Sharetribe: 複雑なマーケットプレイスのニーズに応えるソリューションを提供

Sharetribe は、誰もが迅速に成功するマーケットプレイスビジネスを構築できるようにサポートしています。Sharetribe のマーケットプレイスソフトウェアは、50 カ国以上で 1,000 店以上のマーケットプレイスビジネスを支援しています。Stripe Connect を利用することで、Sharetribe の顧客はスムーズにユーザをアカウント登録し、簡単にマーケットプレイスの取引を処理し、ビジネスを拡大できます。

使用製品

    Payments
    Connect
ヨーロッパ
スタートアップ

課題

マーケットプレイスビジネスの支援に必要な取引処理は、オンラインペイメントと同じくらい複雑ですが、Sharetribe の技術要件はさらに複雑でした。これは、Sharetribe はマーケットプレイスビルダー向けのソフトウェアを構築し、次にビルダーは売り手とサービスプロバイダによる支払いを有効化しなければならないためです。同社のマーケットプレイス運営者は、各取引から手数料を差し引く必要もありました。さらに、セキュリティを確保するため、運営者は売上の保留、プロバイダへの入金の遅延、手付金の請求に対応する必要がありました。

Sharetribe では、これらをマーケットプレイス運営者の居住国だけでなく、潜在顧客のすべての居住国の法務および規制上の全要件を満たす方法で、確実に実行する必要がありました。Sharetribe は現在、Stripe Connect がサポートするすべての国に顧客を抱えています。

ソリューション

決済、入金、売上の保留といったマーケットプレイス固有の機能は、Sharetribe が提携先企業を比較するうえで一番重要でした。また、同社の顧客ベースの大半を非技術系ユーザが占めることから、操作が簡単で、アカウント登録が迅速かつ簡単である必要がありました。

Stripe、Adyen、MangoPay、PayPal を慎重に検討し、各社と複数の話し合いを経て、Sharetribe はニーズを満たす最適なプロバイダとして Stripe が突出していると判断しました。Stripe のサポートが優れ、ドキュメントが分かりやすいことから、その確信がさらに強くなりました。

Stripe Connect の初回のエンドツーエンドの組み込みでは、概念実証からエンドツーエンドの決済の実行までの全工程を、開発者 1 人で 1 カ月もかからず実現しました。Sharetribe は、その導入スピードを、Stripe の理解しやすい API と、開発者向けのドキュメントや API リファレンスによるものだと考えています。さらに、同社の開発者は、テストアカウントの作成、テスト支払いと入金の実行、特定のエラー条件のテストに利用可能な多種多様なテスト機能についても高く評価しています。

結果

Stripe Connect を導入することで、Sharetribe は完全で強力かつ信頼性の高いマーケットプレイスの決済フローを顧客に提供できるようになりました。このフローでは、ユーザは支払いに関する地域の全規制への準拠を維持することができます。Connect は Sharetribe のグローバルな顧客ベースとその拡大目標をサポートしています。

Sharetribe ではこれらのメリットを活かして、マーケットプレイスビルダーが新しいマーケットプレイスを従来より短時間で立ち上げられるようサポートしました。Studiotime の創業者である Mike 氏は、Sharetribe Go を使用して一晩でビジネスを立ち上げ、それから 1 週間も経たずに 1,000 人以上のプラットフォームユーザを獲得しました。大企業も Sharetribe を利用して短期間で市場参入しており、Canon Australia は Sharetribe を利用してカメラレンタルのマーケットプレイスを立ち上げました。

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます