Teachable: Stripe の導入でクリエイターが 10 億ドル以上の収益を実現

シンプルなプラットフォームである Teachable は、10 万人以上のクリエイター、コーチ、ビジネスが自身の知識を共有するためのオンラインコースとコーチングサービスを提供できるようにサポートしています。クリエイターがオンライン学習体験を作成、マーケティング、販売するための強力なツールを提供し、利益の大半を確実に受け取ることができるようにします。2013 年の創業以来、Teachable はサブスクリプション支払いへの対応から、完全な決済インフラの提供に至るまで、Stripe とのパートナーシップを拡大してきました。クリエイターはこれまでに 10 億ドル以上の収益を上げています。

使用製品

    Payments
    Billing
    Connect
    Radar
北アメリカ
スタートアップ

課題

Teachable の創業者 Ankur Nagpal 氏は、自身のコースをオンラインで簡単に販売できるようにするだけでなく、収益を圧迫することのないソリューションを見つけ出そうとしていました。Nagpal 氏は 2013 年に Teachable を立ち上げ、そのプラットフォーム上でクリエイターがオンラインコースを構築して販売し、さらに収益の大半を手元に残しておけるようにサポートしています。

当初、クリエイターは Teachable プラットフォームに組み込まれたサードパーティーの決済ゲートウェイを使用することで、受講者からの支払いを受け付けることができました。しかし、時間の経過とともにクリエイターのビジネスの規模は拡大し、受講者向けの支払いオプションの充実や、より効率的な入金管理など、高度な機能と管理が求められるようになりました。Teachable は、プラットフォームに決済機能を直接埋め込むことにより、ユーザーのニーズの高まりに応えるだけでなく、有効な収益源を開拓する機会を得ました。

Teachable がより堅牢で直感的な支払い体験をクリエイターに提供するには、プラットフォームに簡単に埋め込むことができる柔軟な決済ソリューションが必要でした。その上、そのソリューションには、海外への事業拡大目標を支え、潜在的な不正使用やコンプライアンスの問題に対する保護を提供し、支払いの収益化を実現するという要件もありました。

ソリューション

Teachable は短時間で登録し、利用開始することを望んでいたため、複雑な決済インフラを一から構築する時間はありませんでした。ソリューションとして Braintree、Adyen、Tipalti などを検討した結果、最終的に Stripe を選びました。Teachable にはすでに Stripe との提携関係があり、Stripe を利用してクリエイターからサブスクリプションの支払いを回収していたのです。また、Teachable は、他と比較した場合の Stripe の導入速度や、不正防止のための Stripe Radar のような機能を高く評価しました。

「クリエイターにシームレスでシンプルな決済オプションを提供し、ほぼ即座に登録し、利用開始できるようにすることを目指していました」(Teachable、最高財務責任者兼ジェネラルマネージャー、Tabitha Hickman 氏)。「当社の既存のソリューションでは、支払いを 30 日間留保する必要があり、クリエイターはより迅速にこれらの支払いを受け取ることを求めていました。そこで、クリエイターに個別の Stripe Connect Express アカウントを開設してもらい、ほぼ即座に売上にアクセスできるようにしました。この機能はクリエイターから高い支持を得ました」

Stripe の導入により、Teachable はクリエイターが共同作業者の間で簡単に支払いを分割できるようにし、支払いのコンプライアンスと「顧客確認 (KYC)」の本人確認をシンプルにし、不正使用管理機能を改善するとともに、同社が海外に事業拡大する中で海外からの支払いを効率化できました。また、クリエイターと受講者の間の決済取引ごとにシェアを獲得する、新しい強力な収益源を開拓できました。

「詳細な調査を行ったところ、総合的な決済プラットフォームを実装するには数年かかる可能性があることが判明しました」(Hickman 氏)。「Stripe を利用した結果、わずか 3 人のエンジニアが 3 カ月でこれを実現しました」

結果

新たなブランド Teachable Payments を立ち上げて、決済ソリューションを組み込んだ結果、Teachable の支払い収益は 140% 増加しました。Teachable Payments を利用することで、クリエイターは数分でサービスを開始し、世界中の受講者から支払いを受け付けることができます。さらに、カスタムの入金スケジュールを設定したり、運営に関する作業を効率化したりすることも可能です。

世界中での簡単で迅速な決済

Hickman 氏はこう述べています。「海外での事業拡大に伴い、アメリカ以外でのクロスボーダーの機会が当社ビジネスの 50% を占めるようになりました。Stripe の導入により、クリエイターは世界中の受講者に簡単にコースを販売できるようになりました」

Teachable Payments では、クリエイターは 130 以上の通貨と、Apple Pay や Google Pay などの複数の支払い方法で支払いを受けることができます。さらに、Teachable では、アメリカ、EU、および世界 16 カ国で VAT、GST やその他の消費税を徴収および納付できるため、VAT やその他の税金への対応が容易になりました。

ビジネスを運営するためのより優れたツール

Teachable の資金、製品責任者、Marissa Fong 氏は次のように述べています。「クリエイター向けの価値提案の 1 つに、統合型の Teachable 機能への支払い管理の組み込みがあります。私たちは難しい処理を簡単にするように取り組んでいて、Stripe はそれを可能にしてくれます」。クリエイターはコースの収益を日ごと、週ごと、月ごとに受け取るように入金スケジュールを自動化することができ、チャージバックや不審請求の申請が発生した場合は Teachable が自動的に対応します。

Teachable にはマクロレベルで決済ビジネスを運営するためのツールもあります。Teachable チームは、Stripe ダッシュボードで支払い額、地域、チャージバックの傾向を監視でき、これをもとに戦略的な決定を下して、潜在的なコンプライアンスまたはリスクの問題に先手を打つことができます。

不正使用に対する保護、支払いの受け付けへの信頼

プラットフォームとクリエイターの保護を目的として、「当社では Radar を使用して、カスタムの「ブロックと許可」リストを作成し、Stripe が自動的に不正使用による支払いを拒否できるようにしています。また、Radar では支払いを行った端末の IP アドレスを確認し、それをユーザーの IP アドレスと比較して、不正使用を示す可能性のある不一致がないかを即座に判断できます。このような機能もありますが、当社の不正対策チームが特に評価しているのは、サードパーティーのツールを購入して組み込まなくても、Radar をすぐに利用できることです」(Hickman 氏)。

Stripe の効率化された支払い機能は、クリエイターにとって大きなメリットとなり、当社の決済インフラをユーザーとビジネスにとってよりシンプルで示唆に富んだものにしてくれます。

Marissa Fong、製品責任者

明瞭な料金体系

取引ごとの料金が組み込まれています。追加手数料はありません

導入を開始する

わずか 10 分程度で Stripe に登録し利用開始できます