賃貸料の支払いをオンラインで受け付ける方法: 家主と不動産管理者向けガイド

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 賃貸料のオンラインでの支払いは可能か
  3. 賃貸料のオンラインでの支払い: 家主にとってのメリット
  4. 賃貸料のオンラインでの支払いを受け付けるためのベストプラクティス
  5. 家主が Stripe を利用して賃貸料の支払いを受けることは可能か
  6. 賃貸料の支払いをオンラインで受け付ける方法

デジタル決済テクノロジーが進歩したことも一因となって、この数年で不動産管理は劇的に変化しました。家主と不動産管理企業は入居者にオンラインによる支払い手段の提供を検討しなければなりません。そうしないと、落ちこぼれてしまうおそれがあります。

デジタル決済手段に対応するのは、時代について行くためだけではありません。効率化や、入居者の満足度の向上に加えて、安定した賃貸収入を期日どおりに確保することにもつながります。

この記事では、オンラインで賃貸料の支払いを受け付ける方法について簡単にご紹介します。銀行振込からデジタルウォレットまで、家主が業務を改善しながら入居者の進化する期待に応えるために導入できるさまざまなデジタル決済手段を見ていきましょう。

この記事の内容

  • 賃貸料のオンラインでの支払いは可能か
  • 賃貸料のオンラインでの支払い: 家主にとってのメリット
  • 賃貸料のオンラインでの支払いを受け付けるためのベストプラクティス
  • 家主が Stripe を利用して賃貸料の支払いを受けることは可能か
  • 賃貸料の支払いをオンラインで受け付ける方法

賃貸料のオンラインでの支払いは可能か

はい。家主は賃貸料の支払いをオンラインで受け付けることができます。専用の不動産管理ソフトウェアや汎用的な送金アプリケーションをはじめとして、オンライン化をスムーズにするオンライン決済プラットフォームがたくさんあります。

賃貸料のオンラインでの支払い: 家主にとってのメリット

賃貸料の支払いをオンラインで受け付けることは戦略的な経営判断であり、業務効率と入居者満足度がさまざまな形で向上する可能性があります。ここではその例をいくつかご紹介します。

  • 業務の効率化
    オンライン決済システムでは、賃貸料の回収プロセスを自動化することで、効率が向上し、小切手の利用や銀行での手続きが不要になります。このことは、時間やリソースが少ないながらもいろいろな責務を果たしている家主にとって大きなメリットです。

  • 支払いの期限順守の向上
    自動決済を設定すると支払い遅延や支払い漏れが減り、収益源を予測しやすくなります。そのため、財務の安定性を確保でき、賃貸事業のキャッシュフローを予測できます。

  • 記録保持のデジタル化
    デジタルの賃貸料回収プラットフォームは信頼性の高い詳細な取引記録を自動的に残します。こうしたシンプルな記録保持メカニズムのおかげで、賃貸事業での賃貸料の支払いの追跡と監視が簡単になります。

  • セキュリティ対策の強化
    デジタル取引は対面での取引よりもセキュリティ対策が強化されており、小切手で起こりやすい不正利用や盗難のリスクが少なくなります。

賃貸料のオンラインでの支払いを受け付けるためのベストプラクティス

賃貸料の支払いをオンラインで受け付けるには、戦略をしっかり検討する必要があります。ベストプラクティスに従うと、プロセスを効率化でき、決済処理を負担なくできるようになるため、家主と入居者の双方にメリットがあります。主なガイドラインとして次の点に留意してください。

  • 適切なプラットフォームを選ぶ
    自社の賃貸事業に固有のニーズに合うオンライン決済プラットフォームを選ぶことが大切です。取引手数料、ユーザーから見たプラットフォームの使用性、提供するセキュリティレベル、既存の不動産管理ソフトウェアと簡単に連携できるかどうかなど、さまざまな面を考慮します。適したプラットフォームを選べば、賃貸料の回収プロセスの負担が減り、家主と入居者の双方にとって、シンプルな体験を実現できます。

  • 入居者にガイドを提供する
    問題が発生しないように、選択したオンライン決済プラットフォームについて、入居者に必要な情報があれば提供します。システムの使い方を伝えて、わかりやすい手順を説明し、デモを見てもらうことも検討してください。このようにすることで混乱を避けることができ、関係者全員の決済プロセスがスムーズになります。

  • 法的義務を遵守する
    デジタル取引には特有の法的要件と規制があります。賃貸料の支払いをオンラインで受け付けるために利用する方法が、それらの法令に準拠していることを確認する必要があります。たとえば、決済の処理方法と保存方法だけでなく、当該の決済手段について入居者に通知する方法を定めた規則が存在することもあります。このような法令を遵守することで、法的な問題の発生を防ぐことができます。

  • 包括的な決済ポリシーを確立する
    賃貸料の支払い期限、受け付け可能な決済手段、延滞手数料 (ある場合) の取り扱い方法、支払い漏れや決済の不渡りが発生した場合の手順を定めた、明確で包括的な決済ポリシーを策定します。ポリシーをきちんと定義しておけば、不審請求の申請を防ぐことができ、賃貸料回収プロセスの透明性と公平性を維持できます。

  • データセキュリティを優先にする
    オンライン決済を扱う場合、機密情報である入居者データを扱うことになります。選択したプラットフォームが安全で、データセキュリティ基準に準拠していることを確認してください。また、データの取り扱いと保存のベストプラクティスにも従ってください。このようにすることで、入居者からの信頼を維持でき、データ侵害からも身を守ることができます。

  • 決済のリマインド通知を自動化する
    プロセスを自動化できることもデジタル取引のメリットです。決済の自動リマインダーを設定すると、入居者に賃貸料を忘れず期日どおりに支払ってもらえるようになります。Stripe をはじめとするほとんどのオンラインプラットフォームはこの機能を提供しており、事業者が決済ポリシーに合わせてリマインダーをカスタマイズできます。継続支払いに関する Stripe での自動リマインダーの取り扱い方法についての詳細はこちらをご覧ください。

  • 決済を定期的に監視する
    オンライン決済プラットフォームで定期的に決済のレビューと照合を行います。積極的に定期的な監視を行うと、問題を早期に特定でき、効率が悪い部分やセキュリティ負債を見つけて、速やかに対処できます。

  • テクノロジーのトレンドに遅れず対応する
    オンライン決済テクノロジーは絶えず進化しています。最新の技術の進歩やトレンドに関する情報を常に収集すれば、入居者の決済体験を向上させることができ、プロセスもさらに効率化されて安全になります。Stripe のような包括的なペイメントプロバイダーは、家主やその他の事業者が決済を受け付けるために利用する決済ソリューションの更新と改善を常に続けています。

家主が Stripe を利用して賃貸料の支払いを受けることは可能か

はい。Stripe は家主が入居者から、クレジットカード、デビットカード、デジタルウォレットなどさまざまな決済手段による賃貸料の決済を受け付けに必要な機能を提供しています。家主や不動産管理者は、Stripe の API を自身のウェブサイトまたは不動産管理ソフトウェアに導入する必要があります。

Stripe は賃貸事業にも利用できますが、他にも家主や不動産管理者に特化したツールがあり、リース管理、メンテナンスの依頼、入居者の審査など、この業種に合わせた追加機能が提供されています。不動産管理に利用している他のテクノロジーを把握しておくと、事業に利用している他のツールと Stripe を適切に連携させることができます。

賃貸料の支払いをオンラインで受け付ける方法

オンライン決済は利便性が高く、スピーディーで安全であるため、賃貸料もオンラインで決済することを希望する利用者が増えています。家主がオンラインで賃貸料の支払いを受け付ける方法をいくつかご紹介します。

  • 銀行振込
    これは、入居者が賃貸料の決済を自身の銀行口座から家主の銀行口座に送金するという直接的な方法です。振込は、利用している銀行のサービス内容や、家主と入居者に適した機能に応じて、電子資金移動 (EFT)、電信送金、Automated Clearing House (ACH) 送金のいずれかを利用して行うことができます。両方の当事者が機密情報である銀行口座情報を交換する必要があるため、デジタルインフラや紙ベースのインフラでデータを安全に取り扱うようにしてください。Stripe などの決済ソリューションはきわめて安全ですが、それ以外の場所に入居者の口座情報を保存する場合は、それらの場所にも厳格なセキュリティ対策を講じる必要があります。

  • ピアツーピア決済ネットワークを利用した決済
    家主が賃貸料の支払いを受け付ける際に利用できるピアツーピア決済プラットフォームは数多く存在します。中には自動継続支払いが可能なプラットフォームもあり、非常に便利です。しかし、そのようなプラットフォームは取引手数料が高額なことが多く、Stripe などのもっと堅牢なペイメントプロバイダーが提供している有益な追加機能を備えていません。

  • 不動産管理ソフトウェア
    不動産管理ソフトウェアは家主と不動産管理企業向けに設計されており、不動産管理に対応する包括的なソリューションを提供しています。賃貸料の支払いを円滑化する機能や、入居者審査、リースの追跡、メンテナンスの依頼などの機能もあります。通常、このようなプラットフォームは月額または年額の手数料を請求します。

  • クレジットカードとデビットカードでの決済
    クレジットカードとデビットカードでの決済は、一般的にオンラインペイメントゲートウェイまたはプラットフォームを介して行われます。この機能は、Stripe などの決済代行業者か、カード決済に対応した不動産管理ソフトウェアを介して利用できます。入居者にとっては利便性が高いものの、カード決済に関連した取引手数料がかかります。

  • モバイル決済アプリ
    モバイル決済アプリは、若い世代の入居者に人気の選択肢です。Apple Pay や Google ウォレットなどのアプリを使うと、入居者がスマートフォンで賃貸料を支払うことができます。家主側には、こうした決済手段に対応している Stripe のような決済システムが必要になります。

決済手段を選ぶときには、入居者にとっての利便性、取引手数料、その決済手段のセキュリティ、地域の金融規制を考慮しましょう。目標は、このプロセスをできるだけすばやく処理しやすくすることです。そうすることで、期日どおりの支払いを増やし、入居者に連絡する時間を削減できます。オンラインで賃貸料の決済を受け付けるプロセスの実践例については、こちらで紹介している、Stripe を導入して支払いを合理化し、200 以上の都市にビジネスを拡大した事例をお読みください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。