前受収益について: 前受収益の概要、およびその管理と追跡方法

Revenue Recognition
Revenue Recognition

Stripe Revenue Recognition (収益認識機能) は発生主義会計の処理を効率化し、スピーディーかつ正確に帳簿の締め処理を実行できるようにします。収益レポートを自動化し、設定することで、IFRS 15 および ASC 606 の収益認識基準への準拠の負担を減らすことができます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 前受収益の概要
  3. 前受収益に関係する会計原則
  4. 前受収益と未収収益の違い
  5. 前受収益が財務諸表に与える影響
  6. 前受収益の管理および追跡方法
  7. 前受収益のリスクとその軽減方法
    1. 誤った報告
    2. 監査の複雑さ
    3. キャッシュフローの曖昧さ
    4. 顧客の期待

前受収益は、企業の財務の健全性と経営の敏捷性のスナップショットを提供する会計概念です。サブスクリプションベースまたは前払い方式のビジネスモデルでは、前受収益は CFO から投資家まで幅広いステークホルダーにとって特に有益な指標となります。

また、前受収益の重要性は、貸借対照表にとどまらず、流動性、規制遵守、評価など、他のビジネス上の懸念事項にも及びます。前受収益の詳細を理解することで、財務報告の透明性を向上させ、戦略的意思決定に関する情報を得ることができます。

以下では、前受収益が財務に与える影響について説明します。知っておくべきことを以下にご紹介します。

この記事の内容

  • 前受収益の概要
  • 前受収益に関係する会計原則
  • 前受収益と未収収益の違い
  • 前受収益が財務諸表に与える影響
  • 前受収益の管理および追跡方法
  • 前受収益のリスクとその軽減方法

前受収益の概要

前受収益とは、支払いを受けたもののまだ収益として得られていないお金のことです。最終的に約束した商品やサービスを提供したら、その金額を財務諸表の収益欄に移すことができます。

たとえば、Netflix などのサブスクリプションサービスを考えてみましょう。誰かが 1 カ月分または 1 年分を前払いしても、そのお金が即座に「収入」に変わるわけではありません。結局のところ、Netflix は依然として 1 カ月または 1 年分のストリーミングサービスを提供する必要があります。この支払いは前受収益として帳簿に計上され、時間が経過し、サービスが提供されるとともに認識済み収益に変わります。(サブスクリプションベースの大手企業の詳細な例については、Roblox の 2023 年第 2 四半期の財務レポートをご覧ください)

前受収益に関係する会計原則

前受収益には、収益認識と発生主義会計という 2 つの一般に公正妥当と認められた会計原則 (GAAP) が関係しています。

収益認識原則は、企業の収益をいつどのように認識すべきかを定めたものです。つまり、企業の収益と経費が帰属する会計期間を定義するのが収益認識です。

発生主義会計原則は、収益認識の範疇に属しており、財務諸表では収益と費用を、支払いを受けた時点ではなく発生した時点に対応付けて認識する必要があると規定しています。言い換えると、発生主義会計は支払いの時点ではなく、企業が収益を獲得する行為を実施した時点に焦点を当てたものです。したがって、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) ビジネスのようなサブスクリプションサービスを運営する場合、毎月のサービス提供に応じて収益を認識し、その都度、前受収益勘定から実現収益勘定に金額を移動させます。

前受収益は、管轄区域の税規制によって納税額に影響を与える可能性があります。一般的に、前受収益に対する税金は、実際に収益を得るまではかかりません。これは、プランニングやリソース配分に余裕を持たせてくれる素晴らしい制度です。

前受収益は財務報告にも影響を与えます。この項目は、負債として貸借対照表に記載されるため、投資家、財務アナリスト、潜在的なアクワイアラーなど、企業の財務の健全性を評価する人に注目されます。前受収益が多いということは、顧客のコミットメントやロイヤルティが高いことを示している可能性がありますが、同時に、多くの役務が先送りになっていることを示唆している可能性もあります。

前受収益と未収収益の違い

前受収益と未収収益は 2 つの異なる概念ですが、どちらも発生主義会計の原則に根ざしており、財務を可能な限り正確にするという共通の目標を果たします。これは、収益認識のタイミングに関連しており、収益が発生するか支払うべき金額が支払われるまで、貸借対照表上のプレースホルダーの役割を果たします。

前受収益は、支払いを受けたが、商品やサービスを提供せずに得ている売上として計上されるものです。それらが提供されると、前受収益は実現収益として認識されます。しかし、未収収益はその逆です。未収収益とは、商品やサービスを提供して収益を得たが、まだ支払われていない収入のことです。貸借対照表では資産として表示されます。最終的に現金が入ってくると、その資産は認識済み収益に変換されます。

コンサルティングビジネスを経営していると想像してください。クライアントが 6 カ月のプロジェクトに対して前払いをした場合、その支払いはまず前受収益として計上されます。毎月作業を完了すると、前受収益から実現収益に徐々に金額が移動します。

今度は、別のクライアントが 6 カ月のプロジェクトの終了時に支払いを行うことに同意したとします。支払いを受けずに毎月コンサルティングサービスを提供し、これを未収収益として計上します。最終的に支払いを受けると、未収収益は受取収益として認識されます。

これらの概念は、財務諸表の整合性を維持するのに役立ちます。これによって、収入と支出を、単に現金の授受があった時期だけでなく、収入や支出が発生した期間と照合することができます。前受収益も未収収益も、綿密に追跡と管理を行う必要があります。これらは、経営計画や戦略的意思決定の鍵となる収益性やキャッシュフローの指標に直接影響します。

前受収益が財務諸表に与える影響

前受収益は財務諸表にさまざまな影響を与えます。

  • 貸借対照表では負債として表示される
    まだ提供していない商品やサービスに対する支払いを受けた場合、その支払いはすぐには収益とみなされません。代わりに、それは前受収益勘定として計上され、貸借対照表では負債として分類されます。これは、製品であれサービスであれ、将来的に顧客に何かを提供する義務があるからです。

  • 時間の経過とともに実現収益に移動する
    製品やサービスを提供すると、収益は前受収益勘定から損益計算書の実現収益セクションに移動します。会計用語で言うと、これは履行義務を果たすことによる段階的な収益の「獲得」を反映しています。

  • 重要業績評価指標に影響を与える
    流動性比率などの指標は、前受収益の金額によって影響を受ける可能性があります。たとえば、多額の前受収益は、すでに回収された資金であることから、将来の財務の安定性を示唆する可能性があります。しかし、これらの資金は将来のサービスや商品の約束であるため、提供する義務があることも意味します。

  • キャッシュフローに影響を与えるが、直ちに課税対象にはならない
    前受収益はプラスのキャッシュフローに貢献しますが、通常、実現収益になるまでは法人税の対象にはなりません。これにより、財務計画とリソース割り当てにある程度の余裕が生まれます。

  • バリュエーションとデューデリジェンスの要素となる
    投資家、アナリスト、潜在的な買い手など、企業の財務の健全性を精査する人は、前受収益に注目します。この金額が多いということは、顧客がコミットされていることを示しますが、同時に、提供しなければならない役務を抱えているということも意味します。これにより、評価が変わり、投資や合併の決定に影響を与える可能性があります。

  • コンプライアンス基準を満たすために追跡する必要がある
    進化するコンプライアンス基準を遵守するためには、前受収益を正確に追跡することが重要です。これらの基準には、買収企業が被買収企業の前受収益を買収日に認識することを義務付ける米国財務会計基準審議会の 2021 年規則が含まれます。

  • 細心の注意を払った管理を行う必要がある
    前受収益は、義務の履行に応じて適切な金額が実現収益に振り替えられるよう、継続的に管理する必要があります。そのためには、適切な簿記の実践と、企業の収益サイクルに関する深い知識が必要になります。

前受収益が財務諸表とどのように相互作用するかを理解することは、企業の財務管理にとって実践的な意味を持ち、外部からの企業の評価に大きな影響を与える可能性があります。

前受収益の管理および追跡方法

適切な方法とツールを使用すると、前受収益の管理と追跡のプロセスがより簡単になります。ここでは、その手順について説明します。

  • すべての収益を総合的に把握する
    これまでに得た収益と、今後得ることが予想される収益を確認します。Stripe のようなプラットフォームを使用すると、すべての収益源を一目で確認できます。サブスクリプション、請求書、取引はすべて明確にラベル付けされており、簡単にアクセスできます。Stripe 以外の収益源がある場合は、それらを組み込む方法もあります。

  • 自動化されたレポートとダッシュボードを使用する
    リアルタイムで更新され、ビジネスの財務状況を把握できる会計システムや決済システムを選択します。たとえば、Stripe の収益認識機能では、チャート、表、仕訳入力が表示され、それらをすばやく詳細に確認することができます。「収益ウォーターフォール」は特に便利です。収益を月ごとに分類し、認識された収益と繰り延べられた収益を示します。

  • ビジネスニーズに応じてカスタマイズする
    個々の企業によって会計要件は異なります。収益タイプごとにルールを設定できるシステムを選択します。Stripe では、特定の手数料を除外したり、税金処理を行ったりするなどの調整が可能です。このプラットフォームでは過去の取引の調整もできます。これは、過去の記録を再確認する必要がある場合に重要になります。

  • 監査に備える
    監査を好む人は誰もいませんが、これはビジネスライフの一部です。財務状況を簡単に確認できるシステムを選択して、負担を軽減しましょう。たとえば、Stripe のプラットフォームでは、認識収益および前受収益を個々の請求書や顧客まで遡って簡単に追跡できます。このような透明性によって、後々の頭痛の種をかなり減らすことができます。

Stripe のソリューションのような、収益を管理および追跡するための適切なツールを使用することで、すべてを適切に管理するための十分な体制が整います。常に意思決定プロセスの中心に具体的なビジネス要件を置き、ニーズを満たすシステムと方法を選択するようにしてください。

前受収益のリスクとその軽減方法

前受収益は、まだ提供していない商品またはサービスに対して顧客から受け取った金額を表しています。簡単そうに聞こえるかもしれませんが、この財務要素の管理には、企業が注意しなければならないいくつかのリスクがあります。これらのリスクに直接対処することで、企業の財務の健全性や顧客との関係に大きな変化をもたらすことができます。

誤った報告

前受収益が正確に計上されていないと、財務全体が歪んでしまう可能性があります。1 年間のサブスクリプションに対して前払いで支払いを受けるソフトウェア会社を考えてみましょう。この収入を前受けして、1 年間に分散するのではなく、即座に認識すると、その会社は実際よりも利益を上げているように見えるかもしれません。この矛盾により、水増しされた収益額に基づいてビジネス上の誤った意思決定が行われる可能性があります。

これに対抗するため、多くの企業は信頼性の高い会計システムを利用しています。Stripe などのプラットフォームは、収益認識のプロセスを自動化する機能を備えています。この自動化によって人為的ミスが減り、財務諸表が会社の状況を正確に表していることが保証されます。

監査の複雑さ

前受収益の複雑さにより、特に記録に曖昧な点がある場合、監査がより困難になる可能性があります。さまざまな契約期間と開始日にわたる購読者を持つ雑誌出版社について考えてみましょう。監査人が支払いとそれに対応する提供義務を容易に追跡できなければ、監査プロセスは骨の折れる作業となります。

Stripe などのソリューションは、認識収益および繰延収益を特定の請求書や顧客契約に直接結び付けるトレーサビリティを提供します。このような透明性により、監査プロセスが簡素化され、ストレスが軽減され、より効率的になります。

キャッシュフローの曖昧さ

現金管理は、前受収益により、さらに複雑になります。ある企業は前払いにより多額の現金が流入し、実際に使用できるよりも多くの流動資産があると考えているかもしれません。たとえば、1 月に年会費を徴収するジムは、多額の投資や事業拡大をしたくなるかもしれません。しかし、これらの会員に年間を通じてフィットネスサービスを提供するコストを考慮していないと、将来的に流動性の問題に直面する可能性があります。

現金売上比率を定期的にモニタリングすることは、これに対処する 1 つの方法です。Stripe では、推移表などの機能が用意されており、月ごとに認識収益と前受収益の内訳を確認できます。このようなインサイトを得ることで、企業はより賢明な支出計画を立てることができます。

顧客の期待

最後に、前受収益を扱う際には、顧客の期待を管理することが重要です。前払いをする顧客は、約束された商品やサービスがタイムリーに提供されることを期待し、一定の信頼を持って支払いを行っています。たとえば、10 セッション分のヨガクラスのパッケージを前払いしたとします。セッションがキャンセルされたり、インストラクターの質が低かったりすると、信頼が損なわれ、返金要求や否定的なレビューにつながる可能性があります。

これを軽減するために、企業はすべての役務とコミットメントを厳密に追跡し、一貫して顧客の期待に応え、あるいはそれを上回るようにしなければなりません。

前受収益によって課題は発生しますが、積極的な管理と適切なツールは、企業がこうした課題に効果的に対処するのに役立ちます。Stripe のようなソリューションを使用すると、このような複雑さが簡素化され、企業が義務を遵守し、顧客との良好な関係を維持することが容易になります。

Stripe を利用した収益認識に関する詳細は、こちらでご覧いただけます。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。