LetsGetChecked: 不正使用の削減に Stripe Radar を使用することで 5 倍の ROI を実現

LetsGetChecked は、業界トップクラスのヘルスケアインサイト企業であり、幅広い在宅検査および臨床サービスを提供しています。同社では、Stripe の決済および不正使用削減機能を使用して、前年比 800% 以上の規模拡大を実現しました。

使用製品

    Payments
    Radar
ヨーロッパ

課題

LetsGetChecked は、一般の人々が自宅から幅広い医療分野の正確な診断検査を利用することを可能にします。2015 年にアイルランドで創業された同社は、組み込みの簡単さと、迅速にグローバル市場に展開するための国際的な導入実績のある Stripe の堅牢な決済プラットフォームを最初に選択しました。新型コロナウイルスの世界的流行により、LetsGetChecked は FDA の承認を受けた新型コロナウイルス在宅検査サービスをリリースする中で、サービスへの需要の拡大と成長の加速に直面しました。この拡大に伴い不正取引が増加した段階で、LetsGetChecked では Stripe を不正使用のリスク削減に活用し始めました。

ソリューション

LetsGetChecked は、すべての決済にリスクスコアを割り当て、高リスクの決済を自動的にブロックする Stripe Radar を導入しました。年間数十億の支払いを処理する数百万社のグローバルビジネスから学習している Stripe ネットワークのデータを取り込むことにより、Radar のアルゴリズムは変化する不正使用パターンと独自のビジネスモデルにすばやく適応します。LetsGetChecked は、特定の IP アドレスをブロックしたり、高リスクスコアの支払いをレビュー対象にしたり、「非常に高いリスク」と判定されたすべての支払いをブロックする不正使用ポリシーを実装しました。

結果

LetsGetChecked は Stripe の機械学習ソリューションを活用して不正取引をインテリジェントに検出およびブロックし、5 倍の ROI を実現しました。「当社では、幅広い大まかなルールで優良な顧客がブロックされてしまうというリスクを望んでいませんでした。今では Stripe が適切に不正使用に対処しているため、当社にとって問題ではなくなりました。」と、LetsGetChecked の COO を務める Ronan Ryan 氏は述べています。Stripe が提供する支払いおよび不正使用削減機能を利用することで、LetsGetChecked は開発リソースをビジネスの別の側面に投資することができ、前年比 800% を超える成長率で拡大しました。同社は決済機能にモバイルウォレットを追加することで、顧客が 3 倍速くチェックアウトできるようにして、コンバージョン率を大幅に向上しました。Ryan 氏は次のように述べています。「Stripe に Apple Pay を追加することにより、コンバージョン率が大幅に向上しました。この結果には非常に満足しています。」

国際的な規模拡大によって新たなビジネスモデルを獲得

2017 年にアメリカで創業されて以来、LetsGetChecked は American Airlines の公式コロナウイルス検査パートナーとしてサービスを提供しており、NBC の「The Voice」やその他の組織で判定を行ってきました。LetsGetChecked は需要の拡大を受けて急速に規模を拡大しており、看護、物流、テクノロジー、マーケティングなどさまざまな部門で新規従業員を雇用しています。専門技術を活用して在宅コロナウイルス検査を革新し、迅速に提供しました。FDA は 2020 年 10 月に盲検試験を実施し、LetsGetChecked を最も分析感度が高い鼻腔下部用在宅コロナウイルス検査製品であると評価しました。「Stripe は、国際的に規模拡大し、新しい通貨と新しいアカウントを設定するプロセスを完全に革新しました。このおかげで、当社では新規顧客の登録、投資の拡大、スタッフの採用といったコアビジネスに集中することができます。」と、Ryan 氏は述べています。

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

組み込みを開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます