Stripe Sigma が選ばれる理由

SQL で即時に解決

企業が自社の Stripe のデータをすばやく分析し、チームがいち早くインサイトを得られるよう Stripe Sigma が開発されました。

Stripe でレポートを作成

Stripe ダッシュボード内で定義済みの SQL クエリーを使用したり、新しいカスタムクエリーを作成したりすることができます。データエンジニアリングは不要です。

自分のビジネスを知る

データに構造的にアクセスすることで、解約する可能性が低い顧客を特定したり、収益に貢献する地域を調べたりすることが可能になります。

レポートのスケジュール設定

必要なときはいつでも、Stripe に関するあらゆる疑問の答えを得ることができます。レポートをスケジュールして、日、週、月単位で自動生成することができます。

簡単にコラボレーション

頻繁に実行するクエリーを保存することで、作業のスピードが高まります。Sigma で他のチームと直接クエリーを共有したり、CSV 形式のレポートとしてダウンロードしたりすることができます。

ユースケース

チームでの Stripe Sigma の利用方法

不審請求の申請に対する異議申し立ての割合は?

2 月の売上総額は?

請求書への支払いをまだ行っていない顧客は?

直近の銀行入金で消し込まれる支払いは?

キャッシュフローの月々の変動は?

会社の日次の収支は?

月間経常収益は?

アクティブな顧客数は?

不審請求が申請される理由は?

ユーザーごとの平均売上は?

最も人気のサブスクリプションプランは?

クレジットカードブランドごとに行われた決済回数は?

さまざまな顧客チャネルから得られる収益は?

事業運営チームは Stripe Sigma を使って経営を効率化します

財務チームは Stripe Sigma を使って期末処理を迅速化できます。

データ分析チームは Stripe Sigma を使って、1 ユーザーあたりの平均売上 (ARPU) から顧客の解約率などの、あらゆるデータを分析できます。

商品管理チームは Stripe Sigma を使って新しいビジネスチャンスを見つけ出します。

事業運営

不審請求の申請に対する異議申し立ての割合は?

事業運営

2 月の売上総額は?

事業運営

請求書への支払いをまだ行っていない顧客は?

財務

直近の銀行入金で消し込まれる支払いは?

財務

キャッシュフローの月々の変動は?

財務

会社の日次の収支は?

財務

月間経常収益は?

データ分析

アクティブな顧客数は?

データ分析

不審請求が申請される理由は?

データ分析

ユーザーごとの平均売上は?

商品管理

最も人気のサブスクリプションプランは?

商品管理

クレジットカードブランドごとに行われた決済回数は?

商品管理

さまざまな顧客チャネルから得られる収益は?

作成済みテンプレート

素早く結果が得られます

様々な分野の事業で使えるレポート用クエリーを用意してあります。顧客単価の算出から顧客の支払い方法分析など、カスタマイズ可能な作成済みテンプレートが手に入ります。もちろん一から作ることもできます。シンタックスハイライト、エラー表示、自動補完もサポートしていますので、クエリーを簡単に作成できるようになります。

使いやすいスキーマ

Stripe データをすぐに活用

Stripe に保管された構造化データ(追加のメタデータを含む)へ素早くサイドバーからアクセスできます。これにより Stripe の支払い、入金、顧客、サブスクリプション、返金などのデータと簡単に連携させられます。

支払いテーブル
balance_transactions_fee_details
balance_transactions
id Varchar
amount Bigint
available_on Timestamp
created Timestamp
currency Varchar
description Varchar
fee Bigint
net Bigint
status Varchar
type Varchar
source_id Varchar
automatic_transfer_id Varchar

スキーマ一覧 を閲覧

コラボレーションに特化

クエリーを保存してチーム内で共有

よく利用するクエリーを保存しておけば、いつでも再実行できます。便利なクエリーへのリンクを共有し、チームメンバーのだれもが利用できるようにすることもできます。

フランスの顧客数は?

先月の売上は?

月次の売上をどうやって計算しているんだっけ?

料金体系

手数料シミュレーション

Stripe のすべてのデータを自由に操作し、SQL を使用してカスタムの Stripe レポートを作成できます。Sigma の手数料は、ユーザーまたは連結アカウントが、取引を処理する、またはオーソリもしくは支払いリクエストを送信するときに発生します。

今すぐ始めましょう

SQL を使用してカスタムの Stripe レポートを作成します。

仕組みを確認

カスタムの Stripe レポートの作成方法について詳しくご紹介します。

Stripe データをデータウェアハウスと同期

Snowflake または Redshift を使用してすべての最新の Stripe データにアクセスします。