フランスの VAT: フランスにおける各種の付加価値税率

Tax
Tax

Stripe Tax では、一度の導入で世界中の支払いに対する税金の計算、徴収、レポート作成をご利用いただけます。登録が必要な場所を把握した上で適切な税額を自動徴収し、申告のために必要なレポートも作成することができます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. フランスの VAT
  3. フランスにおける各種の VAT 課税率
    1. 通常の税率
    2. 中間税率
    3. 軽減税率
    4. 特別軽減税率
  4. 食品に対する VAT
    1. 即時消費製品
    2. 保存期間がある消費製品
  5. 高級品に対する VAT
  6. サービスに対する VAT
  7. アルコールに対する VAT
  8. VAT が免除される取引

フランスでは、すべての企業に付加価値税 (VAT) の納付が義務付けられています。適用される正しい VAT 課税率はどのように確認できますか?なぜフランスには異なる VAT 課税率が存在するのでしょうか?この記事では、フランスの付加価値税の 4 種類の異なる税率が、製品やサービスの提供にどのように適用されるのかを説明します。

この記事の内容

  • フランスの VAT
  • フランスにおける各種の VAT 課税率
  • 食品に対する VAT
  • 高級品に対する VAT
  • サービスに対する VAT
  • アルコールに対する VAT
  • VAT が免除される取引

フランスの VAT

付加価値税 (VAT) は、消費者が企業から商品やサービスを購入する際に政府に支払う売上税です。この場合、企業には、仲介者としての役割があります。つまり、購入時に顧客に直接付加価値税 (VAT) を請求し、当局に代わってその税金を徴収する義務があるということです。

フランスにおける各種の VAT 課税率

フランスでは、提供される製品やサービスの種類に応じて VAT 課税率が異なり、現在、4 種類の異なる VAT 課税率が使用されています。

  • 20% の通常の固定税率 (または最大税率)
  • 10% の中間税率
  • 5.5% の軽減税率
  • 2.1% の特別軽減税率 (または特殊税率)

通常の税率

特定の税率が指定されていない商品やサービスの販売には、通常の税率 20% が適用されます。アルコールおよび高級品にはこの税率が適用されます。

中間税率

中間税率は 10% であり、これは主に調理済み食品、ケータリングとレストラン、非加工農産物、および一部の住宅リフォーム工事に適用されます。

10% の中間税率が課税されるその他の商品やサービスには、キャンプサービス、薪、博物館の入場料、動物園、展示会、見本市、遊園地の乗り物、歴史的建造物、学術サポート、旅客輸送、廃棄物処理などがあります。

軽減税率

非調理食品、ガス、電気、および再生可能エネルギーは 5.5% の軽減税率の対象です。この税率は、すべての女性衛生保護製品、障がい者向けの機器やサービス、生活必需品、および緊急時または社会福祉住宅にも適用されます。

また、軽減税率が適用されるその他の商品やサービスには、書籍、学食での食事、一部のライブエンターテイメントと映画の上映、一部の美術品の輸入および配送、住宅のエネルギー品質向上に関するサービス、および特定の不動産の購入などが含まれます。

特別軽減税率

2.1% の特別軽減税率は、主に社会保障による払い戻しの対象となる医薬品や血液製品に適用されます。また、食肉処理用の動物の販売や加工肉、新聞およびその他の印刷された出版物も対象となります。

食品は、複数のケースに関係しているため、2 回取り上げられています。食品の正しい VAT 課税率をどのように判断できますか?

食品に対する VAT

食品に対する VAT 課税率は、販売される製品の種類や想定される消費期間に応じて異なります。

即時消費製品

即時消費を目的として調理された食品には、中間税率である 10% の VAT が適用されます。レストラン、カフェ、バーなどで提供されるすべての食品が、これに該当します。ファーストフードにも、パン販売店、スーパーマーケット、ショッピングセンターで販売される調理済み食品と同様、この税率が適用されます。また、イベントなどでケータリング業者によって配達または提供される食事にも同じ税率が適用されます。

保存期間がある消費製品

後で消費される食品の VAT 課税率は、5.5% に固定されています。これらの食品は気密容器に保存されており、消費期限があります。スーパーマーケットや小売店で販売されている食品もこれに該当します。

レストランで提供されるポテトチップス、ノンアルコール缶飲料、ボトル入り飲料水、パッケージされたフルーツなどの一部製品は、後で消費するために包装されているため、5.5% の VAT 軽減税率が適用されます。ただし、その場で消費されることを意図した商品、例えばグラス入りの飲料水や搾りたてのオレンジジュースなどには 10% の VAT 課税率が適用されます。

高級品に対する VAT

すべての高級品には標準税率の 20% が課されます。これには宝飾品、宝石、キャビア、タバコ、カカオベースの製品などが含まれます。

サービスに対する VAT

ほとんどのサービス (ヘアカットやヘアトリートメント、家事、育児、医療処置、旅行代理業など) には通常税率の 20% が適用されます。ただし、廃棄物処理や旅客輸送など、5.5% の軽減税率が適用されるサービスもあります。

アルコールに対する VAT

アルコール度数 1.2% 以上のアルコール飲料に対する VAT 課税率は 20% です。ビールの場合は、アルコール度数 0.5% 以上のものにこの VAT 課税率が適用されます。

VAT が免除される取引

EU 域内配送、輸出、教育事業、一部の銀行・金融・医療取引については、VAT が免除となります。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。