくつかの考慮事項により、ベンダーがビジネスのニーズに合致するかどうかを判断できます。

  • 対象となる業界、製品、サービス、事業規模について実績がありますか?実績がある場合、関連するケーススタディや顧客事例を提供できますか?
  • 対象となる業界の規制状況についてどの程度熟知していますか?
  • チーム内に存在するナレッジのギャップを解消するために、どのような教育 / リソースを提供できますか?

正確性と信頼性

税率の正確性、システム性能、信頼性は、税務自動化ソフトウェアを選択する際の重要な要素です。さらに専門の税務調査チームにより、製品の税コードコンテンツが提供され、製品が課税対象であるかどうかの判断と、決済時における正確な税率の適用について、サポートを利用できます。ベンダーの正確性とパフォーマンスを評価するために、以下の点を確認してください。

  • 利用中のエンジンで税金の計算は、どのように決定されていますか?
  • 郵便番号と住所のどちらに依存していますか?
  • 住所の検証は行われていますか?
  • チームは、どのような方法でデータベースの税率や製品の税コードを最新の状態に維持していますか?
  • API の平均稼働時間と平均応答時間はどの程度ですか?

料金体系

適切な税務ソフトウェアソリューションでは、拡大するビジネスニーズへの適応性と価格面での透明性が必要となります。隠れた手数料や不必要なサービスの料金が課せられることがあってはなりません。以下の質問を用いて、候補となっているベンダーと価格について話し合ってください。

  • 料金体系モデルはどのようになっていますか?
  • 想定される取引量を考慮した場合、月払いまたは年払いの料金はどの程度になりますか?

実装とサポート

新しい税務管理ソリューションの導入は必ずしも簡単ではありませんが、専用の技術オンボーディング、複数のサポートチャネル、セルフサービス型の学習を利用できれば、導入の難易度は高くありません。優れた顧客体験を提供する税務ソリューションを見つけましょう。自分で判断する場合でも、専門家と一緒に詳細を調べる場合でも、税務プロバイダーから、わかりやすい文書、オンライン学習、電子メールや電話でのサポートなどのオプションが提供されているはずです。次の点を確認してください。

  • サービスレベル契約 (SLA) で、サポートの質問はどのように位置づけられていますか?
  • カスタマーサービスチームの品質に関するレビューや顧客の感想を共有できますか?

新しい税務ソフトを探している場合でも、乗り換えの場合でも、事前に何をチェックすべきかを知っておけば、自社のビジネスに最適なベンダーの検討に役立てることができます。今すぐ調査を行うことで、間違ったベンダーを選択した場合に発生し得る切り替えのコストを回避し、時間を節約することができます。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。