How to build a payments team

How software platforms can structure their teams to launch and scale payments

Connect
Connect

Shopify や DoorDash など、世界でも有数の成功を収めているプラットフォームとマーケットプレイスも Stripe Connect を利用して決済を自社のプロダクトに導入しています。

もっと知る 
  1. はじめに
  2. Start with these three questions
    1. Why are you building a payments business?
    2. How will you integrate payments?
    3. What’s your payments strategy?
  3. 決済チームの人員配置方法
  4. 決済製品の構築
    1. 製品マネージャー
    2. 製品およびユーザー体験の設計者
    3. エンジニア
    4. データアナリスト
  5. 決済の運用面でサポート
    1. プログラムマネージャー
    2. カスタマーサポートチーム
    3. 法律顧問
    4. 不正管理マネージャーとリスクおよびコンプライアンスマネージャー
    5. 会計および財務マネージャー
  6. 決済の立ち上げと事業化
    1. 収益化マネージャー
    2. 製品マーケティングマネージャー
    3. 営業チーム
  7. Stripe ができること
  8. 決済に関する用語集

10 年前、プラットフォームの大部分は「SaaS 1.0」と見なされ、カスタマイズされたソフトウェアサービスを提供し、顧客のサブスクリプションから経常収益を生み出していました。現在、ほとんどのプラットフォームが「SaaS 2.0」に移行し、顧客のオンライン決済も進んでいます。オンライン決済を組み込むことで、プラットフォームは顧客の基本的なニーズを満たし、他社との競合の面でもメリットを増やせます。決済処理に関して新たな収益源を構築することで、プラットフォームはサブスクリプションから得られる収入の増加を実現しています。

最近では、プラットフォームが「SaaS 3.0」へとさらに進化し、カード、融資、金融口座など、決済以外の組み込み金融機能の提供も始めています。BaaS (Banking-as-a-Service) は、開発の負担と規制の複雑さを最小限に抑えながら、ソフトウェアプラットフォームが顧客に提供できる金融サービスを拡大しています。将来的には、ソフトウェアプラットフォームが BaaS に対応することで、業務を信頼できるプロバイダー 1 社に統一して連携したいと考えている顧客にとってのワンストップショップとしての位置を確立できるでしょう。

Stripe は 10,000 以上のプラットフォーム と提携し、プラットフォームがオンライン決済および金融サービスビジネスを構築して立ち上げる方法を直接学びました。かなりの成功を収めているプラットフォームは、決済ビジネスの構築にはソフトウェアビジネスの構築とは異なるスキルセットが必要であることを認識しています。プラットフォームの多くは、目的をもって事前に決済チームを構築して、さらに大きい組織に編入させ、既存のビジネスプラクティスに統合しています。このガイドでは、ソフトウェアプラットフォームが、新しい決済ビジネスを先導し、成長させるチームを形成するための方法を解説します。

また、よく使用される業界用語とその定義もまとめていますので、このガイドの用語に馴染みのない方は、決済に関する用語集をご覧ください。

Start with these three questions

In order to build a payments offering that complements your existing business strategy and organizational structure, it’s important to answer three foundational questions:

  1. Why are you building a payments business?
  2. How will you integrate payments?
  3. What’s your payments strategy?

Why are you building a payments business?

Your motivations for building a payments business will depend on the unique demands facing your business and the needs of your existing and prospective customers. In general, we’ve found that platforms’ payments goals largely fall into one of three categories:

  • Driving adoption: Many platforms have used payments to differentiate their software from competitors and increase adoption among potential customers. For example, Classy Pay, a payment processing solution powered by Stripe, has helped Classy increase adoption rates with nonprofits of all sizes by giving Classy customers access to easier reconciliation, increased fraud protection, and revenue optimizations.
  • Improving retention: Others have added payments to deepen their relationships with existing customers and improve retention. For example, Lightspeed launched Lightspeed Payments to help bring together all the financial solutions their customers need to run their businesses.
  • Increasing lifetime value: Still other platforms have created new revenue streams and increased the lifetime value of their customers by monetizing payments and financial services. For example, after partnering with Stripe to launch a payments platform for small- and medium-sized businesses, Weave’s payments customers have grown 13% month over month and its processing volume has grown at an average of 37% month over month.

Whatever your goals may be, clarifying and aligning behind the relevant key performance indicators (KPIs) can help your payments team track its progress and stay accountable.

How will you integrate payments?

To control the end-to-end payments experience, some platforms initially consider becoming a full-fledged payment facilitator. They soon discover that this path requires owning customer onboarding, underwriting, dispute management, compliance, support, customer dashboards, reporting, and much more. Because of the time, resources, and financial costs required to become a payment facilitator, many platforms work with payments providers instead, building on their infrastructure to offer payments services and solutions.

Ultimately, resourcing your payments team will depend on what integration path you choose. For example, you may decide to support multiple payment processors, allowing customers to integrate their existing processors on your platform. In this case, while the payment processor (rather than your own team) will be responsible for risk and compliance, your engineering team will need to build the integrations, your designer will need to architect the user experience, and your customer support team will need to field any integration issues.

What’s your payments strategy?

There is no one-size-fits-all payments strategy; yours will depend on your particular product offering, business model, and goals. Before hiring new teammates, it’s crucial to clarify how payments will fit into your overall value proposition and competitive positioning. You should align internal stakeholders behind the answers to a few key questions:

  • What target customer segments do you serve? Does a payments offering enable you to better serve existing customers or become competitive among a new segment of customers?
  • What problems do customers come to you to solve? Will payments services complement your existing offering?
  • What do your competitors offer? Will payments help you differentiate?
  • How will payments position you to capitalize on your product’s strengths in order to meet customers’ needs in ways that competitors can’t?

決済チームの人員配置方法

決済の目標、アプローチ、戦略を体系化したら、決済チームの組織構造の構築に取り掛かります。決済チームがビジネスの他の部分に時間を割いている場合でも、決済のみに集中している場合でも、チームは次の 3 種類の各機能を中心に編成する必要があります。

  • 決済製品の構築: 製品エキスパートのグループが製品戦略を作成し、その戦略を設計とコードに落とし込み、テストと反復によって製品と市場の適合性を維持します。
  • 決済事業の運営支援 運用チームは、決済ビジネスの運営を継続し、顧客の質問に答え、社内の利害関係者や外部パートナーとの関係を管理し、不正使用と規制順守に関するリスクを軽減します。
  • 決済の立ち上げと事業化: 市場開拓チームは、魅力のあるリリースを設計し、トレーニングを受けた営業チーム、競争力のある収益化モデル、継続的な顧客フィードバックにより、継続的に市場への浸透を深めます。

決済製品の構築

製品チームは、決済サービスを構築してプラットフォームに統合するだけでなく、長期を視野に入れた決済製品の拡張と維持に対する責任も負います。顧客のニーズを満たし、プラットフォームのコアソフトウェアを差別化するために、製品マネージャー、設計者、ソフトウェア開発者、データアナリストでチームを構成して、決済製品のロードマップ、実装、ユーザー体験を構築します。

製品マネージャー

最優先事項の 1 つは、決済製品マネージャーを雇い入れ、決済戦略の推進と、製品とマーケットの適合性の見極めを担当してもらいます。この任務と、彼らが構築する部門横断的な深いパートナーシップが必要なことから、この決済製品の責任者には幅広い知識の基盤の構築が求められます。

  • 決済製品に関する技術的経験: 製品マネージャーは、ソリューションアーキテクトと協力して、アカウント構造の設計、資金フローの構築、入金スケジュールの決定を担当します。また、製品マネージャーはエンジニアリングチームの助けを借りて、顧客が決済製品を構成できるようにするための堅牢な API と SDK、ドキュメント、機能を提供します。
  • 決済ユニットエコノミクスに関する知識: ビジネスのコストを最小限に抑えるために、製品マネージャーは、インターチェンジコスト、不審請求の申請手数料、および地域固有のコストに精通している必要があります。この知識は、料金戦略を伝える際にも役立ちます。
  • 決済規制と金融システムに関する深い知識: 決済バリューチェーンには、アクワイアリング銀行、カード発行会社/銀行、カードネットワーク、ペイメントゲートウェイが関わります。国が異なれば、これらを管理する規則や制限も異なります。製品マネージャーは、法務、リスク、規制順守の各チームと実質的に連携できるように、常にこれらの関係要素や規制に関する最新情報を把握しておく必要があります。
  • 新たな決済トレンドと決済手段に関する認識: 新しい決済機能や決済手段を常に把握することで、顧客への価値提供や、常に進化するニーズの先取りがしやすくなります。製品マネージャーは、その知識を活用して、プラットフォームの価値提案を強化し、採用を拡大し、製品と市場の適合性を維持するためのロードマップと実験計画を作成します。

製品およびユーザー体験の設計者

設計機能は、顧客の決済ジャーニーを綿密に計画し、設計します。製品やユーザー体験の設計者は、多くの場合、アカウント登録フローから手を付けます。ユーザー体験リサーチャーと連携して潜在顧客の意見を集め、エンドツーエンドの体験を綿密に練ることで、規制、法律規定、リスク要件のバランスを取りながら、顧客が使いやすいアカウント登録体験を設計します。決済製品の戦略に沿って、設計チームは、顧客が承認された後に表示されるダッシュボード、画面、コピーも作成します。これらの機能によって、顧客は決済のパフォーマンスに関するレポートの精査、入金の追跡、不審請求の申請や返金の管理が可能になります。また、設計チームは、決済体験や支払い確認メールなど、顧客のユーザー体験を標準化する必要もあります。

エンジニア

ソフトウェア開発者は、リリースの計画、構築、テスト、デプロイによって、決済製品の開発と保守の技術的側面に対応します。そのためには、導入システムの構築、ユーザー体験の構築、反復的に行われる最適化に詳しいエンジニアが必要です。決済製品は、ペイメントゲートウェイだけでなく、ERP、CRM、会計ソフトウェアなどのビジネスシステムとの統合も必要になります。さらに、決済エンジニアは、設計チームのモックアップを効率的な顧客アカウント登録機能とダッシュボードに変換し、顧客が自社業務を管理できるようにします。すべてのソフトウェア製品と同様に、決済製品も、絶えず変化する顧客のニーズと期待に応じられるように進化しなければなりません。エンジニアは、購入完了率とオーソリ率の最適化、新しい収益化モデルへの対応に必要なシステムのアップグレードに関して、重要な役割を果たします。

データアナリスト

データ機能を利用することで、顧客と企業の両方のデータニーズを満たすことができます。データアナリストは、顧客のペイメントゲートウェイからのデータの取り込みに使用される API やデータテーブルなど、支払いデータ標準の定義を担当します。決済データは機密性が高いため、データチームは決済データの管理、保護、回復の方法を管理するプロセスも定義する必要があります。また、決済データアナリストは、一般にペイメントゲートウェイ全体のパフォーマンスの監視と分析、複数のゲートウェイを使用する顧客のスマートルーティングへの対応も担当します。

他の決済関係者からは、データチームにワークストリームのサポートを求められます。たとえば、財務および会計チームはデータアナリストと協力して、システムに支払いデータが正しく取り込まれるようにします。決済マーケターは導入と収益化の取り組みの効果の追跡、決済製品マネージャーは決済ビジネスのパフォーマンスに関するレポートを必要とします。また、リスクチームは、データチームに不正モデリングの支援を求めることもあります。

決済の運用面でサポート

決済は、顧客のビジネスにおいて最もデリケートな側面の 1 つです。たとえば、顧客のアカウント登録をサポートし、リスク、法律、規制上の義務を確実に遵守するための詳細な運用ベンチを構築することが重要です。この運用チームは、引受査定、リスクスコアリング、不正軽減基準などをはじめ、顧客確認 (KYC) 要件。PCI コンプライアンス、ペイメントファシリテーターの規制順守および納税義務支払いを取り巻くさまざまなルールを先取りして組織を維持します。

プログラムマネージャー

プログラムマネージャーの最優先事項は、決済組織内外の関係者を積極的に管理することで、決済プログラムの連携を促進することです。決済分野での業務に必要な金融パートナーの数を考えると、プログラムマネージャーは、こうしたパートナーの関係管理のための単一の窓口として機能できます。たとえば、プラットフォームが国際展開を決定した場合、プログラムマネージャーが発行会社/銀行候補への渉外活動を推進することがあります。す。プラットフォームが複数のペイメントゲートウェイに対応している場合、問題や停止が発生したときはプログラムマネージャーがゲートウェイと連携して、速やかに解決できます。

決済チームの KPI の開発、チーム構造の設計 (および展開)、チームの俊敏性を高めるための内部プロセスの再設計などが、主要なワークストリームとなります。また、プログラムマネージャーは、決済製品マネージャーをサポートしてビジネスケースを強化するための調査を行ったり、決済製品マーケターをサポートして、リリースに備えてステークホルダー管理やプロセスの最適化を推進することもあります。

カスタマーサポートチーム

多くの場合、プラットフォームにはすでにカスタマーサポートチームが存在すると思われますが、支払い関連の問題を処理するために専用のリソースが必要になることもよくあります。顧客がアカウントを登録すると、カスタマーサポートによる支援が期待されるため、チームは最も質問されやすい事項に回答できるように準備しておく必要があります。

  • 入金用の銀行口座を追加するにはどうすればよいですか?
  • どうして最初の入金が届かないのですか?
  • 不審請求の申請にはどのように対処すればよいですか?
  • 支払いにはいくら請求されますか?
  • 明細書はどこにありますか?

法律顧問

専任のリソースを雇う場合も、プラットフォームの既存の法務部門と連携する場合も、法律顧問は、金融サービスおよび決済業界に適用される関連法規制の最新情報を把握して、決済チームのメンバーに法的アドバイスを提供できるようにしておく必要があります。たとえば、法務部門はプログラム管理と協力して、送金業者のライセンスを取得したり、ペイメントゲートウェイとの契約を確認したりすることがあります。自社固有の決済機能をブランド化する場合、プラットフォームに適用される規制が増え、負担も大きくなるため、プラットフォームと顧客との間の契約文言の草案作成の際は、法律顧問が中心的な役割を果たすことになります。

不正管理マネージャーとリスクおよびコンプライアンスマネージャー

決済製品を事業に追加する際のリスクは無視できるものではありません。決済ビジネスは、不正使用とクレジットを管理するだけではなく、規制順守に関するリスクも管理しなければなりません。小規模なプラットフォームでは 1 人のリソースでこれらのリスクを管理できる場合もありますが、大規模なプラットフォームでは、決済の不正使用対策マネージャーとリスクおよび規制順守マネージャーを採用することをお勧めします。

決済をプラットフォームに統合するということは、顧客の信用リスクと顧客のユーザーの不正使用リスクの両方を含め、顧客が開始したすべての取引に対して金銭的責任を負うことになります。このリスクを軽減するために、決済不正使用対策マネージャーは、不正使用やマネーロンダリングを防ぐリスクモデルとプロセスをあらかじめ導入しておく必要があります。これを使用して、アカウント登録と引受査定のフローを設計し、プラットフォームのリスク許容度に沿ったリスク管理としきい値を作成できます。リスクチームは、顧客の業種間の微妙な違いを考慮しながら、常に取引に不規則性がないかを監視し、リスクプロフィールに従って顧客をセグメントに分類する必要があります。

資金の移動にはリスクが伴うため、多くの国が有権者、地域経済、および世界の金融システムを保護するための規制を導入しています。リスクおよび規制順守のマネージャーは、この絶えず変化する規制状況に合わせて組織を最新の状態に保ち、決済に関する規制順守義務をプラットフォームの既存の規制順守管理とポリシーに統合する責任を負うことになります。

  • 「顧客確認」(KYC) 義務: 顧客のアカウント登録時に、特定のデータ (納税者番号など) を収集し、チェック (本人確認など) を実行して、事業者が主張どおりのものであることを確認することが求められる場合があります。
  • データ所在地の要件: たとえば、インド準備銀行は、インドの決済サービスプロバイダーまたは仲介業者を通じて処理される取引の支払いデータの保存をインド国内にあるデータベースとサーバーのみに限定することを義務付けています。
  • セキュリティ標準: 2006年、Visa、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、ディスカバー、JCB は、統一的な標準ポリシーである PCI データセキュリティ基準 (通称 PCI DSS) に従い、インターネット時代における消費者と銀行の基本的なレベルの保護を実施しています。

会計および財務マネージャー

収益化モデルによっては、決済事業に、各取引からの収益に加えて、分析やサブスクリプションなどの付加価値サービスからの収益など、複数の新しい収益源が存在する場合があります。決済製品を初めてリリースする際に会計および財務マネージャーは、決済収益がプラットフォームの会計システムを通じて流れるようにし、財務レポートが正確かつ完全に、さらにタイミングよく行われるようにする必要があります。決済ビジネスの成熟が進むにつれ、会計管理および財務チームは、上流の決済システムと下流の会計システム間の接続を管理し、決済プログラムの収益性を長期的に追跡し、さまざまな国や州の規則や税率に応じた税金の申告を支援します。

決済の立ち上げと事業化

製品が構築され、運用システムが整ったら、市場開拓チームは決済事業の収益化立ち上げと規模拡大を実施できます。市場開拓機能の構成は、事業者固有の獲得モデルによって異なります。顧客にオンラインでの登録を促す場合、たいていはマーケティングチームへの依存が大きくなります。しかし、きめ細かなアプローチで新規顧客を特定し、アカウント登録を行う場合は、知識豊富な決済営業チームを構築することが重要です。この市場開拓チームは、顧客と社内チームの間で継続的にフィードバックループを維持することで、体験の改善を促進し、新製品のイノベーションに影響を及ぼすことができます。

収益化マネージャー

料金戦略の責任は、製品マーケティングチームと製品管理チームの両方で共有する必要があります。収益化モデルに絞り込む前に、決済製品のマーケティングマネージャーは、顧客がどのように価値を測定しているかを調査し、競合する代替案を評価します。製品マネージャーは、自社のコストを考慮に入れて、既存の社内システムがさまざまな収益化手段をサポートできるように設計されているかどうかを検討します。

  • インターチェンジ: カード商品を提供する場合、カード取引ごとに発生するインターチェンジフィーの一部を保持できる場合があります。
  • 融資: ローンを提供し、組成手数料と利息を請求することで収益を得ることができます。
  • 保有資金に対する手数料を得る: 顧客が資金を保管できるようにすることで、資金保管の負担料として手数料を得ることができます。この収入全体をキャプチャしたり、顧客と分配したり、この 2 つを組み合わせたりすることができます。
  • サブスクリプションやサービスの手数料: サブスクリプションプランやメンバーシッププランで製品やサービスを利用する代価として継続手数料を顧客に請求します。
  • 資金移動サービスへの加算: さまざまな資金移動サービス (資金への早期アクセス、電信送金、外国為替取引など) のコストを加算します。

これらのアプローチは、新しい機能やサービスを直接収益化しますが、検討すべき代替案は、単にプラットフォーム全体の料金を上げることだけです。結局のところ、決済と金融サービスを提供することで、プラットフォームは顧客により多くの価値を創造して提供しているのです。

製品マーケティングマネージャー

決済製品のマーケティングマネージャーは、新規顧客獲得を推進できる市場開拓戦略の策定と実施を担当します。顧客調査と競合調査を通じて、マーケティングはターゲットにする顧客セグメント、ブランドポジショニング、およびメッセージングを定義します。プラットフォームがセルフサービスのアプローチで登録を増やしている場合、マーケターは有料、収益、所有のメディアチャネルを使用してファネルの最上位で需要を構築します。営業チームへの依存度が高い場合、マーケティングは、営業チームが効果的に支払いを売り込むことができるように、トレーニングと販促物の構築において中心的な役割を果たす必要があります。決済サービスの初期リリース後、マーケティングチームは新機能のリリースを発表し、マーケティングプロモーションで顧客への浸透率を高め、マーケティング戦略と認知度向上戦略を試し続けて、最も有効であるものを確認します。

営業チーム

決済のセールスモーションを構築するために、一部のプラットフォームでは営業チーム全体をトレーニングしていますが、ほとんどのプラットフォームではオーバーレイセールスモデルを使用しており、既存のチームメンバーをトレーニングして、決済のスペシャリストとして決済サービスの価値を明確に伝えられるようにしています。どのようなアプローチをとるにせよ、営業チームの構築は人を採用すれば済むというものではありません。営業チームを成功に導くには、基本的な要素を導入する必要があります。

  • 収益目標を設定して、営業チームのモチベーションを高め、生産性を測定します。
  • 決済取引を成立させた販売代理店に報酬を与えるインセンティブ構造を確立する。
  • セールスイネーブルメントフレームワークを作成し、売り手に決済とソフトウェアを組み合わせた価値を売り込む方法をトレーニングする。

Stripe ができること

Stripe は、ソフトウェアプラットフォームが決済および金融サービスビジネスを開始、拡張、成長するためのスピーディーで、簡単かつ柔軟な手段です。フィンテックのスタートアップから知名度のあるプラットフォームまで、あらゆる規模のプラットフォームが、Stripe とその銀行パートナーと連携することで、支払いの回収、顧客への資本提供、バーチャルカードと物理カードの発行、その他多くの金融サービスを実現しています。一度 Stripe を導入するだけで、追加の開発作業を行うことなく、プラットフォームを国際的に拡大し、新しい国での顧客開拓を促進できます。

市場投入までの時間を短縮し、決済ビジネスの構築と運営に必要なリソースと投資を最小限に抑えるために、Stripe は業務間接費を削減するツールを提供し、決済ビジネスの一部を積極的に管理することもできます。

  • ユーザー体験: アカウント登録フローとダッシュボードのレポート作成機能をゼロから設計して構築するのではなく、Stripe がホストする各機能を使用できます。Stripe がホストする機能はローカライズ済みで、購入完了率を向上できるように最適化され、また、新しいコンプライアンス基準を満たせるように更新が定期的に実施されています。Stripe は、簡単に導入できる一連の機能 (取引の返金、入金のリクエスト、確認の管理など) を提供しています。これを利用することで、製品チームが構築に時間を取られることなく、メンテナンスコストを削減し、まとまりのあるブランド体験を生み出しすことができます。
  • リスク: Stripe は、取引リスクと加盟店リスクの両方を管理するためのさまざまなソリューションをプラットフォームに提供しています。Stripe Radar は、プラットフォームと連結アカウントに、取引の不正利用のリスクに対処するための設定可能なツールを提供します。また、Stripe Managed Risk は、加盟店の信用リスクと不正利用リスクの継続的な監視と低減、およびプラットフォームの加盟店アカウントのポートフォリオ全体で加盟店のリスクに起因する回復不能なマイナス残高が発生した場合の損失リスクからの保護など、エンドツーエンドの加盟店リスク管理ソリューションをプラットフォームに提供します。
  • 法務: Stripe は常にグローバルな規制とカードネットワークのルールの最新状況を把握しているため、貴社の法務チームは変化する状況を監視するパートナーを確保できます。また、Stripe は PCI コンプライアンスに役立つデータトークン化機能も提供しており、個人や企業向けの顧客確認 (KYC) やマネーロンダリング防止 (AML) チェックなど、リスクベースの金融犯罪スクリーニングプログラムにより、より安全な決済ビジネスの構築を支援しています。また、世界中の Stripe の金融関連ライセンスのメリットを活用できるため、世界の各市場のライセンスを自社で取得しなくても済みます。
  • カスタマーサポート: Stripe では、電話、メール、チャットによるサポートを顧客に提供できます。
  • 収益化: カスタム料金設定ツールの構築をエンジニアに頼らなくても、Stripe を使用すれば、プラットフォーム手数料の設定、割引の提供、さまざまな料金体系モデルのサポートなど、料金を簡単に設定し、動的に制御できます。
  • データ: Stripe は、財務および会計チームのレポートとの照合を効率化する堅牢な収益レポートを提供します。
  • __ 市場参入:__ Stripe Partner Ecosystemに参加すると、社内チーム向けのトレーニング、Stripe 導入を発表するためのリソース、広く使用されている Stripe の機能や設定に関する質問への回答を説明するビデオ、ブランドのガイドラインやアセットなど、マーケティングと営業活動の推進のために設計されたツールキットを利用できます。

Stripe を利用した決済ビジネスの構築を検討している場合は、当社のが立ち上げまでの最適な道筋をご案内します。Stripe は、決済プログラムの基盤の構築に向けて、製品戦略とビジネスプランの共同開発、リソースのニーズ、機能要件、収益化アプローチの定義を支援することができます。定期的なレビューを通じて、弊社のコンサルタントはお客様のチームと協力して支払いを導入し、エクスペリエンスマッピングや顧客の移行からデータの取り込みや財務レポート作成まで、あらゆることに対応します。新しい決済製品を市場に投入できるように、マーケティング戦略の策定、段階的な展開の計画、立ち上げのサポートに必要なリソースとプロセスを社内チームに提供するお手伝いをします。

プラットフォームが Stripe と提携して決済および金融サービスビジネスを構築する方法について、詳細は弊社チームにお問い合わせください

決済に関する用語集

この用語集では、このガイドで決済に関してよく使用される用語の一部について、その定義を紹介しています。

  • アクワイアラー: アクワイアラーはアクワイアリング銀行とも呼ばれます。加盟店に代わってクレジットカードまたはデビットカードによる支払いを処理し、カードネットワークを介してカード発行会社/銀行にルーティングする銀行または金融機関です。
  • カードネットワーク: カードネットワークは、加盟店とカード発行会社間の取引を処理し、クレジットカードが受け入れ可能であるかどうかを制御します。またネットワークコストも管理します。例としては、Visa、Mastercard、ディスカバー、アメリカン・エキスプレスなどが挙げられます。
  • チャージバック: チャージバックは不審請求の申請とも呼ばれ、カード所有者がカード発行会社に対して支払いについて疑問を呈した場合に発生します。チャージバックプロセスでは、加盟店が、購入した人物がそのカードの所有者であり、取引を承認したということを証明する責任を負います。
  • 信用リスク: これは、プラットフォームの顧客が商品やサービスの注文を履行できないというリスクです。チャージバックが要求された場合、一般的に言えば、取引を進めたプラットフォームが未払いのお金に対する責任を負います。
  • 不審請求の申請: 「チャージバック」の定義を参照。
  • 不正利用のリスク: これは、虚偽または違法な取引によるリスクです。通常、不正利用は何者かがカード番号や当座預金口座のデータを盗んで不正な取引を行うことで発生します。不正利用は、企業が商品やサービスを提供する意図なしで、企業が顧客をだまして金銭を出させる場合にも発生する可能性があります。
  • インターチェンジ: これは、カード決済の処理の対価としてカード発行会社に支払われる手数料です。
  • 発行会社/銀行: 消費者にクレジットカードとデビットカードを発行する発行会社/銀行のことです。
  • ペイメントファシリテーター: 一般に、プラットフォームやマーケットプレイスが特定の決済機能を追加するには、ペイメントファシリテーター (payfac) としてカードネットワークに登録し、ステータスを維持する必要がありました。Stripe を使用すると、プラットフォームやマーケットプレイスは、必ずしもペイメントファシリテーターとして登録することなく決済機能を利用できます。また、その際にペイメントファシリテーターに課せられるさまざまな負担の大きい要件に対応する必要もなくなります。
  • ペイメントゲートウェイ: ペイメントゲートウェイは、加盟店のサーバー上でクレジットカード情報を暗号化し、アクワイアラーに送信するソフトウェアです。ゲートウェイサービスとアクワイアラーは多くの場合、同じ組織です。
  • 決済手段: これは、消費者が商品やサービスの支払いに使用する、選択可能な手段です。決済手段には、銀行送金、クレジットカードまたはデビットカード、デジタルウォレットなどがあります。
  • __ PCI データセキュリティ基準 (PCI DSS):__ これは、カード保有者のデータおよび機密性の高い認証データの保存、処理、または送信に関与するすべての組織に適用される情報セキュリティ基準です。

今すぐ始めましょう

アカウントを作成し、支払いの受け付けを開始しましょう。契約や、銀行情報の提出などの手続きは不要です。貴社ビジネスに合わせたカスタムパッケージのご提案については、営業担当にお問い合わせください。