スタートアップの社名の決定方法: ステップバイステップガイド

Atlas
Atlas

わずか数クリックで会社を設立し、顧客への請求、チームメンバーの雇用、資金調達に取り掛かれます。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. 1.ブレインダンプとブレインストーミングを行う
  3. 2.インスピレーションの源に身をさらす
  4. 3.名前リストを 2 つ作成する
  5. 4.ネガティブなイメージを持つ名前を除外する
  6. 5.競合他社を調べる
  7. 6.商標調査を行う
  8. 7.シンプルにする
  9. 8.ビジネスとともに成長する名前を選択する
  10. 9.所有可能性について検討する
  11. 10.外部の視点を取り入れる
  12. 11.自分の直感に従う
  13. Stripe によるサポート
    1. Stripe Atlas による申請
    2. デラウェア州での会社の設立
    3. IRS 納税者番号 (EIN) の取得
    4. 会社における株式の取得
    5. 83(b) Tax Election の申請
    6. パートナー特典と割引

スタートアップに最適な社名を選ぶことは、クリエイティブな作業ですが、その影響は非常に広範囲に及びます。多くの場合、社名は潜在顧客が企業に触れる最初のコンタクトポイントとなり、潜在顧客が抱く第一印象と期待を形成します。よく考えられた名前は、ブランドのイメージを高め、顧客とのつながりを深め、市場性と記憶に大きく貢献します。不適切な名前は、マーケティング努力を妨げ、顧客を混乱させ、費用のかかる法的問題にまで発展する可能性があります。

企業のビジョンにマッチし、ターゲットの顧客層にアピールし、競争の激しい市場で目立つ理想的な名前を見つけることは、複雑で困難な作業になる場合が少なくありません。ここでは、スタートアップの社名を決定する方法について包括的に詳しく説明します。ブレインストーミングやインスピレーションの追求から、商標調査、所有可能性の評価、最終的には自分の直感を信じるところまで、このガイドを参考にすれば、ネーミングプロセスを簡素化できるはずです。

この記事の内容

  • ブレインダンプとブレインストーミングを行う
  • インスピレーションの源に身をさらす
  • 名前リストを 2 つ作成する
  • ネガティブなイメージを持つ名前を除外する
  • 競合他社を調べる
  • 商標調査を行う
  • シンプルにする
  • ビジネスとともに成長する名前を選択する
  • 所有可能性について検討する
  • 外部の視点を取り入れる
  • 自分の直感に従う

1.ブレインダンプとブレインストーミングを行う

スタートアップの社名を選択する作業は、事業に関連するあらゆる名前、アイデア、単語、コンセプトを、自分で編集したり判断したりせずに自由に書き出す「ブレインダンプ」から始まります。これを行うために邪魔の入らない時間を確保し、スタートアップのミッション、主要な価値提案、ターゲットの顧客層、解決する問題など、さまざまな側面を検討します。この段階では、創造性を制限することがないように、どのような考えであれ、先入観で判断したり却下したりしないようにします。

頭の中が整理されたら、ブレインストーミングに移ります。これは、ブレインダンプで浮かんだアイデアの原石に磨きをかけ、アイデアを広げていくステップです。リストを見直し、分類し、パターンを見つけて関係付けます。新鮮な視点を得るために、共同創業者やメンターなど、他の人に参加してもらうのも効果的でしょう。ブレインダンプとブレインストーミングはどちらも繰り返し行う作業です。何度もこの手順に戻ってくることになるでしょう。この徹底的なアプローチによって、革新的で、事業と響き合い、まさに必要としている第一印象を与えるスタートアップ名にすることができます。

2.インスピレーションの源に身をさらす

ブレインストーミングの段階で幅広いアイデアを得たら、スタートアップ名を決定するための次のステップは、さまざまな情報源からインスピレーションを追求することです。このプロセスの目的は、視点を豊かにし、創造性を刺激し、スタートアップ名に寄与する可能性のある未検討の分野を発見することにあります。

  • さまざまな環境に身を置く
    いつもの仕事場や業界の外に出てみます。アートギャラリー、図書館、公園を訪ねたり、さまざまな都市を散策したりします。景色を変えることで、新鮮なアイデアを刺激できます。

  • さまざまな芸術や文化に接する
    通常の自分の好みを超えて、本、音楽、映画、文化に目を向けます。スタートアップのエッセンスを具体化する他言語の言葉を学ぶことも、アイデアにつながることがあります。

  • ほかの業界を研究する
    別の業界のネーミング方法を調べます。技術系の企業は短くてキャッチーな名前を好むことが多いのに対し、ファッションブランドはよりエレガントで洗練された名前を選択しているようです。

  • オンラインの名前メーカーを使う
    オンラインの名前メーカーで完璧な名前が生成されることはありませんが、ブレインストーミングの出発点として役立ったり、斬新なアイデアを提供してくれたりすることがあります。

  • ドメイン名を見る
    既存のドメイン名を見ると、既に使用されているドメイン名がわかり、そこからひらめきが生まれることがあります。

  • ソーシャルメディアを活用する
    スタートアップの業界や価値観とマッチする、関連度の高いページ、ハッシュタグ、インフルエンサーをフォローします。オンラインでの対話から、貴重な洞察や新鮮なアイデアを得られる場合があります。

視野を広げ、さまざまなソースでインスピレーションを追求することにより、創造力を養い、選択肢を増やすことができます。あらゆるインスピレーションを記録するようにしてください。ノート、携帯電話のメモ機能、ムードボードなどを利用すると役に立ちます。こうして集めたインスピレーションが、ネーミングプロセスを進めていくときに貴重なリソースになります。

3.名前リストを 2 つ作成する

ブレインストーミングとインスピレーションの段階が終わったら、名前の候補の長いリストができているはずです。今度は、それらを「ストーリー性のある名前」と「心に響く名前」の 2 つのリストに分けて整理します。

ストーリー性のある名前
このリストは、説得力のある物語を背景に持つ名前で構成されます。これらの物語は、スタートアップの起源、ミッション、ユニークセリングプロポジション、または事業に関連する興味深い逸話から引き出すことができます。こうしたストーリーがブランドに深みを与え、記憶に残りやすいブランドにします。たとえば、「ナイキ」という名前は、ギリシャの勝利の女神に由来しており、運動による達成感を呼び起こすという同ブランドのミッションに合う強力なストーリー性を持っています。このリストを作るときには、それぞれの名前のストーリーを考え、そのストーリーがブランドのアイデンティティや価値観とどのようにマッチするかを考えてください。

心に響く名前
このリストでは、ブランドのアイデンティティにマッチする感情、イメージ、アイデアを呼び起こす名前に焦点を当てます。これらの名前は明確なストーリーを持つものではありませんが、ブランドにマッチする感情や連想を呼び起こすことで、ターゲットの顧客層に直感的に響く名前です。記憶に残りやすく、対象者とのつながりをすぐに構築する力を持つ名前です。たとえば、「アマゾン」という名前をジェフ・ベゾスが選んだのは、広大な規模を連想させる名前 (アマゾンは世界最大の河川です) であり、同じように巨大な事業になることを望んだからでした。

この 2 つのリストを作成することで、考えを洗練させ、ネーミングプロセスを明確にします。両方のリストに当てはまる名前もあるかもしれませんが、ほとんどはどちらか一方に当てはまるはずです。どちらかのタイプが本質的に優れているというわけではないことを覚えておくことが重要です。適切な選択は、ブランド、対象者、市場によって異なります。重要なのは、ブランドのストーリーを伝える名前か、対象者の心に響く名前 (この両方を満たす名前が理想的ではあります) を選択することです。

4.ネガティブなイメージを持つ名前を除外する

名前の候補リストを作成したら、ネガティブな含意がないか、ネガティブな連想をさせないか、それぞれの選択肢を慎重に吟味します。そうすることで、誤解を生む可能性、文化的無神経さ、法的問題、スタートアップの評判や成長を妨げる可能性のあるその他の障害を避けることができます。

考慮すべき要素の 1 つは言語です。自分の母国語では完璧に聞こえる名前でも、他言語ではまったく異なる意味を持つ場合があります。国際市場で事業を展開する予定がある場合は、好ましくない連想や恥ずかしい連想を避けるために、選んだ名前の他言語での意味を確認します。Google 翻訳などのツールも役立ちますが、徹底した調査を行うには、文化や言語のコンサルタントに依頼したほうが確実です。

ネガティブな連想は、言語だけに限った問題ではありません。それぞれの名前の歴史を調べてください。歴史的または文化的な問題を抱えていないでしょうか。議論を招く出来事、人物、団体と関連していないでしょうか。徹底した調査を行うと、このような問題を見つける役に立ちます。

また、検討中の名前が、法的に使用可能かどうかも確認する必要があります。Google での簡易検索、商標データベースの確認、法律の専門家に相談することにより、名前が既に商標登録されているかどうかや、既存のビジネスに関連付けられているかどうかを確認できます。これを怠ると、法的な問題を引き起こしたり、将来的に商標変更が必要になったりする可能性があります。

5.競合他社を調べる

名前候補がネガティブな連想をさせないことを確認したら、次のステップでは、競合他社を徹底的に分析します。同業他社の名前を調査すると、貴重な洞察が得られ、ブランドを差別化して、多くの社名に紛れてしまうのを避けることができます。この分析を、さらに小さなステップに分けて説明します。

1.直接的および間接的な競合他社のリストを作成し、会社名を調査する。ネーミングにどのような傾向が見られるでしょうか。名前のテーマ、構造、タイプに共通性があるでしょうか。その傾向を真似したいとは思わないとしても、それらを理解することで、業界の典型的な名前を表す基準やコンテキストとして活用できます。
2.スタートアップを目立たせる方法を考える。関連度が高く、わかりやすい名前でありながら、競合他社とは区別される名前にするにはどうすればよいでしょうか。革新的ではっきりした名前は、対象者の注目を集め、市場でブランドを差別化するのに役立ちます。たとえば、競合他社の大部分が説明的な名前を使用している場合は、より抽象的な名前を選択することで目立つことができるかもしれません。
3.名前の候補が競合他社の名前と似すぎていないか確認する。このような名前は、顧客の混乱や法的な問題につながる可能性があります。

競合他社と十分に差別化できる名前を選択することは重要ですが、業界の常識から逸脱しすぎることにも注意が必要です。そのような名前も、混乱や誤解を招く可能性があります。重要なのは、適合性と差別性のバランスを取ることです。スタートアップが属している業界を表すと同時に、特別なものを提供していることを表す名前にするのが理想的です。

6.商標調査を行う

ストーリー性、共鳴性、連想、競合他社に基づいて名前候補を絞り込んだら、次は商標調査を行います。このステップでは、検討中の名前が法的に使用可能かどうかを確認します。この点を見過ごすと、重大な法的問題や商標変更につながる可能性があります。その場合、費用も時間もかかることになります。

まずは、名前候補が既に他の企業で使用されていないかインターネットで下調べをします。しかし、これだけでは不十分です。すべての企業がオンライン上に存在するわけではなく、商標登録されていても使用されていない名前もあります。

徹底的な調査を行うには、各国の特許商標庁の商標データベースを利用します。アメリカでは、米国特許商標庁 (USPTO) のオンラインデータベースを利用できます。このデータベースでは、登録済みまたは登録申請中の商標、語句、シンボル、デザインを検索できます。

これらのデータベースを独力で利用することもできますが、複雑で、ときには曖昧な場合もあるため、多くの場合、商標弁護士や知的財産権を専門とする法律専門家に相談するのが得策です。そうした専門家であれば、確実に包括的な調査を行い、正しく解釈することができます。

また、国際的な事業展開を計画しているかどうかも考慮します。計画している場合は、対応する国でも商標調査を行う必要があります。管轄区域が異なれば商標法も異なり、自国で利用可能な商標も他の国では利用できない可能性があります。

7.シンプルにする

スタートアップにふさわしい名前を選ぶには、創造性、共鳴性、シンプルさのバランスを取ることが重要です。名前候補のリストを絞り込むときには、わかりやすくてユーザーフレンドリーなスタートアップ名にするために、以下の原則を考慮してください。

  • 発音しやすい
    発音しやすい名前を選択します。直感的に発音できる名前は、口コミによるマーケティングを促進し、顧客の混乱を軽減します。

  • スペルの一貫性
    標準的なスペリング規則に従います。珍しいスペルや奇抜な大文字表記の社名は、オンラインで顧客の目にとまりにくく、ブランディングの一貫性の欠如にもつながる可能性があります。

  • 簡潔さが鍵
    一般的に、名前は短いほうが記憶に残りやすく、扱いやすくなります。特にロゴデザイン、ドメイン名、ソーシャルメディアのハンドルネーム、マーケティング資料ではこれが当てはまります。目安としては、2 から 3 音節、あるいは 10 字以内の名前を考えてください。

  • ユニークだけどシンプル
    広い意味にならないようにしながら、シンプルさを追求します。名前は、差別化された価値提案を反映し、対象者とつながるものでなければなりません。

ブランドのストーリーを包含した、目立つスタートアップ名にするべきですが、対象者にとってわかりやすく、使いやすい名前であることも同様に重要です。シンプルな名前は覚えやすく、マーケティング活動を効率化できるうえに、オンラインで見つけやすくなります。

8.ビジネスとともに成長する名前を選択する

ビジネスとともに進化する名前を選択することも、ネーミングプロセスの重要なステップです。企業が成長してもふさわしい名前であり続ける名前を選ぶためのガイドラインを以下に示します。

  • 具体的すぎる名前を避ける
    特定の製品、サービス、地域に事業を限定するような名前を選択しないようにします。事業の拡大に伴い、サービスが多様化したり、新しい市場に参入したりする可能性があります。対象が狭すぎる名前は、時間の経過とともに制限的で誤解を招くものになりかねません。

  • 長期的に考える
    今は現在のサービスやターゲット市場に焦点を当てているとしても、5 年後、10 年後の事業のあるべき場所を思い描く必要があります。選んだ名前がその長期的ビジョンに合致していて、事業の拡大や方向転換に対応できるものであることを確認します。

  • ドメインの利用可否を確認する
    成長するにつれて、明確で簡潔なデジタルプレゼンスがますます重要になります。名前候補のウェブサイトドメインの利用可否を確認しましょう。.com ドメインや、自国や業界で最も関連性が高く、評判の良いドメイン拡張子を確保することをお勧めします。

  • 長期的な共鳴性
    市場のトレンドや嗜好が変化しても、ターゲットの顧客層の心に響く名前を選択します。時代遅れ、的外れになる可能性のある現代のスラングや流行語に頼りすぎないようにします。

事業とともに成長できる名前を選択することで、スタートアップの避けられない進化と拡張に対応できるだけでなく、時間とコスト、将来的に商標変更が必要になってブランド価値を失う可能性を抑えることができます。

9.所有可能性について検討する

ネーミングプロセスの最終段階では、「所有可能性 (Ownability)」、つまり、さまざまな分野でどれほど簡単に自社の名前を主張して自社の所有物にできるかを検討することが重要です。これには、法的商標権、ドメイン名、ソーシャルメディアのハンドルネームなどが含まれます。ガイドラインをいくつか以下に示します。

  • 商標の利用可否
    前述のように、商標調査を徹底的に行います。法的に所有および保護できる名前を選択し、将来の法的紛争の可能性を避ける必要があります。

  • ドメイン名の利用可否
    選択した名前 (またはそれに近いバリエーション) をドメイン名として使用できるかどうかを確認します。広く認知されている .com ドメインが理想ですが、事業に適しているものであれば、他の拡張子 (.net、.org、.co) や国固有の拡張子 (.us、.uk、.au) も利用できます。

  • ソーシャルメディアプレゼンス
    選択した名前 (またはそのバリエーション) が主要なソーシャルメディアプラットフォームで利用可能であることを確認します。どのプラットフォームでも一貫したユーザーネームを使用することで、ブランド認知度を向上させ、顧客が見つけて対話しやすくすることができます。

  • 検索エンジン最適化 (SEO)
    検索エンジンの結果に名前がどのような影響を与えるか考えてください。名前が一般的すぎて、他の無関係な検索結果にブランドが埋もれてしまわないでしょうか。SEO フレンドリーな名前は、デジタル視認性を高め、自社へのオーガニックなトラフィックを促進できます。

  • ビジュアルブランディングの機会
    名前が、ロゴ、マーケティング資料、ブランディング資料などで、どのように視覚的に表現されるかを考えます。視覚的ブランディングの強力なポテンシャルを持った名前は、ブランドの認知度と顧客の記憶しやすさに寄与します。

所有可能性を検討することにより、選択した名前をさまざまなタッチポイントやプラットフォームで最大限に主張できるようになります。これにより、視認性を高め、強力で認知されやすいブランドを構築できます。

10.外部の視点を取り入れる

ネーミングプロセスで所有可能性と将来の成長について検討したら、次の重要なステップは、外部の視点を取り入れることです。これにより、貴重な洞察を得たり、盲点を発見したり、名前候補がターゲットの顧客層にどのように受け取られるかを判断したりできます。以下にその方法を説明します。

  • 多様な意見を求める
    友人、家族、潜在顧客、メンター、同業者など、さまざまな人々から意見を集めます。この多様性により、幅広い顧客層にアピールし、どの潜在顧客グループも疎外されない名前を選択することができます。

  • フォーカスグループを編成する、またはアンケートを実施する
    より構造化されたアプローチを取りたい場合は、フォーカスグループを設置したりアンケートを実施したりすることを検討します。参加者に、名前を見聞きしたときの第一印象、名前の覚えやすさ、心に響く名前かどうかを尋ねます。彼らのフィードバックから、名前から受け取る価値観や適合性についての重要な洞察を得ることができます。

  • 意図しない意味がないか確認する
    外部の視点は、自分では気づかなかった文化的、言語的、社会的な含意を発見する役に立ちます。これは、国際市場や多文化市場をターゲットにしている場合は特に有益です。

  • 実際のシナリオでテストする
    テスト対象者に、名前候補と接する実生活のシナリオを提供します。電話応答、会議での自社紹介、ラジオの宣伝などで、名前がどのように聞こえるかをテストします。現実世界のコンテキストでテストすることで、名前の実用性と有効性を検証できます。

外部からの視点を得ることで、より広いコンテキストの中で名前候補をテストし、ターゲットの顧客層の心にどのように響くかを理解し、実際のフィードバックに基づいて選択を微調整することができます。自分に個人的に響く名前が潜在顧客にも響くとは限らないため、客観的なフィードバックが鍵となります。

11.自分の直感に従う

自分の直感を信じることは重要です。同じように説得力があるように見える選択肢が複数ある場合は特にそうです。スタートアップのブランドは、複数の要素によって決定されます。名前が完璧でないからといって、うまく考えられたブランディングが妨げられるわけではありませんし、名前が完璧だからといって、名前以外が精彩を欠くブランディング要素がカバーされるわけでもありません。ネーミングの手順をすべて完了し、最有力候補を市場で利用できることを調査して確認し、選び抜いた外部者から意見を得たら、直感的にふさわしいと感じる名前を選択してください。

最後のステップに役立つヒントをいくつか以下に示します。

  • 感情的なつながり
    心に最も響く名前はどれでしょうか。起業家としてのブランドに対する情熱とつながりは、そのブランドの成功に重要な役割を果たします。心に強く響く名前を選択することは、その情熱を燃やし続けるのに役立ちます。

  • 自信
    潜在的な投資家、顧客、パートナーに最も自信を持って紹介できる名前はどれか、自問しましょう。その名前に対するあなたの自信が、他の人があなたのスタートアップをどう受け取るかに直接影響します。

  • 寿命
    長い時間が経っても適切で強力な名前であり続けることが想像できる名前はどれか考えます。直近の市場動向や一時的な好みを超えて長く利用できる名前であることが、直感でわかることがよくあります。

  • 独自性
    最も個性的で自分のものだと感じられる名前はどれか考えます。直感は、自分の事業を本当の意味で差別化する名前へと導いてくれるはずです。

徹底的な調査を行い、さまざまな現実的な側面を検討した後は、自分の直感に耳を傾けることが大切です。直感は、論理的な基準をすべて満たすだけでなく、より深いレベルで自分とつながる名前へと導いてくれることがよくあります。結局のところ、最も成功する会社名とは、戦略と感情的な共鳴が融合した名前なのです。

Stripe によるサポート

Stripe Atlas を使用すると法人化と会社の設立をシンプルに行うことができます。このため、顧客への請求、チームの雇用、資金の調達を最大限に敏速に行うことができます。

Stripe Atlas のフォームに会社の詳細情報を 10 分以内で入力してください。お申し込みにより、Stripe がデラウェア州で会社を設立し、IRS の納税者番号 (EIN) を取得して、ワンクリックで新会社の株式の購入が可能になり、さらに 83(b) Tax Election に関する書類が自動的に申請されます。Atlas は法律に準拠した契約書および雇用のテンプレートを複数用意しています。さらに、IRS による納税者番号の割り当て前であっても、銀行口座の開設や決済の受付開始をサポートします。

Atlas をご利用の創業者は、主要なソフトウエアパートナーを割引料金でご利用いただけます。ワンクリックで厳選されたパートナーにアカウントを登録すると、Stripe の無料の決済処理のクレジットが提供されます。今すぐ会社を設立しましょう

Stripe Atlas による申請

新会社の詳細情報の入力には 10分 もかかりません。会社の構造 (C 株式会社、有限責任会社 (LLC)、子会社)、会社名を選択します。申請を提出する前に Stripe の企業名即時チェッカーがその会社名を使用できるかどうかをお知らせします。共同創業者を最大 4 名まで追加し、その中での株式の割り当てを決定し、選択に応じて将来のチームメートのための株式プールを留保することができます。役員を任命し、住所と電話番号 (必要に応じて、創業者は無料の仮想の住所を一年間保有することができます) を追加し、ワンクリックで法的文書に目を通し、署名することができます。

デラウェア州での会社の設立

Atlas は申請を審査し、1 営業日以内にデラウェア州に会社の設立の書類を提出します。Atlas による申請にはすべて、デラウェア州における 24 時間体制での優先処理サービスが含まれ、追加手数料なしでご利用いただけます。Atlas は会社の設立と最初の1 年間の登記代理人サービス (州のコンプライアンス要件) に 500ドルを請求し、その後は登記代理人の継続料として毎年 100 ドルを請求します。

IRS 納税者番号 (EIN) の取得

デラウェア州での会社設立が完了すると、Atlas は会社の IRS 納税者番号を申請します。アメリカの社会保障番号、アメリカ国内の住所、電話番号を提出した創業者は優先的に処理を受けられます。その他のユーザーはすべて標準どおりに処理されます。標準的な順序の場合、Atlas はお客様に代わって IRS に対して請求を行い、EIN を取得します。IRS のデータをリアルタイムで使用して、申請が有効になる時期を判断します。詳細については、Atlas による EIN の取得方法と現在の納税者番号 ETA の確認をご覧ください。

会社における株式の取得

Atlas による会社の設立が完了した後、Stripe は創業者に自動的に株式を発行して、株式の購入をサポートするため、その会社の株式を公式に保有できます。Atlas を利用することで、創業者はワンクリックで知的財産の株式を購入し、これを会社の書類に反映させることができます。現金や小切手の支払いを郵送したり、追跡したりする必要はありません。

83(b) Tax Election の申請

スタートアップの創業者の多くは、83(b) Tax Election を申請して、将来の個人課税を節税する選択ができます。Atlas ではアメリカおよびアメリカ以外の創業者も、ワンクリックで 83(b) Tax Election を申請し、送付できるため、郵便局へ出向く必要はありません。Stripe では追跡番号付き USPS 特定記録郵便を使用して申請します。お客様は署名済みの 83 (b) Tax Election のコピーと提出証明をダッシュボードで取得できます。

パートナー特典と割引

Atlas は多様なサードパーティーツールと提携して、特別価格やアクセス権を Atlas の創業者に提供しています。Stripe は、OpenAI、アマゾンウェブサービスなど、エンジニアリング、税務および財務、法令準拠、業務のツールを割引価格で提供しています。Atlas はまた、Mercury、Carta、AngelList と提携し、Atlas の企業情報を使用してスピーディーな自動アカウント登録機能を提供しているため、銀行取引や資金調達にも速やかに対応できます。さらに Atlasの創業者は、決済処理に無料のクレジットを最大 1 年間利用できるなど、Stripe の他のプロダクトを割引料金で利用することができます。

スタートアップの創業者のための Atlas のガイドを参照するか、Stripe Atlas の詳細を読んで、Atlas がどのように新規ビジネスを速やかに負担なくセットアップできるかをご確認ください。今すぐ会社を設立しましょう

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。