ELSTER: ドイツでのデジタルによる納税申告

Tax
Tax

Stripe Tax では、一度の導入で世界中の支払いに対する税金の計算、徴収、レポート作成をご利用いただけます。登録が必要な場所を把握した上で適切な税額を自動徴収し、申告のために必要なレポートも作成することができます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. ELSTER とは
    1. 「My ELSTER」とは
  3. ELSTER に登録する方法
  4. 証明書ファイルを使用した登録の仕組み
    1. ELSTER の証明書の有効期限を延長する方法
  5. ELSTER の機能
  6. ELSTER で所得税を申告する方法

納税申告書を準備する方法は多数あります。市販ソフトウェアや税務アプリに加え、無料の ELSTER を使用することもできます。この記事では、ELSTER の概要と、プラットフォームが提供する機能についてご紹介します。また、多様な登録方法を取り上げ、ELSTER で納税申告の準備をする方法についても簡単に説明します。

この記事の内容

  • ELSTER とは
  • ELSTER に登録する方法
  • 証明書ファイルを使用した登録の仕組み
  • ELSTER の機能
  • ELSTER で納税申告をする方法

ELSTER とは

ELSTER とは、ドイツの全連邦州の税務当局と連邦政府との合同事業であり、納税申告と登録の処理をデジタル化することを目的としています。ELSTER ポータルは、個人、雇用主、企業、さらに協会、税務コンサルタント向けの一種のオンライン税務署です。ELSTER を使用して素早く、安全に、そして何より無料で税務データを作成し、税務当局に提出することができます。納税申告書を作成する際に、ELSTER ではなく他のソフトウェアやアプリを使用している場合でも、ELSTER に間接的に関与しています。すなわち、すべての税務プログラムによってユーザーの入力データが ELSTER に送信され、その後、税務署に転送されるのです。ELSTER は 1996 年から運用されており、現在もバイエルン州の税務署が取りまとめています。この名前は、「電子納税申告」を意味するドイツ語の「elektronische Steuererklärung」を略したものです。

「My ELSTER」とは

「My ELSTER」は、ELSTER プラットフォームの個人利用者を対象としています。2019 年の納税申告までは、「ELSTER form」ソフトウェアも提供されていました。このソフトウェアを家庭用コンピューターにインストールして、納税申告書を作成するために使用できましたが、現在では使用できません。2020 課税年度以降は、ウェブ ブラウザーで直接操作できるウェブベースのアプリケーション「My ELSTER」が唯一の選択肢です。「My ELSTER」が提供する機能の 1 つとして、税務署がすでに受領した領収書にアクセスできます。さらにユーザーは、電子所得税カードに入力されているデータを確認することもできます。

ELSTER に登録する方法

ELSTER を使用する場合は、登録し、ユーザー アカウントを作成する必要があります。ELSTER に登録するには以下の 3 つの方法があり、すべてのユーザーが無料で利用できます。

  • ELSTER 証明書ファイル
  • ElsterSecure アプリ
  • ID カード

さらに有料の登録方法が 2 つあります。1 つはセキュリティスティックを使用する方法で、起業家に特に適しています。もう 1 つは署名カードを使用する方法で、主に税務コンサルタントを対象としています。

ELSTER 自体は証明書による登録を推奨しています。これについては、次のセクションで詳しく説明します。アプリ版を選べば、カメラ付きのスマートフォンまたはタブレットだけで登録できます。その後、ElsterSecure アプリが読み込まれます。Google Play ストアまたは Apple App ストアからアプリをダウンロードできます。アプリで、「Create user account (ユーザーアカウントの作成)」の「ElsterSecure」オプションと「How do you want to log in to My ELSTER? (My ELSTER へのログイン方法)」を選択します。その後、メールでアクティベーション ID 、郵送でアクティベーション コードが届きます。アプリに ID を入力し、デバイスのカメラを使用して、郵送で受け取った書面の QR コードをスキャンします。登録が完了したら、ElsterSecure を使用して「My ELSTER」にログインできます。

ID カードを使用して登録するには、ID から確実にデータを読み取れる必要があります。そのための 1 つの選択肢として、クレジットカード形式の最新の ID カードを使用する方法があります。このほか、適切な ID カードリーダーと AusweisApp2 を使用する方法もあります。近距離無線通信 (NFC) インターフェイスを備えたスマートフォンも、ID カードリーダーとして適しています。アプリは Google Play ストアApple App ストア、および Windows からダウンロードできます。ID カードを使用して登録するには、個人の「My ELSTER」アカウントの「My user account (自分のユーザーアカウント)」でこの機能を有効にする必要があります。使用する登録方法はここで設定できます。ID カード方式を選択した場合は、アクティベーション PIN を受け取ります。この PIN は自身で選択した PIN と置換する必要があります。これにより ID カードが有効化され、読み取り可能になります。

ELSTER は企業に対して、登録とその後のログインでセキュリティスティックを使用することも推奨しています。これは、暗号チップを介してユーザーのデジタル ID を格納する、特別な USB スティックです。このスティックの 1 回限りの料金は 56.48 ユーロ (2023 年 11 月現在) です。使用するには、ElsterAuthenticator ソフトウェアをインストールする必要があります。Windows、macOS、Linux 向けのソフトウェアをダウンロードできます。

署名カードによる登録にも費用がかかり、通常は 50 ユーロから 150 ユーロです。これは署名カードの発行元が ELSTER ではなく、銀行、専門会社、認証機関 (セキュリティセンターと呼ばれる) であるためです。個人の識別は発行元が行うため、ELSTER 署名カードを読み取るだけで済みます。その際には、カードリーダーと ElsterAuthenticator ソフトウェアも使用する必要があります。

承認済みのプロバイダーやカードなど、署名カードの詳細についてご確認ください。

証明書ファイルを使用した登録の仕組み

ELSTER ユーザーの大多数は、証明書ファイル (「ELSTER 証明書」とも呼ばれている) を使用して登録します。証明書ファイルは、データが暗号化によって保護されている特別な形式 (pfx) のファイルです。パスワードだけで有効化でき、その後「My ELSTER」のユーザー アカウントにリンクできます。証明書ファイルは、ハードドライブや USB スティックなど、さまざまな媒体に保管でき、必要なだけコピーできます。証明書ファイルを使用した登録には 4 つの手順があります。

  1. アカウントの作成: 証明書ファイルを要求するには、まず ELSTER にアカウントを作成する必要があります。
  2. 個人データの送信: ログインオプションから「Certification File (証明書ファイル)」を選択したら、名前、生年月日、納税者番号などの個人データを入力できます。その後、ユーザー名を作成し、セキュリティに関する質問を選択したら、プラットフォーム経由でデータを税務当局に提出します。
  3. アクティベーションデータの受信: 約 14 日後、税務署から、アクティベーション ID がメールで、アクティベーション コードが郵送で届きます。郵便物は登録事務所に登録された住所に自動的に送付されるため、住所が最新であることを確認する必要があります。
  4. 証明書ファイルのダウンロード: ELSTER で、税務署から送信されたデータを入力します。データが正しい場合は、証明書ファイルをダウンロードして保存できます。これにより「My ELSTER」にログインし、必要に応じて自身のパスワードを割り当てることができます。今後は、証明書ファイルとパスワードの組み合わせを使用して、ELSTER の認証が実行されます。

ELSTER の証明書の有効期限を延長する方法

ELSTER の証明書の有効期限は 3 年です。有効期限が切れる前に、ELSTER から複数のメールでリマインド通知が届きます。証明書ファイルの有効期限がまだ切れていない場合は、ELSTER の個人アカウントで簡単に有効期限を延長できます。有効期限に関する注意の下に、「Renew certificate now (証明書を今すぐ更新)」ボタンが表示されています。ボタンをクリックすると、新しいファイルが作成されます。そのファイルを保存して、パスワードで有効化できます。

ELSTER 証明書の有効期限がすでに切れている場合は、新しい証明書を申請する必要があります。その際には、ログイン時に「Certificate file lost or certificate expired? (証明書ファイルを紛失したか、有効期限切れになりましたか ?)」オプションを使用します。また、証明書ファイルが有効期限切れになったか、パスワードを忘れた場合は、このページにアクセスすることもできます。

ELSTER の機能

ELSTER は、オンラインで納税申告するためのプラットフォームとして最もよく知られています。ELSTER を使用して納税申告書を作成し、税務当局に提出することができます。所得税のほかにも、相続税、贈与税、さらに固定資産税など、申告できる税金は数多くあります。たとえば、企業は、売上税と所得税の申告書を ELSTER で作成できます。付随する事前登録をプラットフォームで行うことが可能です。給料と付加価値税 (VAT) の申告については、必ず ELSTER 経由でデータを送信しなければなりません。自営業者や経営者は通常、事前申告書と所得税証明書を税務当局に電子形式で提出することが義務付けられています。ただし、従業員、高齢者、年金受給者は、紙の用紙を使用することもできます。

ELSTER は機能の拡大を続けており、他にもいくつかの種類の税金、申告、登録、申請、通知を ELSTER で処理できます。現在利用可能な形式の概要をご確認ください。

登録ユーザーは、ELSTER を使用して、期限の延長や、決定に対する異議申し立てを行うこともできます。適切な書式に入力することによって、実施の停止を申請することも可能です。一方、財政裁判所に対する申し立ては、ELSTER 経由で申請できません。

ELSTER で所得税を申告する方法

「My ELSTER」で、「Income Tax (所得税)」フォームを選択します。課税年度を指定したら、データを入力できます。あるいは、以前 ELSTER で納税申告をしたことがある場合は、そこからデータを転送します。ELSTER の使用が初めての場合は、次に名前と納税者番号を入力します。該当する場合はパートナーのデータも入力します。現在、「システムアシスタント」を有効化するオプションがあります。通常は、このオプションの使用をお勧めします。

その後、職業と私的な状況に関する以下の質問が 3 ページ続きます。

  • あなたは従業員ですか。年金受給者ですか。
  • 給与所得者ですか。自営業者ですか。
  • 子供はいますか。旅行契約、特別費、臨時費はありますか。

ELSTER は、質問の回答やその他の情報に基づいて適切なシステムを決定します。

次のページ「Certificates (証明書)」では、すでに税務当局に提供されているデータを納税申告書に移行できます。このデータには、個人のマスターデータに加え、雇用主によって源泉徴収された所得税と教会税、連帯課徴金、医療、長期介護、年金、失業保険への拠出金、あるいは受け取った年金の給付金などが含まれます。領収書を受け取るには、検索コードを入力する必要があります。コードは、「Forms and Services (フォームとサービス)」および「Manage Certificate (証明書の管理)」から郵送で依頼できます。

最後に、以前入力したデータに基づいて税務当局が指定したすべての添付文書に情報を記入する必要があります。ELSTER は、データの最終チェック時に、潜在的なエラー (妥当性に関するエラーなど) を指摘します。これらのエラーが修正されなければ、納税申告書を送信できません。最後に、申告書をオンラインで提出します。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。