即時決済: その仕組みとメリット

Payments
Payments

成長中のスタートアップからグローバル企業まで、あらゆるビジネスに対応できる決済ソリューションを利用して、オンライン決済、対面支払いなど、世界中のあらゆる場所で決済を受け付けます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 即時決済とは
  3. 即時決済の仕組み
  4. 即時決済のメリット
  5. 即時決済は取り消せるか
  6. 即時決済の費用
  7. 即時決済が可能な銀行

即時決済は、銀行振込を最も早く完了できる方法です。この記事では、即時決済の概要、その仕組み、処理にかかる時間、企業にとってのメリットについてご説明します。また、即時決済の取り消しが可能かどうかという疑問にもお答えます。

本記事の内容

  • 即時決済とは
  • 即時決済の仕組み
  • 即時決済のメリット
  • 即時決済は取り消せるか
  • 即時決済の費用
  • 即時決済が可能な銀行

即時決済とは

即時決済を利用すると、企業は迅速な送金が可能になります。システムの稼働状態や利用する銀行の種類によっては数分かかる場合もありますが、通常は 5 ~ 30 秒で完了します。通常のオンライン銀行振込の場合、受取人の銀行口座に入金されるまでに少なくとも 1 営業日かかります。

即時決済システムは、欧州中央銀行によって開発されました。クリアリングハウスやコルレス銀行などの仲介業者を介することなく、銀行間で送金が直接処理されます。これは、送金が非常に速く安全に行われることを意味します。

即時決済は、単一ユーロ決済圏 (SEPA) として知られるヨーロッパの決済圏に含まれるすべての国で利用できます。EU の全加盟国に加えて、スイスやイギリスなど、欧州経済領域 (EEA) の他の国も対象になります。

即時決済の仕組み

この決済プロセスは、欧州中央銀行の SEPA クレジットトランスファー (SCT) 標準に基づいています。SCT スキームに参加している銀行やペイメントプロバイダーが提供するサービスは、価格、処理時間、サービス品質の点でさまざまに異なります。したがって、外部のペイメントプロバイダーを利用するか、自社のオンラインバンキングを利用するかを、各企業が独自に決定できます。即時決済は、相手側の銀行も即時決済プロセスに参加していれば、SEPA 全域で利用できます。限度額はプロバイダーによって異なりますが、通常は 2,000 ~ 100,000 ユーロです。

即時決済を行うには、双方の口座名義人に IBAN (国際銀行口座番号) が必要です。送金者は、それぞれの金額と受取人の IBAN を入力する必要があります。また、必要に応じて、支払いの参照情報などの詳細も入力します。その後、銀行またはペイメントプロバイダーが取引を確認して確定します。数秒以内に受取人の口座に該当金額が入金されます。一般的に、即時決済は通常の銀行振込と同じように安全で、通常の銀行振込と同様のフィッシングおよび不正利用の検査が行われます。

即時決済のメリット

即時決済は企業に多くのメリットをもたらします。たとえば、より速やかに未払い額を売上として処理できるので流動性が向上します。また、ビジネスパートナーへの支払いも迅速に行えるので、より簡単で迅速な共同作業が可能になります。即時決済により、入出金に関する透明性を大幅に向上させることができるだけでなく、取引コストを低く抑えながら、支払い取引の処理に必要な労力を削減することもできます。送金に数秒しかかからないため、取引を手作業で確認したり監視したりする必要もなくなります。即時決済により、企業はキャッシュフローを改善し、コアビジネスに専念する時間を増やすことができます。

即時決済は取り消せるか

即時決済には、デメリットが 1 つあります。それは、キャンセルするのが難しいことです。通常の銀行振込とは異なり、即時決済は数秒以内に受取人の銀行口座に入金される仕組みになっているので、清算プロセスで資金を取り戻すことができません。キャンセルは、不正利用が疑われるケースと同様に、個々のケースで可能な場合もありますが、受取人の承認も必要になります。誤送金のリスクを最小限に抑えるために、企業は必ず、IBAN や名前などの受取人の詳細情報がすべて正しいことを確認する必要があります。

即時決済の費用

即時決済の費用は、プロバイダーとそのサービス範囲によって異なります。多くの銀行が追加手数料なしで即時決済を提供していますが、手数料がかかるプロバイダーもあります。さまざまなサービスを比較し、条件をよく確認して、可能な限り最良の選択肢を選択することをお勧めします。

即時決済が可能な銀行

オンライン銀行を含め、ますます多くの銀行が即時決済を提供するようになっています。European Payments Council に、完全なリストが掲載されています。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。