EU 域内 VAT 番号: 定義、機能、および検証

Tax
Tax

Stripe Tax では、一度の導入で世界中の支払いに対する税金の計算、徴収、レポート作成をご利用いただけます。登録が必要な場所を把握した上で適切な税額を自動徴収し、申告のために必要なレポートも作成することができます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. EU 域内 VAT 番号とは何ですか?どのように使用されますか?
  3. EU 域内 VAT 番号はどのように構成されていますか?
  4. どのような企業で、EU 域内 VAT 番号が必要となりますか?
    1. EU 域内 VAT 番号が必要な取引
  5. EU 域内 VAT はどのように計算されますか?
  6. EU 域内 VAT 番号はどのように確認できますか?

欧州連合 (EU) の加盟国にまたがりビジネスを行うためには、EU 域内付加価値税 (VAT) 番号が必要となります。この VAT 番号は具体的にどのような役割を果たすのでしょうか?また自社の (そしてビジネスパートナーの) VAT 番号をどのように確認できますか?この記事では、EU 域内番号の概念を紹介し、その影響を受ける取引の詳細について扱います。さらに、EU 域内取引が VAT に与える影響についても扱います。

この記事の内容

  • EU 域内 VAT 番号とは何ですか?どのように使用されますか?
  • EU 域内 VAT 番号はどのように構成されていますか?
  • どのような企業で、EU 域内 VAT 番号が必要となりますか?
  • EU 域内 VAT はどのように計算されますか?
  • EU 域内 VAT 番号はどのように確認できますか?

EU 域内 VAT 番号とは何ですか?どのように使用されますか?

EU 域内 VAT 番号は、企業がビジネスを登録する際に自動的に割り振られる納税者識別番号です。この番号により、EU 内で企業を識別したり、税関手続きと VAT の還付を容易に実行したりできます。フランスでは、SIE (政府の事業税所管機関) によって発行されます。

インボイス (EU 登録企業間のインボイスを含む)、見積もり書、VAT 申告、物品取引申告 (DEB)、サービス取引申告 (DES) など、政府機関や商業文書すべてに、EU 域内 VAT 番号を含める必要があります。

EU 域内 VAT 番号はどのように構成されていますか?

EU 域内 VAT 番号の構成は、企業が登記されている場所によって異なります。この番号はフランスでは、FR というコードから始まり、その後に 2 桁のキーと 9 桁の会社の SIREN 番号が続きます。

例えば、フランスの EU 域内 VAT 番号は、FR 89 128370925 または FR 10 123456789 のようになります。

注: SIREN 番号は、会社を登記する際にも発行される固有の事業者識別番号です。国立産業財産機構 (INPI) のウェブサイトで確認できます。

どのような企業で、EU 域内 VAT 番号が必要となりますか?

VAT 登録企業にはすべて、それぞれ独自の EU 域内 VAT 番号が割り振られています。この番号は、EU 域内のビジネス取引 (フランスや他の加盟国における売買を含む) で特に重要であり、国際取引を各国の税務当局が記録するのに使用されます。

免税制度を利用して運営されている企業 (VAT の支払い義務なし) は、税務当局に特別なリクエストを行い、EU 域内 VAT 番号を取得することができます。年間の購入額が 1 万ユーロを超える場合、または EU 域内取引を行う場合にのみ、これを行う義務が生じます。

EU 域内 VAT 番号が必要な取引

EU 域内 VAT 番号は、EU 域内 (EU 域外は対象外) における商品の輸入および輸出に特に適用されます。企業が EU 域内で納品を行う場合、税関検査の際に、物品取引申告 (DEB) またはサービス取引申告 (DES) を提出する必要があります。この文書には売り手とアクワイアラーの EU 域内 VAT 番号が記載されます。

番号が不正確な場合、支払うべき VAT の計算に影響が及ぶ可能性があるため、企業は取引を完了する前に、各取引先の EU 域内 VAT 番号を確認する必要があります。

EU 域内 VAT はどのように計算されますか?

EU 域内 VAT は、フランスでの商品およびサービスのやり取りに適用される、従来の VAT 計算に従って計算できます。一般的に、アクワイアラーが登録されている EU 加盟国で VAT の課税対象である場合、輸出 (ここでの定義はフランスからの域内納品) については、フランスでの VAT が免除されます。これは、自国での購入について、アクワイアラー側で VAT が支払われるからです。ただし、フランスへの商品輸入には、フランスで適用される課税率で VAT が課されます。企業は VAT 申告を行う際に、この VAT を控除できます。サービスは購入者の国で課税されます。

EU 域内 VAT 番号はどのように確認できますか?

企業の EU 域内 VAT 番号は、その企業のインボイス、VAT 申告書、商品やサービスの取引申告で簡単に確認できます。取引におけるミスを避けるため、検証ツールを使用して、欧州のビジネスパートナーの EU 域内 VAT 番号を確認してください。

また Stripe Tax のようなサービスを利用すれば、EU 域内 VAT 番号を確認し、税務要件をスムーズに遵守できるようになります。Stripe Tax は、取引にかかる税金を自動計算し、税金を徴収するための登録が必要なタイミングや地域を指摘する機能を備えています。このソリューションが貴社の税務ニーズにどのように適合するかについては、Stripe の担当部署にお問い合わせください。

自社の VAT 番号を確認できない場合は、できるだけ早く所轄の税務当局 (フランスでは SIE) に連絡して、番号の確認を行ってください。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。