Pitch、Stripe を利用して新たなプレゼンテーション・ソフトウェアをグローバルに展開

ドイツに拠点を置く Pitch は、洗練されたチーム向けのコラボレーション・プレゼンテーション・ソフトウェアです。2018 年に 8 人の共同創業者のチームによってスタートした Pitch は、現在 150 人以上のフルリモートチームメンバーを擁しています。Lakestar、Tiger Global Management、Index Ventures などの投資家から、これまでに 1 億 3500 万ドル以上を調達しています。

使用製品

    Billing
    Payments
ヨーロッパ
スタートアップ

課題

Pitch は、2020 年に自社のプレゼンテーション・ソフトウェアをフリーミアムモデルでグローバルに発売したいと考えていましたが、この分野にはすでに老舗の競合他社がひしめいていました。そこで、同社は最初から有償での販売を目指し、プロフェッショナルチームをターゲットに、この分野におけるプレミアム製品としての地位を確立することにしました。目標は、ユーザー体験のコントロールを維持しながら、エンジニアリング作業を複雑にすることなく、価格戦略に関する将来のイテレーションを可能にすることでした。発売前のテストでは、サードパーティの決済処理サービスの多くが、グローバルな規模拡大を困難にする複雑さを隠し持っていることが明らかになりました。また、Pitch のチームが決済ソリューションに求めていたカスタマイズやコントロールのレベルにも欠けていました。

解決策

2020 年 1 月、Pitch は Stripe に移行し、コードベースをシンプルにし、同社の計画通りに柔軟な決済フローを実現しました。Stripe のクローズドベータプログラムに登録し、社内テストを実施した結果、Pitch はシームレスに発売し、当初からユーザーに有料サブスクリプションを提供することができました。Stripe のダッシュボードを利用することで、請求サポートのためのカスタムツールを構築せずに済み、料金体系の管理を維持することができました。現在、有料会員の 95% がセルフサービスを利用しているため、Pitch のチームは社内の請求サポートとビジネスの拡大に専念する時間を確保することができます。

結果

Pitch のプライベートベータでは、25,000 以上のチームが製品に登録し、最終的に 125,000 以上のワークスペースが作成されました。これにより、正式版への期待が高まりました。Pitch の収益責任者である Ed Shelley 氏によると、Stripe の請求エレメントにレイヤーを構築するのは簡単でした。このため、Pitch が本番環境に移行するまでにシームレスな製品展開が実現しました。Shelley 氏は「請求機能を短期間で製品に組み込むことができたことは、弊社にとって本当にポジティブな経験でした」と称賛しています。

Stripe と迅速に提携にすることで、Pitch は最初から収益化が組み込まれたフリーミアムモデルを発表することができました。Pitch の正式な発売は滞りなく行われ、請求に関する問題が発生しなかったため、同社のエンジニアリングチームは自信を持って他の開発プロジェクトに注力することができました。

Pitch は、グローバルな成長の拡大にも将来の可能性を見出しています。Pitch の無料版がブラジルで人気を博したことは嬉しい驚きであり、Stripe を利用して現地通貨で料金体系を提供できることを思い出しました。「特定の国で追加の決済手段を有効にするのは、とても簡単です」と Shelley 氏は語ります。フリーミアムモデルに Stripe のロゴが付くことで、新規顧客に安心感を与えることができました。このことは、Pitch の条件でプレミアムを提供する新しい製品を展開するために不可欠でした。

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

導入を開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます